海外大学院の留学費用【国別で比較できます】

大学院留学

こんにちは。舞原(@MaibaraOfficial)です。

大学院留学にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

・大学院留学ってどのくらいの費用がかかるんだろう?
・どこの国だと1番安く大学院留学ができるかな?

上記のような疑問に答えていきます。

  • 本記事の内容
    • 国別で大学院留学の費用がわかる
    • 大学院留学向けの奨学金リストがわかる

私も色々な国の留学費用を比較してイギリス大学院に留学しました。

本記事で国別で大学院留学の費用を分かりやすく解説するのでぜひ参考にしてくださいね。

  • 大学院留学の費用
    • 学費
    • 滞在費(家賃)
    • 生活費(食費と交通費)

上記の項目で大学院留学費用を解説します。

注意点)
・博士ではなく修士を前提に解説。
・MBAではなく一般的な専攻の費用を解説。
・費用は為替レートで変動するので参考程度にお願いします。
・留学費用はFindMastersなどを様々な情報を参考にしてますが、正確な値を知りたい場合は志望大学院のHPなどで費用を調べると良いです。

海外大学院の留学にかかる費用を国別で比較

海外大学院の留学費用を国別で比較します。

以下のカテゴリーで分けて大学院留学費用を解説するので、気になる国の留学費用を確認してみてくださいね。

  1. 北米大学院の留学費用
    • アメリカ大学院の留学費用
    • カナダ大学院の留学費用
  2. イギリス・ヨーロッパ大学院の留学費用
    • イギリス大学院の留学費用
    • ヨーロッパ大学院の留学費用
  3. 大洋州大学院の留学費用
    • オーストラリア大学院の留学費用
    • ニュージーランド大学院の留学費用
  4. アジア大学院の留学費用
    • 香港大学院の留学費用
    • 中国大学院の留学費用
    • シンガポール大学院の留学費用

それでは1つ目から解説します。

北米大学院の留学費用

1つ目が「北米大学院の留学費用」です。

以下の2つの国で大学院留学費用を比較しますね。

  1. アメリカ大学院の留学費用
  2. カナダ大学院の留学費用

アメリカ大学院の留学費用

アメリカ大学院の留学費用を解説します。

アメリカの大学院は日本と同様、2年かけて修士課程を学びます。

2年間の大学院留学にかかる費用は以下のような内訳です。

  • アメリカ大学院留学にかかる費用(2年)
    • 学費:500〜1,200万円
    • 滞在費:200〜240万円
    • 生活費:160〜200万円
    • 合計:860〜1,640万円

州立の大学院は費用は安いですが、私立の大学院やUC系のTOP大学院など有名校になるにつれて費用は高くなっていきますね。

カナダ大学院の留学費用

カナダ大学院の留学費用を解説します。

カナダの大学院は日本と同様、2年かけて修士号を取得します。

  • カナダ大学院留学にかかる費用(2年間)
    • 学費:200〜600万円
    • 滞在費:120〜180万円
    • 生活費:100〜140万円
    • 合計:420〜920万円

カナダは州立の大学院が多いことや物価が安いこともあり、

アメリカよりも留学費用をかなり抑えることができます。

私立の大学院もありますが、州立の大学院とそこまで差が無いのが特徴でしょう。

(州立の方が私立よりも年間の学費が50万円〜80万円安いくらい)

けど学費が安い+少人数授業がメインなことから、合格難易度が高いのが難点ですね。

イギリス・ヨーロッパ大学院の留学費用

2つ目は「イギリス・ヨーロッパ大学院の留学費用」を解説します。

  1. イギリス大学院の留学費用
  2. ヨーロッパ圏の大学院の留学費用

ヨーロッパは色んな国がありすぎるので、一般的に言われている留学費用を紹介しますね。

イギリス大学院の留学費用

イギリス大学院の留学費用を解説します。

イギリス大学院は他の国と違い1年で修士号が取れるので、1年間でかかる留学費用を紹介します。

  • イギリス大学院留学にかかる費用1年間)
    • 学費:250〜500万円
    • 滞在費:60〜100万円
    • 生活費:80〜100万円
    • 合計:390〜700万円

イギリスは物価が高く、学費や生活費などが高くなりがちですが、1年で修士課程が終わるので、

他の国よりも安く留学費用を抑えることができますね。

また、カナダよりも合格難易度が低く、有名校から合格をもらえる確率が高いのが魅力でしょう。

イギリス大学院留学費用は以下の記事で詳しくまとめているので合わせてご覧ください。

ヨーロッパ圏の大学院の留学費用

ヨーロッパ圏の大学院の留学費用を解説します。

ヨーロッパ圏の大学院は学費が無料な国や学費がかなり安い国、学費が高い国など、色々特徴がありすぎるので、ここで全ての国の留学費用を解説するのは割愛しますね….。

けど大まかにまとめると以下のような留学費用です。

  • ヨーロッパ大学院留学にかかる費用(1年間)
    • 学費が無料:ドイツやフィンランド、ポーランド、etc.
    • 学費が安い(約25〜50万円):オーストリアやフランス、スペイン、etc.
    • 学費が高い(約75〜150万円):デンマークやオランダ、スウェーデン、etc.

ヨーロッパ大学院の留学費用が国別に分けて紹介している記事がありましたので、詳細はこちらをご確認ください。

参考記事)
How Much Does It Cost To Study In Europe?
留学生でも学費が安価な「北欧・ヨーロッパ留学」を考えてみる

大洋州大学院の留学費用

3つ目に「大洋州大学院の留学費用」を解説します。

(大洋州=オセアニア)

  1. オーストラリア大学院の留学費用
  2. ニュージーランド大学院の留学費用

オーストラリア大学院の留学費用

オーストラリア大学院の留学費用を解説します。

オーストラリア大学院の修士号課程は1年だったり、1年半だったり、2年だったり…と色々ありますが、1年半で終わる大学院が多いので、1年半の留学費用を紹介しますね。

  • オーストラリア大学院留学にかかる費用(1.5年間)
    • 学費:200〜400万円
    • 滞在費:100〜250万円
    • 生活費:50〜80万円
    • 合計:350〜730万円

ちなみに上記の金額は国立大学院に留学した場合の費用です。

私立の大学院もありますが2校しか無いので計算に入れていません。

私立大学院の留学費用は上記の学費に+100万円のイメージです。

ニュージーランド大学院の留学費用

ニュージーランド大学院の留学費用を解説します。

ニュージーランドの大学院も1〜2年で修士課程が終わりますので、1年間の留学費用を紹介しますね。

  • ニュージーランド大学院留学にかかる費用(1年間)
    • 学費:150〜250万円
    • 滞在費:60〜100万円
    • 生活費:40〜80万円
    • 合計:250〜430万円

オーストラリア大学院留学にかかる費用と似たところでしょうか。

アジア大学院の留学費用

最後にアジア大学院の留学費用を紹介いたします。

アジアだけど英語で授業をする大学院もあるので大学院留学先として検討する価値ありですよ。

  1. 香港の大学院の留学費用
  2. 中国の大学院の留学費用
  3. シンガポールの大学院の留学費用

香港の大学院の留学費用

香港の大学院留学の費用を解説します。

香港は修士課程を終えるのに1〜2年と大学院によって変わるので1年間の留学費用を紹介します。

  • 香港の大学院留学にかかる費用(1年間)
    • 学費:150〜300万円
    • 滞在費:85〜180万円
    • 生活費:60〜100万円
    • 合計:295〜580万円

世界的に有名な香港大学院だと学費は250万円くらいですね。

それと香港は公用語が英語なので授業も英語で受けれます。

中国の大学院の留学費用

中国の大学院の留学費用を解説します。

中国の大学院は2〜3年かけて修士号を取得するので、1年間でどのくらいの留学費用がかかるかをお伝えしますね。

  • 中国の大学院留学にかかる費用(1年間)
    • 学費:40〜60万円
    • 滞在費:60〜80万円
    • 生活費:80〜100万円
    • 合計:180〜240万円

1年間の留学費用は安いですが、最大で3年間大学院に通うことになるので留学費用は高くつくでしょう。

シンガポール大学院の留学費用

シンガポールの大学院の留学費用を解説します。

シンガポールは大学院のプログラムによリますが1〜2年通うことになります。

1年間の留学費用を紹介しますね。

  • シンガポールの大学院留学にかかる費用(1年間)
    • 学費:250〜400万円
    • 滞在費:35〜150万円
    • 生活費:50〜80万円
    • 合計:335〜630万円

物価は比較的カナダと似ているので、生活費は安く住みそうですね。

大学院留学費用を工面できる奨学金リスト

各国の大学院留学費用を解説しました。

どの国も高い留学費用がかかってしまうので、

できるなら奨学金をもらっておきたいとこだと思います。

以下の記事で大学院留学生が応募できる奨学金をまとめているのでぜひ参考にしてくださいね。

上の記事で紹介しているのは日本の機関が提供している奨学金です。

海外の大学院が個別に提供している奨学金もあるので、志望大学院が決まったら調べてみると良いですよ。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

国別で大学院留学にかかる費用を解説しました。

費用はどこの国も高いかと思いますが、大学院留学は人生で二度とない経験になると思うので、ぜひ実現させてくださいね。

大学院留学に関して他にも色々まとめているので、情報収集にお役立てください。

【大学院留学準備】Fラン大でも難関大学院留学するために

【留学経験無い人向け】海外大学院への準備とスケジュール

【留学生が多い?】海外大学院進学前に知りたい国籍の割合

それでは!

〜ここからは一押し記事の紹介です〜

海外で留学生をしている人や日本で大学生をしている人で就活に不安がありますか

大手や優良企業からの内定を得るにはSPARK CAREERの利用が現実的です。

(詳細は以下にまとめています)