リバプール大学の全て【難易度やレベル、ランキングなど】

リバプール大学留学について 大学院留学

#PR

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

リバプール大学について知りたいな

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • リバプール大学の詳細がわかる
    • リバプール大学はどんな人に向いているのかわかる
    • リバプール大学へ留学する方法がわかる

本記事は、リバプール大学留学生の経験談も含め解説します。

(本記事執筆者はリーズ大学留学生)

リーズ大学について

リーズ大学の全て【偏差値やレベル、学費等留学経験から】

リバプール大学や大学院へ留学を検討している人はぜひ参考にしてくださいね。

本記事作成にあたって
 便宜上、”大学”と記載を統一しますが、”大学院”にも共通する内容です。

リバプール大学概要

検索 

リバプール大学は、イングランド北西部に位置する大学です。

  • リバプール大学概要
    • 設立年:1881年
    • 所在地: Foundation Building, Brownlow Hill, Liverpool, Merseyside
    • 大学種類:国立校
    • ラッセルグループ校:YES
    • 総生徒数:22,000人以上
    • 留学生数:7,700人以上(約35%)
    • 教職員数:5,600人以上
    • Student Union規模: 200 societies 以上

参考:
About us
Societies

リバプール大学はラッセルグループの中でも日本人にはあまり認知されていない大学かもしれません。

しかし、留学生の割合は35%と世界から多くの優秀な学生が集まっている大学ですよ。

リバプール大学の概要を以下の点でもう少し解説します。

  1. 評価
  2. ロケーション
  3. リバプール大学周辺の治安

評価

リバプール大学は以下のような多くの評価を得ています。

  • リバプール大学の評価例
    • 教育・学習環境の質の高さ:ヨーロッパで27位
    • 81%以上の研究がWorld Leading (1位)Internationally Excellent (2位)と評価
    • 就職に強い大学ランキング:世界121位〜130位
    • SDGsに準拠している大学ランキング:世界72位
    • 9名のノーベル賞受賞者を輩出

参考:
Europe Teaching Rankings 2019
Research Excellence Framework
QS Graduate Employability Rankings 2022
Impact Rankings 2021
Liverpool pioneers

リバプール大学はラッセルグループの大学のため、研究力や教育環境は申し分ないでしょう。

また、就職力は100位台のため、ラッセルグループの中堅大学と同じくらいの就職力ですよ。

  • ラッセルグループ中堅大学の就職力例
    1. バーミンガム大学:世界111位〜120位
    2. シェフィールド大学:世界131〜140位
    3. グラスゴー大学:世界131〜140位

参考:
バーミンガム大学の全て【ランキングなど留学経験から】
シェフィールド大学の全て【ランキングや難易度など】
グラスゴー大学の全て【レベルや偏差値など留学経験から】

ロケーション

リバプール大学はイングランド北西部に位置しています。

  • リバプール大学ロケーション特徴
    • Londonから電車で2時間40分
    • 最寄り空港のLiverpool John Lennon空港までバスで45分
    • 最寄駅のLiverpool Lime Street駅まで徒歩10分
    • Liverpoolの街(City Centre)まで徒歩10分

ショッピングセンターやレストラン、カフェやパブなど多く集まっているCity Centreはかなり大きいです。

赤丸:City Centre
茶丸:リバプール大学

City Centreの多くのエリアに人が集まりますが、中でもChurch Streetが最も人が訪れる場所みたいですね。

赤丸:Church Street

リバプールは“The World in One City”と呼ばれていますが、この街の大きさを見れば納得です。

参考:The centre of Liverpool city centre – where is it?

リバプール大学周辺の治安

リバプール大学周辺治安は普通です。

所々で犯罪が起きているので注意が必要でしょう。

赤丸:犯罪箇所
茶四角:リバプール大学

上図の赤丸で自転車の窃盗や泥棒、暴動やドラッグの犯罪が検挙されています。

また、細々とした犯罪が赤丸以外の場所でも起きていますよ。

しかし、人が多く集まるCity Centreよりは犯罪件数は少ないです。

また、リバプール大学留学生によれば「治安が良く困っていたら誰かしら助けてくれる」との意見もあるので、気を緩めず生活すれば問題ないレベルでしょう。

夜道は明るいところや大通りを歩くこと!

参考:Crime and Safety in Liverpool

リバプール大学の偏差値

大学院留学

イギリスの大学には偏差値という概念はありません。

そのため、調査機関が公開している大学ランキングを基に入学難易度を考察します。

  • 入学難易度
    1. 超難関
    2. 難関
    3. やや難関
    4. 普通

結論から言うと、リバプール大学への入学難易度は“やや難関”でしょう。

リバプール大学のランキング

  • リバプール大学のランキング
    • 世界大学ランキング
      • 178位 (QS World University Rankings 2022)
      • 189位 (THE World University Rankings 2022)
    • イギリス国内大学ランキング
      • 40位 (The best UK universities 2022)
      • 30位(University League Tables 2022)

参考
QS World University Rankings 2022
THE World University Rankings 2022
The best UK universities 2022
University League Tables 2022

ランキングを見てもいまいちパッとしないと思う方がいるかもしれません。

しかし、世界には25,000校以上の大学がありますし、イギリス国内で見ても160校以上の大学が存在します。

世界大学ランキングをラッセルグループの大学だけに絞って見ると、リバプール大学は低いランクに位置しますね。

ラッセルグループ24校中リバプール大学は22位

また、イギリス国内の大学ランキングでは30位や40位のため、中堅レベルと見て良いでしょう。

しかし、世界から高い評価を得るラッセルグループの大学に変わりないので、やや難関辺りに考えて遜色ないのではないでしょうか。

リバプール大学の出願要件

留学 レポート 書き方 英語

リバプール大学と大学院の出願要件をそれぞれ解説します。

大学(学士)

イギリス大学は入学前にファウンデーションコースの受講が必須です。

  • ファウンデーションコースとは
    • 教育制度の違いからイギリス大学進学前に受講が必要なプログラム

(解説は割愛しますが詳細は↓)

参考:イギリスのファウンデーションコース【おすすめはこれ】

リバプール大学のファウンデーションコースでは以下の出願要件を満たす必要があるでしょう。

  • 出願要件
    1. 高校の成績:平均評定3以上
    2. 英語力(提携パートナーのKaplan提供のファウンデーションコース)
      • IELTS 4.0〜5.5以上:Science, Engineering, Business, Law and Social Sciences

参考:University of Liverpool International College

上記のファウンデーションコースがリバプール大学で受講できます。

しかし、リバプール大学は英国大学連盟(NCUK)に加盟しているので以下のファウンデーションコースから進学の方がおすすめです。

イギリス大学はファウンデーションコース

NCUKファウンデーションコース【イギリス大学進学向け】

また、リバプール大学に限らず、イギリス大学へ進学するためにはファウンデーションコースで規定の成績を修める必要がありますよ。

参考:ファウンデーションコースは落ちる?【この方法なら合格】

大学院(修士)

専攻するコース(学科)によって出願要件は多少変わります。

そのため、ビジネス系の学問を例に出願要件を解説しますね。

  • 出願要件
    1. 大学のGPA:3.0以上(専攻コースによりGPA2.5〜もあり)
    2. 英語力:IELTS 6.5

正確な要件を知りたい方は以下のページから専攻予定のコースで検索すると良いでしょう。

参考:Find a course

GPAは平均3.0以上必要ですが、GPAが足りなくても留学できる可能性はありますよ。

また、上記の英語スコアを持っていなくても留学する方法はあります。

(説明は割愛しますが詳細は↓)

【GPA低い?】GPAを2.7→3.4に変えてイギリス大学院留学
イギリス大学院留学【IELTS足りない人はこの方法で】

リバプール大学の学費

学費

専攻する分野によって学費は変動するので、ここではビジネス系の学問の学費を基に解説します。

大まかな目安としてご参考ください。

  • リバプール大学の学費(年間)
    • 大学(学士):£20,550(約309万円)
    • 大学院(修士):£26,250(約394万円)

(£1=150円で計算)

正確な学費を知りたい方は以下のページから専攻予定のコースで検索すると良いです。

・大学:Undergraduate international tuition fees entry 2022/23
・大学院:Find a course

大学(学士)

イギリス大学の学士課程にかかる学費は合計927万円かかるでしょう。

  • リバプール大学学士課程の学費
    • 年間£20,550(約309万円)
    • 3年間:£61,650(約927万円)

リバプール大学の学費は年間300万円を超えますが、ラッセルグループの中堅大学ではどこも同じような学費ですよ。

また、学士課程の場合、入学前にファウンデーションコース受講が必須のため、この学費も含めると約1,127万円ほどかかるでしょう。

(ファウンデーションコース詳細↓)

イギリス大学はファウンデーションコース

NCUKファウンデーションコース【イギリス大学進学向け】

大学院(修士)

イギリス大学の修士課程は、1年制なので学費は上述の通り約394万円です。

他のラッセルグループ大学院だと学費は350万円後半が多いので、似たような学費と言えるでしょう。

(学費以外にかかる費用は以下が参考になります)

参考:イギリス大学院費用は500万円【学費はこれでも安いです】

リバプール大学の学部

大学院留学

リバプール大学で専攻できる学問を以下の2つに分けて解説します。

  • リバプール大学で学べる分野
    1. 学部一覧
    2. 強みを持つ学部

学部一覧

以下のような分野をリバプール大学で学べます。

Archaeology Classics and EgyptologyArchitecture
ChemistryCommunication and Media
Computer ScienceDental Sciences
Earth SciencesEcology and Marine Biology
Electrical Engineering and ElectronicsEngineering
EnglishGeography
Health SciencesHistory
Irish StudiesLanguages Cultures and Film
LawLife Sciences
ManagementMathematical Sciences
MedicineMusic
Ocean SciencesPhilosophy
PhysicsPlanning
PoliticsPsychology
Sociology, Social Policy and CriminologyVeterinary Sciences

(上記は学士の学部です。修士は内容が若干変わる可能性があります。)

上記のような分野から多種多様なコース(学科)が展開されていますよ。

コースは大学と大学院で400以上のコースが各学部にあるので、詳細は以下ページから見ると良いです。

・大学:Undergraduate Courses (2022 entry)
・大学院:Find a course

強みを持つ学部

上記のような学部からリバプール大学は以下の分野に強み持っています。

  • 強みを持つエリア
    • イギリス国内(ランキング)
      • Veterinary Medicine(3位)
      • Physiotherapy(4位)
      • Counselling, Psychotherapy & Occupational Therapy(4位)
      • Architecture(8位)
      • Marketing(9位)

参考:Complete University Guide

上記以外にも、リバプール大学は港町に面しているため、Ocean Sciences(海洋学)は注目の学問でしょう。

また、リバプールはビートルズを生んだ音楽やフットボールの街と知られることからも、Musicやサッカー産業MBAも人気の学問ですよ。

それらの学問以外にも、リバプール大学はラッセルグループの一員のため、学びたい学問に関係なくおすすめできる大学です。

リバプール大学に留学してみて

大学院、卒業後、就職

リバプール大学の留学生に「リバプール大学に留学して良かった点」を語っていただきました。

  • リバプール大学に留学して良かった点
    1. 教授が熱心かつ非常に優しい
    2. 授業のアクティビティが多い
    3. キャンパスが広いかつ一つにまとまっている
    4. 音楽が常に聞こえる街
    5. フットボールの熱量が最高

教授が熱心かつ非常に優しい

リバプール大学の教授は皆んな自分の授業に誇りを持っていて本当に好きで研究しているのが伝わる。また、わからないことがあっても分かりやすく丁寧に教えてくれるので良い人ばかり。

リバプール大学は世界的に高い評価を得るラッセルグループの大学なので、教授のレベルも高いのでしょう。

質の高い教育は教授のモチベーションの高さに比例しているのかもしれませんね。

授業のアクティビティが多い

各コースで無料の食事会やミュージカル、プチ旅行などといったアクティビティが多く開催されるので勉強以外でも充実できている。

リーズ大学でもクラスメートの親睦を深めるために、サンドイッチをつまみながらお話しする会がありました。

こんな感じの

ですが、ミュージカルといったイベントはありませんでしたね。

さすが、音楽の街リバプールだ

キャンパスが広いかつ一つにまとまっている

キャンパスはかなり広いですが一つのエリアに集約されている。分割されたキャンパスではないので移動がしやすくとても助かる。

確かにリバプール大学のキャンパスは他のイギリス大学と比べても、かなり広い部類に入ります。

参考:Campus Map

その割に一つのエリアにまとまっているので、迷いづらいし授業間の移動も楽にできるでしょう。

音楽が常に聞こえる街

街中、特にCity Centreでは音楽が必ずといって良いほど聞こえる。他にもライブミュージックをするパブなど多くあるので、音楽の音色を楽しみながら留学生活を過ごせる。

リバプールはビートルズを生んだ街なので音楽が盛んですよ。

ビートルズの銅像がWaterflontに建てられている

音楽を聴くのが好きな人には毎日楽しく過ごせますね。

フットボールの熱量が最高

Liverpool FCとEvertonの2つのチームがとても熱い。試合がある日はかなりの盛り上がりを見せるので最高。

私はあまりフットボールに詳しくありませんが、私の知人もフットボールを観にリーズから足を運んでいました。

なので、遠方から見に行く価値があるくらい白熱しているのでしょうね。

リバプール大学留学に向いている人

海外大学 進学 理由

上述の大学の特徴や強みのある分野など考慮すると、以下のような人がリバプール大学に向いているでしょう。

  • リバプール大学に向いている人
    1. 高い教育レベルで授業を受けたい人
    2. 買い物や外食、観光や旅行なども充実させたい人
    3. 音楽が好きな人
    4. 港町に留学したい人
    5. フットボールファンの人
    6. ラッセルグループの大学に留学したい人

上記に該当する項目が多ければ、リバプール大学はあなたに最も適した大学だと思いますよ。

また、①⑤⑥といった共通点が多い大学は他にもあります。

マンチェスター大学の全て

マンチェスター大学の全て【偏差値/レベル/学費など解説】

次にリバプール大学に留学する方法を解説します。

リバプール大学へ留学するには

大学院進学準備

リバプール大学や大学院へ留学するには、beoという留学エージェントを利用するのが1番です。

  • 数字で見るbeo(ビーイーオー)
    • 設立年:2000年
    • 留学支援数:13,000人以上のサポート実績
    • 年間出願実績:4,000件以上(2019年)
    • 提携海外大学数:約300校
    • 合格率:9割以上(TOP大学含めて)
      • イギリス大学/大学院は合格率99%

今までに1万人以上の支援実績がある他、イギリス大学や大学院の合格率が99%の合格実績を持っています。

私もbeoを利用しましたが、リーズ大学など3校のイギリス大学院から合格を得られました。

なので、リバプール大学への留学を検討している方はbeoに相談してみてくださいね。

また、カウンセリング時に「舞原ブログを見た」beoが提供しているサポートや講座(登録制以外)の費用が3,000円引きになるので忘れずにお伝えください。

beo:カウンセリング申し込み

(beoの詳細は以下にも↓)

beoで大学・大学院留学

beo大学/大学院留学エージェント【こんな評判や合格実績が】

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

リバプール大学の全てがわかるよう解説しました。以下は要約です。

  • リバプール大学概要
    • 設立年:1881年
    • 所在地: Foundation Building, Brownlow Hill, Liverpool, Merseyside
    • 大学種類:国立校
    • ラッセルグループ校:YES
    • 総生徒数:22,000人以上
    • 留学生数:7,700人以上(約35%)
    • 教職員数:5,600人以上
    • Student Union規模: 200 societies 以上
  • リバプール大学のランキング
    • 世界大学ランキング
      • 178位 (QS World University Rankings 2022)
      • 189位 (THE World University Rankings 2022)
    • イギリス国内大学ランキング
      • 40位 (The best UK universities 2022)
      • 30位(University League Tables 2022)
  • リバプール大学に向いている人
    1. 高い教育レベルで授業を受けたい人
    2. 買い物や外食、観光や旅行なども充実させたい人
    3. 音楽が好きな人
    4. 港町に留学したい人
    5. フットボールファンの人
    6. ラッセルグループの大学に留学したい人

リバプール大学は「ラッセルグループの大学だけど挑戦しやすい大学」だと思うので、ぜひ出願してみてくださいね。

その際はbeoのサポートを受けるのが合格の1番の近道です。

beo:カウンセリング申し込み

イギリス大学紹介シリーズは他にも↓

キングスカレッジロンドン(KCL)留学について

キングスカレッジロンドンの全て【KCL留学の難易度など】

エクセター大学の全て

エクセター大学の全て【ランキングや偏差値、学費など】

ケント大学留学について

ケント大学の全て【ランキングやレベルなど留学経験から】

それでは!

〜ここからは留学生や日本の学生向けです〜

ボスキャリの内定率は4割、ロンキャリの内定率は2割にまで下がります。

第一志望企業からどう内定を得ますか?
最適解はSPARK CAREER

米系の外銀勤務者が就活アドバイザーになりハイレベルな就活を実現↓

SPARK CAREER評判【海外留学生や日本の学生向けです】