安いファウンデーションコースはIFY【イギリス大学】

イギリス大学はファウンデーションコース イギリス大学

#PR

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

イギリス大学進学のためにファウンデーションコースの受講を検討中ですか?

・ファウンデーションコースって何?
・安いファウンデーションコースはある?
・進学保証が付くファウンデーションコースがあるって本当?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • ファウンデーションコースについて理解できる
    • NCUKとイギリス大学で受けるファウンデーションコースの違いがわかる
    • NCUKファウンデーションコースの授業内容や費用、利用者の声がわかる

イギリス大学へ進学するにはファウンデーションコースを受講しますよね。

しかし、イギリス大学で受ける場合だと、費用が高い他、必ずしも志望するイギリス大学から合格をもらえる訳ではありません。

本記事では、そんなデメリットを解決できるNCUKInternational Foundation Year(IFY)と呼ばれるファウンデーションコースをわかりやすく解説します。

イギリス大学へ進学を検討している高校生や親御さんはぜひ参考にしてくださいね。

  • 最大12万円の奨学金がもらえるキャンペーン実施中
    • 海外渡航応援として、1/31までの申込で受験料半額と学費が10%OFF
  • 『NCUKファウンデーションコースの申込方法』の章では、上記キャンペーンと合わせて使える本記事限定の割引特典もご紹介!

参考:<1月31日まで>2022年海外渡航応援キャンペーン~最大12万円奨学金がもらえる!

ファウンデーションコースとは

一般的なファウンデーションコースを簡単に解説します。

  • ファウンデーションコースとは
    • 大学の授業にしっかりついていけるよう一般教養を身につけるプログラム

日本の大学は4年制なので1年目で一般教養を学び、残りの3年間は専門科目を学びますよね。

しかし、イギリスの大学は3年制のため、入学したその年から専門科目を学びます。

(イギリスの学生は入学前に一般教養課程を終えて大学に入学します)

そのため、一般教養を学ぶための1年間をどこかで埋めないといけません。

その役割を果たせるのがファウンデーションコースです。

本記事ではNCUKと呼ばれるイギリス大学連盟が提供するファウンデーションコースを解説しますね。

イギリス大学のファウンデーションコースとの違い

イギリス大学のファウンデーションコースと比較して、NCUKのコースには以下の点でメリットがあります。

  • NCUKファウンデーションコースの強み
    1. イギリス大学の進学保証が付く
    2. IELTSスコア提出が免除
    3. 1年早くイギリス大学を卒業できる
    4. 日本から留学準備ができる
    5. イギリス大学のファウンデーションより安い

イギリス大学の進学保証が付く

NCUKが提供するファウンデーションコースだと進学保証が付いているため、NCUK加盟大学のいずれかへ進学できるでしょう。

NCUK加盟大学の一例
NCUK加盟大学一覧:NCUK Universities

イギリス大学が提供するファウンデーションコースの場合、必ずしも志望大学から合格がもらえる訳ではありません

ファウンデーションコースで良い成績を取れないと出願しても不合格の可能性があります。

実際に、イギリスの大学のファウンデーションコース受講のために渡英したものの、どの大学からも合格をもらえず帰国する学生はいます。

ですが、NCUKの場合、進学保証が付いているので合格がもらえる前提で留学準備ができるでしょう。

また、NCUKのファウンデーションコースで修めた成績は、アメリカやオーストラリア、ニュージーランドなどの一部の大学にも活用できるため、進学先の幅が広がるメリットもあるのではないでしょうか。

IELTSスコアの提出が免除

イギリスのファウンデーションコースから志望大学へ出願する場合、IELTSスコア(6.0~7.0)が出願に求められます。

しかし、NCUKのファウンデーションコースの場合、出願時にIELTSスコアの提出は必要ありません。

(NCUK加盟大学に限る)

なぜなら、NCUKのファウンデーションコースを卒業すれば、IELTS6.0〜7.0相当の英語力があると見なされるからです。

そのため、以下のようなメリットが得られますよ。

  • IELTSスコア免除のメリット
    1. IELTSスコアが不十分でも大学留学が実現可能
    2. IELTSテストの勉強ではなくイギリス大学授業に向けた勉強ができる

IELTSスコアが出願要件に達していない人でも大学留学ができるようになりますよね。

また、「IELTSテストでスコアを取るための勉強」ではなく「イギリス大学の授業に向けた実践的な英語の勉強」に費やすことができるでしょう。

私もイギリス大学(修士)に留学してましたが、学術的なディスカッションや研究論文の読解、レポート作成などにおいて、IELTSで勉強してきたことはあまり役に立ちません。

参考:大学院留学の英語力【IELTS/TOEFLは当てにならないです】

そのため、IELTSスコアが免除されるNCUKのファウンデーションコースは学生にとって大きなメリットと言えます。

1年早くイギリス大学を卒業できる

なぜなら、イギリスの大学とNCUKのファウンデーションコースでは受講開始時期と受講期間が違うからです。

  • イギリス大学のファウンデーションコース
    • 開始時期:9月
    • 受講期間:約9ヶ月
  • NCUKのファウンデーションコース(IFY)
    • 開始時期:4月
    • 受講期間:約5ヶ月

NCUKのファウンデーションコースだと開始時期が早いほか、期間も短いため、イギリスの大学と比べると1年早く卒業することが可能でしょう。

3段目記載のNCUKのファウンデーションコースの方が1年早く卒業できることがわかる

そのため、日本の大学を卒業する場合と同じ年に卒業ができるので、同年代の友達と同じタイミングで社会人をスタートできるのではないでしょうか。

日本から留学準備ができる

イギリス大学のファウンデーションコースだと現地で受講しますよね。

しかし、NCUKのファウンデーションコースは唯一、beoという留学エージェントが扱っているので日本から受講が可能です。

beoについて:beoで大学・大学院留学【私もこのエージェントです】

そのため、生活し慣れた環境で出願など進学の準備を進めることができるでしょう。

また、親御さんにとっても、お子さんが志望大学から合格をもらった後に渡英できるので不安や心配を小さくできそうですね。

イギリス大学のファウンデーションより費用が安い

イギリス大学のファウンデーションコースと比べて、受講期間が短いことや日本で受講できることから費用をグッと抑えることが可能でしょう。

  • イギリスのファウンデーションコース(9ヶ月)
    • 受講費用:£14,000(約210万円)
    • 平均滞在費:£4,500(約67万円)
    • 平均食費:£3,000(約45万円)
    • 合計:322万円
  • NCUKのファウンデーションコース(5ヶ月)
    • 受講費用:178万円
    • 平均滞在費:0円(実家暮らしを想定)
    • 平均食費:25万円
    • 合計:203万円

参考:
・受講費用:COURSE FEES FOR INTERNATIONAL STUDENTS
・滞在費と食費:イギリス大学院費用は450万円【学費はこれでも安いです】

(滞在費と食費に関しては、大学でも大学院でも同じなので、私がイギリス大学院留学時にかかった費用を参考にしてます)

上記を比較すると、NCUKのファウンデーションコースの方が約120万円費用が安いことがわかります。

そのため、100万円単位で節約できるNCUKのコースを受講するメリットはかなり大きいのではないでしょうか。

また、1/31までの申し込みであれば、2022年海外渡航応援キャンペーン学費が10%OFFのため、更に安くなります。

通常価格1,780,000円 → 1,657,700円

122,300円分も費用を節約できますね。

さらにさらに、『NCUKファウンデーションコースの申込方法』の章で、上記キャンペーンと合わせて使える本記事限定の割引特典もご紹介するので、費用をグッと抑えられますよ。

NCUKファウンデーションコースのカリキュラム

NCUKのファウンデーションコースでは以下のような内容を学びます。

  • NCUKファウンデーションコースのカリキュラム
    1. アカデミック英語
      • ライティング
      • リーディング
      • リスニングとノートの取り方
      • プレゼンテーション
      • ディスカッションとディベート
    2. 授業科目
      • ビジネスのための数学
      • 経営学
      • 社会学
      • 政治学

参考:大学進学準備コース「NCUK International Foundation Year(IFY)」 のカリキュラム

ファウンデーションコースは、大学の授業に付いていけるよう一般教養を身につけるプログラムです。

そのため、イギリス大学とNCUKのカリキュラム内容に大きな違いはありません。

ただ、一つ違いがあるのは、イギリスの大学だと自分が学びたい授業科目を選択できますが、NCUKの場合は学ぶ授業科目がすでに決まっています。

ですが、ファウンデーションコース自体は一般教養を学ぶプログラムなので、数学や政治などを学べるのはデメリットにならないのではないでしょうか。

NCUKファウンデーションコース利用者の声

NCUKのファウンデーションを利用した方は以下のような感想を持っています。

江部さん 先生たちは優しい方で、イギリス留学に関して何でもサポートしてくれました。例えば、大学入学に必要な志望動機書(Personal Statement)の書き方。構成はこうしたほうが読みやすいとか、ここはもうちょっと情報を整理して簡潔な表現にしたほうがいいとか。具体的に助言してもらい、勉強になりました。

【インタビュー】NCUK IFYコース第一期生「慣れた環境で留学準備」「サポート充実」

鶴見さん 慣れた環境でイギリス留学の準備ができたのはうれしかった、助かった――。僕はやはりそこが一番大きかったです。さらにビジネスや国際関係など、日本の学校では学べないような分野についての知識も身についたので、「これからは大学生だな」。実感が沸いて、頑張る覚悟を決めました。

【インタビュー】NCUK IFYコース第一期生「慣れた環境で留学準備」「サポート充実」

困ったことがあったらすぐに先生に聞けることや慣れた環境で準備できたことは、NCUKファウンデーションコースの良い点と言えそうですね。

NCUKファウンデーションコースの受講条件

NCUKのファウンデーションコースを受講するには以下の条件があります。

  • NCUKファウンデーションコースの受講条件
    1. 高校卒業、もしくは見込みの方
    2. IELTS 5.5相当の英語力

①は問題ないと思いますが、②は人によってハードルが高いのかもしれません。

すでにIELTS5.5のスコアを持っているならばスコア証明書を提出しますが、スコアを持っていなければオンラインテストを受けます。

なので、わざわざIELTSを受験する必要はありません。

しかし、オンラインテストでIELTS5.5相当の英語力を持っていないと判断された場合、NCUKファウンデーションコースを受けることができません。

ですが、英語力が受講条件に満たなかった場合は、Pre-IFY(英語準備コース)を受けることにより、ファウンデーションコースを受講できますよ。

Pre-IFY受講で対応可能

Pre-IFYとは、NCUKのファウンデーションコースが要求する英語力に満たない人に向けて開講される英語準備コースです。

  • Pre-IFYの概要
    • 開講期間:11月〜2月末
    • 必要英語力(目安):IELTS 4.5〜
    • カリキュラム
      • アカデミック英語
      • 英語(基礎)
      • 数学(基礎)
      • その他基礎科目(社会学/政治学/経営学)
    • 授業料:275,000円

参考:大学進学準備コース「NCUK International Foundation Year(IFY)」 のカリキュラム

ファウンデーションコースは4月から始まるので、その前にPre-IFYを受講しますね。

また、授業料が追加でかかります。

しかし、それでもイギリスの大学でファウンデーションコースを受けるよりも90万円程安いので受講価値はあるのではないでしょうか。

それに、英語で数学を学びたい人や英語をしっかり学んでからファウンデーションコースを受けたい思いから、IELTS5.5以上ある人でもPre-IFYを受ける人が多いみたいですよ。

NCUKファウンデーションコースの申込方法

NCUKファウンデーションコースは日本では唯一、beoが開講しているのでカウンセリング申し込みフォームからカウンセリングを予約します。

必要項目を入力したら、後ほど担当者からメールが届くのでしばし待ちましょう。

カウンセリング時には「舞原ブログを見た」NCUKファウンデーションコースの費用が3,000円引きになるので忘れずにお伝えくださいね。

beo:カウンセリング申し込み

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

NCUKが提供するファウンデーションコースを解説しました。以下は要約です。

  • NCUKファウンデーションコースの強み
    1. イギリス大学の進学保証が付く
    2. IELTSスコア提出が免除
    3. 1年早くイギリス大学を卒業できる
    4. 日本から留学準備ができる
    5. イギリス大学のファウンデーションより安い
  • イギリス大学のファウンデーションコース
    • 開始時期:9月
    • 受講期間:約9ヶ月
  • NCUKのファウンデーションコース(IFY)
    • 開始時期:4月
    • 受講期間:約5ヶ月
  • イギリスのファウンデーションコース(9ヶ月)
    • 受講費用:£14,000(約210万円)
    • 平均滞在費:£4,500(約67万円)
    • 平均食費:£3,000(約45万円)
    • 合計:322万円
  • NCUKのファウンデーションコース(5ヶ月)
    • 受講費用:178万円
    • 平均滞在費:0円(実家暮らしを想定)
    • 平均食費:25万円
    • 合計:203万円

イギリスの大学でファウンデーションコースを受けるよりも、NCUKの方がメリットがかなり多いのでイギリス大学進学を検討中の人はぜひ利用してみてくださいね。

申込は1/31までがお得ですよ。

  • 最大12万円の奨学金がもらえるキャンペーン実施中
    • 海外渡航応援として、1/31までの申込で受験料半額と学費が10%OFF
  • カウンセリング時に「舞原ブログを見た」で更にNCUKファウンデーションコースの費用が3,000円引き

beo:カウンセリング申し込み

イギリス大学留学を検討中の人は以下の記事も役に立ちます。

日本の高校から海外大学

日本の高校から海外大学へ【メリットは?方法は?】

イギリス大学/大学院留学のメリット、デメリット

イギリス留学メリット/デメリット【実体験から解説します】

イギリス人

イギリス人の性格や特徴【イギリス人の考え方はこうです】

それでは!