イギリス大学院に必要な英語力【こう勉強しないとダメ】

大学院留学 英語 勉強 大学院留学

こんにちは!(@MaibaraOfficial)です。

・イギリス大学院に必要な英語力はどのくらい?
・イギリス留学に必要な英語はどう勉強する?
・イギリス留学に必要な英語力が足りない場合は?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • イギリス大学院留学に必要な英語力がわかる
    • イギリス大学院留学向け英語の勉強方法がわかる
    • 英語力が不足していてもイギリス大学院に留学できる方法がわかる

私はIELTS4.0からIELTS6.5を取得し、イギリスにあるリーズ大学院へ留学しました。

(リーズ大学を知る↓)

リーズ大学について

リーズ大学の全て【偏差値やレベル、学費等留学経験から】

この経験から、イギリス大学院留学に必要な英語力や勉強方法などわかりやすく解説します。

イギリス大学院留学を検討している人は参考にしてくださいね。

イギリス大学院に必要な英語力

イギリス大学院のレベルによって必要な英語力が変わるのでそれぞれ解説します。

  • イギリス大学院に必要な英語力
    • 一般レベルの大学院:IELTS 6.0〜
    • 難関レベルの大学院:IELTS 6.5〜
    • 超難関レベルの大学院:IELTS 7.0〜

一般レベルの大学院

入学難易度が一般レベルの大学院ではIELTS 6.0〜の英語力が求められるでしょう。

例えば、ブラッドフォード大学院では上記の英語力が必要です。

参考:ブラッドフォード大学の全て【偏差値など留学経験から】

難関レベルの大学院

入学難易度が難関レベルの大学院ではIELTS 6.5〜の英語力が求められるでしょう。

ラッセルグループの大学院やその他中堅大学院は大体上記の英語スコアが最低ラインです。

  • ラッセルグループとは?
    • 世界的に高い評価を得る24校の研究型イギリス大学を総称してラッセルグループと呼ばれています。

例えば、バーミンガム大学院やグラスゴー大学院などはIELTS 6.5〜の英語力が必要ですよ。

参考:
バーミンガム大学の全て【ランキングなど留学経験から】
グラスゴー大学の全て【レベルや偏差値など留学経験から】

超難関レベルの大学院

入学難易度が超難関レベルの大学院ではIELTS 7.0〜の英語力が求められるでしょう。

ラッセルグループの中でも上位に位置する大学院が上記のスコアに該当します。

例えば、UCLやエディンバラ大学院などがIELTS 7.0〜の英語力を必要としますよ。

参考:
UCLの全て【偏差値やランキングなど留学経験から】
エディンバラ大学の全て【ランキングなど留学経験から】

イギリス大学院向け英語の勉強方法

イギリス大学院に必要な英語力は以下の勉強方法で身に付けましょう。

  • イギリス大学院向け英語の勉強方法(勉強量)
    1. IELTS参考書で基礎を習得(1〜2周)
    2. 単語帳で単語と熟語を習得(3〜4周)
    3. 多読(継続)
    4. シャドーイング(継続)
    5. RadioやPodcastを聞き流し(継続)
    6. オンライン英会話(お金があれば)
    7. 過去問を解く(継続)

IELTS参考書で基礎を習得(1〜2周)

Reading, Listening, Speaking, Writingの4技能のテスト対策を知りましょう。

参考書は何でも構いませんが「何を勉強して何がわかればテストで高スコアを狙えるのか」がわかる参考書がベストです。

(おすすめは以下の参考書↓)

Amazon:IDP Education IELTS公認問題集

また、参考書は一冊だけにしてください。

複数買ってもお金と時間の無駄ですし、一冊だけで必要な情報は十分得られます。

そのため、自分が継続して続けられそうな参考書を一冊決めて1〜2周は勉強しましょう。

単語帳で単語と熟語を習得(3〜4周)

単語帳で単語や熟語を覚えます。

単語帳で扱う量は3,500〜と多いですが、1周目で全て覚えると思わず、3〜4周かけて覚えてください。

  • 周回方法
    • 1周目:サラッと見て分からなった全ての単語・熟語
    • 2周目:1周目で分からなかった単語・熟語
    • 3周目:2周目で分からなかった単語・熟語

単語や慣用句に触れる回数が多くなると、脳は覚えるべき重要な情報と判断し脳に定着します。

また、全て覚えるのは目標にせず、単語帳の8割の内容は「見たら意味を思い出す」程度を目標にしましょう。

現実的な目標設定が継続の鍵です。

単語帳も参考書と同様、自分が気に入った一冊を使って3〜4周してくださいね。

私はこの単語帳で勉強していました。

Amazon:IELTS必須英単語4400

多読(継続)

  • 多読とは?
    • 分からない単語があっても意味を調べずに読み進め、大まかに全体の内容理解を意識しながら読み進めること

多読をすることで膨大な量の英語が脳にインプットされていき、自然と適切な英語が脳に思い浮かぶようになるでしょう。

多読は英語の勉強に効果があると実証された英語の勉強方法です。

例えば、TOEFLを勉強する20人中、多読をした80%の16人が海外大学へ入学するのに十分なスコアを獲得したという結果があります。

The data indicate that extensive reading is a crucial aspect of language acquisition. 16 participants mentioned obtain the TOEFL score above 500 which is adequate for some academic purposes; most of them turn out to be avid readers of English

Resky – Januarty. (2018). Extensive Reading (ER) Practices and the Development of Language Fluency. Lingua Cultura, 12(3), 267–272. 

そのため、隙間時間などで英語の文献を読む癖をつけると良いでしょう。

(多読のやり方は↓)

多読

多読のやり方とおすすめ【A Very Short Introductionが良い】

シャドーイング(継続)

  • シャドーイングとは?
    • ネイティブが話した英語を聞き、それを真似て声に出すこと

ネイティブが発した英語をそっくりそのまま声に出すのを継続することで以下の内容を習得できます。

  • シャドーイングで得られる効果
    1. 正しい発音
    2. 正しい文法・英単語
    3. ネイティブぽいなまり

シャドーイングを継続することで、自然とスピーキング力が上昇、しかもネイティブぽい英語を話せるようになるでしょう。

イメージはネイティブの英語でジャパニーズ英語を矯正する感じでしょうか。

やり方は以下のページが参考になります。

参考:シャドーイングの効果的なやり方を徹底検証します!

RadioやPodcastを聞き流し(継続)

日本語で凝り固まった脳を英語脳にしていくには普段から英語を聞く環境が必要です。

そのため、英語を聞き流しながら生活するのが良いでしょう。

私は、BBC SoundsでNewsなどのRadioを聞きながら電車乗ったり、歩いたり、家事をしたりしていました。

オンライン英会話(お金があれば)

多読で多量の英語をインプットし、シャドーイングで「英語の話し方」を身に付けたら、英語を実践で活用しましょう。

会話の中で、その場で英語を頭の中で作り声に出していくのは英語学習で最も効果的です。

語学留学ですぐ英語が話せるようなるのも多分これ

その手段としてオンライン英会話は最適ですよ。

お金をかけられない場合はMeetup等の国際交流イベントに参加すると外国人と英語で話せます。

過去問を解く(継続)

上記5つの勉強を継続し慣れてきたら、過去問を反復して解きます。

過去問は本番テストと同程度の難易度ですが、上記5つの英語勉強方法で基本的な英語力は身についているので、スラスラ進められると思いますよ。

上記はIELTS過去問テキストで最も人気なやつだよ

イギリス大学院に必要な英語力が足りない場合

高校の成績が悪い場合のファウンデーションコース

志望するイギリス大学院の出願要件の英語スコアに達していない、もしくは達しそうにない場合は以下の手段で対応が可能です。

  • 英語スコアが足りない場合の手段
    1. プリセッショナルコース
    2. 英国大学連盟主催のNCUKコース

①は志望するイギリス大学院が提供する英語のコースで、このコースを終えると英語スコア免除で入学できます。

②も①と似たようなコースで、コースを受講し卒業したらNCUK加盟大学院に英語スコア免除で入学可能ですね。

NCUK加盟大学院一例

大きな違いは②は進学保証が付いています。

(詳細は↓)

イギリス大学院、IELTS足りないけど留学

イギリス大学院留学【IELTS足りない人はこの方法で】

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

イギリス大学院留学に必要な英語力や勉強法など解説しました。以下は要約です。

  • イギリス大学・大学院に必要な英語力
    • 一般レベルの大学院:IELTS 6.0〜
    • 難関レベルの大学院:IELTS 6.5〜
    • 超難関レベルの大学院:IELTS 7.0〜
  • イギリス大学院向け英語の勉強方法(勉強頻度)
    1. IELTS参考書で基礎を習得(1〜2周)
    2. 単語帳で単語と熟語を習得(3〜4周)
    3. 多読(継続)
    4. シャドーイング(継続)
    5. RadioやPodcastを聞き流し(継続)
    6. オンライン英会話(お金があれば)
    7. 過去問を解く(継続)
  • 英語スコアが足りない場合の手段
    1. プリセッショナルコース
    2. 英国大学連盟主催のNCUKコース

イギリス大学院へ留学を検討している人は以下の記事も役に立ちます。

beoで大学・大学院留学

beo大学/大学院留学エージェント【こんな評判や合格実績が】

(↑この記事限定の割引特典もありますよ)

大学院留学

海外大学院へ行く意味【メリットを考察したらこの結果に】

大学院留学

日本のFラン大学から世界TOP100海外大学院へ留学した

それでは!

〜ここからは留学生や日本の学生向けです〜

ボスキャリの内定率は4割、ロンキャリの内定率は2割にまで下がります。

第一志望企業からどう内定を得ますか?
最適解はSPARK CAREER

米系の外銀勤務者が就活アドバイザーになりハイレベルな就活を実現↓

留学生はスパークキャリアで就活【内定の1番の近道です】