NCUK大学院進学準備コース概要/評価【知らないと損です】

大学院進学準備 大学院留学

#PR

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

NCUKの大学院進学準備コース(Master’s Preparation)をご存知でしょうか?

英国大学連盟が運営しているコースだ…!

NCUKは英国大学連盟が運営しておりIELTSのスコアが無くても、

大学院進学準備コースを受ければNCUKの加盟大学院への進学が保証されます。

私もbeoで大学院進学準備コースを受けLeeds大学院への留学を実現することができました。

この経験からNCUK大学院進学準備コースの概要や実際に利用してみた評価を述べますので、以下に該当する方はぜひ参考にしてくださいね。

(申込方法の章で割引特典の案内もしますよ!)

  • 本記事の対象者
    • イギリスやオーストラリアの大学院留学を検討している方
    • IELTSスコアが足りない方
    • GPAが低いなどから大学院から合格がもらえるか不安な方

NCUK:カウンセリング申し込みページ

(“大学院”ではなく”大学’のNCUK進学準備コースはこっちの記事です)

イギリス大学はファウンデーションコース

ファウンデーションコースはIFYがベスト【イギリス大学】

NCUKとは

NCUKは英国大学連盟と呼ばれ、イギリスにある大学が共同で立ち上げた機関です。

ラッセルグループメンバーの名門大学を筆頭に様々な大学がこのNCUKに加盟していますよ。

NCUK加盟大学一例

NCUKは「イギリスなどの大学/大学院へ進学を考えている留学生を支援すること」を目的とし、毎年2,000人以上の世界中の留学生がNCUKの支援を受け、NCUK加盟大学/大学院へ進学していますね。

2,219 students were admitted to universities or continued onto NCUK qualifications.

NCUK’s Year in Review

次にNCUK大学院進学準備コースについて解説します。

NCUK大学院進学準備コースの特徴

NCUKの大学院進学準備コースには以下の特徴があります。

  • NCUK大学院進学準備コースの特徴
    1. IELTSスコア無しで大学院留学
    2. 大学院進学保証が付く
    3. 日本にいながらNCUKのコースが受けれる

1つずつ説明します。

IELTSスコア無しで大学院留学

1つ目が「IELTSスコア無しで大学院留学」です。

イギリスやオーストラリアの大学院はIELTS6.5〜のスコアを入学条件としていますが、NCUKの大学院進学準備コースを受けていれば、

IELTSのスコア提出は免除されます。

そのため、IElTSの試験を受けていない人や十分なIELTSスコアを保持していない人でも

大学院留学を実現することができるでしょう。

注意)
 IELTSスコアが免除されるのはNCUKに加盟している大学院のみです。NCUKに加盟していない大学院へ留学を検討している場合はIELTSスコアの提出が必要です。

大学院進学保証が付く

2つ目が「大学院進学保証が付く」です。

NCUKの大学院進学準備コースには進学保証が付いているので、仮に志望大学院から合格をもらえなくても、

NCUK加盟大学院のいずれかに進学をすることができるでしょう。

NCUKに加盟してる大学院は以下の通りです。

上記は一例です。

他の国もいくつか加盟している大学院があるよ
詳細はこちら

日本にいながらNCUKのコースが受けれる

3つ目が「日本にいながらNCUKのコースが受けれる」です。

NCUKが提供している大学院進学準備コースは

日本でも受けれます。

Pre-sessional course(プリセッショナルコース)だと現地の大学院で受講しますが、NCUKだと日本から受講可能ですよ。

プリセッショナルコース:
 規定の英語スコアを満たしていない人に向けて、各大学院が提供している英語のレッスン。一定の期間その講義を受ければ英語スコアの提出が免除される

(プリセッショナルコースは以下の記事でもまとめています)

けど正直、プリセッショナルだと志望する大学院から合格をもらっている必要がありますし、費用やカリキュラム内容を考慮すると

NCUKの方が断然良いです。

次にNCUKのカリキュラムについて解説しますね。

NCUK大学院進学準備コースのカリキュラム

「NCUK大学院進学準備コースのカリキュラム」について解説します。

以下の流れでコースを受講しますよ。

オリエンテーション

アカデミック英語や研究方法を学び、テストやエッセイに取り組む

講師と1on1
リサーチプロポーザル
プレゼンテーション

リサーチ

ミニ論文(5,000 words)
Final Exam

NCUKのカリキュラムは大学院で修士号を取得するのに必要なスキルを身につけ留学生活を成功させることを目的としていることから、以下の3つのスキルが身に付けられます。

  • NCUKカリキュラムで身に付けられるスキル
    1. アカデミックスキル
    2. 研究スキル
    3. スタディスキル

アカデミックスキル

大学院レベルの講義やゼミ、レポートなどについていけるよう以下のことが学べます。

  • アカデミックスキルの詳細
    1. 論文やレポート作成のためのライティング
    2. 研究論文などの大量の文献を効率的に読むリーディング
    3. 講義の内容を正しく理解しノートを取るリスニング+ノートテイキング
    4. 説明技法や表現方法を活用するプレゼンテーション

ビジネスにも応用できるスキルばっかですね

研究スキル

大学院では研究論文を書き上げますが、その研究のやり方や研究論文の書き方などを事前に学ぶことができます。

研究論文の書き方を5,000 wordsのミニ論文を作成しながら実践で学べるので

本番の研究論文を書き上げるための良い練習台になるでしょう。

スタディスキル

大学院留学を成功させるために、上記の英語力や研究論文の書き方以外にも以下のようなスタディスキルが身につけられます。

  • スタディスキル
    1. タイムマネジメント
    2. 批判歴思考力
    3. 論理的思考力

タイムマネジメント

一般的に忙しいと言われる大学院留学でどのように時間を管理、時間を捻出するか、コースを受けながらタイムマネジメント力を身につけます。

批判的思考力

批判的思考力が重要視される海外の大学院でも留学生活をこなしていけるよう、違った視点で考え、新たな意見をする力を身につけます。

論理的思考力

上記の批判的な思考をするためには、新たな意見が正しいと言える根拠を示さないといけません。大学院進学準備コースで、仮説を立て検証し結論を出すプロセスを学ぶことができます。

NCUK大学院進学準備コースの種類

NCUKの大学院進学準備コースは以下2つのコースから自分に合ったものを選ぶことができます。

  • NCUK大学院進学準備コース
    1. パートタイム
    2. インテンシブ

どちらも大学院へ入学する9月の1ヶ月前にはコースが終了するよう設計されていますよ。

パートタイム

パートタイムは大学在籍中の人や、仕事をしていてあまり時間が取れない人ゆっくり着実に英語力を身につけたい人に向いています。

  • NCUKパートタイムコースの概要
    • 期間:11ヶ月(週に2日)
    • 日程:9月末〜翌8月
    • 授業時間:400時間
    • クラス規模:20人程度
    • 英語レベル:IELTS 5,5〜, TOEFL iBT 71〜(目安)

約1年くらいかけて学んでいきますね

インテンシブ

インテンシブは大学卒業後や大学院留学前に集中的に学びたい人に向いています。

  • NCUKインテンシブコースの概要
    • 期間:5ヶ月(週に5日)
    • 日程:3月末〜8月
    • 授業時間:400時間
    • クラス規模:20人程度
    • 英語レベル:IELTS 5,5〜, TOEFL iBT 71〜(目安)

NCUK大学院進学準備コースの費用

学費

NCUK大学院進学準備コースの費用は以下の通りです。

  • NCUK大学院進学準備コースの費用
    • 入学金:32,400円
    • NCUK登録料:138,000円
    • 授業料:788,316円
    • NCUK出願取扱料:208,116円
    • 合計:1,166,832円

注意)
 上記の費用感は私がNCUKを利用した当時の金額であり、現在の金額と変わっている可能性があります。

約100万円くらいかかりますが、プリセッショナルコースだと大学院が要求するIELTS点数に近いスコアを持っていない限り、100〜200万円程かかってしまうので

NCUKの方が安いでしょう。

NCUK大学院進学準備コースの開催地

NCUKの大学院進学準備コースは東京や大阪での開講でしたが、

2021年3月からオンラインで受講可能です。

なので場所に縛られずコースを受けることができますね。

NCUK大学院進学準備コースの評価

「NCUK大学院進学準備コースの評価」を述べていきます。

私は東京でインテンシブコースを受講していましたが、良い点悪い点それぞれあると思いました。

良い点から説明しますね。

良い点

NCUKの大学院進学準備コースを受けて良かった点は以下の3つです。

  • 良い点
    1. 大学院留学に対する自信が身に付く
    2. 同時期に大学院へ留学する人と関係を築ける
    3. 進学保証は安心できる

1つずつ説明します。

大学院留学に対する自信が身に付く

NCUKの大学院進学準備コースは、大学院留学を成功させることを目的としているのでカリキュラムには

大学院の本場の講義についていけるようになる内容が組み込まれています。

なので、事前に大学院の学生生活を想定して準備できたことで、大学院留学に対する不安を払拭することができたと思いました。

同時期に大学院へ留学する人と関係を築ける

私が通っていた時のクラスメートはみんなイギリスの大学院進学予定者で、それぞれ留学先の大学院も違いました。

それもあって、就活の情報交換や留学生活など

いろんな大学院の友人と情報交換できたのはとても有益でした。

旅行先でも友人に案内してもらった

(海外での就活は以下の記事を参考にしてくださいね)

留学生 就活 海外

留学生の就職活動【海外での就活イメージが湧きます】

進学保証は安心できる

もし志望する大学院から合格をもらえなくても進学保証が付いているので、

NCUK加盟大学院からいずれかの大学院に進学できます。

そのため、必ずその年に大学院留学をする前提で計画を立てれますし、精神的にもプレッシャーなく留学の準備ができましたよ。

悪い点

NCUKの大学院進学準備コースでは以下の点が悪かったと感じました。

研究手法は留学先の大学院でも学べる

NCUKの大学院進学準備コースでは、事前にミニ論文を書き上げるので研究の方法論を学ぶことができます。

しかし、学べる内容は概要程度な上、

留学する大学院にもResearch Methodのような授業が単位としてあり、卒業論文の書き方を学べます。

そのため、個人的には事前に学ぶ必要がなかったのかなと感じました。

しかし、研究の方法を全く知らないでResearch Methodの授業を受けるのと、ある程度予備知識を持った状態でResearch Methodの授業を受けるのとでは理解度は全然違います。

また、良い点でも触れた「大学院留学に自信を持つこと」ができるので、

事前に研究手法を学んでおくのは全くダメという訳ではありません。

大学院の卒論は最も成績に影響が出る単位なので受けて損はないですよ。

NCUK大学院進学準備コースの申し込み方法

日本でNCUK大学院進学準備コースを開講しているのは唯一、beoだけなのでカウンセリング申し込みページからbeoにカウンセリングの申し込みをします。

留学形態は「準備コース(大学・大学院)」にチェックを入れよう

上記のフォームの必須項目を入力し送信すれば申し込みの完了です。

申し込み後は専任のカウンセラーから連絡が来るのでしばし待ちましょう。

また、カウンセリング時に「舞原ブログを見た」NCUK大学院進学準備コースの費用が3,000円引きになるので忘れずにお伝えくださいね。

NCUK:カウンセリング申し込みページ

(beoについて知りたい人はこっちの記事です)

大学・大学院留学

beoで大学・大学院留学【私もこのエージェントです】

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

NCUKの大学院進学準備コースの概要説明と評価をしました。以下は要約です。

  • 良い点
    • 大学院留学に対する自信が身に付く
    • 同時期に大学院へ留学する人と関係を築ける
    • 進学保証は安心できる
  • 悪い点
    • 研究手法は留学先の大学院でも学べる

イギリスやオーストリアなどの海外大学院に留学を検討している方はNCUKの利用を検討してみてくださいね。

NCUK:カウンセリング申し込みフォーム

それでは!

〜ここからは一押し記事の紹介です〜

2021年10月20日(水)グローバルキャリアフェア開催!

就活する留学生なら参加しないと損レベルです。

大学・大学院へ留学したい/している人は参加申し込み

キャリアフォームを運営をしているCFNから、留学生の就活準備の仕方キャリアフォーラムについてなど詳しく知れるセミナー↓

【10/20開催】CFNによる留学後を見据えた就職情報セミナー