SPARK CAREER評判【海外留学生や日本の学生向けです】

留学生の就活 就活のやり方

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

・留学生って忙しいけど就活する余裕ある?
・キャリアフォーラムで内定得るには?
・コンサルや外銀、商社からどう内定取れる?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • 留学生や日本の学生が内定を得る1番の方法がわかる

私はイギリス大学院に留学をしていました。

しかし、学業の両立が難しく闇雲に就活をした結果、志望企業の書類選考や面接で何度も落とされています。

この経験から、就活時に「これをやっておけば良かったな」て方法を解説するので、海外大学/大学院の留学生や日本の学生の方は参考にしてくださいね。

SPARK CARERとは

検索 

SPARK CAREERとは米系の外銀マンが就活アドバイザーの就活支援サービスです。

  • SPARK CAREER概要
    1. NYのCiti Bankに勤める寺尾さんが提供する就活塾
    2. 日系/外資系大手企業や上場企業への内定支援が強み
    3. 外銀や外コン、総合商社など超人気企業への内定実績あり
    4. 日々のラインやメールによる指導と週1の個別面談
    5. 入会時期・指導期間に関わらず料金は一律
    6. 上場企業の内定が貰えなかった場合は全額返金
    7. アドバイザー自身もキャリアフォーラム経験者

③の内定実績ですが、以下はほんの一例です。

  • SPARK CAREER内定実績
    • KPMG
    • 双日
    • MUFG
    • ABeam Consulting
    • 塩野義製薬
    • Sonet
    • 東京海上日動
    • 楽天
    • 静岡銀行
    • Stryker
    • オリックス
    • etc.

⑤について、有償なのでお金はかかってしまいます。

ですが、人生一度きりの新卒就活です。

この先長い社会人という人生のスタートをどの会社で始めるか、それによって生活の質は変わってくるでしょう。

また、仮に上場企業から内定を得られなかった場合、全額返金されます。

そのため、利用価値がある就活サービスではないでしょうか。

参考:SPARK CAREER

次に海外大学/大学院の留学生や日本の学生がSPARK CAREERで就活するメリットを考察します。

SPARK CAREERで就活するメリット

就職

海外大学/大学院の留学生や日本の学生がSPARK CAREERを利用するメリットは以下の通りです。

  • SPARK CAREERを利用するメリット
    1. キャリアフォーラムでも内定が狙える
    2. 他の留学生と差別化できる強みを発見できる
    3. 時間を効率的に使いながら就活できる

キャリアフォーラムでも内定が狙える

SPARK CAREERの指導内容はキャリアフォーラムの就活でも大いに役立ちます。

なぜなら、キャリアフォーラムで内定を得るには、事前準備がかなり重要なため。

焦って就活を進めるばかりに、内容が不十分なESを提出してしまったり、面接対策ができていなかったりなど年1の大きなイベントを棒に振ってしまうでしょう。

(ボスキャリやロンキャリなど1つのイベントのみ参加する就活生にとって)

そのため、一度切りのチャンスを無駄にしないためにも、スピード感を持って内定サポートができるSPARK CAREERは打って付けではないでしょうか。

また、SPARK CAREERのアドバイザー自身もキャリアフォーラム就活の経験者のため、有益な情報を得ながら就活ができますよ。

他の学生と差別化できる強みを発見できる

強みは他の学生と差別化できる内容を述べるべきです。

なぜなら、履歴書の学歴や経歴、取得資格状況等から読み取れる強みを述べる学生が多いから。

例えば、自分の強みは「英語力」や「行動力」と言ってしまう留学生がよくいます。

留学した経歴あるのであれば英語力があること、海外に飛んだ行動力は既に証明されていますよね。

それを強みとしてアピールするのはもったいないでしょう。

そこで、以下のような他のあなた独自の強みを発見・身につけるサポートをできるのがSPARK CAREERです。

SPARK CAREERは、あなたの状況をカウンセリングし伸ばせる強みとそれを裏付けるためにどんな経験を持つべきかをアドバイスしてくれますよ。

時間を効率的に使いながら就活できる

日本の学生含め、海外大学/大学院に通う留学生はタイムマネジメントをしっかりこなす必要があるでしょう。

忙しい学業に就活が加わるので、時間を効率的に使わないといけませんよね。

私も就活に割く時間が中々取れず苦労しました。

参考:【大学院留学がつらい】海外大学院がどれくらい大変か考察

そのため、限られた時間で効率的に就活するために、外部の指導者を付けて就活するのも1つの手ではないでしょうか。

【評判】SPARK CAREER代表とのインタビュー

イギリス 発音 練習

SPARK CAREERの特徴や留学生/日本の学生がSPARK CAREERを利用するメリットを解説しました。

けど、正直ここまで読んでもSPARK CAREERを利用すべきか判断できないかもしれません。

そこで、SPARK CAREERでアドバイザーをしている寺尾さんにインタビューの機会をいただきました。

以下のテーマで対談した内容を記載するのでぜひご参考ください。

高学歴の7割が大手に内定しない現実―学歴主義が終わった理由【就活で勝ち抜くために必要なこと】

寺尾さん、本日はよろしくお願いします!

こんにちは、 SPARK CAREER(スパークキャリア)の寺尾と申します。

寺尾さんはSPARK CAREERという就活塾を展開されていますが、生徒さんは何名ほどいるのですか?

今年度の就活を終えた学生さんが22人おります。昨年度は17名に受講いただいておりました。

そうなんですね!毎年20名強の学生さんを受け持っているとこですかね。評価が高い証拠だと思います。では早速本題に入っていきますね。

学歴採用はオワコン?

20人くらいの学生さんはどういった大学の方なんですか?

そうですねー、大体早慶・上智の学生さんが6割で、MARCHなどの大学の学生さんが4割ほどです。

意外と高学歴の学生さんが多いのですね。個人的な印象で慶應や早稲田レベルの学歴だとみなさん大手企業へ入るのかなと思いますが、実際はどうでしょう?

実際の就活市場は厳しくて、早慶上智といった高学歴でも大手企業に就職できるのは全体の3割くらいですね。

3割ですか!?学歴が高ければ有利かなと思っていましたが、実際は3割以下なんですね…。何か理由があるのでしょうか?

理由として、早慶上智~GMARCHの私大では新規学部開設により定員自体も増加傾向にあります。一方で少子化で大学生の年齢人口自体は昔より減っている。ようは高学歴と言われる大学に入学する難易度自体は昔よりも下がっていますので、「高学歴」であるから優秀とは限らないと思います。
 
実際にSPIなどの筆記試験をまともに対策せず、インターンシップや本選考で面接にすら進めない高学歴の学生さんは珍しくありません。

なるほどですね。筆記試験で落ちるのって東大とかでも同じですか?

高学歴でも筆記試験の点数が悪ければ速攻で落とされてしまいますね。そもそも筆記試験は決められた点数に到達していない人は機械的に落とす仕組みになっているので、学歴は全く関係ないです。

やっぱりそうなんですね…。昔のような大学名だけで即採用ってのは今は無いんですか?

現代の就活では大学名だけで採用するということはないです。どちらかというと、大学名というよりかはその学生の資質・実力・潜在性を問われている時代です。ですのでFラン大学と言われる無名の大学からでも大手に入る人はいますし、一方で東大生でも内定ゼロという現象が生じています。

学生が身につけるべき能力とは

面接において、寺尾さんが考える「こんなアピールはしちゃダメ」てのはありますか?

そうですね。就活の場では受動的な体験は基本的に評価されないです。ですので、なんとなくやっているサークル・部活・アルバイトのお話をされても面接官の心には響かないです。そのような話を面接官は何度も聞いているので、「またこの話か~」と思ってしまう部分はあると思います。

なるほどですね。となると、面接通過の材料として積んでおくべき経験って何になるのでしょうか?

基本的には5つありまして、まず1つ目がリーダーシップの経験で、2つ目が海外経験です。交換留学や正規留学などが望ましいですね。3つ目が自分で何か興味のあるビジネスを立ち上げた実績があること、4つ目が自分で組織やチームを作った経験があること、5つ目が自分自身をアップデートした経験があることです。

  • 面接通過に必要な要素
    1. リーダーシップ
    2. 留学などの海外での経験
    3. 自分でビジネスを立ち上げた経験
    4. 自分で組織やチームを立ち上げた経験
    5. 自分自身をアップデート(成長させた)経験

1つ目のリーダーシップは該当している人が多そうですね!けど、どれもかなりレベル高いですね…。

やっぱり大手との就活となると倍率は50-100倍です。ですからある程度は突き抜けていないと、他の就活生との差別化ができないのが現実です。高倍率という状況で他者との優位性が分からない中、自分だけが大手に入れるというのは変な話だと思います。

(た、確かに…)

SPARK CAREERではその人の志望する業界・業種ごとに何をすべきかを具体的にアドバイスしますので、最短距離で学生としての質をアップすることができます。結果、他の就活生と差別化ができている状態で選考を迎えるので、大手から内定を貰えるのだと考えます。

就活はいつから始めたほうが良い?

SPARK CAREERには就活生の方からどの時期に相談がくるのでしょうか?

相談に来る時期は学生さんによって違いますね。早い人だと2年生の1月-3月くらいに来られます。あとは夏インターン前のタイミングで来られる方も多いです。当然、3年の秋・冬から本選考までは相談数も多くなりますね。

2年生もいるんですね!SPARK CAREERを利用している学生さんは6月までには内定を貰えているのでしょうか?

いやもっと早いですよ。3月前後で既に内定を取っちゃう学生が多いですね。早い人だと夏インターンからの選考で、2月ぐらいに内定をゲットさせています。また英語ができる人にはボストンキャリアフォーラムも挑戦いただいており、3年生の12月頃に内定が出ます。

そうなんですね。本記事を読まれる方は留学生の方が多いので、キャリアフォーラムでの就活もサポートできるのは心強いですね。

初期投資をしないことのリスク

利用料金の話で恐縮ですが、SPARK CAREERの料金は大学生にとって決して安くはないと思います。金額以上のリターンは期待できるのでしょうか?

そうですね、確かに料金に関してはお手軽とは言える金額ではないと思います。一方で、大企業に入れるチャンスは新卒のタイミングでしかなく、かつ大企業に入れるかどうかでその後の生涯賃金が数千万~1億円ほど変わってくることも事実です。

早稲田・慶應・上智であっても大企業に入れるのは3割弱です。7割近くが振り落とされる訳ですから、周りと同じことをしているだけでは上手くいきません。

SPARK CAREERの受講生ですが、金融を中心に大企業へ複数内定をいただいており、確固とした実績がございます。生涯賃金で数千万~1億円ほどのプラスを得られると考えた場合に、本気で就活で成功したいのであれば、SPARK CAREERは先行投資としてふさわしいと考えております。

確かにそうですね。年収が人生に大きく影響することから、指導者をつけてそのチャンスを獲得しに行くのは理にかなっているかもしれません。それに大学や留学の費用で数百万も支払っているのに就職に失敗したら意味ないですよね。

そこは私も同感です。もちろん大学は勉強の場であり、就活での成功から逆算して学生生活を過ごすSPARK CAREERのやり方に批判的な方がいることも事実です。一方で、普通の学生として普通の生活をしているだけでは、就活で大手から内定を貰うことはできません。
 
良いか悪いか様々な意見がありますが、本気で大手企業から内定を得ることを考えるのであれば、就活で成功することから逆算して学生生活を送るべきだと思います。

の就活塾にないSPARK CAREERの強み

就活塾って色々ありますが、SPARK CAREERの強みは何でしょうか?

強みは2つありまして、まず1つ目が私の講師としての実績です。私自身が大学卒業後に大企業の海外部門にて、東京・香港・ニューヨークというマーケットでバリバリ仕事をしてきており、大企業を牽引できるような人材になりたい学生さんにきちんとした指導ができると考えております。

他の就活塾さんを批判するつもりはありませんが、就活塾の中には講師の経歴が曖昧になっている部分が多く、また場合によっては講師の方がアルバイトということも珍しくありません。

2つ目が、個別のマンツーマン指導を行っている点です。一般的に営利目的の就活塾の場合、1つの教室に20-30人を集めて集団講義を行う形式のところが多いです。1回2時間の講義を10回行って、20万円の受講料といった具合です。効率性の観点から致し方ないとは言え、指導方式としては疑問です。

  • SPARK CAREER独自の強み
    1. 講師としての実績
    2. 完全なマンツーマン指導

他就活塾だと集団講義で20万円ってかなり高額ですね…。

SPARK CAREERの場合はマンツーマン指導制なので、学生さん1人1人に合った指導を行い、正しい努力のやり方を教えています。毎週のペースで継続指導をするので、着実な成長を図ることができ、結果として大企業からの面接を突破する可能性を飛躍的に高めることができるのです。

誰でも本気になれば大手へ就職できる

実際に、寺尾さんはどのような指導を受講生にされていますか?

まずはその学生さんが持っているスキルを確認するために、スキルの棚卸し作業を行います
これまでの学生生活でどういう取り組みをやってきて、どういう経験が不足してるのかという確認作業です。就活でアピールできるようなスキル・経験が無いという状態であれば、与えられた時間の中で伸ばせる部分をできるだけ伸ばすように指導をしています。

普通の大学生でも努力次第では大手企業を目指せるってことですね。

お時間が迫ってきましたのでそろそろお開きにしようと思いますが、最後に何か一言ございますでしょうか。

そうですね。私は就活のときに自己流で面接対策に取り組むことなく、きちんと実績のある講師の人から有料で面接特訓をしてもらいました。自分で行動して面接特訓を外部の実績のある講師にしてもらって良かったと思います。
もし大手企業に就職したいと本気で思っているのであれば、きちんとした実績の人に教えてもらうべきです。

もし私が就活生だったら、速攻でSPARK CAREERに申し込むでしょうね。なぜなら、SPARK CAREERではコンサルティングの質を維持するために新規受講生を毎月5名まで限定しているからです。
そのため、今この記事を読んでいる間に他の就活生が申込をしてしまえば、あなたが正しく就活ができる可能性が1か月遅くなってしまいます。

あとは皆さんの行動する力です。就活を成功させたい皆さんからのお申し込みをお待ちしております。

SPARK CAREER:無料相談会の申し込み

ありがとうございます!それではこれでインタビューを終わりにいたします。貴重なお時間ありがとうございました!

ありがとうございました。

公式HP:SPARK CAREER

SPARK CAREERはこんな人におすすめ

就職 

上記のSPARK CAREERの特徴・メリットやインタビュー内容を鑑みて、以下のような人がSPARK CAREER利用に向いているでしょう。

  • SPARK CAREERを利用すべき人
    1. 就活で内定を得られるか心配な人
    2. 学業に忙しく就活に時間が取れない人
    3. 外銀や外コン、総合商社等ハイレベルな企業に就職したい人
    4. ガクチカや強みがわからない、もしくはその根拠となる経験が無い人
    5. 給料が高い企業に就職したい人

上記に該当する項目が多い人ほど、SPARK CAREERは利用すべき就活サービスですよ。

公式HP:SPARK CAREER

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

外銀マンが就活アドバイザーのSPARK CAREERについて解説しました。以下は要約です。

  • SPARK CAREER概要
    1. NYのCiti Bankに勤める寺尾さんが提供する就活塾
    2. 日系/外資系大手企業や上場企業への内定支援が強み
    3. 外銀や外コン、総合商社など超人気企業への内定実績あり
    4. 個別指導で日々のラインやメールによる指導と週1の個別面談
    5. 入会時期・指導期間に関わらず料金は一律
    6. 上場企業へ内定が貰えなかった場合は全額返金
    7. アドバイザー自身もキャリアフォーラム経験者

留学生や日本の学生なら利用すべきサポートかと思いますのでぜひ検討してみてくださいね。

公式HP:SPARK CAREER

それでは!