ラッセルグループに匹敵する10校のイギリス大学と大学院

ラッセルグループ以外でおすすめのイギリス大学・大学院 大学院留学

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

イギリスはラッセルグループだけがおすすめなの?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • ラッセルグループ24校がわかる
    • ラッセルグループ以外もおすすめな理由がわかる
    • ラッセルグループ以外におすすめな大学・大学院が10校わかる

私はリーズ大学院へ留学後、イギリス大学と大学院留学の情報をまとめた舞原ブログを運営しています。

以下はリーズ留学体験記。

リーズ大学について

リーズ大学の全て【偏差値やランキング、レベルなど】

この経験から、ラッセルグループ以外でおすすめのイギリス大学と大学院をわかりやすく解説するので参考にしてくださいね。

本記事作成にあたって
 便宜上、”大学”と記載を統一しますが、”大学院”にも共通する内容です。

ラッセルグループとは

大学院留学

ラッセルグループとは、イギリスの著名な研究型大学24校で構成されたグループを意味します。

  • ラッセルグループ24校
    1. ケンブリッジ大学
    2. オックスフォード大学
    3. インペリアルカレッジロンドン
    4. UCL
    5. エディンバラ大学
    6. マンチェスター大学
    7. キングスカレッジロンドン
    8.  LSE
    9. ブリストル大学
    10. ウォーリック大学
    11. サウサンプトン大学
    12. グラスゴー大学
    13. リーズ大学
    14. バーミンガム大学
    15. ダラム大学
    16. シェフィールド大学
    17. ノッティンガム大学
    18. ニューカッスル大学
    19. ロンドン大学クイーンメアリー校
    20. ヨーク大学
    21. エクセター大学
    22. カーディフ大学
    23. リバプール大学
    24. クイーンズ大学ベルファスト

参考:ラッセルグループ24校の全て【留学すべき大学はこれ】

上記のイギリス大学は世界大学ランキングで1位〜250位と教育レベルが高く、世界中の留学生から人気です。

しかし、総じて学費と出願要件が高く、留学先に選べない人もいるでしょう。

留学先に選びたいイギリス大学と大学院はラッセルグループだけではありません。

留学先にラッセルグループ以外もおすすめな理由

ラッセルグループ以外もおすすめな理由は3つです。

  1. 学費が安い
  2. 出願要件のハードルが低い
  3. ラッセルグループと同レベル

学費が安い

ラッセルグループ以外には、学費が安いイギリス大学が多いです。

以下はビジネス系の学問を参考にした学費。

  • ラッセルグループの学費
    • イギリス大学:約270〜500万円
    • イギリス大学院:約330〜550万円
  • ラッセグループ以外の学費
    • イギリス大学:約210〜390万円
    • イギリス大学院:約250〜380万円

(£1=150円を想定)

参考:
イギリス大学の学費はこれくらい【ランキングで解説です】
イギリス大学院費用は500万円【学費はこれでも安いです】

ラッセルグループの大学へ進学したい場合、多くの大学で年間300万円以上は覚悟しないといけません。

しかし、ラッセルグループ以外であれば、年間200万円台の学費が多いですよ。

出願要件のハードルが低い

ラッセルグループ以外の場合、出願要件のハードルが低く挑戦しやすいです。

  • ラッセルグループの出願要件
    • イギリス大学(ファウンデーションコース):
      • 高校の成績:平均評定3〜4以上
      • 英語力:IELTS 5.5〜
    • イギリス大学院:
      • 大学の成績:GPA 3.0〜
      • 英語力:IELTS 6.5〜7.0以上
  • ラッセグループ以外の出願要件
    • イギリス大学(ファウンデーションコース):
      • 高校の成績:平均評定2〜3以上
      • 英語力:IELTS 4.5〜
    • イギリス大学院:
      • 大学の成績:GPA1.0〜3.0以上
      • 英語力:IELTS 6.0〜7.0以上

注釈)
 上記の内容はあくまで傾向です。必ずしも全ての大学・大学院が上記の出願要件ではありません。

上記の通りラッセルグループ以外だと、成績と英語力があまり高くなくても合格のチャンスがありますよね。

とはいえ、成績と英語力が出願要件に届かなくても留学できる方法はあります。

ラッセルグループと同レベル

学費が安い、出願要件のハードルが低いからといって、教育や研究の質も低いわけではありません。

イギリスには世界大学ランキングにランクインする大学が多いため、教育レベルは平均して高いです。

世界TOP1000で見ると、93校のイギリス大学が入っていますよ。

日本はたったの27校しか入っていない

参考:World University Rankings 2022

また、ラッセルグループと同等レベルのイギリス大学も存在します。

次の章で解説しますね。

ラッセルグループ以外でおすすめのイギリス大学と大学院

イギリス大学院

ラッセルグループ以外では以下のイギリス大学・大学院がおすすめです。

  • おすすめのイギリス大学・大学院
    1. University of St Andrews(96位)
    2. Lancaster University (146位)
    3. University of Bath (179位)
    4. University of Reading (229位)
    5. University of Sussex (240位)
    6. University of Leicester (279位)
    7. University of Essex (465位)
    8. Kingston University, London (601-650位)
    9. Coventry University (651-700位)
    10. University of Bradford (701-750位)

上記のリストはQS World University Rankings 2023のランキング順です。

おすすめ順ではありません。

上記の大学はどれも同じくらいおすすめですよ。

各大学を以下の観点で解説します。

  • イギリス大学・大学院概要
    • 設立年:
    • 国:
    • 留学生の割合
    • 学費(ビジネス系を参考)
    • 出願要件(ビジネス系を参考)

University of St Andrews(96位)

  • セントアンドルーズ大学・大学院の概要
    • 設立年:1413年
    • 国:スコットランド
    • 留学生の割合:約47%
    • 学費(ビジネス系を参考)
      • 大学:£26,350(約395万円)
      • 大学院:£25,450(約382万円)
    • 出願要件:
      • 大学(ファウンデーション):
        • 高校の成績:85%以上の成績
        • 英語力:IELTS 5.5〜
      • 大学院:
        • 大学の成績:GPA 3.3以上
        • 英語力:IELTS 7.0

参考:University of St Andrews

ラッセルグループを除けば、セントアンドルーズ大学はイギリスで第1位の大学です。

また、世界大学ランキングではシェフィールド大学と同じ96位ですよ。

参考:シェフィールド大学の全て【ランキングや難易度など】

スコットランドの名門校なので学費と出願要件は高いです。

そのため、ラッセルグループと同じレベルかつ、スコットランドの大学へ留学したい人におすすめですね。

Lancaster University (146位)

  • ランカスター大学・大学院の概要
    • 設立年:1964年
    • 国:イングランド
    • 留学生の割合:約37%
    • 学費(ビジネス系を参考)
      • 大学:£21,460(約322万円)
      • 大学院:£23,560(約353万円)
    • 出願要件:
      • 大学(ファウンデーション):
        • 高校の成績:平均評定3以上
        • 英語力:IELTS 5.0〜
      • 大学院:
        • 大学の成績:GPA 3.0以上
        • 英語力:IELTS 7.0

参考:Lancaster University

ランカスター大学もセントアンドルーズ大学と同様、ラッセルグループと同レベルでしょう。

ラッセルグループであるヨーク大学(162位)よりランクが高いですよ。

参考:ヨーク大学の全て【ランキングや留学難易度、学費など】

学費はラッセルグループより若干安いのでおすすめです。

ランカスター大学留学について

ランカスター大学の全て【留学難易度やランキングなど】

University of Bath (179位)

  • バース大学・大学院の概要
    • 設立年:1966年
    • 国:イングランド
    • 留学生の割合:約32%
    • 学費(ビジネス系を参考)
      • 大学:£22,000(約330万円)
      • 大学院:£25,000(約375万円)
    • 出願要件:
      • 大学(ファウンデーション):
        • 高校の成績:平均評定3.5以上
        • 英語力:IELTS 5.5〜
      • 大学院:
        • 大学の成績:GPA 3.0以上
        • 英語力:IELTS 7.0

参考:University of Bath

バーズ大学もラッセルグループに匹敵する大学でしょう。

ラッセルグループのリパプール大学(190位)よりランクが高いですよ。

参考:リバプール大学の全て【難易度やレベル、ランキングなど】

学費と出願要件はラッセルグループと同じくらいのため、魅力を感じない人がいるかもしれません。

しかし、バース大学では卒論の代わりに企業と取り組むプロジェクトを選択できるなど、実務研修に重きを置く大学です。

そのため、就職力が強く、学生総合満足度も高いのでおすすめですよ。

バース大学留学について

バース大学の全て【偏差値やランキング、留学難易度など】

University of Reading (229位)

  • レディング大学・大学院の概要
    • 設立年:1916年
    • 国:イングランド
    • 留学生の割合:約31%
    • 学費(ビジネス系を参考)
      • 大学:£20,300(約305万円)
      • 大学院:£23,300(約350万円)
    • 出願要件:
      • 大学(ファウンデーション):
        • 高校の成績:5つの教科で評定4以上
        • 英語力:IELTS 5.0〜
      • 大学院:
        • 大学の成績:GPA 3.0以上
        • 英語力:IELTS 6.5

参考:University of Reading

レディング大学もラッセルグループと同じレベル感です。

ラッセルグループのクイーンズ大学ベルファスト(233位)よりランクが高いですよ。

参考:クイーンズ大学ベルファストの全て【偏差値や学費など】

学費はラッセルグループより若干安いです。

また、元々オックスフォード大学カレッジの1つだったことや、ロンドンから1時間かからない立地が魅力ですね。

レディング大学留学について

レディング大学の全て【ランキングや偏差値、学費など】

University of Sussex (240位)

  • サセックス大学・大学院の概要
    • 設立年:1961年
    • 国:イングランド
    • 留学生の割合:約35%
    • 学費(ビジネス系を参考)
      • 大学: £18,500(約278万円)
      • 大学院:£22,500(約338万円)
    • 出願要件:
      • 大学(ファウンデーション):
        • 高校の成績:平均評定3.5以上
        • 英語力:IELTS 5.0〜
      • 大学院:
        • 大学の成績:GPA 3.0以上
        • 英語力:IELTS 6.0

参考:University of Sussex

サセックス大学はラッセルグループのクイーンズ大学ベルファストとほぼ同じレベル感です。

しかし、学費は安いし出願要件も比較的低いですね。

サセックス大学は留学生に人気な開発学が世界1位(2022年度)である他、イギリスで最も晴れる地域にあるのでおすすめですよ。

参考:QS World University Rankings by Subject 2022: Development Studies

サセックス大学について

サセックス大学の全て【偏差値や学費、留学方法など】

University of Leicester (279位)

  • レスター大学・大学院の概要
    • 設立年:1921年
    • 国:イングランド
    • 留学生の割合:約25%
    • 学費(ビジネス系を参考)
      • 大学: £17,500(約263万円)
      • 大学院:£21,000(約315万円)
    • 出願要件:
      • 大学(ファウンデーション):
        • 高校の成績:平均評定2.0以上
        • 英語力:IELTS 5.5〜
      • 大学院:
        • 大学の成績:GPA 3.0以上
        • 英語力:IELTS 6.5

参考:University of Leicester

レスター大学は学費がかなり安いです。

また、レスターは生活費が安い都市として、イギリスTOP3に選出された実績があるため、留学費用を抑えて質の高い教育が受けられるでしょう。

参考:Leicester ranked as a top three city for student living

レスター大学留学について

レスター大学の全て【ランキングや留学難易度、学費など】

University of Essex (465位)

  • エセックス大学・大学院の概要
    • 設立年:1963年
    • 国:イングランド
    • 留学生の割合:約33%
    • 学費(ビジネス系を参考)
      • 大学:£19,530(約293万円)
      • 大学院:£20,350(約305万円)
    • 出願要件:
      • 大学(ファウンデーション):
        • 高校の成績:平均評定3以上
        • 英語力:IELTS 4.0〜
      • 大学院:
        • 大学の成績:平均B以上
        • 英語力:IELTS 6.5

参考:University of Essex

学士課程の学費は若干高めですが、修士課程はかなり安いです。

また、出願要件のハードルが低くおすすめですよ。

エセックス大学留学について

エセックス大学の全て【ランキングや偏差値、学費など】

Kingston University, London (601-650位)

  • キングストン大学・大学院の概要
    • 設立年:1899年
    • 国:イングランド
    • 留学生の割合:約26%
    • 学費(ビジネス系を参考)
      • 大学:£14,300(約215万円)
      • 大学院: £17,500(約263万円)
    • 出願要件:
      • 大学(ファウンデーション):
        • 高校の成績:平均評定2以上
        • 英語力:IELTS 4.5〜(Writingは5.0以上、他セクションは4.0以上)
      • 大学院:
        • 大学の成績:good grade(最低限の指定なし)
        • 英語力:IELTS 6.5〜(R, L, W, S全セクションで5.0以上)

参考:Kingston University London

学費が高い大学が多いロンドンですが、キングストン大学は例外です。

年間の学費が200万円台とイギリストップレベルで安いですよ。

また、修士課程では珍しく、placementを提供しているのも魅力的です。

キングストン大学留学について

キングストン大学の全て【偏差値やランキング、学費など】

Coventry University (651-700位)

  • コベントリー大学・大学院の概要
    • 設立年:1843年
    • 国:イングランド
    • 留学生の割合:約43%
    • 学費(ビジネス系を参考)
      • 大学:£15,300(約230万円)
      • 大学院: £18,250(約274万円)
    • 出願要件:
      • 大学(ファウンデーション):
        • 高校の成績:平均評定2以上
        • 英語力:IELTS 4.5〜
      • 大学院:
        • 大学の成績:C以上の成績
        • 英語力:IELTS 6.5(R, L, W, Sそれぞれ5.5以上)

参考:Coventry University

コベントリー大学は学費の安さと学生都市としての環境の良さが評価され、留学生に人気な大学です。

学費は年間200万円台ですし、QS Best Student Cities 2023でコベントリーはイギリス4位に選ばれていますよ。

そのため、留学生に住みやすい環境で学生生活を送れるでしょう。

コベントリー大学留学の全て

コベントリー大学の全て【ランキングや偏差値、学費など】

University of Bradford (701-750位)

  • ブラッドフォード大学・大学院の概要
    • 設立年:1966
    • 国:イングランド
    • 留学生の割合:約15%
    • 学費(ビジネス系を参考)
      • 大学:£17,740(約266万円)
      • 大学院:£18,556(約278万円)
    • 出願要件:
      • 大学(ファウンデーション):
        • 高校の成績:平均評定2以上
        • 英語力:IELTS 4.5
      • 大学院:
        • 大学の成績:2.0以上
        • 英語力:IELTS 6.0〜

参考:University of Bradford

ブラッドフォード大学のおすすめポイントは、学費の安さと出願のしやすさだけではありません。

留学生に人気なビジネス系の学問を強みに持ちます。

ビジネス系の学問が強い証拠であるTriple Accreditation(3つの認証)を持っているよ


参考:School of Management Accreditations

また、世界最大級の紛争学/平和学の研究センターがあるのも魅力的ですよ。

ブラッドフォード大学留学について

ブラッドフォード大学の全て【偏差値など留学経験から】

イギリス大学や大学院へ留学するには

大学・大学院留学

イギリス大学や大学院院留学をするには、出願し合格を得る必要があります。

出願自体は一人でもできますがおすすめはしません

なぜなら、下手な出願をしてしまっては合格できるものも合格できなくなってしまうため。

留学の準備には実績ある留学エージェントを活用すると良いでしょう。

beoだとイギリス大学や大学院の合格率は99%以上なので、志望校から合格が得やすいです。

  • beoを利用するメリット
    1. 合格実績がTOPレベル
      • 13,000人以上のサポート実績
      • イギリス大学や大学院は99%以上の合格率
    2. カウンセラーの質が高い
    3. 合格者の志望動機書が閲覧可能
    4. 合格保証付きのNCUK進学準備コースを提供
    5. GPAの再計算で0.5〜1.0上昇する(大学院向け)

私もbeoを利用し、3校のイギリス大学院から合格を得られました。

そのため、イギリス留学を検討している人はbeoに相談すると良いですよ。

beoで大学・大学院留学

beo大学/大学院留学エージェント【こんな評判や合格実績が】

(↑この記事限定の割引特典あり)

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

ラッセルグループ以外でおすすめのイギリス大学・大学院を紹介しました。以下は要約です。

  • ラッセルグループ以外がおすすめの理由
    1. 学費が安い
    2. 出願要件のハードルが低い
    3. ラッセルグループと同レベル
  • おすすめのイギリス大学・大学院
    1. University of St Andrews(96位)
    2. Lancaster University (146位)
    3. University of Bath (179位)
    4. University of Reading (229位)
    5. University of Sussex (240位)
    6. University of Leicester (279位)
    7. University of Essex (465位)
    8. Kingston University, London (601-650位)
    9. Coventry University (651-700位)
    10. University of Bradford (701-750位)

イギリスはラッセルグループだけじゃないので、ぜひ上記の大学も検討してみてくださいね。

イギリスへ留学を検討している人は以下の記事も役に立ちます。

イギリス大学と大学院の奨学金紹介

イギリス大学と大学院が提供する奨学金【留学生向けです】

大学院留学前に知らないと後悔すること

大学院留学前これ知らないと後悔する【知らない人多過ぎ】

イギリス大学の学費をランキングで解説

イギリス大学の学費はこれくらい【ランキングで解説です】

それでは!

〜ここからは留学生や日本の学生向けです〜

ボスキャリの内定率は4割、ロンキャリの内定率は2割にまで下がります。

第一志望企業からどう内定を得ますか?

最適解はSPARK CAREER

米系の外銀勤務者が就活アドバイザーになりハイレベルな就活を実現↓

留学生の就活

画像をクリック!

SPARK CAREER【留学生や日本の学生向け】