【イギリス大学院留学】出願時期と準備のスケジュール

イギリス大学院の出願時期やスケジュール 大学院留学

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

・イギリス大学院の出願時期はいつ?
・どんなスケジュール感で進めればいい?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • イギリス大学院の出願時期がわかる
    • イギリス大学院の準備スケジュールがわかる

私はイギリスにあるリーズ大学院に留学しました。

(リーズ大学を知る↓)

リーズ大学について

リーズ大学の全て【偏差値やランキング、レベルなど】

この経験から理想な出願時期や準備のスケジュールをわかりやすく解説するので、イギリス大学院留学を検討している人は参考にしてくださいね。

イギリス大学院の出願時期

イギリス大学院の出願時期は決まっていません。

なぜならイギリスの大学院は「ローリング制度」を採用しており、応募があった順に審査をし合否を出すため。

  • ローリング制度とは
    • 出願をまとめて受け入れ合格発表日に合否を全て公開するのではなく、出願が来た順に合否を出すやり方

早いもの順で合格が出されるのでなるべく早めに出願すると良いでしょう。

  • イギリス大学院の出願時期3パターン
    1. 理想は11月に出願
    2. 3月末までに出願できればOK
    3. 最終手段は7月末までに出願

理想は11月に出願

理想は11月に出願です。

  • 11月が理想の出願時期の理由
    1. 他のライバル出願者が少ない
    2. 合格定員に多くの空きがある
    3. 余裕を持った留学準備ができる

イギリス大学院を狙う多くの出願者は、12月のクリスマスをめどに出願を終えます

私がイギリス大学院で知り合ったクラスメートも、12月中には出願を終えた意見が多くありました。

また合格定員に多くの空きがある状態のため、合格を得やすいでしょう。

私も11月に出願しましたが、ラッセルグループを含む3校のイギリス大学院から合格をもらえています。

そのため余裕があれば、11月に出願を目標に出願準備を進めてくださいね。

仮に出願要件のIELTSスコアに達していなくても条件付き合格がもらえます。

  • Conditional offer(条件付き合格)とは
    • 出願した大学や大学院からもらえる条件付きの合格。期限までに条件を満たせば正式に入学が認められる。

参考:Conditional offer(条件付き合格)後にすべきことはこれ

IELTSスコアが不足していても、合格自体はもらえるので先に出願しておくと良いですよ。

3月末までに出願できればOK

理想は11月に出願です。

しかし焦って仕上げるばかりに出願書類に不備があったり、薄い内容に仕上げてしまっては受かるものも受かりません。

そのため11月に間に合わなそうであれば、3月末までには出願しましょう。

出願サポートサービスを提供するイギリスの機関も同じことを言っています。

To be safe, apply at least six months in advance – so around March for a course that starts in September/October.

UCAS FAQ

3月末までに出願しておけば入学時期の9月まで約6ヶ月間あるため、時間に余裕を持って留学準備を進められるでしょう。

最終手段は7月末までに出願

3月までに間に合わなそうでも、多くのイギリス大学院では7月末まで出願を受け入れています。

しかし、7月に出願を目標に動くのはおすすめしません。

なぜなら入学時期である9月までの2ヶ月間で留学準備を進めないといけないため、かなりバタバタします。

また3月末を過ぎると、出願の受け入れをストップしてしまうコース(学科)が出てくるため、志望するコースに出願できなくなるかもしれません。

合格者数が定員に達した時点で出願の受け入れが締め切られるよ

そのため、なるべく3月末までには出願を終えられるよう準備を進めてください。

出願準備から入学までのスケジュール

スケジュール

イギリス大学院の出願時期を3パターンで解説しました。

  • イギリス大学院の出願時期3パターン
    1. 理想は11月に出願
    2. 3月末までに出願できればOK
    3. 最終手段は7月末までに出願

上記の内、①の11月に出願をする場合の準備スケジュールを解説しますね。

  • 11月にイギリス大学院へ出願する場合
    • 8〜9月:出願大学院選定
    • 9月〜10月:出願書類準備
    • 11月〜12月:出願、合格通知
    • 1月〜:ビザや寮、航空券、海外保険などの手続き

8〜9月:出願大学院選定

留学したいイギリス大学院を選定します。

選び方は以下を参考にしてください。

  • イギリス大学院の選び方
    1. 世界大学ランキングをもとに大学院を比較
    2. 学びたい学問に強い大学院を比較
    3. 留学したい大学院のWebをサイトを訪れ、カリキュラム等を確認

世界大学ランキングは以下が参考になるでしょう。

以下の記事でも各大学院の詳細をまとめているので参考にしてください。

イギリス大学/大学院TOP100一覧

イギリス大学/大学院TOP100一覧【ランキング順です】

もっと詳細に細かく大学院を選定したい人は以下が参考になります。

また志望大学院は、4〜5校に絞ると丁度良いですよ。

  • 志望イギリス大学院候補
    • 第1志望:超難関だけど挑戦したい大学院を1〜2校
    • 第2、3志望:難関だけど現実的な大学院を2〜3校
    • 第4志望:滑り止めの大学院を1校

志望大学院はなるべくレベルの高い大学院を選びましょう。

なぜならイギリス大学院の合格率はかなり高いため。

  • イギリス大学院から合格が得られやすい理由
    1. 大学の名前は関係ない
    2. 日本人の出願者は優遇されやすい(個人の見解)
    3. 低いGPAでも挑戦できる
    4. IELTSスコアが不足していても合格できる

参考:日本のFラン大学から世界TOP100海外大学院へ留学した

私はリーズ大学院へ進学しましたが、もっと上のレベルの大学院を狙っても良かったと感じています。

そのため、目標は高く持ってイギリス大学院を選定してくださいね。

9月〜10月:出願書類準備

出願する大学院が決まったら出願書類を準備しましょう。

  • イギリス大学院の出願書類
    1. 英語力を証明する公的書類
    2. 志望動機書
    3. 推薦状2枚
    4. GPAが記載された成績証明書
    5. CV(必要であれば)

①はIELTSが基本です。

もし出願要件にIELTSスコアが満たしていなくても、条件付き合格がもらえるので出願はしておきましょう。

②③は時間がかかるので1〜2ヶ月の余裕を持っておいてください。

④は現時点の暫定分のGPA付き成績書を英語化して準備します。

教務課にお願いして英語版を用意してもらいましょう。

⑤は志望する専攻によって、学生でも必要なので合わせて準備してくださいね。

上記の出願準備の詳細とやり方は実例を用いて解説しています↓

大学院留学

イギリス大学院へ出願し合格【やること全部わかります】

11月〜12月:出願、合格通知

11月に出願すれば12月には合格通知がもらえます。

メールで合格通知が来るので受信ボックスはしっかり確認しておきましょう。

大学院留学エージェントを利用していれば、以下のような合格連絡が届きますよ。

私はbeoという留学エージェントを利用していましたが、イギリス大学・大学院の合格率は99%をマークしているのでかなりおすすめです。

beoで大学・大学院留学

beo大学/大学院留学エージェント【こんな評判や合格実績が】

(↑この記事限定の割引特典もあり)

1月〜:ビザや寮、航空券、海外保険などの手続き

合格通知をもらったら、ビザや学生寮の申し込みなど色々しなくてはならない手続きが出てきます。

一つひとつ着実にこなしていきましょう。

また人気な学生寮は抽選なので、住みたい学生寮がある人は早めに応募すると良いですよ。

学生寮については以下が参考になります。

参考:海外の学生寮はおしゃれ?【留学で住んだ部屋見せます】

出願準備と合わせて英語の勉強も

留学準備は約1年くらいかけてしますが、出願準備と合わせて英語の勉強もしておきましょう。

  • しておくべき英語の勉強:該当する人
    1. IELTSの勉強:条件付き合格の人
    2. 講義や課題についていく勉強:
      • 無条件合格の人
      • 条件付き合格の人で、IELTSスコア不足分をプリセッショナルコースやNCUK大学院進学準備コースで補う人

①に該当する人は出願要件のIELTSスコア取得に向けて勉強しましょう。

(勉強方法は以下が参考に↓)

参考:イギリス大学院に必要な英語力【こう勉強しないとダメ】

また②に該当する人は、講義や課題についていけるよう実践的な英語の勉強をしてくださいね。

イギリス大学院ではかなりの量の研究論文を読む他、課題も多くでますしディスカッションもありますよ。

もし何から始めたらいいかわからない人は、卒論の書き方を学んでおくと良いでしょう。

Amazon:The Undergraduate Research Handbook (Macmillan Study Skills)

NCUK大学院進学準備コースを受けるべき人

大学院進学準備

上述したスケジュールの図の下にNCUK大学院進学準備コースの表記がありました。

以下のいずれかに該当する項目があれば受講すると良いでしょう。

  • NCUK大学院進学準備コースに向いている人
    1. IELTSスコアが不足、もしくは持っていない人
    2. GPAの出願要件を満たしていない人
    3. その年に必ず大学院留学をしたい人(進学保証をつけたい人)
    4. 事前に海外の講義やレポート/卒論作成に慣れておきたい人
    5. 進学までに英語力を維持/向上させたい人
    6. 同時期に留学する人と関係を築いておきたい人

NCUKが提供する大学院進学準備コースの受講によって、NCUK加盟大学院に限りIELTSスコア提出免除や進学保証が付きますよ。

NCUK加盟校

私もこのコースの受講により、IELTSスコアなしでリーズ大学院留学を実現しました。

またイギリス大学院入学後、英語の講義や課題、ディスカッションや卒論作成にしっかり取り組めるよう考慮されたカリキュラムになっています。

そのため上記①〜⑥のいずれかに該当する人は、NCUKの大学院進学準備コースを検討すると良いでしょう。

大学院進学準備

NCUK大学院進学準備コース概要/評価【知らないと損です】

(↑本記事限定の割引特典あり)

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

イギリス大学院留学の出願時期と準備のスケジュールについて解説しました。以下は要約です。

  • イギリス大学院の出願時期3パターン
    1. 理想は11月に出願
    2. 3月末までに出願できればOK
    3. 最終手段は7月末までに出願
  • 11月にイギリス大学院へ出願する場合
    • 8〜9月:出願大学院選定
    • 9月〜10月:出願書類準備
    • 11月〜12月:出願、合格通知
    • 1月〜:ビザや寮、航空券、海外保険などの手続き
  • NCUK大学院進学準備コースに向いている人
    1. IELTSスコアが不足、もしくは持っていない人
    2. GPAの出願要件を満たしていない人
    3. その年に必ず大学院留学をしたい人(進学保証をつけたい人)
    4. 事前に海外の講義やレポート/卒論作成に慣れておきたい人
    5. 進学までに英語力を維持/向上させたい人
    6. 同時期に留学する人と関係を築いておきたい人
  • 詳細:NCUK大学院進学準備コース概要/評価【知らないと損です】

イギリス大学院留学を検討している人は以下の記事も役に立ちます。

学費、費用

イギリス大学院費用は500万円【学費はこれでも安いです】

イギリス大学院は何年?1年制です

イギリス大学院は何年?【修士課程は1年制です】

イギリス大学院 おすすめ ランキング

おすすめイギリス大学院【ランキングを基にした考察です】

それでは!

〜ここからは留学生や日本の学生向けです〜

ボスキャリの内定率は4割、ロンキャリの内定率は2割にまで下がります。

第一志望企業からどう内定を得ますか?

最適解はSPARK CAREER

米系の外銀勤務者が就活アドバイザーになりハイレベルな就活を実現↓

留学生の就活

画像をクリック!

SPARK CAREER【留学生や日本の学生向け】