UCLの全て【偏差値やランキング、学費など】

UCL大学留学について 大学院留学

#PR

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

UCL(University College London)はどんな大学?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • UCLの詳細がわかる
    • UCLはどんな人に向いているのかわかる
    • UCLへ留学する方法がわかる

私はイギリスにあるリーズ大学院へ留学後、イギリス大学と大学院留学の情報をまとめた舞原ブログを運営しています。

以下は直近でまとめているイギリス大学一覧。

イギリス大学/大学院TOP100一覧

イギリス大学/大学院TOP100一覧【ランキング順です】

この経験からUCLの大学と大学院についてわかりやすく解説するので参考にしてくださいね。

本記事作成にあたって
 便宜上、”大学”と記載を統一しますが、”大学院”にも共通する内容です。

UCL概要

検索 
  • UCL概要
    • 設立年:1826年
    • 所在地:Gower Street, London
    • 大学種類:国立校
    • ラッセルグループ校:YES
    • 総生徒数:約43,900人
    • 留学生数:約23,267人(53%)
    • 教職員数:約14,300人
    • Student Union規模:300 societies 以上

参考:
Key statistics
Clubs and societies 101

UCLはイングランドで初めて女性や留学生の受け入れを開始した大学です。

またUCLはロンドンに位置することから、大英図書館や大英博物館、BBCなどの機関や組織とパートナーシップを組んでいますよ。

UCLの概要を以下の点でもう少し解説します。

  1. 評価
  2. ロケーション
  3. UCL周辺の治安

評価

UCLは以下のような高い評価多く受けています。

  • UCLの評価例
    1. 最も評価されている大学ランキング:世界で17位
    2. 就職に最も強い大学ランキング:世界で20位
    3. 研究力がある大学:イギリスで1位
    4. 30名ものノーベル賞受賞者を輩出
    5. etc.

参考:
World Reputation Rankings 2021
QS Graduate Employability Rankings 2022
Key statistics

多くの調査において満遍なく高い評価を得ています。

研究の質、就職力に置いて申し分無い大学ではないでしょうか。

またUCLは設立以来、”Disruptive thinking”を教育方針に掲げているため「何を考えるか」より「どう考えるか」に重きを置いています。

考え方を学べる大学なので、③のような研究力がある大学として1位になれているのでしょうね。

ロケーション

UCL大学の位置

UCLはロンドンに位置しています。

  • UCLロケーション特徴
    • ロンドンの主要空港であるLondon Heathrow空港まで電車で50分
    • 最寄駅のEuston Square駅まで徒歩2分
    • Londonの街、Piccadilly Circus駅まで地下鉄で15分

Londonならどこに行っても栄えているので街(City Centre)を指定し難いですが、強いて挙げるならPiccadilly Circus駅周辺が最も栄えているでしょう。

都会での生活や買い物好きな人、ロンドンに憧れを持つ人にとってベストなロケーションですね。

UCLの同系列に見られるLSEやインペリアルカレッジロンドンもロンドンの中心地やその近くにあるよ

参考:
LSE大学・大学院の全て【ランキングや偏差値、学費など】
インペリアルカレッジロンドンの全て【難易度や学費など】

UCL周辺の治安

UCL周辺は比較的治安が良いでしょう。

UCL大学内や周辺でスマホやバッグ、自転車などの窃盗があるものの、犯罪率はそこまで高くないですね。

強いて挙げるなら、隣駅のWarren Street駅周辺でスリや窃盗の件数、SOHO周辺では薬物の件数も高いことに注意でしょうか。

上赤丸:Warren Street
下赤丸:SOHO周辺

しかしロンドンは人口が多いこと、UCLはロンドンの中心部にあるため犯罪数が多くなるのは必然です。

そのため治安が比較的良いことに慢心せず、気を引き締めて留学生活を送りましょう。

参考:
7 tips to staying safe on and around campus
London Crime Statistics

夜道は明るいところや大通りを歩くこと!

UCLの偏差値

大学院留学

イギリスの大学には偏差値という概念はありません。

そのため、調査機関が公開している大学ランキングを基に入学難易度を考察します。

  • 入学難易度
    1. 超難関
    2. 難関
    3. やや難関
    4. 普通

結論から言うと、UCLへの入学難易度は“超難関”でしょう。

UCLのランキング

  • UCLのランキング
    • 世界大学ランキング
      • 8位 (QS World University Rankings 2023)
      • 18位 (THE World University Rankings 2022)
    • イギリス国内大学ランキング
      • 9位 (The best UK universities 2022)
      • 8位 (University League Tables 2022)

参考
QS World University Rankings 2023
THE World University Rankings 2022
The best UK universities 2022
University League Tables 2022

ランキングを見てもいまいちパッとしないかもしれません。

しかし世界には25,000校以上の大学がありますし、イギリス国内で見ても160校以上の大学が存在します。

上記の大学数を鑑みると、UCLは世界・イギリス国内共にトップレベルの大学と言えるでしょう。

また世界から高い評価を得るラッセルグループの一員であることから、超難関と考えて遜色ないのではないでしょうか。

UCLの出願要件

留学 レポート 書き方 英語

UCL大学と大学院の出願要件をそれぞれ解説します。

大学(学士)

イギリス大学は入学前にファウンデーションコースの受講が必須です。

  • ファウンデーションコースとは
    • 教育制度の違いからイギリス大学進学前に受講が必要なプログラム

(解説は割愛しますが詳細は↓)

参考:イギリスのファウンデーションコース【おすすめはこれ】

UCLのファウンデーションコースでは以下の出願要件を満たす必要があるでしょう。

  • 出願要件
    1. 高校の成績:平均評定3以上かつ、専攻予定に関連する科目は4以上
    2. 英語力:IELTS 6.0

参考:Entry requirements

UCLは英国大学連盟(NCUK)に加盟していませんが、UCL以外のイギリス大学も検討中なら以下のファウンデーションコースもおすすめです。

イギリス大学はファウンデーションコース

NCUKファウンデーションコース【イギリス大学進学向け】

またUCLに限らず、イギリス大学へ進学するためには、ファウンデーションコースで規定の成績を修める必要がありますよ。

参考:ファウンデーションコースは落ちる?【この方法なら合格】

大学院(修士)

専攻するコース(学科)によって出願要件は多少変わります。

そのため、ビジネス系の学問を例に出願要件を解説しますね。

  • 出願要件
    1. 大学のGPA:very good grades(正確な値は記載なし)
    2. 英語力:IELTS 7.0〜

正確な要件を知りたい方は、以下のページから専攻予定のコースで検索すると良いです。

参考:Find your course

GPAの要件は設定されていないようですが、UCLは名門なので最低でもGPA 3.0は欲しいですね。

しかし、GPAが足りなくてもチャンスはまだありますよ。

また上記の英語スコアを持っていなくても、留学する方法はあります。

(説明は割愛しますが詳細は↓)

【GPA低い?】GPAを2.7→3.4に変えてイギリス大学院留学
イギリス大学院留学【IELTS足りない人はこの方法で】

UCLの学費

学費

専攻する分野によって学費は変動するので、ここではビジネス系の学問の学費を基に解説します。

大まかな目安としてご参考ください。

  • UCLの学費(年間)
    • 大学(学士):£32,100(約514万円)
    • 大学院(修士):£35,100(約562万円)

(£1=160円で計算)

正確な学費を知りたい方は以下のページから専攻予定のコースで検索すると良いです。

参考:Find degrees, short courses and more

大学(学士)

イギリス大学の学士課程は3年制です。

参考:イギリス大学は何年?【3年制じゃない大学もあります】

そのためUCLの学費は、合計1,542万円かかります。

  • UCL大学学士課程の学費
    • 1年間£32,100(約514万円)
    • 3年間:£96,300(約1,542万円)

UCLは世界でもTOPレベルの大学であること、物価が高いロンドンにあることから学費はかなり高額でしょう。

ロンドンに位置しないラッセルグループ大学でも学費は約350万円/年が多いです。

参考:
マンチェスター大学の全て【偏差値/レベル/学費など解説】
バーミンガム大学の全て【ランキングなど留学経験から】

また学士課程の場合、入学前にファウンデーションコース受講が必須のため、この学費も含めると約1,742万円ほどかかるでしょう。

(ファウンデーションコース詳細↓)

イギリス大学はファウンデーションコース

NCUKファウンデーションコース【イギリス大学進学向け】

大学院(修士)

イギリス大学の修士課程は1年制です。

参考:イギリス大学院は何年?【修士課程は1年制です】

そのため、学費は上述の通り約562万円です。

UCLは世界でもTOPレベルの大学なこと、物価が高いロンドンにあることから学費はかなり高額でしょう。

ロンドンに位置しないラッセルグループ大学院でも、学費は約380万円/年が多いですよ。

(学費以外にかかる費用は以下が参考になります)

参考:イギリス大学院費用は500万円【学費はこれでも安いです】

UCLの学部

大学院留学

UCLで専攻できる学問を以下の2つに分けて解説します。

  • UCLで学べる分野
    1. 学部一覧
    2. 強みを持つ学部

学部一覧

以下のような分野をUCLで学べます。

Architecture and PlanningArts and Sciences
Biological and Life SciencesBusiness and Management Studies
Computer ScienceEconomics, Geography, Politics and Social Sciences
EducationEngineering
English and Comparative LiteratureFine Art and Art History
Historical and Philosophical StudiesLanguages and Cultural Studies
LawMathematics and Statistics
MediaMedicine and Allied Subjects
Physical SciencesPsychology and Language Sciences

(上記は学士の学部です。修士は内容が若干変わる可能性があります。)

上記のような分野から多種多様なコース(学科)が展開されていますよ。

コースは大学には410以上、大学院には530以上のコースとかなりあるので、詳細は以下ページから見ると良いです。

参考:Find degrees, short courses and more

強みを持つ学部

上記のような学部からUCLは以下の分野に強みを持っています。

  • 強みを持つ分野
    • 世界(ランキング)
      • Education (1位)
      • Architecture and the Built Environment (2位)
      • Archaeology (3位)
      • Anthropology (6位)
      • Anatomy and Physiology (7位)
      • Pharmacy and Pharmacology (7位)
      • Geography (9位)
      • Life Sciences and Medicine (10位)
      • Psychology (10位)
    • イギリス国内(ランキング)
      • Building (1位)
      • American Studies (1位)
      • Art & Design (2位)
      • Town & Country Planning and Landscape Design (2位)
      • Law (3位)
      • Archaeology (3位)
      • Electrical & Electronic Engineering (3位)
      • Business & Management Studies (3位)
      • Speech & Language Therapy (4位)
      • Architecture (4位)
      • Geography & Environmental Science (4位)
      • Economics (4位)
      • Psychology (5位)
      • Biological Sciences (5位)
      • Russian & East European Languages (5位)
      • Classics (5位)
      • Anthropology (5位)
      • Mathematics (5位)

参考:
UCL named as one of the world’s best universities to study
Complete University Guide

UCLにはランキング上位に位置する学問がかなり多くあるため、世界TOP10、イギリスTOP5に記載を留めています。

上記の強みを持つ分野はほんの一例かつ、UCLは上記以外の分野でもバランス良く強いので、学びたい学問に関係なくおすすめできる大学でしょう。

UCLに留学してみて

大学院、卒業後、就職

UCLに留学している@ann_uk_italyさんにインタビューをし、UCLに留学して良かった点を語っていただきました。

  • UCLに留学してよかった点
    1. 留学生の割合が多い
    2. ロンドンという立地
    3. 日本での就活でも有利な大学レベル
    4. 周りの学生のレベルが高い

留学生の割合が多い

UCLは留学生が多く色んな国の人と接点が持てる。イギリスにいながら様々な国の文化や慣習、価値観や考え方など知れるので刺激が多い。

UCLは留学生の割合が50%超えなので、2人に1人が留学生ですね。

現地色が強いイギリス大学だと留学生の割合は20%以下です。

ラッセルグループだとエクセター大学やブリストル大学とか

参考:
エクセター大学の全て【ランキングや偏差値、学費など】
ブリストル大学の全て【偏差値や学費など留学経験から】

ネイティブの環境に揉まれるより、多国籍な環境で留学したい人におすすめでしょう。

ロンドンという立地

ロンドンの、しかも中心地に位置しているので買い物や観光、外食に本当に困らない。国内旅行や海外旅行もしやすい立地にあるので充実した生活を送れている。

ロンドンはどこに行っても栄えているので毎日が刺激的ですよね。

ロンドンに憧れを持っている人にとってはたまらないでしょう。

KCLもロンドン中心部に位置しているよね

参考:キングスカレッジロンドンの全て【KCL留学の難易度など】

日本での就活でも有利な大学レベル

UCLは世界でも有名なので就活は有利に動ける。日本も例外ではなく、UCLの名前を知っている企業が多くいるのでアドバンテージは大きい。

ラッセルグループ大学など世界大学ランキングで上位でも、あまり知られていない大学は多いですよね。

その点、UCLはレベルが高い大学と認知されているので、周りより一歩進んだ就活ができるでしょう。

周りの学生のレベルが高い

周りの学生のレベルが高いので、クラスメートと切磋琢磨しながら勉強ができる。自分が知らなかったことを知れたり、気づきを得られるので成長できる環境がある。

UCLは名門なので、優秀な人が世界各国から集まるのでしょうね

UCL留学に向いている人

海外大学 進学 理由

上述の大学の特徴や強みのある分野など考慮すると、以下のような人がUCLに向いているでしょう。

  • UCLに向いている人
    1. 高い教育レベルで授業を受けたい人
    2. 就職に強い大学に留学したい人
    3. 留学生が多い環境で生活したい人
    4. ロンドンでも中心部に留学したい人
    5. 買い物や外食、観光や旅行なども充実させたい人
    6. ラッセルグループの中でも上位の大学に留学したい人
    7. “Disruptive thinking”の教育方針に共感を持つ人

上記に該当する項目が多ければ、UCLはあなたに最も適した大学だと思います。

またロンドン以外でも①や②、⑤など共通点が多いイギリス大学は他にもありますよ↓

マンチェスター大学の全て

マンチェスター大学の全て【偏差値やレベル、学費など】

リーズ大学について

リーズ大学の全て【偏差値やランキング、レベルなど】

次にUCLに留学する方法を解説します。

UCLへ留学するには

大学院進学準備

UCLの大学や大学院へ留学するには、留学エージェントであるbeoを利用するのが1番良いです。

  • 数字で見るbeo(ビーイーオー)
    • 設立年:2000年
    • 留学支援数:13,000人以上のサポート実績
    • 年間出願実績:4,000件以上(2019年)
    • 提携海外大学数:約300校
    • 合格率:9割以上(TOP大学含めて)
      • イギリス大学/大学院は合格率99%

今までに1万人以上の支援実績がある他、イギリス大学や大学院の合格率が99%の合格実績を持っています。

私もbeoを利用しましたが、リーズ大学など3校のイギリス大学院から合格を得られました。

そのためUCLへの留学を検討している方は、beoに相談してみてくださいね。

またカウンセリング時に「舞原ブログを見た」で、beoが提供しているサポートや講座(登録制以外)の費用が3,000円引きになるので忘れずにお伝えください。

beo:カウンセリング申し込み

(beoの詳細は以下にも↓)

beoで大学・大学院留学

beo大学/大学院留学エージェント【こんな評判や合格実績が】

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

UCLの全てがわかるよう解説しました。以下は要約です。

  • UCL概要
    • 設立年:1826年
    • 所在地:Gower Street, London
    • 大学種類:国立校
    • ラッセルグループ校:YES
    • 総生徒数:約43,900人
    • 留学生数:約23,267人(53%)
    • 教職員数:約14,300人
    • Student Union規模:300 societies 以上
  • UCLのランキング
    • 世界大学ランキング
      • 8位 (QS World University Rankings 2022)
      • 18位 (THE World University Rankings 2022)
    • イギリス国内大学ランキング
      • 9位 (The best UK universities 2022)
      • 8位 (University League Tables 2022)
  • UCLに向いている人
    1. 高い教育レベルで授業を受けたい人
    2. 就活も視野に大学選定をしている人
    3. イギリス人より留学生が多い環境で生活したい人
    4. ロンドンのような大都市に留学したい人
    5. 買い物や外食、観光や旅行なども充実させたい人
    6. ラッセルグループの中でも上位の大学に留学したい人
    7. “Disruptive thinking”の教育方針に共感を持つ人

UCLはレベルが高い大学ですが挑戦する価値はあると思うので、ぜひトライしてみてくださいね。

その際はbeoのサポートを受けるのが合格の1番の近道です。

beo:カウンセリング申し込み

また、本記事作成にご協力いただいた@ann_uk_italyさんのSNSはこちらから!

イギリス大学紹介シリーズは他にも↓

バーミンガム大学留学について

バーミンガム大学の全て【ランキングや偏差値、学費など】

サセックス大学について

サセックス大学の全て【偏差値や難易度、学費など】

ケント大学留学について

ケント大学の全て【ランキングやレベルなど留学経験から】

それでは!

〜ここからは留学生や日本の学生向けです〜

ボスキャリの内定率は4割、ロンキャリの内定率は2割にまで下がります。

第一志望企業からどう内定を得ますか?

最適解はSPARK CAREER

米系の外銀勤務者が就活アドバイザーになりハイレベルな就活を実現↓

留学生の就活

画像をクリック!

SPARK CAREER【留学生や日本の学生向け】