イギリス大学院留学【IELTS足りない人はこの方法で】

イギリス大学院、IELTS足りないけど留学 大学院留学

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

・イギリス大学院に必要なIELTSスコアは?
・IELTSスコアが足りない場合はどうしたらいい?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • イギリス大学院に必要なIELTSスコアがわかる
    • IELTSスコアが足りなくても留学できる方法がわかる

私はIELTSスコアが6.0しかありませんでした。

しかし、IELTSの出願要件が6.5のLeeds大学院へ留学を果たしています。

以下は留学体験記。

リーズ大学について

リーズ大学の全て【偏差値やランキング、レベルなど】

この経験から、IELTSスコアが足りなくてもイギリス大学院へ留学する方法わかりやすく解説するので、参考にしてくださいね。

イギリス大学院に必要なIELTSスコア

大学院留学 英語 勉強

イギリス大学院留学に必要なIELTSスコアは6.0〜7.0です。

  • イギリス大学院で求められるIELTSスコア
    1. 超難関イギリス大学院
      • IELTS 7.0〜
      • 例:OxfordやCambridge、Imperial College London大学院など
    2. 難関イギリス大学院
      • IELTS 6.5〜
      • 例:ラッセルグループや中堅イギリス大学院
    3. 一般イギリス大学院
      • IELTS 6.0〜
      • 上記以外のイギリス大学院

参考:Minimum IELTS Score Requirements For UK Universities

Leeds大学院の他に出願したBirminghamとLiverpool大学院も、IELTS 6.5以上のスコアが必要でした。

参考:
バーミンガム大学の全て【ランキングや難易度、学費など】
リバプール大学の全て【難易度やレベル、ランキングなど】

しかし、クラスメートの留学生にはIELTS 5.5や6.0の人そもそもIELTSを受けたことがない人もいます。

参考:大学院留学の英語力【IELTS/TOEFLは当てにならないです】

IELTSスコアが足りない留学生は、どのような方法でイギリス大学院へ留学しているのか次の章で解説します。

IELTSが足りない人はこの方法で

イギリス大学院に必要なIELTSスコアが足りない場合、以下の方法で留学が可能です。

費用は出願要件がIELTS 6.5の大学院の場合。
プリセッショナルとプレマスターは上記の費用以外に、現地滞在費がかかりますよ。

プリセッショナルコース

プリセッショナルコースは、規定のIELTSスコアを満たしてない人に向けて、入学までに十分な英語スキルを身につけてもらうコースです。

  • プリセッショナルコースの特徴
    • 授業に必要な英語力を磨ける
    • 入学条件のIELTS不足分を補える
    • 同じコースの人と勉強できる
    • 進学予定のキャンパスで受講できる
  • プリセッショナルコースの受講期間(休暇含む)
    1. 必要なIELTSスコアを満たしている:約1ヶ月半
    2. 必要なIELTSスコアが0.5足りない:約4ヶ月
    3. 必要なIELTSスコアが1.0足りない:約8〜9ヶ月
    4. 必要なIELTSスコアが1.5足りない:約12ヶ月
  • プリセッショナルコースの費用(£1=150円)
    1. 約1ヶ月半:£3,090(約46万円)
    2. 約4ヶ月:£5,870(約88万円)
    3. 約8〜9ヶ月:£11,740(約176万円)
    4. 約12ヶ月:£17,200(約258万円)

参考:プリセッショナルは受けるべきか【イギリス大学/大学院】

例えば、出願要件のIELTSスコアが6.5に対し、保有しているIELTSが5.5の場合、③に該当しますよ。

費用は安いです。

しかし、プリセッショナルはイギリスで受けるため、学生寮などの現地滞在費も考慮しないといけません。

1ヶ月に£600(9万円)くらい滞在費がかかるよ

もし①に該当するなら、プリセッショナルコースを選ぶと良いでしょう。

ですが②と③、④の人は後述するNCUKの大学院進学準備コースの方が良いです。

プレマスター

  • プレマスターとは
    • 大学院レベルの講義の受講に必要なスキルを進学前に身につけられるプログラム

プレマスターの受講でIELTSスコアの提出が免除されます。

  • プレマスターの特徴
    1. IETLSスコアが足りなくても留学可能
    2. GPAが足りなくても留学可能
    3. 規定の成績取得で進学保証
    4. 現地のキャンパスで受講

参考:プレマスターの全て【GPA2.3からイギリス大学院留学】

プレマスターはIELTS以外にも、GPAの不足分をカバーできるのが特徴ですよ。

そのため、人によってはプレマスターの方がプリセッショナルよりも魅力的に映るかもしれません。

しかし、私はあまりおすすめしないです。

理由は費用がかなり高いため。

例えば、リバプール大学院が提供するプレマスターでは、安くても300万円以上しますよ。

  • プレマスターの学費(£1=150円で計算)
    1. IELTS 5.5:£22,150(約332万円)
    2. IELTS 5.0:£25,980(約390万円)
    3. IELTS 4.5:£30,310(約455万円)

・参考:Pre-Master’s courses at the University of Liverpool International College
・リバプール大学を知る:リバプール大学の全て【難易度やレベル、ランキングなど】

そのため、プレマスターを受けたい人は、似た特徴を持ったNCUKの大学院進学準備コースの方が費用を抑えられます。

NCUKの大学院進学準備コース

NCUKとは、イギリスの大学が立ち上げた英国大学連盟です。

NCUKが提供している大学院進学準備コースの受講でIELTSスコアの提出が免除されますよ。

  • NCUK大学院進学準備コースの特徴
    1. IELTSスコア無しで大学院留学
    2. 大学院進学保証が付く
    3. GPAが低くても合格できる可能性あり
    4. 世界最高水準の教育
    5. カリキュラムはプリセッショナルやプレマスターとほぼ一緒
    6. 卒論の書き方も学べる
    7. 日本にいながら受講できる

プリセッショナルコースとの違いは、大学院への進学保証が付いていることでしょう。

プリセッショナルコースだと条件付き合格をもらっている必要があります。

また、コース最後に受けるテストで規定の点数を取らないと不合格ですよ。

しかし、NCUKの大学院進学準備コースの場合、以下のようなNCUK加盟大学院への進学が保障されます。

NCUK加盟大学の一例
ラッセルグループメンバーの大学が多く存在!

プレマスターとの違いは費用です。

NCUKの大学院進学準備コースの費用は一律144万円

プレマスター費用が332万円〜なので2分の1以下の費用です。

また、一部のプリセッショナルコースの費用よりも安いですよね。

上記のような特徴から、以下に該当する人はプリセッショナルコースやプレマスターよりも、NCUKの大学院進学準備コースが良いでしょう。

  • NCUK大学院進学準備コースが向いている人
    1. IELTSスコアが足りない人
    2. GPAが低いなどから合格がもらえるか不安な人
    3. その年に進学できる前提で留学準備を進めたい人
    4. 日本にいながら留学準備をしたい人
    5. 卒論の書き方も事前に学んでおきたい人
    6. プレマスターだと費用が高過ぎると感じる人

私もこのコースを受講してイギリス大学院から合格できた

NCUKの大学院進学準備コース詳細は以下にまとめています。

大学院進学準備

NCUK大学院進学準備コース概要/評価【知らないと損です】

(↑この記事限定の割引特典あり)

イギリス大学院留学に必要なIELTSスコアを得るには

大学院留学

IELTSスコアが足りなくてもイギリス大学院へ留学する方法を解説しました。

プリセッショナルとプレマスターは上記の費用以外に現地の滞在費もかかるよ

とは言え、ある程度はIELTSを勉強しておく必要があるでしょう。

  • イギリス大学院留学向け英語の勉強方法
    1. 多読
    2. シャドーイング
    3. RadioやPodcastを聞き流し
    4. オンライン英会話
    5. 過去問をひたすら解く

参考:イギリス大学院に必要な英語力【こう勉強しないとダメ】

上記のやり方でIELTSスコアを上げることができますよ。

また、参考書は以下が最もわかりやすいです。

Amazon:IDP Education IELTS公認問題集

イギリス大学院へ留学するには

beoで大学・大学院留学

イギリス大学院留学を考えている人はbeoに相談すると良いです。

なぜなら、イギリス大学院の合格率が99%をマークしているため。

  • beoを利用するメリット
    1. 合格実績がTOPレベル
      • 13,000人以上のサポート実績
      • イギリス大学や大学院は99%以上の合格率
    2. カウンセラーの質が高い
    3. 合格者の志望動機書が閲覧可能
    4. 合格保証付きの進学準備コースを提供
    5. GPAの再計算で0.5〜1.0上昇する

また、NCUKの大学院進学準備コースはbeoでしか扱っていません。

私もbeoのサポートを利用し、3校のイギリス大学院から合格をもらえました。

そのため、イギリス大学院留学を検討している人はbeoに相談すると良いです。

beoで大学・大学院留学

beo大学/大学院留学エージェント【こんな評判や合格実績が】

(↑この記事限定の割引特典もあり)

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

イギリス大学院留学に必要なIELTSスコアやIELTSスコアが足りない場合の対処方法を解説しました。

以下は要約です。

  • イギリス大学院で求められるIELTSスコア
    1. 超難関イギリス大学院
      • IELTS 7.0〜
      • 例:OxfordやCambridge、Imperial College London大学院など
    2. 難関イギリス大学院
      • IELTS 6.5〜
      • 例:ラッセルグループや中堅イギリス大学院
    3. 一般イギリス大学院
      • IELTS 6.0〜
      • 上記以外のイギリス大学院
  • IELTSスコアが足りない場合の対処方法
    1. プリセッショナルコース
    2. プレマスター
    3. NCUKの大学院進学準備コース
  • NCUK大学院進学準備コースが向いている人
    • IELTSスコアが足りない人
    • GPAが低いなどから合格がもらえるか不安な人
    • その年に進学できる前提で留学準備を進めたい人
    • 日本にいながら留学準備をしたい人
    • 卒論の書き方も事前に学んでおきたい人
    • プレマスターだと費用が高過ぎると感じる人
  • 詳細:NCUK大学院進学準備コース概要/評価【知らないと損です】

IELTSスコアが足りない場合でも、イギリス大学院へ留学が可能なので諦めずに実現してくださいね。

イギリス大学院へ留学を検討中の人は以下の記事も役に立ちます。

イギリス大学院は何年?1年制です

イギリス大学院は何年?【修士課程は1年制です】

イギリス大学/大学院TOP100一覧

イギリス大学/大学院TOP100一覧【ランキング順です】

イギリス大学院の合格率

イギリス大学院合格率は75〜100%【難易度が分かります】

それでは!

〜ここからは留学生や日本の学生向けです〜

ボスキャリの内定率は4割、ロンキャリの内定率は2割にまで下がります。

第一志望企業からどう内定を得ますか?

最適解はSPARK CAREER

米系の外銀勤務者が就活アドバイザーになりハイレベルな就活を実現↓

留学生の就活

画像をクリック!

SPARK CAREER【留学生や日本の学生向け】