イギリス大学院を卒業できない可能性【これくらいです】

大学院留学

こんにちは。舞原(@MaibaraOfficial)です。

イギリス大学院は卒業するのが難しいのでしょうか。

・イギリス大学院を卒業ってどれくらい難しいのかな?
・イギリス大学院を卒業できない場合ってどうしたら良いかな?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • イギリス大学院を卒業するのが難しいのかわかる
    • イギリス大学院を卒業できないリスク要因がわかる
    • イギリス大学院を卒業できない場合の対処方法がわかる

私はイギリスにあるLeeds大学院に留学してちゃんと卒業してきました。

この経験からイギリス大学院を卒業するのはどれくらい難しいのかわかりやすく解説するので

卒業できないかもと心配な人はぜひ参考にしてくださいね。

イギリス大学院を卒業するのは難しいか

イギリス大学院に限らず、海外の大学や大学院を卒業するのは一般的に難しいと言われています。

ですが、実際には普通に勉強して普通に卒業論文を出せば問題なく卒業できるレベルではないでしょうか。

卒業できない可能性は限りなく小さいです

テストや卒業論文で不正をしたりレポートを提出しなかったなどしない限り

卒業できる成績はもらえます。

(評価の良し悪しは置いといて)

イギリス大学院に留学をするということは、それなりに勉強をする気持ちで留学をしていると思うのでひどい内容のレポートや卒業論文を出すことはないでしょう。

教授も鬼ではないので、良い内容がレポートや卒業論文に書いてあればしっかり評価してくれます

なので、しっかり勉強をしてテストを受けてレポートも期日までに提出すれば

問題なく卒業できるでしょう。

けど、今後イギリス大学院へ留学を検討している人にとっては、卒業できないかもという不安を少しでも解消したいですよね。

なので、次の章でイギリス大学院を卒業できないリスクとその対策について明らかにします。

イギリス大学院を卒業できないリスク要因と対策

イギリス大学院を卒業できないリスク要因として以下の3つがあるでしょう。

  • イギリス大学院を卒業できないリスク要因
    • 修士期間が1年で忙しい
    • 成績の評価が日本より厳しい
    • 英語力が乏しく授業についていけない

1つずつ解説します。

修士期間が1年で忙しい

1つ目が「修士期間が1年で忙しい」です。

イギリス大学院は日本やアメリカなどの大学院と違い

修士課程が1年で終わります。

1年の修士課程

通常2年かけて学ぶところを1年間にギュッとまとめているので、

授業は詰め詰めですし長期休暇も1ヶ月程度しかありません。

なので、この忙しさについていけずに卒業できないかもと心配になるのではないでしょうか。

(イギリス大学院の忙しさについては以下の記事まとめてます)

けど、実際の忙しさはどの大学院で何の学科かによるのでそこまで心配しなくても良い気がします。

私がいたイギリス大学院では課題やグループワークなどは日中に終わらせられたし、夕方以降は自分の時間を作れましたよ。

1週間のスケジュール

なのでしっかりタイムマネジメントをすれば余裕が持てるイギリス大学院生活を送れるはずです。

(イギリス大学院留学の1日は以下にまとめてます)

成績の評価が日本より厳しい

2つ目が「成績の評価が日本より厳しい」です。

日本の評価システムのような、とりあえずレポート出しちゃえば高得点もらえたり、テストも見込み点があったりというのがありません。

イギリス大学院では純粋に書かれている内容を厳しく採点されます。

以下はある単位のテスト結果の統計ですが、厳しく評価されているのがわかりますね。

  • テストを受けた260人のテスト結果
    1. Distinctionは全体の2.3%
    2. 過半数がPass
    3. 不合格者が100人を超える
70点以上がたったの6人!

テストの評価制度
Fail:〜49点(不合格)
Pass;50〜59点
Merit:60〜69点
Distinction:70点〜

(詳細は以下の記事にまとめています)

けど、成績の評価が厳しいとはいえ、一応合格ラインを満たしている人は多くいるので

しっかり勉強しておけば単位を落とすことはないでしょう。

カリキュラムにも採点基準が明記されているので確認しておくと良いですよ。

(イギリス大学院の成績や評価については以下に詳しくまとめています)

英語力が乏しく授業についていけない

3つ目が「英語力が乏しく授業についていけない」です。

IELTSで十分なスコアを保持していても、以下の状況に陥る留学生は割といます。

  • 英語力が乏しいと起こること
    1. テストやレポートで意見を上手く伝えられず加点されない
    2. 授業についていけないと感じ卒業できないと考えがちになる

①について、留学生である以上わかりにくい表現になってしまったり、単語の意味をはき違えていたりと言うことはよくあります。

なので、この言い回しは怪しいと思ったら、難しい表現や単語は使わずにできるだけ簡単にシンプルに伝えると良いでしょう。

加点の基準は「難しい表現や単語が使われた論述」ではなく

「あなたの独創的なアイデアがわかる論述」ですよ。

(詳細は以下にまとめています)

②について、授業内容が理解できず卒業できないかもと感じる留学生は多くおり、

中には退学して帰国しちゃう留学生も少なからずいます。

けど、イギリス大学院で留学生活がスタートした辺りは、まだ英語の講義やディスカッションに慣れていないので、

卒業できないかもと感じるのは良くあることです。

私もそうだった

けど、留学生活を送るにつれて徐々に慣れていくので、最初の1学期は「適応期間」と思って生活すると良いでしょう。

(イギリス大学院留学がつらい時にできることは以下にまとめています)

イギリス大学院を卒業できない場合は?

イギリス大学院を卒業できないリスク要因とそれに対してできることを解説しました。

なんとなく「イギリス大学院は普通に勉強すれば卒業できる」と感じてもらえたかなと思います。

けど、もし仮に単位を落としてしまったり卒業論文の提出が間に合わず卒業できないって場合にはどうしたら良いでしょうか。

その場合にも救済措置はあるので解説しますね。

再テスト受けれます

もし、単位を落としてしまった場合でも“Resit”呼ばれる再テストの機会はあります。

  • Resitの特徴
    1. Resitは金がかかる
    2. Resitは論文作成期間に受ける
    3. 一度にResitは3つまでしか受けれない

(詳細は以下にまとめています)

なので、万が一単位を落としてしまってもResitを活用すれば挽回できそうですね。

卒業論文の提出時期を延ばせます

これはイレギュラーですが、Manchester大学院に留学した友人に卒業論文の提出期日を延期した人がいます。

確実に延期できるかはその教授次第ですが、もし卒業論文の提出が間に合わない場合は教授に掛け合ってみると良いでしょう。

しっかり勉強して卒業式を迎えましょう

上記のような救済措置があるとは言え、追い込まれながら留学生活を送るのも楽しくないですし、単位の再取得や卒論の延期などすると最悪の場合、卒業式にも参加できなくなる可能性があります。

なので「勉強する時はしっかり勉強する」「卒業論文を先延ばししないで計画的に進める」を意識して

楽しいイギリス大学院生活を送ってくださいね。

(イギリス大学院の卒業式は以下にまとめています)

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

イギリス大学院における卒業の難しさを解説しました。以下は要約です。

  • イギリス大学院は基本的に卒業はできる
  • イギリス大学院を卒業できないリスク要因
    1. 修士期間が1年で忙しい
    2. 成績の評価が日本より厳しい
    3. 英語力が乏しく授業についていけない
  • イギリス大学院を卒業できない場合
    1. 再テストを受けれる
    2. 卒業論文の提出時期を延ばせる

イギリス大学院を卒業できない可能性は限りなく小さいと思うので、勉強とプライベートのメリハリを付けながら存分にイギリス大学院生活を楽しんでくださいね。

イギリス大学院留学を検討している人は以下の記事も役に立ちます。

Fラン大から世界TOP100海外大学院へ留学できた理由

イギリス大学院修士の入学〜卒業まで【1年はこう過ごす】

【留学生活 at 海外大学院】留学生は空いた時間に何してる?

それでは!

〜ここからは一押し記事の紹介です〜

海外で留学生をしている人や日本で大学生をしている人で就活に不安がありますか

大手や優良企業からの内定を得るにはSPARK CAREERの利用が現実的です。

(詳細は以下にまとめています)