大学院留学の英語力【IELTS/TOEFLは当てにならないです】

大学院留学に必要な英語力 必要な英語力

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

大学院へ留学するにはどのくらいの英語力が必要でしょうか。

・入学に必要なIELTS/TOEFLスコアは?
・どのくらいの英語力があれば授業についていける?
・英語力が不足してても大学院留学する方法は?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • 海外大学院入学に必要な英語力がわかる
    • 留学生活に必要な英語力がわかる
    • 英語力が不十分でも大学院留学する方法がわかる

私はイギリスにあるLeeds大学院に留学し卒業もしてきました。

https://twitter.com/MaibaraOfficial/status/1295679719539478531?s=20

この経験から大学院留学に必要な英語力わかりやすく解説するので大学院留学を検討してる人は参考にしてくださいね。

大学院留学に必要な英語力

海外大学院、就職、有利

大学院留学を実現するには出願し合格しなければなりません。

  • 海外大学院出願に必要な書類
    1. 英語力を証明する公的書類
    2. 志望動機書
    3. 推薦状2枚
    4. GPAが記載された成績証明書
    5. CV(必要であれば)

(出願書類の詳細↓)

大学院留学

イギリス大学院へ出願し合格【やること全部わかります】

上記の「①英語力を証明する公的書類」として、TOEFLやIELTSを受験する必要があります。

TOEFL

TOEFLはアメリカやカナダの大学院へ留学する人にメジャーな試験です。

  • 大学院留学に必要なTOEFLスコア
    • TOELF iBT:80〜100

レベルの高い大学院になるにつれて、高いTOEFLスコアが必要でしょう。

IELTS

IELTSはイギリスやオーストラリアの大学院へ留学する人にメジャーな試験です。

  • 大学院留学に必要なIELTSスコア
    • IELTS:6.5〜7.0

TOEFLと同様、レベルの高い大学院になるにつれて、高いIELTSスコアが必要ですね。

上記のようなスコアが海外大学院の出願に必要ですが正直、留学生活においてはここまでの英語力はいらないです。

また、イギリスやオーストラリアの大学院に関しては、上述の英語スコアを保持していなくても合格を得ることが可能でしょう。

順を追って解説します。

大学院留学生活で必要な英語力

大学院留学生活において、高い英語力は必要はありません。

正直、IELTS6.0程度の英語力で問題なく過ごせると思ってます。

  • 大学院留学生活で高い英語力がいらない理由
    1. 必要スコアを持ってない留学生がいる
    2. クラスメートは留学生が7割以上
    3. ディスカッションの機会が少ない

必要スコアを持ってない留学生がいる

イギリスやオーストラリアの大学院の場合、入学に必要な英語スコアを保持していない留学生がいます。

なぜなら「条件付き合格」ができるからです。

  • 条件付き合格とは
    • 大学院が要求する英語力を持っていなくても入学までに必要な英語スコアを提出、もしくは規定のコースを受講すれば正式に合格と扱うこと

(規定のコースについては後述します)

私の周りの留学生にもIELTS5.5や6.0のスコアだったり、そもそもIELTSを受けたことが無い留学生もいました。

十分な英語スコアを持っていない留学生でも、問題なく留学生活を送れているので高い英語力は必要ないと言えるのではないでしょうか。

クラスメートは留学生が7割以上

専攻によりますが、クラスメートの内7割は留学生です。

また、留学生の内、約半数は英語を第二言語とする中国人でしょう。

参考:
International Postgraduate Students in the UK
Non-EU students drive UK enrolments in 2019/20 – HESA

そのため、高い英語力が無くても大学院留学生活を問題なく過ごせると言えます。

なぜなら、周りの留学生も特段高い英語スコアを持っていないからです。

私の周りの留学生は大体IELTS6.0〜7.0レベルの英語力でした。

また、ビジネスやエンジニア系の学問は留学生、特に中国人に人気なので、クラスメートに占める留学生の割合は9割以上になるでしょう。

(詳細は↓)

大学院、留学生、多い

【留学生が多い?】海外大学院進学前に知りたい国籍の割合

私もビジネス系の学問でしたが留学生が9割だった

そのため、高い英語力を持っていなくても十分授業についていけますよ。

ディスカッションの機会が少ない

ディベートやディスカッションがカリキュラムに含まれているもののそこまで数は多くありません。

理由は、大学院は「自学習がメイン」だからです。

授業の予習復習や研究論文の読み漁り、レポートや卒論など基本的には一人で行います。

私も教授の話を黙って聞く授業以外は図書館で研究論文を読んだり課題をやったりの毎日でした。

(詳細は↓)

大学院、一日、暇、つらい

イギリス大学院留学生の1日【つらい?それとも暇?】

そのため、読み書きがある程度できる英語力で十分大学院留学生活を送れるでしょう。

次に、十分な英語スコアがなくても大学院留学する方法を解説します。

英語力が不足してても大学院留学する方法

留学生専用の就活サービス、帰国GO.com

イギリスやオーストラリアの大学院へ留学する場合、以下のコースを受けることで英語スコアの提出が免除されます。

  • 英語力が無くても大学院留学する方法
    1. Pre-sessionalコース
    2. NCUKの大学院進学準備コース

Pre-sessionalコース

Pre-sessionalコースは、条件付き合格をもらえた大学院へ入学する前に十分な英語力身につけることを目的とした英語コースです。

このコースは、現在保有しているIELTSスコアによって受講期間が変わってきますよ。

  • Pre-sessionalコースの受講期間目安
    • IELTSスコアが4.5→40週間
    • IELTSスコアが5.0→30週間
    • IELTSスコアが5.5→20週間
    • IELTSスコアが6.0→10週間

(Pre-sessionalコースの詳細↓)

イギリス大学院、IELTS足りないけど留学

イギリス大学院留学【IELTS足りない人はこの方法で】

Pre-sessionalコースは出願大学院から条件付き合格をもらわないと受講できませんし、コース最後に受けるテストで規定の点数が取れないと不合格です。

また、受講期間や費用、カリキュラム内容なども考えるとNCUKの大学院進学準備コースの方が良いでしょう。

NCUKの大学院進学準備コース

NCUKとは、イギリスの大学で構成される大学連盟で、ラッセルグループといった多くの有名大学がメンバーになっています。

NCUKの大学一例

NCUKは大学院進学準備コースを提供しており、このコースを受講すればIELTSスコア免除に加え、NCUK加盟大学院への進学が保障されます。

  • NCUK大学院進学準備コースの特徴
    1. IELTSスコア無しで大学院留学
    2. 大学院進学保証が付く
    3. 日本にいながらNCUKのコースが受けれる

(詳細は↓)

大学院進学準備

NCUK大学院進学準備コース概要/評価【知らないと損です】

(↑この記事限定の割引特典もありますよ)

私もNCUKの大学院進学準備コースを受けて、Leeds大学院への留学を実現しました。

英語力や志望大学院から合格をもらえるかなど不安がある人はこのコースを受けると良いですよ。

大学院留学準備を始めるには

大学・大学院留学

英語力が無くてもイギリスやオーストラリアといった大学院から合格がもらえるし、留学生活も問題なく過ごせることを解説しました。

大学院留学をしたい気持ちがあるなら、英語力がひとまず置いといて出願だけでもしてみるべきでしょう。

けど、大学院留学の準備はわからないことが多いですよね。

なので、大学院留学エージェントにサポート受けながら準備すると良いです。

beoだと海外大学・大学院の合格実績が9割以上なので安心できるサポートを受けれますよ。

  • 大学院留学でbeoを利用するメリット
    1. 合格実績がTOPレベル
    2. カウンセラーの質が高い
    3. 合格者の志望動機書が閲覧可能
    4. 合格保証付きの進学準備コースを提供
    5. GPAの再計算ができる(大学院留学向け)
beoで大学・大学院留学

beoで大学・大学院留学【私もこのエージェントです】

(↑この記事限定の割引特典あります)

私もbeoを利用しましたが、3校のイギリス大学院から合格を得られたのでかなりおすすめです。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

大学院留学に必要な英語力について解説しました。以下は要約です。

  • 大学院留学に必要な英語スコア
    • TOELF iBT:80〜100
    • IELTS:6.5〜7.0
  • 大学院留学生活で高い英語力がいらない理由
    1. 必要スコアを持ってない留学生がいる
    2. クラスメートは留学生が7割以上
    3. ディスカッションの機会が少ない
  • 英語力が無くても大学院留学する方法
    1. Pre-sessionalコース
    2. NCUKの大学院進学準備コース

英語力が不十分でも大学院留学ができるのでぜひ実現してくださいね。

大学院留学を検討している人は以下の記事も役に立ちます。

大学院留学 英語 勉強

大学院留学向け英語の勉強方法【英語力はこう磨きます】

学費、費用

海外大学院の留学費用【国別で比較できます】

イギリス大学院

イギリス大学院修士の1年【入学〜卒業はこんな感じです】

それでは!

 

〜ここからは留学生や日本の学生向けです〜

就活に不安がありますか?

大手や優良企業からの内定を得るにはSPARK CAREER帰国GO.comの利用が現実的です。

米系の外銀勤務者が就活アドバイザーのハイレベルな就活を実現↓

留学生はスパークキャリアで就活【内定の1番の近道です】

企業に推薦コメントを出してくれる最強就活サポーター↓

留学生専用の就活サービス【帰国GO.comは無料です】