オンラインで海外大学院留学【費用がかなり安いです】

オンライン大学院留学 大学院留学

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

オンラインで海外大学院留学の良いところは?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • オンラインで海外大学院留学の特徴がわかる
    • オンラインで海外大学院留学の費用がわかる
    • オンラインで海外大学院留学する方法がわかる

私はイギリスのリーズ大学院へ留学しました。

この経験から、オンラインとオンキャンパスの海外大学院留学をわかりやすく比較するので参考にしてくださいね。

オンラインとオンキャンパスの海外大学院留学を比較

プリセッショナルコースはイギリス大学/大学院留学に必要か

オンラインとオンキャンパス留学を比較します。

オンラインオンキャンパス
留学費用100万円〜300万円〜
学費の支払い一括
単位毎に支払い
一括
学期毎に分割
在学期間2〜4年1〜2年
入学時期柔軟基本は9月
授業
スケジュール
柔軟固定
学生との交流
専攻できる
コース
少ない多い
Societyの
活動
×
図書館デジタル版のみ利用できる

留学費用

オンライン留学の場合、海外大学院留学の費用は約200万円分安くなります。

例えば、私が留学したリーズ大学院はオンキャンパスで約479万円かかりました。

  • オンキャンパスのリーズ大学院留学でかかった費用(£1=150円)
    • 学費:£25,750(約386万円)
    • 滞在費:£6,216(約93万円)
    • 合計:£31,966(約479万円)

・参考:イギリス大学院費用は500万円【学費はこれでも安いです】
・リーズ大学を知る:リーズ大学の全て【偏差値や学費など留学経験から解説】

しかし、オンラインで留学すれば、費用は200万円台で済みますよ。

  • オンラインのリーズ大学院留学でかかる費用(£1=150円)
    • 学費: £17,500(約262万円)
    • 滞在費:0円(日本の持ち家に住む前提)
    • 合計:£17,500(約262万円)

参考:Sustainable Business Leadership MSc

また、イギリスにあるキール大学院のような学費がより安い海外大学院を選べば、100万円台で留学もできるでしょう。

キール大学院の100% Online MSc Computer Science with Artificial Intelligenceだと、学費は£7,440(約116万円)とかなり安い

・参考:イギリス大学院へオンライン留学【費用は100万円〜です】
・キール大学を知る:キール大学の全て【ランキングや偏差値、レベルなど】

学費の支払い

オンキャンパスで海外大学院に留学する場合、学費の支払い方法は以下の2つがあります。

  • オンキャンパスで海外大学院留学の学費支払い
    1. 一括
    2. 学期毎に分割

①一括は入学前に学費を全額支払います。

②学期毎に分割の場合、1学期と2学期、3学期に分けて学費を支払えますよ。

例えば、マンチェスター大学院にかかる学費の£25,500(約383万円)を3回に分けて支払えます。

  • マンチェスター大学院の学費
    • 1学期目:£8,500(約128万円)
    • 2学期目:£8,500(約128万円)
    • 3学期目:£8,500(約128万円)

参考:
マンチェスター大学の全て【偏差値/レベル/学費など解説】
イギリス大学院修士の1年【入学〜卒業はこんな感じです】

しかし、オンライン留学であれば、単位(モジュール)毎に支払いができますよ。

  • オンキャンパスで海外大学院留学の学費支払い
    1. 一括
    2. 単位毎に支払い

学費が安いキール大学院であれば、単位毎の学費は£620(約9万円)です。

そのため、授業が始まるタイミングでちょくちょく支払いながら勉強ができるでしょう。

在学期間

オンキャンパスで海外大学院留学の場合、期間は1〜2年です。

イギリスの大学院は1年制だ

参考:イギリス大学院は何年?【修士課程は1年制です】

しかし、オンライン大学院留学だと2〜4年かかりますよ。

オンライン大学院留学では、忙しい学生・社会人のために時間をかけて受講できるカリキュラムになっています。

入学時期

オンキャンパスで海外大学院留学の場合、9月入学が多いです。

参考:【イギリス大学院留学】出願時期と準備のスケジュール

しかしオンライン留学の場合、入学時期を調整できますよ。

  • オンラインの海外大学院入学時期の一例
    • 5月
    • 7月
    • 9月
    • 11月
    • 1月

ただし入学時期は海外大学院によって変動します。

例えば、コベントリー大学院のBusiness and Organisational Psychology MScだと、9月と1月、5月から入学時期を選択できますよ。

コベントリー大学を知る:コベントリー大学の全て【ランキングや偏差値、学費など】

そのため、正確な入学時期は志望する海外大学院のHPをご覧ください。

授業スケジュール

オンキャンパスで海外大学院留学の場合、授業日程は決まっています。

しかしオンライン留学の場合、融通が効きますよ。 

リアルタイムの講義やディスカッションの授業に参加できない時は、録画を後から視聴できます。

また、仕事などが集中的に忙しくなった場合には、単位取得を遅らせられますよ。

そのため、自分の生活も大事にしながらオンライン留学ができるでしょう。

学生との交流

オンキャンパスに比べ、オンライン留学は人との接点が薄いです。

現地でよくある「この前出された課題やった?」とか「さっき教授が言ってたのってこういうこと?」のような気楽に聞くコミュニケーションが起きづらいですよね。

また、友人との外食や買い物、旅行など、留学ならではのイベントも起きません。

参考:イギリス大学院留学生の1日【つらい?それとも暇?】

そのため、オンライン留学はクラスメートとの交流が希薄です。

専攻できるコース

オンラインで海外大学院留学の場合、専攻できるコース(学科)はかなり少ないです。

大学院が提供するコース数の1割にしか満たしません。

例えば、シェフィールド大学院ではEducationやEngineering、Musicなどオンラインで学べる分野が限定的です。

参考:
Distance learning postgraduate courses by subject
シェフィールド大学の全て【ランキングや難易度など】

そのためオンライン留学の場合、学ぶ大学院の選定に苦労するかもしれません。

Societyの活動

Societyとは日本でいうサークルのことです。

大学院生でも学部生と共に課外活動をすることができますよ。

例えば、レスター大学院では以下のようなSocietyが200以上あります。

参考:Find a Society

レスター大学を知る:レスター大学の全て【ランキングや留学難易度、学費など】

しかしオンライン留学の場合、Societyの活動ができません。

図書館

オンキャンパスの海外大学院留学であれば、現地の図書館を利用できます。

物理の本を借りられますよね。

しかし、オンラインでは本が借りに行けないため、デジタル版の研究論文のみしか利用できません。

もしe-book化されていれば、デジタル版の本も読めるよ

オンラインでもオンキャンパスでも変わらない点

オンキャンパスとオンラインの海外大学院留学で違う点を解説しました。

オンラインオンキャンパス
留学費用100万円〜300万円〜
学費の支払い一括
単位毎に支払い
一括
学期毎に分割
在学期間2〜4年1〜2年
入学時期柔軟基本は9月
授業
スケジュール
柔軟固定
学生との交流
専攻できる
コース
少ない多い
Societyの
活動
×
図書館デジタル版のみ利用できる

しかし、両者同じ点もあります。

  • オンキャンパスとオンラインの海外大学院留学で同じこと
    1. 出願要件
    2. 授業内容
    3. 成績の付け方/評価方法

出願要件

イギリス大学院の場合、以下の出願書類を準備します。

  • 大学院留学準備ですること
    1. 英語力を証明する公的書類
    2. 志望動機書
    3. 推薦状2枚
    4. GPAが記載された成績証明書
    5. 履歴書(学生でも書く場合があり)

参考:イギリス大学院へ出願し合格【やること全部わかります】

オンラインであろうと、出願に必要な準備は変わりません。

授業内容

オンラインでも、授業内容に変更はありません。

また、授業の進め方は生徒主体で進められるよう工夫されていますよ。

  • 授業の進め方例
    • ビデオレッスン
    • インタラクティブな投票やテスト、アンケートなど
    • グループプロジェクト・ディスカッション

参考:Artificial Intelligence MSc

成績の付け方/評価方法

評価方法はオンキャンパスと違いはありません。

  • 評価方法
    • レポート
    • グループディスカッション・プロジェクト
    • プレゼンテーション
    • ケーススタディ
    • エッセイ

参考:イギリス大学院の成績と評価【卒業できないとかないです】

海外大学院へ留学するには

大学・大学院留学

オンラインにせよオンキャンパスにせよ、海外大学院へ留学するに合格をもらわねばなりません。

海外大学院留学の準備はbeoを利用すると良いでしょう。

beoは海外大学院の合格率が9割のため、志望校から合格が得やすいですよ。

  • beoを利用するメリット
    1. 合格実績がTOPレベル
      • 13,000人以上のサポート実績
      • 海外大学と大学院の合格は9割
      • イギリス大学と大学院は99%以上の合格率
    2. カウンセラーの質が高い
    3. 合格者の志望動機書が閲覧可能
    4. 合格保証付きのNCUK進学準備コースを提供
    5. GPAの再計算で0.5〜1.0上昇する(大学院向け)

私もbeoを利用し、ラッセルグループを含む3校のイギリス大学院から合格を得られました。

海外大学院留学を検討している人はbeoに相談してみてくださいね。

beoで大学・大学院留学

beo大学/大学院留学エージェント【こんな評判や合格実績が】

(↑この記事限定の割引特典あり)

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

オンラインの海外大学院留学について解説しました。以下は要約です。

オンラインオンキャンパス
留学費用100万円〜300万円〜
学費の支払い一括
単位毎に支払い
一括
学期毎に分割
在学期間2〜4年1〜2年
入学時期柔軟基本は9月
授業
スケジュール
柔軟固定
学生との交流
専攻できる
コース
少ない多い
Societyの
活動
×
図書館デジタル版のみ利用できる
  • オンキャンパスとオンラインの海外大学院留学で同じこと
    1. 出願要件
    2. 授業内容
    3. 成績の付け方/評価方法

海外大学院留学を検討する人は以下の記事も役に立ちます。

イギリス大学院の学費ランキング

学費が安いおすすめのイギリス大学院【ランキングで解説】

大学院留学前に知らないと後悔すること

大学院留学前これ知らないと後悔する【知らない人多過ぎ】

文系の海外大学院進学について

文系の海外大学院進学【これだけのメリットがあります】

それでは!

〜ここからは留学生や日本の学生向けです〜

ボスキャリの内定率は4割、ロンキャリの内定率は2割にまで下がります。

第一志望企業からどう内定を得ますか?

最適解はSPARK CAREER

米系の外銀勤務者が就活アドバイザーになりハイレベルな就活を実現↓

留学生の就活

画像をクリック!

SPARK CAREER【留学生や日本の学生向け】