おすすめイギリス大学院【ランキングを基にした考察です】

イギリス大学院 おすすめ ランキング 大学院留学

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

イギリス大学院に留学を検討中ですか?

どのイギリス大学院に留学すべきかな?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • おすすめのイギリス大学院がわかる
    • 有名イギリス大学院の概要がわかる
    • イギリス大学院ランキングTOP10もわかる

私はリーズ大学院に留学しており、その際に色んな地域のイギリス大学院も見に行ってました。

この経験から、おすすめしたいイギリス大学院をランキング形式でわかりやすく解説するので、イギリス大学院留学を検討中の人は参考にしてくださいね。

おすすめイギリス大学院ランキング

イギリス大学/大学院留学

おすすめイギリス大学院は以下の評価基準を基に考察します。

  • おすすめイギリス大学院の評価基準
    1. 学費の安さ
    2. 合格難易度
    3. 立地の良さ
    4. 英語レベルのちょうど良さ
    5. 大学名のブランド力
    6. 留学生の割合(学部生も含めた大学全体で見て)
    7. 大学ランキング(2022年度)
      • 世界大学ランキング(25,000校以上の大学数)
      • イギリス国内大学ランキング(160校以上の大学数)

また、おすすめイギリス大学院を評価する前提も設定してます。

おすすめイギリス大学院を決めるにあたっての前提
・学部は限定せずに”大学院”として評価
・学費はバラつきあるのでビジネス系のコースを目安に
・学費は£1=150円で計算
・大学ランキングは以下調査機関を参照

大学ランキング:
THE World University Rankings 2022
QS World University Rankings 2022
The best UK universities 2022

考察の結果、以下のようなイギリス大学院がおすすめです!

  • おすすめイギリス大学院ランキング
    • 第1位:University of Manchester
    • 第2位:University of Leeds
    • 第3位:University College London
    • 第4位:University of Edinburgh
    • 第5位:KIng’s College London
    • 第6位:University of Bristol
    • 第7位:University of Glasgow
    • 第8位:University of Birmingham
    • 第9位:University of Sheffield
    • 第10位:University of London, Queen Mary

University of Manchester

第1位は「University of Manchester」です。

  • マンチェスター大学院の評価
    1. 学費:£25,500(約383万円)
    2. 合格難易度:普通
    3. 立地:普通
    4. 英語レベル:IELTS7.0
    5. 大学名のブランド力:ある
    6. 留学生の割合:40%
    7. 大学ランキング
      • 世界大学ランキング
        • 50位:THE World University Rankings 2022
        • 27位:QS World University Rankings 2022
      • イギリス国内大学ランキング
        • 28位:The best UK universities 2022

おすすめ理由
 世界大学ランキングで高い位にランクインするがTOP大学に比べ学費が高くない。また、合格難易度も他大学院と比べ中レベルで挑戦しやすい。留学生を積極的に受け入れる姿勢があり、海外の学生でも充実した留学生活が送れる。立地も街や最寄り駅まで徒歩で30分、バスで20くらいでまあまあ移動しやすい。ただ、学科によるがIELTS7.0相当の英語レベルが必要なのが気になるかも。

(マンチェスター大学の詳細は↓)

マンチェスター大学の全て

マンチェスター大学の全て【偏差値やレベル、学費など】

公式HP: University of Manchester

University of Leeds

第2位が「University of Leeds」です。

  • リーズ大学院の評価
    1. 学費:£25,750(約386万円)
    2. 合格難易度:普通
    3. 立地:良い
    4. 英語レベル:IELTS6.5
    5. 大学名のブランド力:ある
    6. 留学生の割合:32%
    7. 大学ランキング
      • 世界大学ランキング
        • 92位:THE World University Rankings 2022
        • 127位:QS World University Rankings 2022
      • イギリス国内大学ランキング
        • 16位:The best UK universities 2022

おすすめ理由
 マンチェスター大学院と同様、合格難易度が普通で学費も同じくらい。世界大学ランキングでは他と比べ少し低い位にいるが、イギリス国内大学のランキングではマンチェスター大学院よりも上。また、秋篠宮家次女の佳子様が留学されたことにより、日本での知名度はぐんと上がった。英語レベルもIETLS6.5と標準レベルで出願しやすい。立地は街や最寄り駅まで徒歩10~25分とアクセスが良く自然もありで過ごしやすい。

(リーズ大学の詳細は↓)

リーズ大学について

リーズ大学の全て【偏差値やランキング、レベルなど】

公式HP: University of Leeds

University College London

Photo from UCL

第3位が「University College London」です。

  • UCL大学院の評価
    1. 学費:£30,400(約450万円)
    2. 合格難易度:超高い
    3. 立地:良い
    4. 英語レベル:IELTS7.5
    5. 大学名のブランド力:超ある
    6. 留学生の割合:57%
    7. 大学ランキング
      • 世界大学ランキング
        • 18位:THE World University Rankings 2022
        • 8位:QS World University Rankings 2022
      • イギリス国内大学ランキング
        • 9位:The best UK universities 2022

おすすめ理由
 UCLは、英語力や経歴に自信がある人、財力がある人にはおすすめしたい大学院。けど一般的に考えるとレベルと学費が高いので3位に。場所はロンドンにあるのでアクセス良く、留学生の受け入れも多いことから充実した学生生活が送れそう。
P.S.
LSEやImperialも同じくらいオススメですが、学べる学問が限定的なのでランキングからは外しました。

(UCL詳細↓)

UCL大学留学について

UCLの全て【偏差値やランキング、学費など】

公式HP: University College London

University of Edinburgh

第4位が「University of Edinburgh」です。

  • エジンバラ大学院の評価
    1. 学費:£27,500(約416万円)
    2. 合格難易度:高い
    3. 立地:良い
    4. 英語レベル:IELTS7.0
    5. 大学名のブランド力:ある
    6. 留学生の割合:44%
    7. 大学ランキング
      • 世界大学ランキング
        • 30位:THE World University Rankings 2022
        • 16位:QS World University Rankings 2022
      • イギリス国内大学ランキング
        • 12位:The best UK universities 2022

おすすめ理由
 スコットランドでトップに君臨する大学院。世界大学ランキングで高ランクだが、学費はUCLほど高くない。徒歩15分くらいで街や最寄り駅に行けるので立地も良い。留学生の受け入れ数が多いので充実した学生生活を送れそうだが、場所がスコットランドにあることからロンドンなどの主要部へ行くには骨が折れる。人によっては勉強以外の留学生活で退屈するかも。

(エディンバラ大学を知る↓)

エディンバラ大学留学について

エディンバラ大学の全て【ランキングや偏差値、学費など】

公式HP: University of Edinburgh

King’s College London

第5位が「King’s College London」です。

  • KCL大学院の評価
    1. 学費:£31,350(約470万円)
    2. 合格難易度:まあまあ高い
    3. 立地:良い
    4. 英語レベル:IELTS7.0
    5. 大学名のブランド力:ある
    6. 留学生の割合:49%
    7. 大学ランキング
      • 世界大学ランキング
        • 35位:THE World University Rankings 2022
        • 35位:QS World University Rankings 2022
      • イギリス国内大学ランキング
        • 23位:The best UK universities 2022

おすすめ理由
 世界大学ランキングでは高い位にあるがイギリス国内で見ると他大学院より低い。学費は高いが、知名度や学生生活の充実度など満遍なく高い。合格難易度は高いが、Manchester大学院やLeeds大学院に毛が生えた程度だと思う(知り合いでKCL大学院に受かった人の数を考えると)。むしろEdinburgh大学院の方が合格難易度は高いイメージ。学生生活をロンドンで送りたいならKCL大学院も視野に入れたい。

(KCLを知る↓)

キングスカレッジロンドン(KCL)留学について

キングスカレッジロンドンの全て【偏差値や難易度など】

公式HP: King’s College London

University of Bristol

第6位が「University of Bristol」です。

  • ブリストル大学院の評価
    1. 学費:£27,800(約417万円)
    2. 合格難易度:普通
    3. 立地:良い
    4. 英語レベル:IELTS7.0
    5. 大学名のブランド力:まあまあある
    6. 留学生の割合:30%
    7. 大学ランキング
      • 世界大学ランキング
        • 92位:THE World University Rankings 2022
        • 62位:QS World University Rankings 2022
      • イギリス国内大学ランキング
        • 14位:The best UK universities 2022

おすすめ理由
 学費がそこまで高くないし、世界大学ランキングも上位なのでおすすめできる。場所も南に位置するので天候が良く勉強に集中できそう。けど、留学生の割合が低いことから、他大学院と比べ留学生が勉強しやすい環境ではないかも。イギリス人が多い環境で揉まれたい方にはおすすめ。

(ブリストル大学の詳細は以下にも)

ブリストル大学について

ブリストル大学の全て【偏差値やランキング、学費など】

公式HP: University of Bristol

University of Glasgow 

第7位が「University of Glasgow」です。

  • グラスゴー大学院の評価
    1. 学費:£27,050(約406万円)
    2. 合格難易度:まあまあ高い
    3. 立地:まあまあ悪い
    4. 英語レベル:IELTS6.5
    5. 大学名のブランド力:まあまあある
    6. 留学生の割合:40%
    7. 大学ランキング
      • 世界大学ランキング
        • 86位:THE World University Rankings 2022
        • 73位:QS World University Rankings 2022
      • イギリス国内大学ランキング
        • 11位:The best UK universities 2022

おすすめ理由
 世界大学ランキングはQS, THE共に100位以内に位置する他、エジンバラ大学院よりもイギリス国内大学ランキングで上位に位置する。その割に入学難易度や英語力など挑戦しやすいレベル。ただし、街まで徒歩30分くらいかかるのでアクセスはエジンバラ大学院の方が良い。スコットランドで勉強したいって方や学びたい学問がある人にはおすすめ。合わせてEdinburgh大学院も出願したいところ。

(グラスゴー大学について知る↓)

グラスゴー大学留学について

グラスゴー大学の全て【レベルや偏差値、学費など】

公式HP: University of Glasgow

University of Birmingham

第8位が「University of Birmingham」です。

  • バーミンガム大学院の評価
    1. 学費:£25,740(約386万円)
    2. 合格難易度:普通
    3. 立地:ちょっと悪い
    4. 英語レベル:IELTS6.5
    5. 大学名のブランド力:まあまあある
    6. 留学生の割合:32%
    7. 大学ランキング
      • 世界大学ランキング
        • 105位:THE World University Rankings 2022
        • 90位:QS World University Rankings 2022
      • イギリス国内大学ランキング
        • 29位:The best UK universities 2022

おすすめ理由
 合格難易度や英語力はLeeds大学院やManchester大学院と同じくらい。学費もそこまで高くなく、学びたい学問がある方にはおすすめ。ただ、街や最寄り駅まで徒歩だと1時間かかるのでバスを使わないと厳しい。世界大学ランキングでは上位だがイギリス国内で見るとやや低い傾向にある。

(バーミンガム大学詳細は以下にも)

バーミンガム大学留学について

バーミンガム大学の全て【ランキングや偏差値、学費など】

公式HP: University of Birmingham

University of Sheffield

第9位が「University of Sheffield」です。

  • シェフィールド大学院の評価
    1. 学費:£26,200(約393万円)
    2. 合格難易度:普通
    3. 立地:普通
    4. 英語レベル:IELTS6.5
    5. 大学名のブランド力:まあまあある
    6. 留学生の割合:38%
    7. 大学ランキング
      • 世界大学ランキング
        • 110位:THE World University Rankings 2022
        • 95位:QS World University Rankings 2022
      • イギリス国内大学ランキング
        • 27位:The best UK universities 2022

おすすめ理由
 合格難易度や英語力はLeeds大学院やManchester大学院と同じである。その他の項目はほぼBirmingham大学院とあまり違いはないので、学びたい学問がある方の大学院に留学するのがおすすめ。街や駅までは徒歩30分、バスで20分くらい。ちなみに、駅前にSheffield Hallam大学があるが、Sheffield大学とは全く別の大学である。

シェフィールド大学留学について

シェフィールド大学の全て【偏差値やランキングなど】

公式HP: University of Sheffield

University of London, Queen Mary

第10位が「University of London, Queen Mary」です。

  • QMUL大学院の評価
    1. 学費:£27,250(約409万円)
    2. 合格難易度:普通
    3. 立地:普通
    4. 英語レベル:IELTS7.0
    5. 大学名のブランド力:まあまあある
    6. 留学生の割合:46%
    7. 大学ランキング
      • 世界大学ランキング
        • 117位:THE World University Rankings 2022
        • 117位:QS World University Rankings 2022
      • イギリス国内大学ランキング
        • 51位:The best UK universities 2022

おすすめ理由
 学費を抑えつつ、レベルが高いロンドンの大学院に留学したい人にオススメ。ロンドンにしては学費が安く、世界大学ランキングでは100位台に乗る。留学生も多いので、日本人のような海外の学生でも勉強がしやすい環境

(クイーンメアリー校の詳細は以下にも)

ロンドン大学クイーンメアリー校へ留学について

ロンドン大学クイーンメアリー校の全て【偏差値など】

公式HP: Queen Mary University of London

純粋なイギリス大学院ランキングTOP10

個人的におすすめなイギリス大学院をランキング形式で解説しました。

上記に挙がっていない大学院にも魅力的な学校は多くあるので、自分に合う大学院を探してみてくださいね。

以下の記事では、イギリスでTOPレベルの大学院をランキング形式で解説しているので合わせてご覧ください。

イギリス大学院

イギリス大学院のランキングTOP10【2022年版】

イギリスの超難関大学院が知れるよ

イギリス大学院へ留学するには

上述のようなおすすめのイギリス大学院へ留学をするためには、志望大学院から合格をもらわないとなりません。

そのためには以下の書類を揃えて出願の準備をします。

  • 大学院留学の準備物
    1. 英語力を証明する公的書類
    2. 志望動機書
    3. 推薦状2枚
    4. GPAが記載された成績証明書
    5. 履歴書(学生でも求められる場合あり)

参考:イギリス大学院へ出願し合格【やること全部わかります】

上記の書類を自分で揃えて出願もできなくないですが、志望するイギリス大学院から合格を得る確率を上げるには留学エージェントを活用した方が良いです。

beoというエージェントだとイギリス大学・大学院の合格率は99%以上の実績あるのでおすすめ。

私もこのエージェントを利用してましたが、3校のイギリス大学院から合格をもらうことができましたよ。

beoで大学・大学院留学

beo大学/大学院留学エージェント【こんな評判や合格実績が】

(↑この記事限定の割引特典もありますよ)

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

個人的にオススメできるイギリス大学院を紹介しました。要約はこちら!

  • おすすめイギリス大学院ランキング
    • 第1位:University of Manchester
    • 第2位:University of Leeds
    • 第3位:University College London
    • 第4位:University of Edinburgh
    • 第5位:KIng’s College London
    • 第6位:University of Bristol
    • 第7位:University of Glasgow
    • 第8位:University of Birmingham
    • 第9位:University of Sheffield
    • 第10位:University of London, Queen Mary

こちらのランキングはあくまでも個人的な評価なので参考程度に!

人によって学びたい学問であったり、ランキング上位校に行きたいなどあると思うので。

上記のランキングには載せていないけど以下の大学院もおすすめですよ。

サセックス大学について

サセックス大学の全て【偏差値や難易度、学費など】

エクセター大学の全て

エクセター大学の全て【ランキングや偏差値、学費など】

イギリス大学院へ留学を考えてる方は以下の記事も役に立ちます。

イギリス大学院は何年?1年制です

イギリス大学院は何年?【修士課程は1年制です】

大学院留学

海外大学院へ行く意味【メリットを考察したらこの結果に】

イギリス大学/大学院留学のメリット、デメリット

イギリス大学や大学院のメリット【実体験から解説します】

それでは!

〜ここからは留学生や日本の学生向けです〜

ボスキャリの内定率は4割、ロンキャリの内定率は2割にまで下がります。

第一志望企業からどう内定を得ますか?

最適解はSPARK CAREER

米系の外銀勤務者が就活アドバイザーになりハイレベルな就活を実現↓

留学生の就活

画像をクリック!

SPARK CAREER【留学生や日本の学生向け】