イギリスのファウンデーションコース【おすすめはこれ】

イギリスのファウンデーションコースを知る ファウンデーションコース

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

・ファウンデーションコースって?
・イギリスならどこのファウンデーションコースがおすすめ?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • ファウンデーションコースについてわかる
    • イギリスのファウンデーションコースを比較できる
    • おすすめのファウンデーションコースと申込み方法がわかる

イギリスの大学進学を検討する高校生や親御さんはぜひご参考ください。

筆者紹介
 イギリスのリーズ大学へ留学後、イギリス大学や大学院留学に関する情報をまとめた「舞原ブログ」を運営しています。

ファウンデーションコースとは

  • ファウンデーションコースとは
    • 大学の授業にしっかりついていけるよう一般教養を身につけるプログラム

教育制度の違いから、イギリスの大学へ入学するにはファウンデーションコースの受講が必須です。

なぜなら、4年制の日本の大学と違い、イギリスやの大学は3年制のため。

日本の大学は1年目で一般教養を学び、残りの3年間は専門科目を学びますよね。

しかし、イギリスの大学では入学前に一般教養課程を終える教育制度のため、入学した1年目から専門科目を学びます。

そのため、日本の学生にとって、1年間の一般教養課程をどこかで埋め合わせない限り、イギリスの大学へ入学できる資格がありません。

そんな国によって教育制度が違っても、等しく教育を受けられるようにできたのがファウンデーションコースという訳です。

参考:【留学コラム】イギリスの教育制度のここが良い!メリットとは?

イギリスのファウンデーションコース比較

イギリス大学院

イギリスの大学入学に必要なファウンデーションコースを提供する教育機関は様々です。

そのため、以下のカテゴリーに分けて比較しますね。

  • ファウンデーションコース提供機関
    1. イギリスの大学
    2. 進学準備校
    3. NCUK(英国大学連盟)←最もおすすめ

以下の比較観点で解説します。

  • ファウンデーションコース比較観点
    1. 受講場所
    2. 提供している学部
    3. 受講期間
    4. 学費
    5. 出願要件(英語力や高校の成績)
    6. 進学先に選べる大学

イギリスの大学

イギリス大学/大学院留学

志望する大学が決まっているのであれば、その大学が提供するファウンデーションコースを受けるのが一般的でしょう。

なぜなら、ファウンデーションコースに出願し合格を得ていれば、の大学への出願やIELTSスコア提出が免除になる等メリットがあるためです。

ファウンデーションコース受講のための出願と大学入学するための出願の2回あるのが一般的

また、志望大学が複数あっても、その大学で受けたファウンデーションコースの修了証書を他の大学出願にも活用できますよ。

全ての大学を解説しきれないので、いくつかのイギリス大学を例に挙げて解説します。

  • イギリスの大学例
    1. リーズ大学
    2. UCL
    3. サセックス大学

リーズ大学

  • リーズ大学(University of Leeds)
    1. 受講場所
      • リーズ大学
    2. 提供している学部
      • Arts, Humanities and Cultures, Biological Sciences, Social Sciences, Engineering and Physical Sciences, Environment, Business, Medicine and Health.
    3. 受講期間(一学期=約3ヶ月)
      • 三学期分
    4. 学費
      • £19,500〜20,000(約293〜300万円)
    5. 出願要件
      • 英語力:IELTS 5.5〜
      • 高校の成績:平均点が3/5以上、大学で専攻予定の教科に関連する科目は4/5以上
    6. 進学先に選べる大学
      • リーズ大学やその他の大学

参考:International Foundation Year

(リーズ大学について知る↓)

リーズ大学について

リーズ大学の全て【偏差値やレベル、学費等留学経験から】

UCL

  • UCL(University College London)
    1. 受講場所
      • UCL
    2. 提供している学部
      • Sciences, Engineering, Maths, Business, Arts, Humanities, Social Sciences, Architecture
    3. 受講期間(一学期=約3ヶ月)
      • 三学期分
    4. 学費
      • £22,500〜23,550(約338〜353万円)
    5. 出願要件
      • 英語力:IELTS 6.0〜
      • 高校の成績:平均点が3/5以上、大学で専攻予定の教科に関連する科目は4/5以上
    6. 進学先に選べる大学
      • UCLやその他の大学

参考:UCL’s International Foundation Year

(UCLについて知る↓)

UCL大学留学について

UCLの全て【偏差値やランキングなど留学経験から】

サセックス大学

  • サセックス大学(University of Sussex)
    1. 受講場所
      • サセックス大学
    2. 提供している学部
      • Business, Media, Social Sciences, Engineering, Sciences
    3. 受講期間(一学期=約3ヶ月)
      • 二学期分
    4. 学費
      • £18,000〜18,700(約270〜281万円)
    5. 出願要件(英語力や高校の成績)
      • 英語力:IELTS 5.0〜
      • 高校の成績:平均点が3.5/5以上
    6. 進学先に選べる大学
      • サセックス大学やその他の大学

参考:International Foundation Year entry requirements

(サセックス大学について知る↓)

サセックス大学について

サセックス大学の全て【偏差値や学費、留学方法など】

進学準備校

全てのイギリス大学が大学附属のファウンデーションコースを提供している訳ではありません。

大学がファウンデーションコースを持っていない場合、進学準備校のファウンデーションコースを受けると良いでしょう。

  • ファウンデーションコースを提供する進学準備校例
    1. MPW
    2. Kaplan International Pathways
    3. INTO

MPW

  • MPW University Foundation
    1. 受講場所
      • London (South Kensington Campus)
    2. 提供している学部
      • Business, Engineering
    3. 受講期間(一学期=約3ヶ月)
      • 保有IELTSスコアが5.5:二学期分
      • 保有IELTSスコアが5.0:三学期分
    4. 学費
      • 二学期分:£18,200(約273万円)
      • 三学期分:£25,800(約387万円)
    5. 出願要件
      • 英語力:IELTS 5.0〜
      • 高校の成績:good grade(出願予定の大学により変動)
    6. 進学先に選べる大学
      • 制限なし
      • 進学先一例(以下は実績)
        • Aston University, Bournemouth University, City University London, Coventry University, Nottingham Trent University, Queen Mary, University of London, Royal Holloway, University of Birmingham, University of Liverpool, University of Newcastle, University of Surrey, University of Sussex, University of Westminster, University of York

参考:MPW University Foundation

MPWは第一志望大学の合格率が90%以上、ラッセルグループ大学の合格率は60%以上を誇りますよ。

Kaplan International Pathways

  • University Foundation Courses
    1. 受講場所
      • 提携大学のキャンパス
    2. 提供している学部
      • Art and Design, Building and Architecture, Business, Computing, Education,Engineering, Environment and Agriculture, Law, Finance, Tourism and Hospitality Management, Media and Communications, Mathematics, Music and Performing, Science and Health Social Science and Humanities.
    3. 受講期間(一学期=約3ヶ月)
      • 保有IELTSスコアが5.5:二学期分〜三学期分
      • 保有IELTSスコアが5.0:二学期分〜三学期分
      • 保有IELTSスコアが4.5:三学期分
      • 保有IELTSスコアが4.0:三学期分〜四学期分
    4. 学費(出願する大学により変動)
      • 二学期分:£14,000〜£19,400(約210〜291万円)
      • 三学期分:£15,255〜£21,780(約229〜327万円)
      • 四学期分:£20,340〜£27,760(約305〜416万円)
    5. 出願要件
      • 英語力:IELTS 4.0〜5.5
      • 高校の成績:平均の評定が2〜(出願する大学により変動)
    6. 進学先に選べる大学(提携大学)
      • Bournemouth University, City University of London, Cranfield University, Nottingham Trent University, Queen Mary University of London, University of Birmingham, University of Brighton, University of Bristol, University of Essex, University of Glasgow, University of Liverpool, University of Nottingham, University of Westminster, University of York, UWE Bristol

Kaplanが提携している大学のファウンデーションコースを受講します。

そのため、出願する大学により学部や学費、出願要件が変わるので、正確な情報は以下ページから志望する大学で見ると良いでしょう。

参考:University Foundation Courses

ファウンデーションコースで志望大学が定める成績を取得すれば進学が保証されますよ。

  • なぜ進学保証の制度があるの?
    • 志望の学士コースへ進学するにはファウンデーションコースでその学士コースが定める点数を取る必要があり、点数が不足していると進学ができません。そのため、仮にファウンデーションコースで志望の学士コース進学に必要な成績が取れなくても、別の大学へは進学できるようにできたのが進学保証サービスです。
    • 参考:ファウンデーションコースは落ちる?【この方法なら合格】

また、上記以外にも、志望する大学をまだ決めてない人向けのファウンデーションコースもありますが、掲載情報が少なくここでは割愛します。

(学費等の詳細は載って無いですが該当のページ↓)

参考:Multi-Progression Pathway courses

INTO

  • INTO International Foundation
    1. 受講場所
      • London
    2. 提供している学部
      • Art and Design, Business Management, Law, Science and Engineering, Social Sciences, Media.
    3. 受講期間(一学期=約3ヶ月)
      • 保有IELTSスコアが4.5:三学期分
      • 保有IELTSスコアが4.0:四学期分
    4. 学費(出願する大学により変動)
      • 記載無し
    5. 出願要件
      • 英語力:IELTS 4.0〜
      • 高校の成績:good grade(出願する大学により変動)
    6. 進学先に選べる大学
      • ほぼ制限なし

参考:Your programmes at INTO London World Education Centre

こちらは提携大学に限らず、100校以上あるイギリス大学の内いずれかの大学へ進学が保証されるファウンデーションコースです。

また、INTOは以下の大学とも提携を組んでいるため、現地大学でファウンデーションコースも受けれますよ。

  • INTO提携大学
    • University of Manchester
    • Manchester Metropolitan University
    • Newcastle University
    • Queen’s University Belfast
    • University of East Anglia
    • University of Exeter
    • University of Stirling

(上記の提携大学の出願要件は大学によって変動します)

参考:Universities in the UK for international students

NCUK(英国大学連盟)←最もおすすめ

大学院留学

NCUKとは、イギリスの著名な大学で構成される英国大学連盟です。

NCUKが提供するファウンデーションコースが最もおすすめでしょう。

  • NCUKのファウンデーションコース
    1. 受講場所
      • 日本
    2. 提供している学部
      • 大学で専攻予定の分野により異なる
    3. 受講期間(一学期=約3ヶ月)
      • 保有IELTSスコアが5.5:二学期分
      • 保有IELTSスコアが4.5:三学期分
    4. 学費(入学金や教材費等諸々含む)
      • 二学期分:178万円
      • 三学期分:205万5千円
    5. 出願要件
      • 英語力:IELTS 4.5〜
      • 高校の成績:最低要件の記載無し
    6. 進学先に選べる大学
      • ラッセルグループを含むNCUK加盟大学
  • NCUKファウンデーションコースの強み
    1. NCUK加盟大学の進学保証が付く
    2. IELTSスコア提出が免除
    3. 1年早くイギリス大学を卒業できる
    4. 日本から留学準備ができる
    5. 他のファウンデーションコースより安い
    6. 最高品質の教育

参考:NCUKファウンデーションコース【イギリス大学進学向け】

①の進学保証は同様の特徴を持つ他のファウンデーションコースがいくつかあり、独自の強みではないかもしれません。

NCUK加盟大学の一例
NCUK加盟大学一覧:NCUK Universities

しかし、③④⑤に関しては、NCUKのファウンデーションコースが持つ独自の強みと言えるでしょう。

例えば、⑤に関して、教育の質は高いままに費用が頭一つ安い特徴があります。

  • ファウンデーションコース費用例比較(二学期分)
    1. イギリスの大学
      • £18,000〜18,700(約270〜281万円)
    2. 進学準備校
      • £14,000〜£19,400(約210〜291万円)
    3. NCUK
      • 178万円

参考:イギリスのファウンデーションコース費用【¥178万〜です】

NCUKのファウンデーションコースだけ、費用が200万円切っていますよね。

しかも、日本から受講できるので、滞在費や食費も含めると最低でも100万円以上は削減可能でしょう。

  • イギリス大学のファウンデーションコース(9ヶ月)
    • 滞在費:£5,328(約80万円)
    • 食費:£3,000(約45万円)
    • 合計:125万円
  • NCUKのファウンデーションコース(5ヶ月)
    • 滞在費:0円(実家暮らしを想定)
    • 食費:25万円
    • 合計:25万円

滞在費と食費参考:イギリス大学院費用は500万円【学費はこれでも安いです】

費用の観点だけでもこれだけの大きなメリットがあるためNCUKのファウンデーションコースはおすすめです。

その他の強みなどの詳細は割愛しますが詳細は以下をご覧ください。

イギリス大学はファウンデーションコース

NCUKファウンデーションコース【イギリス大学進学向け】

(↑本記事限定の割引特典あり)

イギリスのファウンデーションコースの選び方

就職

上記をまとめると、各機関のファウンデーションコースは以下の人に適しているでしょう。

  • イギリス大学のファウンデーションコース
    1. 志望大学がすでに決まっている人
    2. ある程度のIELTSスコアを取得している人
    3. 大学が定めるファウンデーションコースの出願要件を満たしている人
    4. イギリス現地で受講したい人
  • 進学準備校のファウンデーションコース
    1. ファウンデーションコースを提供していない大学に出願したい人
    2. 志望大学がまだ決まっていない人
    3. 大学の出願要件に満たせるか不安な人(つまりは合格保証を付けたい人)
    4. イギリス現地で受講したい人
  • NCUKのファウンデーションコース
    1. 留学費用を大幅に節約したい人
    2. 志望大学が決まっていない人、もしくはNCUKに加盟している大学を志望している人
    3. 大学の出願要件に満たせるか不安な人(つまりは合格保証を付けたい人)
    4. 志望大学から合格をもらってから渡英したい人

どれもカリキュラム内容に大きな差はないので、費用が安いNCUKはおすすめですよ。

イギリスのファウンデーションコースの申込み方法

大学院進学準備

イギリスの大学や進学準備校、NCUKのファウンデーションコースはどれもbeoという留学エージェントから申込みができます。

また、日本から受講できるNCUKはbeoでしか取り扱っていません。

  • 数字で見るbeo(ビーイーオー)
    • 設立年:2000年
    • 留学支援数:13,000人以上のサポート実績
    • 年間出願実績:4,000件以上(2019年)
    • 提携海外大学数:約300校
    • 合格率:9割以上(TOP大学含めて)
      • イギリス大学/大学院は合格率99%

今までに1万人以上の支援実績がある他、イギリス大学や大学院の合格率が99%の合格実績を持っています。

私もbeoを利用しましたが、リーズ大学など3校から合格を得られました。

そのため、イギリス大学留学を検討中の高校生や親御さんの方はbeoに相談してみてくださいね。

beoで大学・大学院留学

beo大学/大学院留学エージェント【こんな評判や合格実績が】

(↑上記記事限定の割引特典あり)

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

ファウンデーションコースについて解説しました。以下は要約です。

  • イギリス大学のファウンデーションコース
    1. 志望大学がすでに決まっている人
    2. ある程度のIELTSスコアを取得している人
    3. 大学が定めるファウンデーションコースの出願要件を満たしている人
    4. イギリス現地で受講したい人
  • 進学準備校のファウンデーションコース
    1. ファウンデーションコースを提供していない大学に出願したい人
    2. 志望大学がまだ決まっていない人
    3. 高校の成績など大学の出願要件に満たせるか不安な人(つまりは合格保証を付けたい人)
    4. イギリス現地で受講したい人
  • NCUKのファウンデーションコース
    1. 留学費用を大幅に節約したい人
    2. 志望大学が決まっていない人、もしくはNCUKに加盟している大学を志望している人
    3. 高校の成績など大学の出願要件に満たせるか不安な人(つまりは合格保証を付けたい人)
    4. 志望大学から合格をもらってから渡英したい人
  • NCUKファウンデーションコース詳細:

海外大学進学を検討中の人は以下の記事も役に立ちます。

高校の成績が悪い場合のファウンデーションコース

高校の成績が悪い…ならこのファウンデーションコースで

日本の高校から海外大学

日本の高校から海外大学へ【こんなメリットと方法が】

イギリス大学/大学院TOP100一覧

イギリス大学/大学院TOP100一覧【ランキング順です】

それでは!

〜ここからは留学生や日本の学生向けです〜

ボスキャリの内定率は4割、ロンキャリの内定率は2割にまで下がります。

第一志望企業からどう内定を得ますか?
最適解はSPARK CAREER

米系の外銀勤務者が就活アドバイザーになりハイレベルな就活を実現↓

SPARK CAREER評判【海外留学生や日本の学生向けです】