イギリス大学院ランキングを基におすすめ大学院を考察

大学院留学

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

イギリスの大学院に留学を考えているけどどこの大学院にすべき迷っていますか?

どのイギリス大学院が自分に合っているんだろう

今回は

イギリスの大学院へ留学するならここの大学院をオススメしたい!

ってリストをランキング形式で紹介します。

私は実際に2018-2019にリーズ大学院で経営学を学んでいて、その時に色んな地域の大学を見にいったりもしてました。

そんな実際にイギリスで生活していた経験をもとに、

イギリスの大学院へ行くならここがオススメ!

ってのを以下の基準をもとに考察していきたいと思います。

  1. 学費
  2. 合格難易度
  3. 立地(最寄り駅や街までの距離を総合的に評価)
  4. 英語レベル
  5. 大学名のブランド
  6. 大学ランキング(2021年度)
  7. 留学生の割合(学部生も含めた大学全体で見て)

今回は学科などを限定せずに一般的な目で判断していきます。

もちろん世界大学ランキングで上位にランクインしてればしてる学校ほど

オススメ度は高い!

のは間違いないのですが、費用もかかるし英語レベルも上がるのでね。

学費はコースによって変動するので、ビジネス系の学問を基準にしていきます!純粋な大学ランキングを知りたい方は、以下の記事かサイトを参考に。

イギリス大学院のランキングTOP10【2021年版】

世界大学ランキング参考サイト:
QS
Times Higher Education

個人的におすすめなイギリス大学院TOP10

上記にも記載したこちらの基準を基におすすめなイギリス大学院を考察します。

  1. 学費
  2. 合格難易度
  3. 立地(最寄り駅や街までの距離を総合的に評価)
  4. 英語レベル
  5. 大学名のブランド
  6. 大学ランキング(2021年度)
  7. 留学生の割合(学部生も含めた大学全体で見て)

考察の結果、

おすすめしたい大学院は以下になりました。

  • 第1位:University of Manchester
  • 第2位:University of Leeds
  • 第3位:University College London
  • 第4位:University of Edinburgh
  • 第5位:KIng’s College London
  • 第6位:University of Bristol
  • 第7位:University of Glasgow
  • 第8位(タイ):University of Birmingham
  • 第8位(タイ):University of Sheffield
  • 第10位:University of London, Queen Mary

1つずつ解説します。

University of Manchester

Photo from University of Manchester

第1位は「University of Manchester」です。

評価

学費:£23,000 (日本円で約311万円)
合格難易度:普通
立地:普通
英語レベル:IELTS 7.0
大学名のブランド力:ある
大学ランキング
QS – 27位, TIMES – 51位
留学生の割合:40%

理由

世界大学ランキングで高い位にランクインするが学費が高くない。また、合格難易度も他と比べ中レベルで挑戦しやすい。留学生を積極的に受け入れる姿勢があり、海外の学生でも充実した学生生活が送れる。立地も街や最寄り駅まで徒歩で30分、バスで20くらい。ただ、学科によるがIELTS7.0相当の英語レベルが必要なのが気になるかも。

公式HP: University of Manchester

University of Leeds

Photo from University of Leeds

第2位が「University of Leeds」です。

評価

学費:£24,000 (日本円で約324万円)
合格難易度:普通
立地:まあまあ良い
英語レベル:IELTS 6.5
大学名のブランド力:ある
大学ランキング:QS – 91位, TIMES – 160位
留学生の割合:29%

理由

マンチェスター大学と同様、合格難易度が普通で学費も同じくらい。世界大学ランキングでは他と比べ少し低い位にいるが、秋篠宮家次女の佳子様が留学されたことにより、日本での知名度はぐんと上がった。実際に佳子様が留学した次年度の日本人留学生数は結構増えている。英語レベルもIETLS6.5と標準レベルで出願しやすい。立地は街や最寄り駅まで徒歩15~25分で自然もあり過ごしやすい。

公式HP: University of Leeds

University College London

Photo from UCL

第3位が「University College London」です。

評価

学費:£30,400 (日本円で約411万円)
合格難易度:超高い
立地:良い
英語レベル:IELTS 7.0
大学名のブランド:超ある
大学ランキング:QS – 10位, TIMES – 16位
留学生の割合:52%

理由

UCLは、英語力や経歴に自信がある人、財力がある人には1番に勧めたい学校。けど一般的に考えるとレベルと学費が高いので3位に。場所はロンドンにあるし、留学生の受け入れも多いことから充実した学生生活が送れそう。
P.S.
LSEやImperialも同じくらいオススメですが、学べる学問が限定的なのでランキングからは外しました。

公式HP: University College London

University of Edinburgh

Photo from University of Edinburgh

第4位が「University of Edinburgh」です。

評価

学費:£24,900 (日本円で約336万円)
合格難易度:高い
立地:良い
英語レベル:IELTS 7.0
大学名のブランド:ある
大学ランキング
QS – 20位, TIMES – 30位
留学生の割合:41%

理由

スコットランドではトップに君臨する大学。世界大学ランキングで高ランクだが、学費はそこまで高くはない。徒歩15分くらいで街や最寄り駅に行けるので立地は良い。留学生の受け入れ数が多いので充実した勉強生活を送れそうだが、場所がスコットランドにあることからロンドンなどの主要部へ行くには骨が折れる。人によっては勉強以外の学生生活で退屈するかも。

公式HP: University of Edinburgh

King’s College London

第5位が「King’s College London」です。

評価

学費:£29,850 (日本円で約403万円)
合格難易度:高い
立地:良い
英語レベル:IELTS 7.0
大学名のブランド:ある
大学ランキング:QS – 31位, TIMES – 35位
留学生の割合:44%

理由

世界大学ランキングではUCLに負けるも高い位にある。学費は高いが、知名度や学生生活の充実度など満遍なく高い。合格難易度は高いが、Manchester大学やLeeds大学に毛が生えた程度だと思う(知り合いでKing’sに受かった人の数を考えると)。むしろEdinburgh の方が合格難易度は高いイメージ。学生生活をロンドンで送りたいならKing’sも視野に入れたい。

公式HP: King’s College London

University of Bristol

Photo from University of Bristol

第6位が「University of Bristol」です。

評価

学費:£25,700 (日本円で347万円)
合格難易度:まあまあ高い
立地:良い
英語レベル:IELTS 7.0
大学名のブランド:まあまあある
大学ランキング:QS – 58位 , TIMES – 91位
留学生の割合:27%

理由

学費がそこまで高くないし、世界大学ランキングも上位なのでオススメできる。場所も南に位置するので、イギリス特有の「天候が悪い」が無く勉強に集中できそう。けど、留学生の割合が低いことから、他と比べ留学生が勉強しやすい環境ではないかも。現地の人が多い環境で揉まれたい方にはオススメ。

公式HP: University of Bristol

University of Glasgow

Photo from University of Glasgow

第7位が「University of Glasgow」です。

評価

学費:£251,700 (日本円で約340万円)
合格難易度:普通
立地:普通
英語レベル:IELTS 6.5
大学名のブランド:まあまあある
大学ランキング
QS – 77位, TIMES – 92位
留学生の割合:37%

理由

英語圏で4番目に古い大学で1451年に設立された。世界大学ランキングはQS, TIMES共に100位以内に位置するが、他の評価は同ランク辺りに位置する大学と代わり映えない。街までは徒歩30分くらいかかる。スコットランドで勉強したいって方や学びたい学問がある人にはオススメ。合わせてEdinburgh大学も出願したいところ。

公式HP: University of Glasgow

University of Birmingham

Photo from University of Birmingham

タイで第8位が「University of Birmingham」です。

評価

学費:£23,310 (日本円で約315万円)
合格難易度:普通
立地:ちょっと悪い
英語レベル:IELTS 6.5
大学名のブランド力:まあまあある
大学ランキング
QS – 87位, TIMES – 107位
留学生の割合:29%

理由

合格難易度はLeeds大学やManchester大学と同じくらい。英語力も同様。学びたい学問がある方にはオススメ。ただ、街や最寄り駅まで徒歩だと1時間かかるのでバスを使わないといけないかも。留学生の割合は低いが、大学院生だけで考えると留学生数は跳ね上がる。

公式HP: University of Birmingham

University of Sheffield

Photo from University of Sheffield

タイで第8位が「University of Sheffield」です。

評価

学費:£23,750 (日本円で約321万円)
合格難易度:普通
立地:普通
英語レベル:IELTS 6.5
大学名のブランド:まあまあある
大学ランキング
QS – 93位, TIMES – 121位
留学生の割合:34%

理由

合格難易度はLeeds大学やManchester大学と同じである。Birmingham大学とあまり違いはない。学びたい学問がある方にオススメ。街や駅までは徒歩30分、バスで20分くらいである。駅前にSheffield Hallam大学があるが、Sheffield大学とは全く別の大学である。

公式HP: University of Sheffield

University of London, Queen Mary

Photo from Queen Mary University of London

第10位が「University of London, Queen Mary」です。

評価

学費:£24,950 (日本円で約337万円)
合格難易度:普通
立地:良い
英語レベル:IELTS 7.0
大学名のブランド:まあまあある
大学ランキング
QS – 114位, TIMES – 110位
留学生の割合:43%

理由

学費を抑えつつ、レベルが高いロンドンの学校に行きたい人にオススメ。ロンドンにしては学費が安く、世界大学ランキングでは100位台に乗る。留学生も多いので、留学生が勉強しやすい環境。

公式HP: Queen Mary University of London

イギリス大学院留学に必要なIELTSスコアを獲得するには

実際にイギリス大学院に留学するとなると現地に授業についていけるくらいの英語力を持っていなくてはなりません。

それに大学院ランキングでTOPに入るような大学院はIELTS6.5が最低ラインになるので、しっかり準備しておきたいとこですね。

そこで以下の記事に

英語初心者でもIELTS6.5を獲得するための勉強方法

をまとめたので、参考にしてください。

【IELTS6.5】海外大学院へ留学できる英語力を得るために

私は当時TOEIC300点くらいしかなかったのですが、1年勉強してIELTS6.5獲得できたので、信ぴょう性は高いのではないでしょうか。

イギリス大学院留学するには

イギリス大学院留学をするためには、まずは出願の準備をしなければなりません。

  • 大学院留学の準備物
    1. 英語力を証明する公的書類
    2. 志望動機書
    3. 推薦状2枚
    4. GPAが記載された成績証明書
    5. 履歴書(学生でも求められる場合あり)

上記の書類を準備してイギリス大学院へ出願することになりますよ。

(詳細は以下にまとめてます)

また、イギリス大学院留学は検討しているものの、合格できるか心配な人は以下の記事を読むと良いです。

Fランの私でも簡単に合格できてるので、きっと読者の皆さんでも実現できるでしょう。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

個人的にオススメできるイギリス大学院を紹介しました。要約はこちら!

  • 第1位:University of Manchester
  • 第2位:University of Leeds
  • 第3位:University College London
  • 第4位:University of Edinburgh
  • 第5位:KIng’s College London
  • 第6位:University of Bristol
  • 第7位:University of Glasgow
  • 第8位(タイ):University of Birmingham
  • 第8位(タイ):University of Sheffield
  • 第10位:University of London, Queen Mary

こちらのランキングはあくまでも個人的な評価なので参考程度に!
人によって学びたい学問であったり、ランキング上位校に行きたいなどあると思うので。

イギリス大学院へ進学を考えてる方は以下の記事も合わせてご覧くださいね。

イギリス大学院の特徴6つ【留学先を検討中の人向けです】

海外大学院へ行く意味【メリットを考察したらこの結果に】

イギリス留学メリット/デメリット【迷ってる人向けです】

それでは!

〜ここからは一押し記事の紹介です〜

海外で留学生をしている人や日本で大学生をしている人で就活に不安がありますか

大手や優良企業からの内定を得るにはSPARK CAREERの利用が現実的です。

(詳細は以下にまとめています)