【イギリス大学院留学】出願時期と準備のスケジュール

準備、スケジュール 大学院留学

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

イギリス大学院へ留学へするために、どのようなスケジュール感で準備をしていけば良いでしょうか。

大体いつぐらいからイギリス大学院の出願が始まるのだ?

私はイギリスにあるLeeds大学院に通っていました。その経験を基に

出願時期と留学準備のスケジュール

についてお話します。

イギリス大学院留学を決心しても具体的に何すればいいかわかんないですよね。

なので、この記事を参考に

留学準備の計画を練っていただきたいなと思います。

この記事を読み終える頃には…
・イギリス大学院への出願時期が理解できる
・イギリス大学院の選定から出願までのスケジュール感が理解できる
・合格通知をもらった後、何をすれば良いかイメージできる

それでは参ります。

イギリス大学院の出願時期はいつ?

イギリス大学院の出願時期」について解説します。

結論から言うと、

イギリス大学院の出願時期は決まっていない!

と言うのも、イギリスの審査方法は変わっていて「ローリング制度」というものを採用しています。

ローリング制度とは

応募があった順に審査していき合否を決めるやり方です。

と言うことは、

早いもの順で合否が決まっていくのだ!!!!

となると、出願の受け入れが始まってくる11月〜12月くらいには出していきたいですね。

理想の出願時期は11月〜12月くらい

理想は年内の11月か12月には出しておきたいです。

難関の大学院になると世界中から優秀な留学生が集まるのですが、大体の人は

12月のクリスマスをめどに出願をしています。

私が留学していた時にクラスメートに「いつ頃出願したの?」と聞いたのですが、

12月中には出願を終えたって意見が多かったですね。なので、時間に余裕があれば

11月〜12月に出願を目標に計画を立てていきましょう。

3月までには確実に出願を

けど焦って志望動機書など内容が薄いものを出願しても良くないので、

3月までには確実に出願していきましょう。

イギリスの出願サポートサービスを提供する現地の機関も同じことを言っていますね。

To be safe, apply at least six months in advance – so around March for a course that starts in September/October.

UCAS FAQ

翻訳すると「大学院は9月か10月に一学期が始まるからその6ヶ月前の3月には出願しなよ」って言ってる

出願は7月くらいまで受付

本当に時間がない!」って方でも一応7月くらいまでは出願を受け付けていますよ。

ですが、この時期に出願を目標に動くのはオススメしません。

なぜなら、合格者数が既定の数に達した時点で

出願の受け入れをストップしてしまうから。

なので7月出願を目指して動くのではなく、できるだけ早め早めの行動を心がけましょう。

7月出願は最後の手段としてお考えください!

では出願のための準備はいつくらいから始めるのでしょうか。

次の章で出願準備から入学までの大まかなスケジュールを説明します。

出願準備から入学までのスケジュール

スケジュール
時間は有限!

次に「出願時期から入学までのスケジュール」について説明します。

11〜12月辺りの出願を想定した準備スケジュールをお伝えしますね。基本的には入学する月の1年くらい前から準備を始めましょう。

大まかなスケジュールは以下の通り!

  • 8〜9月:大学院選定
  • 9月〜11月:書類準備
  • 11月〜12月:出願、合格通知
  • 1月〜:ビザや寮、航空券、海外保険などの手続き

では1つ目から説明します。

8〜9月:大学院選定

8月〜9月に「大学院の選定」をします。まずは色んな大学院をリサーチし、

どこの大学院に留学したいのか決めましょう。

世界大学ランキングをもとに調べると効率的ですよ。

世界大学ランキングサイト
Times Higher Education
QS World University Rankings

上記の2つどちらか好きなほうで構いませんので、どんな大学院がランクインしているのか見てましょう。

もし「調べるのめんどくせ!!」って方は、下記の記事で個人的にオススメしたいイギリス大学院10校まとめてるので、参考までにご覧ください。

イギリス大学院 おすすめ ランキング

イギリス大学院ランキングを基におすすめ大学院を考察

ちなみに志望校は4校に絞りましょう。以下のように。

  • 第一志望校→超難関だけど挑戦してみたい大学院
  • 第二、三志望校→難関だけど現実的な大学院
  • 第四志望校→滑り止め

志望校が超難関、難関でも

ビビらずに出願してみてください

(これ本当にれ口酸っぱく言いたい)

以下の記事でも詳しいことを言っていますが、受かる確率は高いのでまずは出願してみる気持ちで!

大学院留学

Fラン大から世界TOP100海外大学院へ留学できた理由

9月〜11月:書類準備

出願する大学院が決まったら、次は「書類準備」です。学科によって若干の違いはありますが、大体以下の4つが必要になります。

  1. 志望動機書
  2. 推薦状2枚
  3. 公的な英語テストのスコア
  4. GPA記載の成績証明書

(詳細は以下にまとめてます)

大学院留学

イギリス大学院へ出願し合格【やること全部わかります】

ビジネス系の学問になると、CV(履歴書のこと)の提出も求められるでしょう。(職歴がなくても)

推薦状は在籍している(もしくはしてた)大学の教授にあなたのアピールポイントを書いてもらいます。

すでに働いている人は会社の上司などに書いてもらうことになりますよ。

志望動機書を仕上げたり、推薦状を書いてもらうのは結構時間かかるので、

1ヶ月〜2ヶ月は準備に時間を取れるようにしましょう。

公的な英語スコアはIELTSがメインになりますが、出願時点でスコアを保持している必要はないので

ひとまず出願すること!

合格通知をもらった後でも英語スコアを提出することができます。

11月〜12月:出願、合格通知

11〜12月で出願し、合格通知をもらいます。

出願後は大体1、2週間で合否の通知がきます。

メールで来るのでしっかり受信ボックスを確認しておきましょう!!!

大学院留学エージェントを利用していれば、以下のようなメールで合格通知が届きますよ。

メールの一部
Conditional Offerなのはまだ英語のスコアを提出していないため

留学エージェントはbeoを利用していたのですが、イギリス大学・大学院の合格率は99%をマークしているのでかなりおすすめですよ。

大学・大学院留学

beoで大学・大学院留学【私もこのエージェントです】

(↑この記事限定の割引特典もありますよ)

1月〜:ビザや寮、航空券、海外保険などの手続き

合格通知をもらったら、ビザや寮の選定など色々しなくてはならない手続きが出てきます。

大学院側が提供する学生寮は条件の良い人気なところは抽選だったり早いもの勝ちだったりするのでお早めに!

私は狙っていたところが抽選で見事に落選しました。

友人には学生寮の手続きが遅くなり、

独房みたいな学生寮に住むことになった人もいますよ。笑

航空券も早ければ早いほど費用も安く済むので、

留学準備は何事もお早目にですね!!

学生寮については以下に詳しいことをまとめてるので、合わせてご覧くださいね。

出願準備と合わせて英語の勉強も

留学準備は約1年くらいかけてしていきますが、準備と合わせて

英語の勉強も忘れないでしてくださいね。

大学院ではおびただしい量の研究論文を読むことになるし、ディスカッションも多くあります。

それにIELTSのスコアが足りない人は

尚更英語の勉強をしなくてはなりません。

以下の記事では私が英語力ゼロからIELTS6.5までにできた勉強方法をまとめてるので、参考にしてくださいね。

イギリス大学院入学後のスケジュール感

無事イギリス大学院への出願準備が終わり、渡英したあとはどのような大学院留学生活を送ることになるでしょうか。

イメージ湧かない方は以下のスケジュール感を参考にしてくださいね。

【イギリス大学院留学の1年間】

  • イギリス大学院修士の1年
    • 9月:オリエンテーション
    • 10〜1月:セミスター1
      • 12〜1月:冬休み
    • 2〜6月:セミスター2
      • 4月:イースター休暇
    • 6〜9月:セミスター3
    • 12月:卒業式

(イギリス大学院の1年のスケジュールは以下にまとめてます)

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

イギリス大学院留学の出願時期と準備のスケジュールについて書きました。

1年くらいかかりますが、英語の勉強を合わせても割とのんびりできる準備量かと思います。

以下は要約!

【出願時期】
・理想は11月〜12月
・3月までには確実に
・一応7月まで出願受付

出願準備から入学までのスケジュール】
・8〜9月:大学院選定
・9〜11月:出願準備
・11〜12月:出願/合格通知
・1月〜:学生寮やビザ、航空券、海外保険の手続き

この記事が大学院留学の準備計画に役立てられたなら幸いです!

イギリス大学院留学を検討中の方は以下の記事も役に立つかと思うので、興味があればご覧ください。

大学・大学院留学

beoで大学・大学院留学【私もこのエージェントです】

(↑この記事限定の割引特典もありますよ)

学費、費用

イギリス大学院費用は450万円【学費はこれでも安いです】

イギリス大学院

イギリス大学院の特徴6つ【留学先を検討中の人向けです】

それでは!

〜ここからは一押し記事の紹介です〜

2021年10月20日(水)グローバルキャリアフェア開催!

就活する留学生なら参加しないと損レベルです。

大学・大学院へ留学したい/している人は参加申し込み

キャリアフォームを運営をしているCFNから、留学生の就活準備の仕方キャリアフォーラムについてなど詳しく知れるセミナー↓

【10/20開催】CFNによる留学後を見据えた就職情報セミナー