海外大学院へ行く意味【メリットを考察したらこの結果に】

大学院留学

こんにちは。舞原(@MaibaraOfficial)です。

海外大学院に行く意味ってなんでしょうか。

・海外大学院へ行く意味って何かな?
・海外大学院留学のメリットって何?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • 海外大学院へ行く意味がわかる
    • 海外大学院留学のメリット・デメリットがわかる
    • 海外大学院留学後の進路の一例がわかる

私はイギリスにあるLeeds大学院に留学をしていました。

この経験から海外大学院へ行く意味やメリットをわかりやすく解説するので、今後海外大学院へ留学を検討している人は参考にしてくださいね。

(留学自体の行く意味やメリットは以下にまとめてます)

海外大学院に行く意味とは

海外大学院に行く意味として、英語力を磨くことや専門の学問を研究できることなど様々な意味がありますが、最も大きい意味として

大手企業や外資系企業、優良企業に就職しやすくなることが挙げられるでしょう。

良い企業に就職しやすくなります

私は海外大学院に留学したことで、米系の外資系IT企業に就職することができました。

その他にもDeloitteやLINEなどの有名企業の選考を進めることができましたし、海外大学院に留学した知人も三菱商事やIBMといった大手企業から内定を得ています。

また、イギリス現地の企業に就職した日本人クラスメートもいるので、

日本のみならず海外での就職も視野に入れることができるでしょう。

(海外就職については以下にまとめてます)

なので、海外大学院に行く意味は

就職活動で有利に動ける」

と言えそうです。

(海外大学院の行く意味や価値についての詳細は以下にまとめてます)

次に海外大学院留学で得られるメリットについて解説します。

海外大学院留学のメリット

海外大学院留学のメリットは主に仕事で求められるような能力が向上できることでしょう。

  • 海外大学院留学で養われる能力
    1. 論理的思考力
    2. 批判的思考力
    3. 分析力
    4. タイムマネジメント力
    5. チームワーク力
    6. 意見発信力

1つずつ解説します。

論理的思考力

1つ目が「論理的思考力」です。

海外大学院では、「論理的思考や論理的に伝えること」が求められます。

「論理的」とは、漏れがなくダブりなく一貫性を持った考えのことを指します。つまり

ある主張に対し適切な根拠がセットで存在するようなイメージでしょうか。

参考:
「論理的に考える」ってどういうこと?ロジカルシンキングの基本を学ぶ<DAY2>

海外大学院では、論述テストやレポート提出で評価がつけられますが、どちらも

論理的に答えられているかが良い評価をとる分かれ目になります。

(海外大学院のテストや評価方法については以下にまとめてます)

なので、構成がしっかり整っているか論理の飛躍がない主張であるかを意識するようになるので、

論理的思考力が磨かれるでしょう。

なので嫌でも理屈っぽくなる

批判的思考力

2つ目が「批判的思考力」です。

これは、ただ相手を批判するような「否定」という意味ではなく、

ある理論ややり方、解答に対し「これは本当に正しいのか」と違う視点で考え、別な根拠を模索することにより、新しく可否を加えることです。

「常識」を「常識」と捉えず再度熟考してみるということですね。

参考:
【5分で理解】クリティカル・シンキングとは?

海外大学院で高い成績を取るためには研究論文すでに明らかになったことに対して

この研究方法やモデル、概念に対し欠点があるなどのアプローチを批判的に行う必要があります。

なので批判的思考力が海外大学院の生活を通して身につくでしょう。

分析力

3つ目が「分析力」です。

上述した「批判的思考」を実現するためには、

質の高い「分析」をする必要があります。

イメージ的には、膨大な量の情報が溢れかえっているインターネットから適切な情報を見つけ出すような感じですね。

参考:
分析とは?分析の意味と【分析力を鍛える】9個の方法を解説

批判的思考では、ある手法や意見に対し「それは違う!」ってことを言いますよね。

違うなら違うと言える「根拠」を示さなくてはいけません。

その根拠を作るには、

情報収集が欠かせませんよね。

その情報収集もおびただしい量の先行研究から信頼性の高い適切な情報を集めなくてはなりません。

(出版された研究論文全てが同等に信頼性があると言う訳でもないのだ)

そのため、適切な論文かを見分けながら情報収集をしていくので

自然と分析力が身につくようになるでしょう。

(適切な英語の研究論文の見分け方は以下にまとめてます)

タイムマネジメント力

4つ目が「タイムマネジメント力」です。

海外の大学院、特にイギリスでは修士課程を1年にギュッっ詰め込んでるので

その分忙しくなります

課題やリーディングリスト、グループワークに予習や復習などすることは多岐に渡ります。

これに就職活動も合わせてするとなるとかなり大変です

なので時間の使い方を工夫して過ごすようになるので、

自然とタイムマネジメント力が身に付いてくるでしょう。

私は優先度つけながらTo-do Listを作ったりしてた

チームワーク力

5つ目が「チームワーク力」です。

学科によりますが単位によってグループワークの課題が出されることがあります。

2ヶ月に渡って取り組むものもあれば、一、二学期を通してするのもあるでしょう。

私の学科では、長期でやるのが多かったので、個々の強みに合わせて役割を分担したり、ミーティングでみんなをまとめたりしたので

チームとして活動する力が身に付いたと思います。

それに、様々な国籍のメンバーでチームが構成されるので、文化の違いを許容しながらグループワークに取り組むことになり、協調性もかなり養われます

意見発信力

6つ目が「意見発信力」です。

海外の大学院では積極的に意見を表明していくことが求められるでしょう。

ゼミ形式のレクチャーでは、生徒主体でディスカッションしていくのが普通です。

なので嫌でも「何か言わなくちゃって」いう気持ちになるので、

自分の意見や考えを表明する力が養われます。

私も頑張って意見してた

海外大学院留学のデメリット

海外大学院留学のデメリットは以下の通りです。

  • 海外大学院のデメリット
    • 留学費用が高い
    • 留学生の国籍が偏っている
    • 卒業できないリスクがある

1つずつ解説します。

留学費用が高い

1つ目が「留学費用が高い」です。

海外大学院へ留学するには学費や滞在費、生活費がかかってくるので、ある程度の資金力が必要です。

  • 海外大学院留学にかかる費用(イギリス大学院の場合)
    • 学費:250〜500万円
    • 滞在費:60〜100万円
    • 生活費:80〜100万円
    • 合計:390〜700万円

(上記費用の詳細は以下にまとめてます)

なので、経済的に厳しい人は奨学金などの支援を受ける必要が出てくるでしょう。

留学生の国籍が偏っている

2つ目が「留学生の国籍が偏っている」です。

学科によって変動はありますが、私がいた経営学科では

約8割の学生が中国人🇨🇳でした。

中国人が悪いと言っているのではないですが、留学生の国籍の割合が1つに大きく偏ってしまうと、

英語でのコミュニケーションが取りづらい環境になってしまいます。

同じ国籍で集まってしまうとつい母国語で話してしまいがちになりますよね。

なので、時々英語で会話がしづらい状況になるでしょう。

(海外大学院の国籍については以下にまとめてます)

卒業できないリスクがある

3つ目が「卒業できないリスクがある」です。

以下の要因から海外大学院を辞めてしまうケースがあるでしょう。

  • 海外大学院を卒業できないリスク要因
    • 忙しく授業についていけない
    • 成績の評価が日本より厳しい
    • 英語力が乏しく授業についていけない

実際に海外大学院での生活に馴染めず、途中で帰国してしまう留学生は一定数います。

なので、せっかくお金と時間をかけて海外大学院留学を実現しても

卒業できない可能性はあるでしょう。

(と言っても限りなく小さい可能性なのであんま心配しなくても良いかもです)

海外大学院進学後の一般的な進路

海外大学院の行く意味やメリット・デメリットを解説しました。

主に就職において大きな意味やメリットがあるかと思いますが、

実際に留学後どんな進路を歩んでいるか気になると思います。

以下にどんな業界や企業に就職しているのかまとめたので合わせてご覧ください。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

海外大学院の行く意味やメリット・デメリットを解説しました。以下は要約です。

  • 海外大学院へ行く意味
    • 良い企業へ就職しやすくなる
  • 海外大学院留学で養われる能力(メリット)
    1. 論理的思考力
    2. 批判的思考力
    3. 分析力
    4. タイムマネジメント力
    5. チームワーク力
    6. 意見発信力
  • 海外大学院のデメリット
    1. 留学費用が高い
    2. 留学生の国籍が偏っている
    3. 卒業できないリスクがある

今後海外大学院へ留学を検討している人は参考にしてくださいね。

大学院留学を検討している人は以下の記事も役に立つと思います。

それでは!

〜ここからは一押し記事の紹介です〜

海外で留学生をしている人や日本で大学生をしている人で就活に不安がありますか

大手や優良企業からの内定を得るにはSPARK CAREERの利用が現実的です。

(詳細は以下にまとめています)