ブラッドフォード大学の全て【偏差値など留学経験から】

ブラッドフォード大学留学について イギリス大学

#PR

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

ブラッドフォード大学はどんな大学でしょうか?

ブラッドフォード大学について知りたいな

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • ブラッドフォード大学の詳細がわかる
    • ブラッドフォード大学はどんな人に向いているのかわかる
    • ブラッドフォード大学へ留学する方法がわかる

本記事は、私と同じ年にブラッドフォード大学へ留学していた知人の経験談を基に解説します。

(ちなみに私はリーズ大学でした)

リーズ大学について

リーズ大学の全て【偏差値や学費など留学経験から解説】

ブラッドフォード大学へ留学を検討している人はぜひ参考にしてくださいね。

ブラッドフォード大学概要

検索 

ブラッドフォード大学はブラッドフォード市に位置する大学です。

  • ブラッドフォード大学概要
    • 設立年:1832年(正式には1966年)
    • 所在地: Richmond Road, Bradford, West Yorkshire
    • 大学種類:国立校
    • ラッセルグループ校:NO
    • 総生徒数:9,960人
    • 留学生数:1,547人(約18%)←EU除く
    • 教職員数:1,452人
    • Student Union規模:100 societies 以上

参考:
Facts, figures and rankings
Community and Belonging

ラッセルグループとは
 イギリスの著名なTOP大学24校で構成される団体のこと
Student Unionとは
 学生自治会のことでSocietyと呼ばれる、日本の大学で言うサークルやクラブで構成される

留学生に人気な他のイギリス大学と比べると大学規模は小さいでしょう。

マンチェスター大学やリーズ大学のようなマンモス校になると学生数が4万人近くに昇りますよ。

参考:
マンチェスター大学の全て【偏差値/レベル/学費など解説】
リーズ大学の全て【偏差値や学費など留学経験から解説】

また、1973年にイギリスで初めての平和学を開講した大学でもあり、世界最大級の紛争学/平和学の研究センターを保有しています。

ブラッドフォード大学の概要を以下の点でもう少し解説しますね。

  1. 評価
  2. ロケーション
  3. リーズ大学周辺の治安

評価

ブラッドフォード大学は以下のような機関から高い評価を得ています。

  • ブラッドフォード大学の評価例
    1. ソーシャル・モビリティ*の貢献に最も影響力がある大学:イングランドで1位
    2. 投資対効果が最も高いオンラインMBA:世界で1位
    3. ビジネススクールで3つの認証を獲得
    4. 女性の不平等(Women’s inequality)問題解決の取り組みが評価され、Athena SWAN bronze awardを受賞

参考:
Designing an English Social Mobility Index
10 Best Value Online MBA Programs
School of Management Accreditations
University honoured for boosting women’s equality

※ソーシャル・モビリティとは
 社会的流動性のことで、程度が低い程、不平等や不自由、格差が大きいとされる。

①④の評価から、ブラッドフォード大学は社会的問題を解決する学問に強いと言えるでしょう。

また、ビジネス系の教育で質が高い大学に送られるaccreditation(認証)を3つも得ていることから、ビジネス系の学問も強いです。

他にTriple accreditationを取っている大学は、バーミンガム大学やリーズ大学、エクセター大学などが一例としてあるね。

参考:
バーミンガム大学の全て【ランキングなど留学経験から】
エクセター大学の全て【ランキングや偏差値、学費など】

ロケーション

Appleマップから

ブラッドフォード大学はイングランド北部に位置しています。

  • ブラッドフォード大学ロケーション特徴
    • Londonから電車で3時間
    • 最寄り空港のLeeds Bradoford空港までバスで45分
    • 最寄駅のBradford Interchange駅まで徒歩15分
    • Bradfordの街(City Centre)まで徒歩10分
緑線:ブラッドフォード大学
赤線:街(City Centre)
青丸:Bradford Interchange駅

ブラッドフォードの街には4つのショッピングセンター(Oastler Shopping Centre, Kirkgate Shopping Centre, The Broadway, Forester Square Shopping Park)があるので買い物好きにはたまらないでしょう。

また、Centenary Square周辺にはインターナショナルなレストランが多く、様々な国の料理を楽しめるで有名です。

街にはパブやクラブも多く、Beer Festivalも開催されますよ

ブラッドフォード大学周辺の治安

ブラッドフォード大学周辺の治安は可もなく不可もなくでしょう。

ブラッドフォード大学に留学した知人によれば治安があまり良くない印象を受けたそう。

また、West Yorkshire州内にある121の市や町の中で、ブラッドフォードは5番目に治安が悪いエリアと評価されています。

参考:Crime and Safety in Bradford, West Yorkshire

ですが、ブラッドフォードに限らず、人が多い市や繁華街、栄えている街などがあるエリアはどうしても犯罪数は多くなってしまいます。

そのため、海外にいることを忘れず気を引き締めて生活しましょう。

夜道は明るいところや大通りを歩くこと!

ブラッドフォード大学の偏差値

大学院留学

イギリスの大学には偏差値という概念はありません。

そのため、調査機関が公開している大学ランキングを基に入学難易度を考察します。

結論から言うと、ブラッドフォード大学への入学難易度は“普通”でしょう。

ブラッドフォード大学のランキング

  • ブラッドフォード大学のランキング
    • 世界大学ランキング
      • 701〜750位 (QS World University Rankings 2022)
      • 601〜800位 (THE World University Rankings 2022)
    • イギリス国内大学ランキング
      • 79位 (The best UK universities 2022)
      • 85位 (University League Tables 2022)

参考
QS World University Rankings 2022
THE World University Rankings 2022
The best UK universities 2022
University League Tables 2022

ランキングを見てもいまいちパッとしないと思う方がいるかもしれません。

しかし、世界には25,000校以上の大学がありますし、イギリス国内で見ても160校以上の大学が存在します。

イギリス国内のランキングでは中間くらいに位置しますが、世界大学ランキングで見るとかなり上位に位置するでしょう。

ですが、イギリスの大学はどれもレベルが高く、世界大学ランキングで1〜200位にランクインする大学が数多く存在します。

そのため、入学難易度は普通と考えて良いのではないでしょうか。

ブラッドフォード大学の学費

学費

専攻する分野によって学費は変動するので、ここではビジネス系の学問の学費を基に解説します。

大まかな目安としてご参考ください。

  • ブラッドフォード大学の学費(年間)
    • 大学(学士):£17,740(約266万円)
    • 大学院(修士):£18,556(約278万円)

(£1=150円で計算)

正確な学費を知りたい方は以下のページから専攻予定のコースで検索すると良いです。

・大学:undergraduate courses at the university of bradford
・大学院:Postgraduate courses

大学(学士)

イギリス大学の学士課程は3年制なので合計798円かかります。

  • ブラッドフォード大学学士課程の学費
    • 1年間£17,740(約266万円)
    • 3年間:£53,220(約798万円)

また、学士課程の場合、入学前にファウンデーションコース受講が必須のため、この学費も含めると約1,000万円ほどかかるでしょう。

(ファウンデーションコース詳細↓)

イギリス大学はファウンデーションコース

安いファウンデーションコースはIFY【イギリス大学】

しかし、ブラッドフォード大学の学費はかなり安いですよ。

ロンドンの大学やラッセルグループの大学になるとフォウンデーションコース含め、軽く1,200万円を超えます。

大学院(修士)

イギリス大学の修士課程は、1年制なので学費は上述の通り約278万円です。

こちらもブラッドフォード大学学士課程と同様、他のイギリス大学院と比較すると学費はかなり安いでしょう。

ラッセルグループ大学院で学費は350万円後半、ロンドンの大学院では学費が400万円を超える大学もありますよ。

(学費以外にかかる費用は以下が参考になります)

参考:イギリス大学院費用は450万円【学費はこれでも安いです】

ブラッドフォード大学に必要な英語力

大学院留学 英語 勉強

ブラッドフォード大学留学に必要な英語力は以下の通りです。

  • ブラッドフォード大学に必要な英語力
    1. 大学(学士):IELTS 6.0〜
    2. 大学院(修士):IELTS 6.0〜

専攻するコースによって多少変わりますが、基本的には上記の英語力が求められるでしょう。

ブラッドフォード大学(学士)の英語要件は一般的な水準です。

しかし、大学院の英語要件は一般的の水準よりも低めでしょう。

イギリス大学院ではIELTS6.5〜の要件が多いですよ。

求められるIELTSスコアは低めで挑戦しやすいとは言え、上記の英語スコアを持っていなくても留学する方法があります。

(本記事での説明は割愛しますが、詳細は↓)

英語スコアが足りなくても留学する方法:
・大学留学:ファウンデーションコースはIFYがベスト【イギリス大学】
・大学院留学:イギリス大学院留学【IELTS足りない人はこの方法で】

ブラッドフォード大学の学部

大学院留学

ブラッドフォード大学で専攻できる学問を以下の2つに分けて解説します。

  • ブラッドフォード大学で学べる分野
    1. 学部一覧
    2. 強みを持つ学部

学部一覧

以下のような分野をブラッドフォード大学で学べます。

Engineering & InformaticsHealth Studies
Life SciencesManagement & Law
Social Sciences

上記のような学部からトータル300以上のコース(学科)が展開されていますよ。

コースは各学部にかなりあるので、詳細は以下ページから見ると良いです。

・大学:undergraduate courses at the university of bradford
・大学院:Postgraduate courses

強みを持つ分野

上記のような学部からブラッドフォード大学は以下の分野に強みを持っています。

  • 強みを持つ分野
    • イギリス国内(ランキング)
      • Optometry, Ophthalmics & Orthoptics(7位)
      • Civil Engineering(TOP10)
      • Pharmacy and Pharmacology(TOP20)
      • Chemical Engineering(TOP20)

参考:
Complete University Guide: University of Bradord
Facts, figures and rankings

また、上記の科目に加えて、ブラッドフォード大学はビジネス系の学問や開発学、紛争解決/平和学なども人気な専攻ですよ。

Triple Accreditationのビジネススクールや世界最大級の紛争学/平和学の研究センターがあるからね

ブラッドフォード大学に留学してみて

大学院、卒業後、就職

ブラッドフォード大学で開発学を専攻していた知人にインタビューしブラッドフォード大学に留学して良かった点をお聞きしました。

  • ブラッドフォード大学に留学して良かった点
    1. 大学規模がちょうどいい
    2. 初海外でも学びやすい環境
    3. 日本人が多く安心
    4. 大学名のブランド力が高い

大学規模がちょうどいい

ブラッドフォード大学は大き過ぎず小さ過ぎずで過ごしやすい。学生数もそれほど多くないので、ワイワイしつつも自分の時間も大事にできるし周りに流されず自分のペースで勉強できる。

学生数が多い大学では、催し物やイベントが連日開催されていたりと、終始賑わっている感がありますよね。

また、そういった大学では交友関係も広くなりがちなので、静かな環境で自分の時間を大事にしながら生活したい人におすすめな大学と言えるでしょう。

初海外でも学びやすい環境

過度に優秀過ぎる人もいなければ、勉強に意欲が無い不真面目な人もいないので、初めての海外でも丁度良いレベル感で勉強できている。プレッシャーが小さいのでメンタルもやられない。

イギリスに限らず、初めての海外での生活や英語での講義について行けず、精神をやられてしまう留学生は一定数います。

参考:【大学院留学がつらい】海外大学院がどれくらい大変か考察

人生にそう多くない留学を楽しく過ごせないのは避けたいですが、ブラッドフォード大学はその心配がなさそうですね。

日本人が多く安心

日本人の留学生が割といるので、何か困った時の相談やストレス発散の日本語トークがしやすい。

リーズ大学も日本人が多かったので私もストレスフリーで生活できていた

大学名のブランド力が高い

ブラッドフォード大学はラッセルグループメンバーでは無いものの、知名度は高いと感じている。名前自体もカッコいいので同大学を知らない人には、オックスフォード大学と同系列みたいな印象を受けている人もいた。

名前カッコいいよね。僕がブラッドフォード大学にも出願したのも「名前がイカしているから」があるかも

ブラッドフォード大学留学に向いている人

海外大学 進学 理由

上述の大学の特徴や強みのある分野など考慮すると、以下のような人がブラッドフォード大学に向いているでしょう。

  • ブラッドフォード大学に向いている人
    1. ビジネス系学問や開発学、紛争解決学、平和学を学びたい人
    2. 留学費用を抑えたい人
    3. ショッピングや外食などを充実させたい人
    4. 大人数・大きい大学規模の環境が苦手な人
    5. ちょうど良いレベル感で勉強したい人

上記に該当する項目が多ければ、ブラッドフォード大学はあなたに最も適した大学だと思います。

また、②や④⑤の特徴に似た大学は他にもありますよ。

ケント大学留学について

ケント大学の全て【ランキングやレベルなど留学経験から】

サセックス大学について

サセックス大学の全て【偏差値や学費、留学方法など】

次にブラッドフォード大学に留学する方法を解説します。

ブラッドフォード大学へ留学するには

大学院進学準備

ブラッドフォード大学や大学院へ留学するには、beoという留学エージェントを利用するのが1番です。

  • 数字で見るbeo(ビーイーオー)
    • 設立年:2000年
    • 留学支援数:13,000人以上のサポート実績
    • 年間出願実績:4,000件以上(2019年)
    • 提携海外大学数:約300校
    • 合格率:9割以上(TOP大学含めて)
      • イギリス大学/大学院は合格率99%

今までに1万人以上の支援実績がある他、イギリス大学や大学院の合格率が99%の合格実績を持っています。

私もbeoを利用しましたが、リーズ大学など3校のイギリス大学院から合格を得られました。

そのため、ブラッドフォード大学への留学を検討している方はbeoに相談してみてくださいね。

また、カウンセリング時に「舞原ブログを見た」beoが提供しているサポートや講座(登録制以外)の費用が3,000円引きになるので忘れずにお伝えください。

beo:カウンセリング申し込み

(beoの詳細は以下にも↓)

beoで大学・大学院留学

beoで大学・大学院留学【私もこのエージェントです】

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

ブラッドフォード大学の全てがわかるよう解説しました。以下は要約です。

  • ブラッドフォード大学概要
    • 設立年:1832年(正式には1966年)
    • 所在地: Richmond Road, Bradford, West Yorkshire
    • 大学種類:国立校
    • ラッセルグループ校:NO
    • 総生徒数:9,960人
    • 留学生数:1,547人(約18%)←EU除く
    • 教職員数:1,452人
    • Student Union規模:100 societies 以上
  • ブラッドフォード大学のランキング
    • 世界大学ランキング
      • 701〜750位 (QS World University Rankings 2022)
      • 601〜800位 (THE World University Rankings 2022)
    • イギリス国内大学ランキング
      • 79位 (The best UK universities 2022)
      • 85位 (University League Tables 2022)
  • ブラッドフォード大学に向いている人
    1. ビジネス系学問や開発学、紛争解決学、平和学を学びたい人
    2. 留学費用を抑えたい人
    3. ショッピングや外食などを充実させたい人
    4. 大人数・大きい大学規模の環境が苦手な人
    5. ちょうど良いレベル感で勉強したい人

ブラッドフォード大学は有名大学だけど挑戦しやすい大学だと思うので、ぜひ出願してみてくださいね。

その際はbeoのサポートを受けるのが合格の1番の近道です。

beo:カウンセリング申し込み

イギリス大学紹介シリーズは他にも↓

ブリストル大学について

ブリストル大学の全て【偏差値や学費など留学経験から】

バーミンガム大学留学について

バーミンガム大学の全て【ランキングなど留学経験から】

それでは!

 

〜ここからは留学生や日本の学生向けです〜

就活に不安がありますか?

大手や優良企業からの内定を得るにはSPARK CAREER帰国GO.comの利用が現実的です。

米系の外銀勤務者が就活アドバイザーのハイレベルな就活を実現↓

留学生はスパークキャリアで就活【内定の1番の近道です】

企業に推薦コメントを出してくれる最強就活サポーター↓

留学生専用の就活サービス【帰国GO.comは無料です】