インペリアルカレッジロンドンの全て【難易度や学費など】

インペリアルカレッジロンドン留学について 大学院留学

#PR

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

インペリアルカレッジロンドンはどんな大学?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • インペリアルカレッジロンドンの詳細がわかる
    • インペリアルカレッジロンドンはどんな人に向いているのかわかる
    • インペリアルカレッジロンドンへ留学する方法がわかる

本記事は、インペリアルカレッジロンドン留学生の経験談も含め解説します。

(本記事執筆者はリーズ大学留学生)

リーズ大学について

リーズ大学の全て【偏差値やレベル、学費等留学経験から】

インペリアルカレッジロンドンの大学や大学院へ留学を検討している人はぜひ参考にしてくださいね。

本記事作成にあたって
 便宜上、”大学”と記載を統一しますが、”大学院”にも共通する内容です。

インペリアルカレッジロンドン概要

検索 

インペリアルカレッジロンドンは、ロンドンに位置する大学です。

  • インペリアルカレッジロンドン概要
    • 設立年:1907年
    • 所在地:  South Kensington Road, Kensington, London
    • 大学種類:国立校
    • ラッセルグループ校:YES
    • 総生徒数:約17,000人
    • 留学生数:約10,200人(60%)
    • 教職員数:約8,000人
    • Student Union規模: 300 societies 以上(clubsやprojectsを含む)

参考:
Facts and figures
Club, Society & Project A to Z

名前からもうカッコよさが伝わる大学。

LSEやUCLといった大学と同系列に見られる超有名校です。

参考:
LSE大学・大学院の全て【ランキングや偏差値、学費など】
UCLの全て【偏差値やランキングなど留学経験から】

インペリアルカレッジロンドンは理系の大学で主に、ScienceやEngineering、Medicineのエリアに強みを持つ他、ビジネスの分野も同様に高く評価されていますよ。

インペリアルカレッジロンドンの概要を以下の点でもう少し解説します。

  1. 評価
  2. ロケーション
  3. インペリアルカレッジロンドン周辺の治安

評価

インペリアルカレッジロンドンは以下のような多くの評価を得ています。

  • インペリアルカレッジロンドンの評価例
    • 教育や学習環境の質が高い大学ランキング:ヨーロッパ14位
    • 最も評価されている大学ランキング:世界23位
    • 就職力が強い大学ランキング:世界30位
    • 英企業が採用にターゲットにする大学ランキング:イギリス15位
    • 学生総合満足度が高い大学ランキング:イギリス10位
    • 14名のノーベル賞受賞者を輩出

参考:
Europe Teaching Rankings 2019
World Reputation Rankings 2021
QS Graduate Employability Rankings 2022
The Graduate Market 2022
National Student Survey 2021
Facts and figures

世界TOPレベルの大学のため、どのランキングもハイレベルです。

教育レベルや就職力だけでなく、学生総合満足度も高いのはインペリアルカレッジロンドンの良い点でしょう。

なぜなら、ラッセルグループ大学で学生総合満足度も高い大学は意外にも少ないため。

インペリアルカレッジロンドンがラッセルグループで唯一、学生総合満足度の高さがTOP10入りしており、次にグラスゴー大学(12位)、ウォーリック大学(14位)です。

参考:
グラスゴー大学の全て【レベルや偏差値など留学経験から】
ウォーリック大学の全て【ランキングや学費、難易度など】

そのため、高い教育の質と就職力、学生満足度が三拍子揃っている点はインペリアルカレッジロンドンの独自の強みでしょう。

ロケーション

インペリアルカレッジロンドンはロンドンに位置しています。

  • インペリアルカレッジロンドンのロケーション特徴
    • 主要空港のLondon Heathrow空港まで地下鉄で40分
    • 主要鉄道駅であるKing’s Cross駅まで地下鉄で15分
    • 最寄駅のSouth Kensington駅まで徒歩3分
    • ロンドンの街があるPiccadilly Circus駅まで地下鉄で10分程度

インペリアルカレッジロンドンはロンドンの中心部から若干西に位置します。

茶丸:インペリアルカレッジロンドン
赤丸:Piccadilly Circus(街の最寄り駅)
青丸:King’s Cross駅

ロンドンの中心地に位置するUCLやLSE、キングスカレッジロンドンと大学と比べると、インペリアルカレッジロンドンは中心地から若干離れているかもしれません。

参考:キングスカレッジロンドンの全て【KCL留学の難易度など】

しかし、City Centre(多くのお店で賑わう街)まで地下鉄で10分程度と距離は近いです。

また、鉄道のKing’s Cross駅も地下鉄で15分なのでイギリス国内旅行もしやすい位置ですよ。

それにロンドンはどこ行っても栄えているから立地はそこまで気にならないかも

インペリアルカレッジロンドン周辺の治安

インペリアルカレッジロンドン周辺は比較的治安が良いでしょう。

City Centreから離れているため、比較的犯罪数は落ち着いています。

しかし、お店やレストランは多く存在するため、一部犯罪が多く起きているエリアがありますよ。

半数以上が泥棒や自転車やバイク等の窃盗、スリといった犯罪ですが、一部暴行事件もあるため、気をつけて生活しましょう

赤丸:犯罪が検挙されているエリア

参考:Greater London Crime Statistics

インペリアルカレッジロンドンの偏差値

大学院留学

イギリスの大学には偏差値という概念はありません。

そのため、調査機関が公開している大学ランキングを基に入学難易度を考察します。

  • 入学難易度
    1. 超難関
    2. 難関
    3. やや難関
    4. 普通

結論から言うと、インペリアルカレッジロンドンへの入学難易度は“超難関”でしょう。

インペリアルカレッジロンドンのランキング

  • インペリアルカレッジロンドンのランキング
    • 世界大学ランキング
      • 6位 (QS World University Rankings 2023)
      • 12位 (THE World University Rankings 2022)
    • イギリス国内大学ランキング
      • 7位 (The best UK universities 2022)
      • 5位(University League Tables 2022)

参考
QS World University Rankings 2023
THE World University Rankings 2022
The best UK universities 2022
University League Tables 2022

ランキングを見てもいまいちパッとしないと思う方がいるかもしれません。

しかし、世界には25,000校以上の大学がありますし、イギリス国内で見ても160校以上の大学が存在します。

世界、イギリス国内共にTOP10入りとかなり高い評価を受けていますね。

また、出願するコース(学科)により変動しますが、大学学部の平均倍率は約7.0倍です。

It varies by course, but generally, the process is very competitive, with an average of seven applications received for every place.

参考:The selection process

大学院の倍率情報は載っていませんでしたが、同じくらいかもう少し低い倍率でしょう。

とは言え、出願要件を満たし、合格枠に空きがあったとしても、かなり厳しく審査がされます

そのため、インペリアルカレッジロンドンの入学難易度は超難関と考えて遜色ないのではないでしょうか。

インペリアルカレッジロンドンの出願要件

留学 レポート 書き方 英語

インペリアルカレッジロンドンの大学と大学院の出願要件をそれぞれ解説します。

大学(学士)

イギリス大学は入学前にファウンデーションコースの受講が必須です。

  • ファウンデーションコースとは
    • 教育制度の違いからイギリス大学進学前に受講が必要なプログラム

(解説は割愛しますが詳細は↓)

参考:イギリスのファウンデーションコース【おすすめはこれ】

しかし、インペリアルカレッジロンドンはファウンデーションコースを提供していません。

そのため、他のイギリス大学で受けたファウンデーションコースの成績を使い出願しますよ。

UCLやウォーリック大学のファウンデーションコースが、多くの学部のコース(学科)の出願に認められていますね。

Imperial does not offer its own Foundation Year. However, the vast majority of Imperial departments accept students from the following two UK Foundation courses:
UCL UPCSE: the University Preparatory Certificate for Science and Engineering
Warwick IFP : an International Foundation Programme with an Engineering specialisation

参考:Frequently asked questions

各大学については以下の記事で知れます。

参考:
UCLの全て【偏差値やランキングなど留学経験から】
ウォーリック大学の全て【ランキングや学費、難易度など】

とは言え、必ずしも他のイギリス大学で受けたファウンデーションコースの成績が、全てのインペリアルカレッジロンドンのコース(学科)に対応する訳ではありません。

そのため、エージェントに相談しながら留学準備を進めた方が確実でしょう。

利用すべきエージェントは後述します。

大学院(修士)

専攻するコース(学科)によって出願要件は多少変わります。

そのため、Engineering系の学問を例に出願要件を解説しますね。

  • 出願要件
    1. 大学のGPA:3.0以上
    2. 英語力:IELTS 6.5

出願するコースによって、大学で関連する学問を専攻している必要があったり、IELTS 7.0が求められたりと、若干出願要件が変わります。

正確な要件を知りたい方は以下のページから専攻予定のコースで検索すると良いでしょう。

参考:Courses for 2022-23

GPAは平均3.0以上必要ですが、GPAが足りなくても留学できる可能性はありますよ。

また、上記の英語スコアを持っていなくても留学する方法はあります。

(説明は割愛しますが詳細は↓)

【GPA低い?】GPAを2.7→3.4に変えてイギリス大学院留学
イギリス大学院留学【IELTS足りない人はこの方法で】

インペリアルカレッジロンドンの学費

学費

専攻する分野によって学費は変動するので、ここではEngineering系の学問の学費を基に解説します。

大まかな目安としてご参考ください。

  • インペリアルカレッジロンドンの学費(年間)
    • 大学:£35,100(約527万円)
    • 大学院:£35,700(約536万円)

(£1=150円で計算)

正確な学費を知りたい方は以下のページから専攻予定のコースで検索すると良いです。

・大学:Courses for 2023
・大学院:Courses for 2022-23

大学(学士)

イギリス大学の学士課程は3年制です。

参考:イギリス大学は何年?【3年制じゃない大学もあります】

そのため、インペリアルカレッジロンドンの学費は合計1,581万円かかるでしょう。

  • 大学学士課程の学費
    • 年間£35,100(約527万円)
    • 3年間:£105,300(約1,581万円)

しかし、イギリスは3年制とは言え、インペリアルカレッジロンドンは通うコースによって、4年制だったり5年制だったりします。

そのため、志望するコースは何年制かしっかり確認しておくと良いですよ。

また、学士課程の場合、入学前にファウンデーションコース受講が必須のため、この学費も含めると約1,781万円ほどかかりますよ。

(ファウンデーションコース詳細↓)

イギリス大学はファウンデーションコース

NCUKファウンデーションコース【イギリス大学進学向け】

大学院(修士)

イギリス大学の修士課程は1年制です。

参考:イギリス大学院は何年?【修士課程は1年制です】

そのため、学費は上述の通り約536万円です。

ラッセルグループ内では、インペリアルカレッジロンドンの学費はTOPレベルに高いでしょう。

ですが、ロンドンのTOP校はどこも500万円オーバーですよ。

(学費以外にかかる費用は以下が参考になります)

参考:イギリス大学院費用は500万円【学費はこれでも安いです】

インペリアルカレッジロンドンの学部

大学院留学

インペリアルカレッジロンドンで専攻できる学問を以下の2つに分けて解説します。

  • インペリアルカレッジロンドンで学べる分野
    1. 学部一覧
    2. 強みを持つエリア

学部一覧

以下のような分野をインペリアルカレッジロンドンで学べます。

AeronauticsBusiness
BioengineeringChemical Engineering
ChemistryCivil and Environmental Engineering
ComputingDesign Engineering
Earth Science (Geology, Geophysics and Planetary Science)Electrical and Electronic Engineering
Life Sciences (Biochemistry and Biotechnology)Life Sciences (Biological Sciences)
MaterialsMathematics
Mechanical EngineeringMedical Biosciences
MedicinePhysics
参考:By department

(上記は学士の学部です。修士は内容が若干変わる可能性があります。)

上記のような分野から多種多様なコース(学科)が展開されていますよ。

コースは各学部にかなりあるので、詳細は以下ページから見ると良いです。

・大学:Courses for 2023
・大学院:Courses for 2022-23

強みを持つエリア

上記のような学部からインペリアルカレッジロンドンは以下の分野に強みを持っています。

  • 強みを持つエリア
    • 世界(ランキング)
      • Clinical and Health(4位)
      • Computer Science(11位)
      • Engineering(13位)
      • Physical Science(13位)
      • Life Science(15位)
    • イギリス国内(ランキング)
      • Aeronautical & Aerospace Engineering(1位)
      • Medical Technology & Bioengineering(1位)
      • Mechanical Engineering(3位)
      • Chemistry(3位)
      • Materials Technology(3位)
      • Chemical Engineering(3位)
      • Electrical & Electronic Engineering(4位)
      • Geology(4位)
      • Mathematics(4位)
      • Computer Science(4位)
      • Biological Sciences(7位)
      • Civil Engineering(8位)
      • Physics & Astronomy(9位)

参考:
World University Rankings by subject
Complete University Guide

理系の分野がかなり強いですね。

インペリアルカレッジロンドンは理系志望の人ならどんな学問でもおすすめできる大学でしょう。

また、ビジネスエリアも世界TOP10に数えられるため、ビジネス系志望の人も挑戦したい大学です。

インペリアルカレッジロンドンに留学してみて

大学院、卒業後、就職

インペリアルカレッジロンドン留学生が考える「同大学に留学して良かった点」を紹介します。

  • インペリアルカレッジロンドンに留学して良かった点
    • 理系TOPクラスの研究
    • 様々な国籍が集まる
    • Hyde Parkが徒歩圏内

理系TOPクラスの研究

世界大学ランキングを見てわかる通り、理系分野の研究はTOPクラス。教授はその分野で数々の実績を残した精鋭で揃っているのでレベルの高い教育を受けられる。

確かに教授陣のレベルは相当高いですね。

参考:Academic staff

様々な国籍が集まる

多種多様な人種が集まるロンドンにあることから、ヨーロッパやアジアなどの多くの国から優秀な学生が集まるため、異文化や考え方の違いなど知れて刺激が多い。

一つの国で多くの国の文化や価値観などに触れられるのは、インペリアルカレッジロンドンのようなロンドンにある学校の特徴ですよ。

Hyde Parkが徒歩圏内

キャンパスから歩いてすぐのところにHyde Parkがあるため、大都市にありながらものびのびと過ごせとても快適。

Hyde Parkは下図の緑のエリアですね。

茶丸:インペリアルカレッジロンドン

息抜きに最高だ

インペリアルカレッジロンドン留学に向いている人

海外大学 進学 理由

上述の大学の特徴や強みのある分野など考慮すると、以下のような人がインペリアルカレッジロンドンに向いているでしょう。

  • インペリアルカレッジロンドン留学に向いている人
    1. 高い教育レベルで授業を受けたい人
    2. 就職力が強い大学に留学したい人
    3. ロンドンに留学をしたい人
    4. 理系やビジネス分野に強い大学に留学したい人
    5. 留学生が多い環境に留学したい人
    6. 買い物や外食、観光や旅行も充実させたい人
    7. ラッセルグループの中でも上位の大学に留学したい人

上記に該当する項目が多ければ、インペリアルカレッジロンドンはあなたに最も適した大学だと思いますよ。

次にインペリアルカレッジロンドンに留学する方法を解説します。

インペリアルカレッジロンドンへ留学するには

大学院進学準備

インペリアルカレッジロンドンの大学や大学院へ留学するには、beoという留学エージェントを利用すべきです。

  • 数字で見るbeo(ビーイーオー)
    • 設立年:2000年
    • 留学支援数:13,000人以上のサポート実績
    • 年間出願実績:4,000件以上(2019年)
    • 提携海外大学数:約300校
    • 合格率:9割以上(TOP大学含めて)
      • イギリス大学/大学院は合格率99%

今までに1万人以上の支援実績がある他、イギリス大学や大学院の合格率が99%の合格実績を持っています。

私もbeoを利用しましたが、リーズ大学など3校のイギリス大学院から合格を得られました。

そのため、インペリアルカレッジロンドンへの留学を検討している方はbeoに相談してみてくださいね。

また、カウンセリング時に「舞原ブログを見た」beoが提供しているサポートや講座(登録制以外)の費用が3,000円引きになるので忘れずにお伝えください。

beo:カウンセリング申し込み

(beoの詳細は以下にも↓)

beoで大学・大学院留学

beo大学/大学院留学エージェント【こんな評判や合格実績が】

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

インペリアルカレッジロンドンの全てがわかるよう解説しました。以下は要約です。

  • インペリアルカレッジロンドン概要
    • 設立年:1907年
    • 所在地:  South Kensington Road, Kensington, London
    • 大学種類:国立校
    • ラッセルグループ校:YES
    • 総生徒数:約17,000人
    • 留学生数:約10,200人(60%)
    • 教職員数:約8,000人
    • Student Union規模: 300 societies 以上(clubsやprojectsを含む)
  • インペリアルカレッジロンドンのランキング
    • 世界大学ランキング
      • 7位 (QS World University Rankings 2022)
      • 12位 (THE World University Rankings 2022)
    • イギリス国内大学ランキング
      • 7位 (The best UK universities 2022)
      • 5位(University League Tables 2022)
  • インペリアルカレッジロンドン留学に向いている人
    1. 高い教育レベルで授業を受けたい人
    2. 就職力が強い大学に留学したい人
    3. ロンドンに留学をしたい人
    4. 理系やビジネス分野に強い大学に留学したい人
    5. 留学生が多い環境に留学したい人
    6. 買い物や外食、観光や旅行も充実させたい人
    7. ラッセルグループの中でも上位の大学に留学したい人

インペリアルカレッジロンドンは理系TOPクラスの大学なので、ぜひ出願してみてくださいね。

その際はbeoのサポートを受けるのが合格の1番の近道です。

beo:カウンセリング申し込み

イギリス大学紹介シリーズは他にも↓

ロンドン大学クイーンメアリー校へ留学について

ロンドン大学クイーンメアリー校の全て【留学難易度など】

ダラム大学の全て【ランキングや難易度、学費など】

バース大学留学について

バース大学の全て【偏差値やランキング、留学難易度など】

それでは!

〜ここからは留学生や日本の学生向けです〜

ボスキャリの内定率は4割、ロンキャリの内定率は2割にまで下がります。

第一志望企業からどう内定を得ますか?

最適解はSPARK CAREER

米系の外銀勤務者が就活アドバイザーになりハイレベルな就活を実現↓

SPARK CAREER評判【海外留学生や日本の学生向けです】