イギリス大学は何年?【3年制じゃない大学もあります】

イギリス大学は3年制 大学留学

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

イギリス大学は何年通う?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    1. イギリス大学が何年制か分かる
    2. イギリス大学の特徴が分かる
    3. イギリス大学の進学方法が分かる

私はイギリスのリーズ大学へ留学後、イギリス大学や大学院の情報をまとめた舞原ブログを運営しています。

以下は直近でまとめているイギリス大学一覧↓

イギリス大学/大学院TOP100一覧

イギリス大学/大学院TOP100一覧【ランキング順です】

この経験からイギリス大学の教育制度をわかりやすく解説するので、イギリス大学進学を検討する高校生や親御さんは参考にしてくださいね。

イギリス大学は何年?

ラッセルグループ24校の全て

イギリスの教育制度は日本と違うため教育年数が変わります。

  • 日本の教育制度
    • 小学校:6年間
    • 中学校:3年間
    • 高校:3年間
    • 大学:4年間
  • イギリスの教育制度
    • プライマリースクール:6年間
    • セカンダリースクール:5年間
    • シックスフォーム:3年間
    • 大学:3年間

参考:【留学コラム】イギリスの教育制度のここが良い!メリットとは?

上記の通り、イギリス大学の在籍年数は3年間と日本の大学より1年分少ないですよね。

しかし、プログラムの内容によって在籍年数は変わります。

  • イギリス大学の在籍年数
    1. 基本は3年制
    2. 3年+1年のカリキュラム
    3. スコットランドは4年制
    4. 修士課程は1年制

基本は3年制

イギリス大学の多くは3年制です。

日本の大学では1年目で基礎的な学習を行い、2〜4年目で専門的な内容を学びますよね。

しかし、イギリス大学では入学した1年目から専門的な内容を学びます。

また、日本の大学と違い、イギリスの大学では多種多様な学問を学べますよ。

例えば、ラッセルグループメンバーのバーミンガム大学では、400以上のコースから専攻を選ぶことができます。

参考:
ラッセルグループ24校の全て【留学すべき大学はこれ】
バーミンガム大学の全て【ランキングや難易度、学費など】

そのため、専門的に学ぶ3年間を無駄にしないためにも、事前に学びたい内容や、なりたい職業を明確に持った上で大学選びをする必要があるでしょう。

3年+1年のカリキュラム

イギリス大学は3年制ですが、専攻するコース(学科)によって、もう1年プラスで通います。

  • 3年+1年のコース
    1. Placement Year
    2. Study Year Abroad

①のPlacement Year(プレイスメントイヤー)とは職業体験のこと。

2年目を修了した3年目の年に、イギリス国内や海外の企業で1年間働くことができるプログラムです。

②のStudy Year Abroad(スタディイヤーアブロード)とは留学のこと。

Placement Year同様、3年目の年にイギリス以外の海外へ1年間留学することができるプログラムです。

提携大学によっては日本に留学もできるから一時的に日本の大学生になることも可能だ

①②共に、1年追加で受けるプログラムのため、合計4年分の学費を払う必要があるでしょう。

しかし、プログラムを受ける3年目の年だけ、通常の年間の学費より安いのが特徴ですよ。

例えば、レディング大学のBusiness Management with Placement Year/Study Year Abroadのコースだと年間の学費の15%分です。

  • レディング大学のBusiness Management with Placement Year/Study Year Abroad学費
    • 年間:£20,300(約305万円)
    • Placement Year/Study Year Abroad:£3,045(約46万円)

イギリス大学によって、上記のようなプログラムを提供しているので、志望するイギリス大学で調べると良いでしょう。

また、イギリス大学の学費は以下の記事が参考になります。

参考:イギリス大学の学費はこれくらい【ランキングで解説です】

スコットランドは4年制

イギリス大学の中でも、スコットランドの大学だけ4年制です。

イギリスは4つの国で構成されていますよね。

参考:Wikipedia

上図の上に位置する国がスコットランドです。

スコットランドのみ独自の教育制度を持っているため、通常3年かけて学ぶところを4年かけて学びますよ。

スコットランドで有名な大学としてエディンバラ大学やグラスゴー大学があります。

修士課程は1年制

イギリス大学の学士課程は基本的には3年制です。

日本の大学と比較し1年分少ないのは、イギリス大学院の修士課程も同様ですよ。

通常2年かけて学ぶ過程を1年で修了できます。

参考:イギリス大学院は何年?【修士課程は1年制です】

3年制以外のイギリス大学特徴やメリット

プリセッショナルコースはイギリス大学/大学院留学に必要か

イギリス大学が3年制なのはイギリス大学の特徴の1つです。

しかし、特筆すべき特徴は「3年制」だけではありません。

  • イギリス大学の特徴・メリット
    1. 高い教育水準
    2. 日本にはあまりない学問を学べる
    3. どんな学問でも専門的に学べる
    4. 2年間の就労ビザがもらえる
    5. NCUK加盟校が多い

イギリス大学のほぼ全ては国立大学であること、世界大学ランキングTOP100にランクインする大学数が日本の5倍あるなどから、教育水準が平均して高いです。

また、イギリス大学卒業後は2年間イギリスで働くことができますし、NCUK加盟校が多いことからIELTSスコア無しでイギリス大学進学も可能ですよ。

他にも多くの特徴があるので詳細は以下記事をご覧ください。

参考:イギリス大学や大学院のメリット【実体験から解説します】

イギリス大学へ進学するには

大学院進学準備

イギリス大学は基本的に3年制であると解説しました。

しかし、日本と教育制度が違うことから、日本の高校卒業後そのままイギリス大学へ進学ができません。

なぜなら、一般教養を学ぶための1年間を埋め合わせないといけないため。

日本の大学は4年制なので1年目で一般教養を学び、残りの3年間は専門科目を学びますよね。

しかし、イギリスでは大学入学前に一般教養課程を終える教育制度のため、入学した1年目から専門科目を学びます。

イギリスで教育を受けた人ならそのままイギリス大学へ入学が可能ですが、日本などの留学生は、入学前に1年分の一般教養課程をどこかで履修しておかないと、イギリス大学へ入学ができません。

4年制のスコットランドの大学も同じで、ファウンデーションコース受講後は2年生として入学するよ

その一般教養課程を埋めるために、ファウンデーションコースがあります。

ファウンデーションコース受講必須

  • ファウンデーションコースとは
    • 大学の授業にしっかりついていけるよう一般教養を身につけるプログラム

ファウンデーションコースを受講し、規定の成績を修めれば、イギリスの大学へ進学することが可能ですよ。

参考:ファウンデーションコースは落ちる?【この方法なら合格】

ファウンデーションコースを提供する機関はいくつかあります。

  • ファウンデーションコース提供機関
    1. イギリスの大学
    2. 進学準備校
    3. NCUK(英国大学連盟)←おすすめ

参考:イギリスのファウンデーションコース【おすすめはこれ】

志望するイギリス大学がファウンデーションコースを提供していればよいですが、全てのイギリス大学がファウンデーションコースを提供している訳ではありません。

もし、志望するイギリス大学がファウンデーションコースを扱っていない場合は、進学準備校やNCUKのファウンデーションコースの選択肢もありますよ。

中でもおすすめはNCUK

  • NCUKファウンデーションコースのおすすめ理由
    1. NCUK加盟大学の進学保証が付く
    2. IELTSスコア提出が免除
    3. 1年早くイギリス大学を卒業できる
    4. 日本から留学準備ができる
    5. 他のファウンデーションより安い
    6. 最高品質の教育

以下のようなNCUK加盟大学のいずれかに進学が保障されますし、質の高い教育を費用を抑えて受講可能です。

NCUK加盟大学の一例
NCUK加盟大学一覧:NCUK Universities

そのため、NCUKに加盟しているイギリス大学へ進学を検討している人は、NCUKのファウンデーションコースを受講すると良いでしょう。

その他強みなどは以下をご覧ください。

イギリス大学はファウンデーションコース

NCUKファウンデーションコース【イギリス大学進学向け】

(↑この記事限定の割引特典あり)

イギリス大学の留学エージェント

イギリス大学へ進学するにはファウンデーションコース出願の手続きなど、1人でやるのはかなり大変です。

また、下手な出願で合格できるものも合格できなくなってしまっては留学準備した意味がありません。

そのため、イギリス大学に強いエージェントを活用すべきです。

beoであれば、イギリス大学の合格率が99%をマークしているため、安心して留学準備ができるでしょう。

  • イギリス大学留学でbeoを利用するメリット
    1. 合格実績がTOPレベル
      • 13,000人以上のサポート実績
      • イギリス大学/大学院は合格率99%
    2. カウンセラーの質が高い
    3. 合格者の志望動機書が閲覧可能
    4. 合格保証付きのNCUKファウンデーションコースを取り扱っている

私もbeoにサポートしてもらい、リーズ大学など3校のイギリス大学から合格を得られました。

イギリス大学進学を検討している人はbeoに相談してみてくださいね。

beoで大学・大学院留学

beo大学/大学院留学エージェント【こんな評判や合格実績が】

(↑この記事限定の割引特典あり)

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

イギリス大学が何年制なのか解説しました。以下は要約です。

イギリス大学進学を検討する人はぜひ実現させてくださいね。

イギリス大学進学なら以下の記事も役に立ちます。

イギリスのファウンデーションコース費用

イギリスのファウンデーションコース費用【¥178万〜です】

日本の高校から海外大学

日本の高校から海外大学へ【こんなメリットと方法が】

高校の成績が悪い場合のファウンデーションコース

高校の成績が悪い…ならこのファウンデーションコースで

それでは!

〜ここからは留学生や日本の学生向けです〜

ボスキャリの内定率は4割、ロンキャリの内定率は2割にまで下がります。

第一志望企業からどう内定を得ますか?

最適解はSPARK CAREER

米系の外銀勤務者が就活アドバイザーになりハイレベルな就活を実現↓

留学生の就活

画像をクリック!

SPARK CAREER【留学生や日本の学生向け】