ラフバラー大学の全て【ランキングや偏差値、学費など】

ラフバラー大学のランキングや偏差値など 大学院留学

#PR

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

ラフバラー大学はどんな大学?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • ラフバラー大学の詳細がわかる
    • ラフバラー大学はどんな人に向いているのかわかる
    • ラフバラー大学へ留学する方法がわかる

私はイギリスにあるリーズ大学院へ留学後、イギリス大学と大学院留学の情報をまとめた舞原ブログを運営しています。

以下は直近でまとめているイギリス大学一覧。

イギリス大学/大学院TOP100一覧

イギリス大学/大学院TOP100一覧【ランキング順です】

この経験からラフバラー大学と大学院についてわかりやすく解説するので参考にしてくださいね。

本記事作成にあたって
 便宜上、”大学”と記載を統一しますが、”大学院”にも共通する内容です。

ラフバラー大学概要

検索 

ラフバラー大学は2つのロケーションがあります。

  • ラフバラー大学
    1. ラフバラー
    2. ロンドン

本記事は①ラフバラーにある大学を対象に解説しますね。

  • ラフバラー大学概要
    • 設立年:1909年
    • 所在地: Epinal Way, Loughborough, Leicestershire
    • 大学種類:国立校
    • ラッセルグループ校:NO
    • 総生徒数:19,449人
    • 留学生数:3,353人(約17%)
    • 教職員数:3,567人
    • Student Union規模: 100 societies 以上

参考:
Facts and figures
Societies

ラフバラー大学は技術系の学問に歴史を持ち、Engineering系の学問が強いです。

しかし、現在ではアート系やビジネス系に加え、スポーツ科学もイギリス国内外共に高い評価を受けていますよ。

大学敷地内には、競技場やスタジアム、プール、人工芝コートなどのスポーツ施設がかなり多くある他、アスリートが泊まるホテルもある

ラフバラー大学の概要を以下の点でもう少し解説します。

  1. 評価
  2. ロケーション
  3. ラフバラー大学周辺の治安

評価

ラフバラー大学は多くの評価を得ています。

  • ラフバラー大学の評価例
    • 教育レベルが高い大学ランキング:ヨーロッパ49位
    • 学生総合満足度が高い大学ランキング:イギリス6位
    • 就職力が強い大学ランキング:世界100位
    • QS Starsを5つ以上獲得
    • Queen’s Anniversary Prizesを7度受賞

参考:
Europe Teaching Rankings 2019
National Student Survey 2021
QS Graduate Employability Rankings 2022
QS TOPUNIVERSITIES Loughborough University
Our achievements

ラフバラー大学は留学先として申し分ない大学でしょう。

教育レベルと学生総合満足度が高い他、就職力も強いです。

また、留学先に選びたい大学として5 QS Starsの評価を得ていますよ。

  • QS Starsの評価内容
    1. 教育レベル
    2. 就職力
    3. グローバル度合い
    4. 研究力
    5. 設備の充実度

他に5 QS Starsはブリストルやグラスゴー大学など

参考:
ブリストル大学の全て【偏差値や学費など留学経験から】
グラスゴー大学の全て【レベルや偏差値など留学経験から】

そのため、充実した留学生活がラフバラー大学で送れるのではないでしょうか。

ロケーション

ラフバラー大学はイングランドに位置しています。

  • ラフバラー大学ロケーション特徴
    • Londonまで電車で2時間
    • 最寄りのEast Midlands空港までバスで30分
    • 最寄のLoughborough駅までバスで20分
    • Loughboroughの街(City Centre)までバスで15分

上記の距離感は参考までにとどめてください。

なぜならラフバラー大学のキャンパスは少し特殊のため。

茶色:ラフバラー大学
オレンジ:City Centre
青色:Loughborough駅
参考:Campus map

ラフバラー大学キャンパスの1番右側の敷地からであれば、徒歩15〜20分でCity Centreに着きますよ。

ラフバラー大学周辺の治安

ラフバラー大学周辺は比較的治安が良いです。

一部のエリアで犯罪(主に自転車の窃盗と泥棒、暴行事件)が検挙されていますが、他は目立った犯罪が起きていません。

茶色:ラフバラー大学
赤丸:犯罪が検挙されているエリア

ラフバラー大学内にはスポーツ施設がかなり多い他、ホテルも複数あり人の出入りが活発です。

貴重品の管理はしっかりしておきましょう。

参考:Crime and Safety in Loughborough, Leicestershire

ラフバラー大学の偏差値

大学院留学

イギリスの大学には偏差値という概念はありません。

そのため、調査機関が公開している大学ランキングを基に入学難易度を考察します。

  • 入学難易度
    1. 超難関
    2. 難関
    3. やや難関
    4. 普通

結論から言うと、ラフバラー大学への入学難易度は“難関”でしょう。

ラフバラー大学のランキング

  • ラフバラー大学のランキング
    • 世界大学ランキング
      • 256位 (QS World University Rankings 2023)
      • 351-400位 (THE World University Rankings 2022)
    • イギリス国内大学ランキング
      • 10位 (The best UK universities 2022)
      • 7位(University League Tables 2023)

参考
QS World University Rankings 2023
THE World University Rankings 2022
The best UK universities 2022
University League Tables 2023

ランキングを見てもいまいちパッとしないと思う方がいるかもしれません。

しかし、世界には25,000校以上の大学がありますし、イギリス国内で見ても160校以上の大学が存在します。

世界大学ランキングでは200位台と、ラッセルグループのレベルに近いです。

また、イギリスではTOP7のため、有名校のUCL(イギリス9位)より上位ですよ。

参考:UCLの全て【偏差値やランキングなど留学経験から】

そのため、ラフバラー大学の入学難易度は難関と考えて遜色ないのではないでしょうか。

ラフバラー大学の出願要件

留学 レポート 書き方 英語

ラフバラー大学と大学院の出願要件をそれぞれ解説します。

大学(学士)

イギリス大学は入学前にファウンデーションコースの受講が必須です。

  • ファウンデーションコースとは
    • 教育制度の違いからイギリス大学進学前に受講が必要なプログラム

(解説は割愛しますが詳細は↓)

参考:イギリスのファウンデーションコース【おすすめはこれ】

ラフバラー大学が提供するファウンデーションコースは以下の出願要件を満たす必要がありますよ

  • 出願要件
    1. 高校の成績:平均評定4.0以上
    2. 英語力:IELTS 5.5(4つのセクションでも5.5以上)

参考:Foundation entry requirements for international students

ラフバラー大学は英国大学連盟(NCUK)に加盟していません。

しかし、NCUKのファウンデーションコースでラフバラー大学へ進学した人がいます。

参考:Other Universities in the UK

そのため以下のファウンデーションコースから進学もおすすめですよ。

イギリス大学はファウンデーションコース

NCUKファウンデーションコース【イギリス大学進学向け】

また、ラフバラー大学に限らず、イギリス大学へ進学するためにはファウンデーションコースで規定の成績を修める必要があります。

参考:ファウンデーションコースは落ちる?【この方法なら合格】

大学院(修士)

専攻するコース(学科)によって出願要件は多少変わります。

そのため、ビジネス系の学問を例に出願要件を解説しますね。

  • 出願要件
    1. 大学のGPA:2.0以上
    2. 英語力:IELTS 6.5

正確な要件を知りたい方は以下のページから専攻予定のコースで検索すると良いでしょう。

参考:Find your master’s degree

難関校にも関わらず、GPA2.0以上とハードルは低めです。

仮にGPAが2.0以上なくても、留学できる可能性はありますよ。

また、上記の英語スコアを持っていなくても留学する方法はあります。

(説明は割愛しますが詳細は↓)

【GPA低い?】GPAを2.7→3.4に変えてイギリス大学院留学
イギリス大学院留学【IELTS足りない人はこの方法で】

ラフバラー大学の学費

学費

専攻する分野によって学費は変動するので、ここではビジネス系の学問の学費を基に解説します。

大まかな目安としてご参考ください。

  • ラフバラー大学の学費(年間)
    • 大学(学士):£22,800(約342万円)
    • 大学院(修士):£26,000(約390万円)

(£1=150円で計算)

正確な学費を知りたい方は以下のページから専攻予定のコースで検索すると良いです。

参考:Study at a TOP 10 UNIVERSITY

大学(学士)

イギリス大学の学士課程は3年制です。

参考:イギリス大学は何年?【3年制じゃない大学もあります】

そのため、ラフバラー大学にかかる学費は合計1,026万円ですよ。

  • 大学学士課程の学費
    • 年間£22,800(約342万円)
    • 3年間:£68,400(約1,026万円)

ラフバラー大学の学費は高いです。

ラッセルグループと同じくらいの学費ですね。

また、学士課程の場合、入学前にファウンデーションコース受講が必須のため、この学費も含めると約1,226万円はかかるでしょう。

(ファウンデーションコース詳細↓)

イギリス大学はファウンデーションコース

NCUKファウンデーションコース【イギリス大学進学向け】

大学院(修士)

イギリス大学の修士課程は1年制です。

参考:イギリス大学院は何年?【修士課程は1年制です】

そのため、ラフバラー大学院の学費は上述の通り約390万円ですよ。

学費は学士課程と同様、高いです。

350万円後半の学費が多いラッセルグループと同じ水準ですね。

(学費以外にかかる費用は以下が参考になります)

参考:イギリス大学院費用は500万円【学費はこれでも安いです】

ラフバラー大学の学部

大学院留学

ラフバラー大学で専攻できる学問を以下の2つに分けて解説します。

  • ラフバラー大学で学べる分野
    1. 学部一覧
    2. 強みを持つエリア

学部一覧

以下の分野をラフバラー大学で学べます。

Aeronautical and Automotive EngineeringArchitecture, Building and Civil Engineering
BioengineeringBiosciences
Business and EconomicsCommunication and Media
ChemistryComputer Science
Creative ArtsDesign
English and Liberal ArtsGeography and Environment
International Relations, Politics and HistoryMaterials
Mathematical SciencesMechanical, Electrical and Manufacturing Engineering
Natural SciencesPhysics
PsychologySocial and Policy Studies
Sport Sciences
(上記は学士の学部です。修士は内容が若干変わる可能性があります。)

上記の分野から多種多様なコース(学科)が展開されていますよ。

コースは各学部にかなりあります。

また、コースによって学ぶロケーションがラフバラーかロンドンか変わるため、詳細は以下ページからご覧ください。

参考:Study at a TOP 10 UNIVERSITY

強みを持つエリア

上記の学部からラフバラー大学は以下の分野に強みを持っています。

  • 強みを持つエリア
    • 世界(ランキング)
      • Sports-Related Subjects(1位)
      • Art and Design(27位)
    • イギリス国内(ランキング)
      • Town & Country Planning and Landscape Design(2位)
      • Building(2位)
      • Art & Design(2位)
      • Communication & Media Studies(4位)
      • Architecture(4位)
      • Biomedical Sciences(4位)
      • Medical Technology & Bioengineering(5位)
      • Sports Science(5位)
      • Sociology(6位)
      • Materials Technology(6位)
      • Manufacturing & Production Engineering(6位)
      • Social Policy(7位)
      • Chemical Engineering(7位)
      • Aeronautical & Aerospace Engineering(7位)
      • Mechanical Engineering(8位)
      • Marketing(9位)
      • Anthropology(9位)
      • General Engineering(9位)
      • Geography & Environmental Science(9位)
      • Civil Engineering(10位)
      • Business & Management Studies(10位)

参考:
QS World University Rankings by Subject 2022: Sports-Related Subjects
Complete University Guide

スポーツ関連の学問は6年連続世界1位とかなりハイレベルです。

また、Engineering系やBusiness系といった留学生に人気な学問がイギリスTOP10の評価を受けていますね。

それら以外でも多くの分野でレベルが高いため、ラフバラー大学は学びたい学問に関係なくおすすめできるでしょう。

ラフバラー大学のおすすめポイント

大学院、卒業後、就職

ラフバラー大学へ留学するならスポーツは外せません。

スポーツ関連の学問を志望するなら、ラフバラー大学は間違いないでしょう。

他にスポーツ系ならエクセター大学も世界16位と強いよ

参考:エクセター大学の全て【ランキングや偏差値、学費など】

仮にスポーツ関連を専攻せずとも、広大な敷地には世界最先端のスポーツ施設が数多くあります。

スポーツ系Society(サークル)の活動やジムで軽く汗を流す程度でも、充実した生活が送れますね。

また、留学生に人気なEngineeringやBusiness系も強いため、ラフバラー大学は魅力が高い大学です。

ラフバラー大学留学に向いている人

海外大学 進学 理由

上述の大学の特徴など考慮すると、以下のような人がラフバラー大学に向いているでしょう。

  • ラフバラー大学に向いている人
    1. 高い教育レベルで授業を受けたい人
    2. 学生総合満足度が高い大学に留学したい人
    3. 就職力が強い大学に留学したい人
    4. 比較的治安が良い大学に留学したい人
    5. スポーツ設備が整った大学に留学したい人
    6. 緑豊かな郊外の地に留学したい人
    7. スポーツ関連の学問を専攻したい人
    8. Engineering系、Business系の学問を専攻したい人

上記に該当する項目が多ければ、ラフバラー大学はあなたに最も適した大学だと思いますよ。

また、①③④⑥⑦といった共通点が多い大学は他にもあります。

バーミンガム大学留学について

バーミンガム大学の全て【ランキングや難易度、学費など】

次にラフバラー大学に留学する方法を解説します。

ラフバラー大学へ留学するには

大学院進学準備

ラフバラー大学や大学院へ留学するには、beoという留学エージェントを利用すべきです。

  • 数字で見るbeo(ビーイーオー)
    • 設立年:2000年
    • 留学支援数:13,000人以上のサポート実績
    • 年間出願実績:4,000件以上(2019年)
    • 提携海外大学数:約300校
    • 合格率:9割以上(TOP大学含めて)
      • イギリス大学/大学院は合格率99%

今までに1万人以上の支援実績がある他、イギリス大学や大学院の合格率が99%の合格実績を持っています。

私もbeoを利用しましたが、リーズ大学など3校のイギリス大学院から合格を得られました。

そのため、ラフバラー大学への留学を検討している方はbeoに相談してみてくださいね。

また、カウンセリング時に「舞原ブログを見た」beoが提供しているサポートや講座(登録制以外)の費用が3,000円引きになるので忘れずにお伝えください。

beo:カウンセリング申し込み

(beoの詳細は以下にも↓)

beoで大学・大学院留学

beo大学/大学院留学エージェント【こんな評判や合格実績が】

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

ラフバラー大学の全てがわかるよう解説しました。以下は要約です。

  • ラフバラー大学概要
    • 設立年:1909年
    • 所在地: Epinal Way, Loughborough, Leicestershire
    • 大学種類:国立校
    • ラッセルグループ校:NO
    • 総生徒数:19,449人
    • 留学生数:3,353人(約17%)
    • 教職員数:3,567人
    • Student Union規模: 100 societies 以上
  • ラフバラー大学のランキング
    • 世界大学ランキング
      • 256位 (QS World University Rankings 2023)
      • 351-400位 (THE World University Rankings 2022)
    • イギリス国内大学ランキング
      • 10位 (The best UK universities 2022)
      • 7位(University League Tables 2023)
  • ラフバラー大学に向いている人
    1. 高い教育レベルで授業を受けたい人
    2. 学生総合満足度が高い大学に留学したい人
    3. 就職力が強い大学に留学したい人
    4. 比較的治安が良い大学に留学したい人
    5. スポーツ設備が整った大学に留学したい人
    6. 緑豊かな郊外の地に留学したい人
    7. スポーツ関連の学問を専攻したい人
    8. Engineering系、Business系の学問を専攻したい人

ラフバラー大学は教育レベル、就職力の強さ、学生総合満足度がどれも高い大学なので、ぜひ出願してみてくださいね。

その際beoのサポートを受けるのが合格の1番の近道です。

beo:カウンセリング申し込み

イギリス大学紹介シリーズは他にも↓

キール大学のランキングなど

キール大学の全て【ランキングや偏差値、レベルなど】

キングストン大学留学について

キングストン大学の全て【偏差値やランキング、学費など】

エセックス大学留学について

エセックス大学の全て【ランキングや偏差値、学費など】

それでは!

〜ここからは留学生や日本の学生向けです〜

ボスキャリの内定率は4割、ロンキャリの内定率は2割にまで下がります。

第一志望企業からどう内定を得ますか?

最適解はSPARK CAREER

米系の外銀勤務者が就活アドバイザーになりハイレベルな就活を実現↓

留学生の就活

画像をクリック!

SPARK CAREER【留学生や日本の学生向け】