イギリス大学院で博士課程【留学検討中の人向けです】

イギリス大学院で博士課程 大学院留学

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

イギリス大学院で博士課程を検討中ですか?

・イギリス大学院博士課程に出願するには何がいる?
・イギリス大学院博士課程の期間や費用は?
・博士課程をイギリスにするメリットは?

上記のような質問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • イギリス大学院博士課程出願に関わる全てがわかる
    • イギリス大学院博士課程の期間や費用がわかる
    • イギリス大学院博士課程のメリットデメリットがわかる

私はイギリス大学院(Leeds大学院)の修士課程を修了し現在は日本に帰国しているものの、将来的に博士課程に進もうと考えています。

博士課程へ進学するのに必要なことをイギリス大学院博士課程に進んだ友人などから情報収集したので、

今後イギリス大学院の博士課程を検討している人は参考にしてくださいね。

イギリス大学院博士課程に必要な出願書類

イギリス大学院の博士課程に出願するには以下の書類が必要です。

  • イギリス大学院博士課程に必要な出願書類
    1. IELTS overall 7.0~のスコア
    2. 研究計画書
    3. 成績表
    4. 推薦状
    5. CV(履歴書)

1つずつ簡単に解説します。

IELTS overall 7.0~

1つ目が「IELTS overall 7.0~のスコア」です。

一般的なイギリス大学院出博士課程の出願に必要な英語スコアは

一般的な学部留学や修士留学の必要英語スコアよりも少し高めです。

しかし、必要なIELTSスコアはどのイギリス大学院のどのコースに出願するかで必要IELTSスコアは変わってくるでしょう。

  • IELTS overall 7.0が必要なコース
    • Reading: 6.5以上
    • Listening: 6.5以上
    • Speaking: 6.5以上
    • Writing: 6.5以上
  • IELTS overall 6.5が必要なコース
    • Reading: 6.0以上
    • Listening: 6.0以上
    • Speaking: 6.0以上
    • Writing: 6.0以上
  • IELTS overall 6.0が必要なコース
    • Reading: 6.0以上
    • Listening: 6.0以上
    • Speaking: 6.0以上
    • Writing: 6.0以上

参考:English language requirements

そのため、正確なIELTSスコアは志望するイギリス大学院のコースの英語用件を確認すると良いですね。

(IELTSの勉強方法は以下にまとめてます)

大学院留学向け英語の勉強方法【英語力はこう磨きます】

研究計画書

2つ目が「研究計画書」です。

研究計画書とは、あなたの研究アイデアを2,0000 words程度で仕上げたResearch Proposalのことです。

  • 研究計画書に含める内容
    • プロジェクトタイトル
    • 問題定義(Research Questions)
    • 方法論(Methodology)
    • 文献レビュー(Literature Review)
    • 研究スケジュール
    • 参考文献(Bibliography)

参考:Example PhD Proposal

(上記はサンプルなので志望するイギリス大学院のコースによって含めるべき内容は変わります)

研究計画書はあくまで提案の段階なので、監督してくれる教授からレビューを受けながら

研究内容を仕上げることになるでしょう。

しかし「喫緊で研究するに値する内容だ」と判断されないと不合格になる可能性があるため、

ある程度の内容を仕上げておく必要があります。

(英語の研究論文の書き方については以下にまとめてます)

成績表

3つ目が「成績表」です。

  • イギリス大学院博士課程に必要な成績表
    • 大学の成績:GPA3.0以上
    • 大学院の成績:修士号の学位を提出する必要はあるが最低GPAスコアの基準は無い

参考:What is a PhD?

大学院の成績は修士号さえ持っていれば特に高い成績は求められませんが、

低すぎるのも問題なのでしっかり勉強しておくようにしましょう。

Leeds大学院の博士課程では修士課程の成績はMerit(60〜69)以上のグレードが求められた

(イギリス大学院における評価については以下にまとめてます)

しかし、日本式で算出されたGPAは書き換えが可能ですし低いGPAでも研究計画書の内容などで補えるので

あまり心配しなくても良いです。

(GPAに関しては以下にまとめてます)

推薦状

4つ目が「推薦状」です。

推薦状とは、卒業した大学や勤めている会社の上司などが「この人は優秀なので大学院に合格させるべき」的なのをまとめた書類です。

推薦状は志望するイギリス大学院のコースによって、提出を求められたり求められなかったりするので

出願書類が必要か事前に確認しておきましょう。

CV(履歴書)

5つ目が「CV(履歴書)」です。

CVと言っても、就職活動時に出す履歴書ではなく

PhD CVと言ったアカデミック版のCVです。

  • PhD CVの内容
    • 研究分野における経験ややる気(修士課程での経験とか)
    • 研究に役立つスキル(学部や修士課程で得たスキル)
    • PhDトピックに関わる授業はどんなのを受けたか(学部や修士課程で受けたモジュール)
    • etc.

参考:A quick guide to a CV for a PhD application

自己PRや志望動機書のようなものだと思えば良いでしょう。

イギリス大学院博士課程の期間

イギリス大学院博士課程の期間はフルタイムかパートタイムで変動します。

  • イギリス大学院博士課程の期間
    • フルタイム:3~4年
    • パートタイム:6~7年

研究論文の提出期限は延ばせるので、3–4年など柔軟になっています。

また、フルタイムの博士課程を参考にすると、

博士課程は以下のようなスケジュール感で研究生活を送るでしょう。

  • イギリス大学院博士課程の過ごし方
    • 1年目;
      • 監督してくれる教授と研究計画書の内容を仕上げていく
      • 文献レビューの最終版を完成させる
    • 2年目:
      • 研究論文の章立てを完成させる
      • 研究の途中結果やアイデアなどを他の学生とディスカッション
      • レクチャーやワークショップの講師やプレゼンを行う
      • 論文や文献を出版したりもする
    • 3年目:
      • 研究論文を仕上げて内容について監督者から合格をもらったら、試験担当者から質疑を受けるなどの試験を受ける(1~3時間)

3年目のディスカッション形式の試験が博士課程の肝になるでしょうね。

参考:What is a PhD?

イギリス大学院博士課程の費用

イギリス大学院博士課程の費用は以下の通りです。

  • イギリス大学院博士課程の費用(年間)
    • £15,000~24,000(約225万円〜360万円)

なので3年間通うとなると、

トータルで675万円〜1,080万円かかるでしょう。

ちなみに、上記の費用は留学生向けの費用なので、現地のイギリス学生やヨーロッパの学生だともっと安いです。

(年間£4,327なので約65万円)

差別ですね

参考:The Cost of a PhD

博士課程をイギリス大学院にするメリット

博士課程をイギリス大学院にするメリットデメリットは以下があるのではないでしょうか。

  • イギリス留学のメリット
    1. 高い教育水準
    2. イギリス人と仲良くなりやすい
    3. 綺麗な街並み
    4. 料理するきっかけができる
    5. イギリスアクセントの習得
    6. 格安でヨーロッパへ旅行
    7. 電車で国内観光可能
    8. 涼しい夏
  • イギリス留学のデメリット
    1. 天候が悪い
    2. 気温の寒暖差が激しい
    3. 物価が高い

(詳細は以下にまとめてます)

また、大学院を海外にするメリットデメリットは以下にまとめてるので参考にしてみてください。

イギリス大学院博士課程の出願方法

イギリス大学院の博士課程へ出願するには、以下の2つの方法があります。

  • イギリス大学院博士課程の出願方法
    1. 自力で志望大学院のHPから出願
    2. 留学エージェントの出願代行

①に関しては、出願書類の準備が円滑に出来て書類内容も申し分なければ自分でイギリス大学院のHPから出願しちゃっても良いでしょう。

しかし、

多くの人は初めての博士課程の出願に不安を感じていると思います。

なので、②のようなイギリス大学院の出願に強みを持った留学エージェントを活用するのがベストではないでしょうか。

beoというエージェントだとイギリス大学・大学院の合格率は99%をマークしています。

beoで大学・大学院留学

beoで大学・大学院留学【私もこのエージェントです】

(↑この記事限定の割引特典あります)

私もbeoを使っていましたが、3つのイギリス大学院から合格を得ることができたのでおすすめです。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

イギリス大学院の博士課程にまとめました。以下は要約です。

  • イギリス大学院博士課程に必要な出願書類
    1. IELTS overall 7.0~のスコア
    2. 研究計画書
    3. 成績表
    4. 推薦状
    5. CV(履歴書)
  • イギリス大学院博士課程の期間
    • フルタイム:3~4年
    • パートタイム:6~7年
  • イギリス大学院博士課程の費用(年間)
    • £15,000~24,000(約225万円〜360万円)

本記事がイギリス大学院博士課程を検討している人のお役に立てば幸いです。

イギリス大学院留学を検討している人は以下の記事も役に立ちます。

英語の卒業論文で高得点取る方法【Distinction取れます】

海外の学生寮はおしゃれ?【留学で住んだ部屋見せます】

イギリス人の性格や特徴【イギリス人の考え方はこうです】

それでは!

〜ここからは一押し記事の紹介〜

大学院留学したいけどIELTS点数が足りませんか?

出願しても合格もらえるか不安ですか?

IELTSスコア無し+合格保証付きで大学院留学できる方法が1つだけあります。

確実に大学院留学したいなら以下ページ、見るべきです。

NCUK大学院進学準備コース評価【知らないと損します】