ウォーリック大学の全て【ランキングや学費、難易度など】

ウォーリック大学留学について 大学院留学

#PR

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

ウォーリック大学について知りたいな

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • ウォーリック大学の詳細がわかる
    • ウォーリック大学はどんな人に向いているのかわかる
    • ウォーリック大学へ留学する方法がわかる

本記事は、ウォーリック大学留学生の経験談も含め解説します。

(本記事執筆者はリーズ大学留学生)

リーズ大学について

リーズ大学の全て【偏差値やレベル、学費等留学経験から】

ウォーリック大学や大学院へ留学を検討している人はぜひ参考にしてくださいね。

本記事作成にあたって
 便宜上、”大学”と記載を統一しますが、”大学院”にも共通する内容です。

ウォーリック大学概要

検索 

ウォーリック大学はコベントリーに位置する大学です。

  • ウォーリック大学概要
    • 設立年:1965年
    • 所在地: Gibbert Hall Road, Coventry, Warwickshire
    • 大学種類:国立校
    • ラッセルグループ校:YES
    • 総生徒数:約29,354人
    • 留学生数:約10,453人(約35%)
    • 教職員数:6,967人
    • Student Union規模: 250 societies 以上

参考:
About
Societies

イギリス有名大学の中では割と歴史が浅いウォーリック大学ですが、研究において評価が高いラッセルグループ校の一員です。

他のラッセルグループ大学は1800年台設立がボリュームゾーン

また、日本において、ウォーリック大学の知名度は低いかも知れません。

しかし、留学生の割合が35%と世界では認知度が高いことがわかるでしょう。

留学生の割合が30%未満の大学もあるよ

ウォーリック大学の概要を以下の点でもう少し解説します。

  1. 評価
  2. ロケーション
  3. ウォーリック大学周辺の治安

評価

ウォーリック大学は以下のような多くの評価を得ています。

  • ウォーリック大学の評価例
    • 研究成果の87%がWorld leading (1位)Internationally excellent (2位)評価
    • 教育の質が高い大学:イギリス1位
    • 就職に強い大学ランキング:世界77位
    • 雇用者が最もターゲットにする大学:イギリス6位
    • 最も評価されている大学:世界91〜100位
    • 学生総合満足度:イギリス14位

参考:
Research Excellence Framework
Warwick named University of the Year for Teaching Quality
QS Graduate Employability Rankings 2022
The Graduate Market in 2022
World Reputation Rankings 2021
National Student Survey 2021

オックスフォードやケンブリッジといったTOP校を差し置いて教育の質がNo.1と傑出しています。

また、研究の質が高く、就職にも割と強いので非の打ち所がない大学ではないでしょうか。

それと学生総合満足度はラッセルグループ24校中第3位だよ

ロケーション

ウォーリック大学はコベントリー郊外に位置しています。

  • ウォーリック大学ロケーション特徴
    • Londonから電車で1時間40分
    • 最寄り空港のBirmingham空港までバスと電車で40分
      • Coventry空港も利用できバスで1時間
    • 最寄駅のCanley駅まで徒歩で25分(バスで10分)
    • Coventryの街(City Centre)までバスで20分

ショッピングセンターやレストラン、カフェやパブなどが多く集まるCity Centreへはバスで20分(徒歩で1時間)かかるので、気軽にぷらっと立ち寄り難いかもしれません。

赤丸:City Centre
茶丸:ウォーリック大学

しかし、ウォーリック大学の近くには大型のスーパーがあるので生活に必要なものは揃えられますよ。

また、イギリスで2番目に大きい都市のバーミンガムへは電車で50分で遊びに行けます。

そのため、田舎町ながらも都市部へ遊びに行きやすいロケーションにあると言えるでしょう。

ウォーリック大学の位置の特徴は田舎町にあるエクセター大学と似ているかも

参考:エクセター大学の全て【ランキングや偏差値、学費など】

ウォーリック大学周辺の治安

ウォーリック大学周辺は治安がかなり良いです。

ウォーリック大学内で自転車の窃盗が1件起きていますが、周辺で目立った犯罪は起きていません。

また、City Centreがあるコベントリーにおいて、他の主要都市と比べると犯罪件数は1/2以下に収まっています。

他の主要都市で大体80〜100件/1,000人の割合で犯罪が起きているところ、コベントリーは40件/1,000人

参考:Crime and Safety in Coventry

そのため、治安が良い地域に留学したい人にとって安心できる環境でしょう。

とは言え海外にいる自覚は持って生活してね

ウォーリック大学の偏差値

大学院留学

イギリスの大学には偏差値という概念はありません。

そのため、調査機関が公開している大学ランキングを基に入学難易度を考察します。

  • 入学難易度
    1. 超難関
    2. 難関
    3. やや難関
    4. 普通

結論から言うと、ウォーリック大学への入学難易度は“難関”でしょう。

ウォーリック大学のランキング

  • ウォーリック大学のランキング
    • 世界大学ランキング
      • 61位 (QS World University Rankings 2022)
      • 78位 (THE World University Rankings 2022)
    • イギリス国内大学ランキング
      • 6位 (The best UK universities 2022)
      • 9位(University League Tables 2022)

参考
QS World University Rankings 2022
THE World University Rankings 2022
The best UK universities 2022
University League Tables 2022

ランキングを見てもいまいちパッとしないと思う方がいるかもしれません。

しかし、世界には25,000校以上の大学がありますし、イギリス国内で見ても160校以上の大学が存在します。

世界大学ランキングをイギリスに絞ってみると、ウォーリック大学は9位に位置。

イギリス国内大学ランキングでもTOP10にランクインしています。

また、世界的に高い評価を受けるラッセルグループ大学であることも鑑みて、入学難易度は難関と考えて遜色ないのではないでしょうか。

ウォーリック大学の出願要件

留学 レポート 書き方 英語

ウォーリック大学と大学院の出願要件をそれぞれ解説します。

大学(学士)

イギリス大学は入学前にファウンデーションコースの受講が必須です。

  • ファウンデーションコースとは
    • 教育制度の違いからイギリス大学進学前に受講が必要なプログラム

(解説は割愛しますが詳細は↓)

参考:イギリスのファウンデーションコース【おすすめはこれ】

ウォーリック大学のファウンデーションコースでは以下の出願要件を満たす必要があるでしょう。

  • 出願要件
    1. 高校の成績:平均評定4以上(コースによってその専攻に関連する科目も4以上が求められる)
    2. 英語力(提携パートナーのKaplan提供のファウンデーションコース)
      • IELTS 5.5:Mathematics and Statistics, Engineering, Biological Sciences and Psychology
      • IELTS 6.0:Arts and Humanities, Social Sciences, Law and Politics, Economics, Finance

参考:Warwick International Foundation Programme

ウォーリック大学のファウンデーションコースは上記の他に志望動機書の出願も必要ですよ。

ウォーリック大学はラッセルグループ大学の中でも上位に位置する大学のため出願要件が高めですね。

また、ウォーリック大学は英国大学連盟(NCUK)に加盟していませんが、ウォーリック大学以外のイギリス大学も検討中なら以下のファウンデーションコースがおすすめです。

イギリス大学はファウンデーションコース

NCUKファウンデーションコース【イギリス大学進学向け】

蛇足ですが、ウォーリック大学に限らず、イギリス大学へ進学するためにはファウンデーションコースで規定の成績を修める必要がありますよ。

参考:ファウンデーションコースは落ちる?【この方法なら合格】

大学院(修士)

専攻するコース(学科)によって出願要件は多少変わります。

そのため、ビジネス系の学問を例に出願要件を解説しますね。

  • 出願要件
    1. 大学のGPA:3.0以上
    2. 英語力:IELTS 7.0

正確な要件を知りたい方は以下のページから専攻予定のコースで検索すると良いでしょう。

参考:Find your course

GPAは平均3.0以上必要ですが、GPAが足りなくても留学できる可能性はありますよ。

また、IELTS7.0以上と高いスコアを求められますが、上記の英語スコアを持っていなくても留学する方法はあります。

(説明は割愛しますが詳細は↓)

【GPA低い?】GPAを2.7→3.4に変えてイギリス大学院留学
イギリス大学院留学【IELTS足りない人はこの方法で】

ウォーリック大学の学費

学費

専攻する分野によって学費は変動するので、ここではビジネス系の学問の学費を基に解説します。

大まかな目安としてご参考ください。

  • ウォーリック大学の学費(年間)
    • 大学(学士):£28,410(約426万円)
    • 大学院(修士):£32,250(約484万円)

(£1=150円で計算)

正確な学費を知りたい方は以下のページから専攻予定のコースで検索すると良いです。

・大学:Find your course
・大学院:Find your course

大学(学士)

イギリス大学の学士課程にかかる学費は合計1,224万円かかるでしょう。

  • ウォーリック大学学士課程の学費
    • 年間£28,410(約426万円)
    • 3年間:£85,230(約1,278万円)

ウォーリック大学の学費はかなり高めです。

他のラッセルグループの大学でも学費は350万円辺りが多いですよ。

また、学士課程の場合、入学前にファウンデーションコース受講が必須のため、この学費も含めると約1,428〜1.528万円ほどかかるでしょう。

(ファウンデーションコース詳細↓)

イギリス大学はファウンデーションコース

NCUKファウンデーションコース【イギリス大学進学向け】

大学院(修士)

イギリス大学の修士課程は、1年制なので学費は上述の通り約484万円です。

この学費はロンドンのTOP大学院と同じくらいのレベルです。

そのため、ウォーリック大学院の学費は高い部類に入りますね。

UCLで527万円
KCLで470万円
って感じ

参考:
UCLの全て【偏差値やランキングなど留学経験から】
キングスカレッジロンドンの全て【KCL留学の難易度など】

(学費以外にかかる費用は以下が参考になります)

参考:イギリス大学院費用は500万円【学費はこれでも安いです】

ウォーリック大学の学部

大学院留学

ウォーリック大学で専攻できる学問を以下の2つに分けて解説します。

  • ウォーリック大学で学べる分野
    1. 学部一覧
    2. 強みを持つ分野

学部一覧

以下のような分野をウォーリック大学で学べます。

Languages, Literature & LinguisticsCreative Arts, Performance and Visual Cultures
HistoryCultural Media Policy Studies
ChemistryPhysics
Life ScienceMathematics
StatisticsEconomics
Accounting & FinanceBusiness Management
LawComputer Science
EngineeringTheatre and Performance Studies
Liberal ArtsPolitics, International Studies & Development
EducationSociology
Film & Television Studies

(上記は学士の学部です。修士は内容が若干変わる可能性があります。)

上記のような分野から多種多様なコース(学科)が展開されていますよ。

コースは各学部にかなりあるので、詳細は以下ページから見ると良いです。

・大学:Find your course
・大学院:Find your course

強みを持つ分野

上記のような学部からウォーリック大学は以下の分野に強みを持っています。

  • 強みを持つエリア
    • イギリス国内(ランキング)
      • Creative Writing (2位)
      • German (2位)
      • Economics (3位)
      • Accounting & Finance (3位)
      • Iberian Languages (3位)
      • History of Art, Architecture & Design (4位)
      • Philosophy (5位)
      • General Engineering (6位)
      • Mathematics (6位)
      • Classics (7位)
      • Politics (7位)
      • Business & Management Studies (8位)
      • Computer Science (8位)
      • Physics & Astronomy (8位)
      • History (8位)
      • Italian (8位)
      • French (9位)
      • Linguistics (9位)

参考:Complete University Guide

多くの分野でTOP10にランクインしていますね。

特に留学生に人気なビジネス系や工学系といった多くの分野で強みを持っています。

しかし、上記はあくまで一例です。

ウォーリック大学は上記以外の学部でもバランス良く強いので、学びたい学問に関係なくおすすめできる大学でしょう。

ウォーリック大学に留学してみて

大学院、卒業後、就職

ウォーリック大学の留学生に「ウォーリック大学に留学して良かった点」を語っていただきました。

  • ウォーリック大学に留学して良かった点
    1. 勉強のオンオフがはっきり
    2. キャンパスが充実している
    3. 自然が豊か
    4. ビジネススクールのレベルが高い
    5. 物価が安い

勉強のオンオフがはっきり

ウォーリック大学はコベントリーの郊外に位置しているため、平日は勉強に集中し、週末はCity Centreやバーミンガム、ロンドンなどの街へ出かけるといったオフの生活ができる。

余計な誘惑が無いのはカントリーサイドの良いところかもしれませんね。

ちなみにシェイクスピアの出身地も近いから一度は行っておきたい

ファイル:Shakespeare's Birthplace, Stratford-upon-Avon - Sept 2012.jpg
Shakespeare’s Birthplace, Stratford-upon-Avon
参考:Wikipedia

キャンパスが充実している

ヨーロッパによくある歴史的な建造物ではないが、ウォーリック大学の設備は現代的な作りかつ、高性能な感じがまた良い。また、キャンパス内にはカフェやレストラン、バー、スーパーがある他、コンサートや映画館、ギャラリー、銀行、郵便局などが入っており、キャンパス内で生活が可能。

ウォーリック大学のモダンな建物は結構有名みたいですね。

Photo of The Oculus building
参考:About the campus

また、私がいたリーズ大学でも割と色々キャンパス内にありましたが、映画館はなかった気がします。

キャンパスの充実度はTOPレベルかもしれませんね。

自然が豊か

キャンパスは田舎町にあるため自然豊かでスローライフが送れる。キャンパスには草木が連なっていたり湖や池があったりと綺麗な景色と新鮮な空気で息抜きができるので最高。

ウォーリック大学のキャンパスマップはこんな感じです。

参考:Campus Maps

ウォーキングができますね。

アヒルや白鳥といった動物達ものびのびと暮らしているようですよ。

ビジネススクールのレベルが高い

ウォーリック大学のビジネススクールは世界でTOPレベルの評価を得ているため、学びにくる学生も皆んなかなり優秀。日々クラスメートに必死についていく毎日だが充実はしている。

ウォーリック大学のビジネススクールは世界で24位(イギリスで5位)なので確かにレベルは高いですね。

参考:QS World University Rankings by Subject 2021: Business & Management Studies

物価が安い

ウォーリック大学はコベントリーにあるので物価が安い。学費はそれなりに高いが生活費は他の地域と比べて抑えられていると思う。

ロンドンやマンチェスターなどといった大都市に比べると物価は安いよね

ウォーリック大学留学に向いている人

海外大学 進学 理由

上述の大学の特徴や強みのある分野など考慮すると、以下のような人がウォーリック大学に向いているでしょう。

  • ウォーリック大学に向いている人
    1. 高い教育レベルで授業を受けたい人
    2. 学生総合満足度が高い大学に留学したい人
    3. 治安が良い地域に留学したい人
    4. 就職に強い大学に留学したい人
    5. 地方の暮らしが合っている人
    6. 歴史的な建造物より現代的な設備や建物のキャンパスがいい人
    7. ビジネス系の学問を学びたい人
    8. ラッセルグループの大学に留学したい人

上記に該当する項目が多ければ、ウォーリック大学はあなたに最も適した大学だと思いますよ。

また、①④⑦⑧といった共通点が多い大学は他にもあります。

マンチェスター大学の全て

マンチェスター大学の全て【偏差値/レベル/学費など解説】

次にウォーリック大学に留学する方法を解説します。

ウォーリック大学へ留学するには

大学院進学準備

ウォーリック大学や大学院へ留学するには、beoという留学エージェントを利用するのが1番です。

  • 数字で見るbeo(ビーイーオー)
    • 設立年:2000年
    • 留学支援数:13,000人以上のサポート実績
    • 年間出願実績:4,000件以上(2019年)
    • 提携海外大学数:約300校
    • 合格率:9割以上(TOP大学含めて)
      • イギリス大学/大学院は合格率99%

今までに1万人以上の支援実績がある他、イギリス大学や大学院の合格率が99%の合格実績を持っています。

私もbeoを利用しましたが、リーズ大学など3校のイギリス大学院から合格を得られました。

なので、ウォーリック大学への留学を検討している方はbeoに相談してみてくださいね。

また、カウンセリング時に「舞原ブログを見た」beoが提供しているサポートや講座(登録制以外)の費用が3,000円引きになるので忘れずにお伝えください。

beo:カウンセリング申し込み

(beoの詳細は以下にも↓)

beoで大学・大学院留学

beo大学/大学院留学エージェント【こんな評判や合格実績が】

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

ウォーリック大学の全てがわかるよう解説しました。以下は要約です。

  • ウォーリック大学概要
    • 設立年:1965年
    • 所在地: Gibbert Hall Road, Coventry, Warwickshire
    • 大学種類:国立校
    • ラッセルグループ校:YES
    • 総生徒数:約29,354人
    • 留学生数:約10,453人(約35%)
    • 教職員数:6,967人
    • Student Union規模: 250 societies 以上
  • ウォーリック大学のランキング
    • 世界大学ランキング
      • 61位 (QS World University Rankings 2022)
      • 78位 (THE World University Rankings 2022)
    • イギリス国内大学ランキング
      • 6位 (The best UK universities 2022)
      • 9位(University League Tables 2022)
  • ウォーリック大学に向いている人
    1. 高い教育レベルで授業を受けたい人
    2. 学生総合満足度が高い大学に留学したい人
    3. 治安が良い地域に留学したい人
    4. 就職に強い大学に留学したい人
    5. 地方の暮らしが合っている人
    6. 歴史的な建造物より現代的な設備や建物のキャンパスがいい人
    7. ビジネス系の学問を学びたい人
    8. ラッセルグループの大学に留学したい人

ウォーリック大学は近代的なキャンパスで充実した留学ができる大学だと思うので、ぜひ出願してみてくださいね。

その際はbeoのサポートを受けるのが合格の1番の近道です。

beo:カウンセリング申し込み

イギリス大学紹介シリーズは他にも↓

リバプール大学留学について

リバプール大学の全て【難易度やレベル、ランキングなど】

シェフィールド大学留学について

シェフィールド大学の全て【ランキングや難易度など】

グラスゴー大学留学について

グラスゴー大学の全て【レベルや偏差値など留学経験から】

それでは!

〜ここからは留学生や日本の学生向けです〜

ボスキャリの内定率は4割、ロンキャリの内定率は2割にまで下がります。

第一志望企業からどう内定を得ますか?
最適解はSPARK CAREER

米系の外銀勤務者が就活アドバイザーになりハイレベルな就活を実現↓

SPARK CAREER評判【海外留学生や日本の学生向けです】