TOEFLでイギリス大学・大学院留学【100%できます】

TOEFLでイギリス大学院留学 大学院留学

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

TOEFLでイギリス大学や大学院に留学できる?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • TOEFLでイギリス大学や大学院に留学できるか分かる
    • 留学にどのくらいのTOEFLスコアが必要か分かる
    • イギリス大学・大学院に留学する方法が分かる

私はイギリスのリーズ大学院に留学しました。

この経験から、TOEFLでイギリス大学や大学院に留学できるかわかりやすく解説するので、イギリス留学を検討している人は参考にしてくださいね。

TOEFLでイギリス大学・大学院留学

ラッセルグループ24校の全て

イギリス大学や大学院はTOEFLで留学が可能です。

TOEFLで英語力の証明が可能

TOEICやTOEFLのテスト開発機関であるETS「ラッセルグループを含む、全てのイギリス大学でTOEFLが利用可能」と述べています。

Accepted by 100% of U.K. universities, including the prestigious Russell Group® universities

Go to the U.K. or Europe

そのため、TOEFLスコアを持っている人、TOEFLを勉強中の人でもイギリス大学や大学院に留学できますね。

しかし、イギリス留学でメジャーな英語の資格はTOEFLではなくIELTSです。

イギリス大学や大学院でTOEFLが認められているものの、学校によって出願要件のTOEFLスコアがホームページに明記されていません。

これから英語の勉強を始める方は、IELTSを選択すると良いですよ。

それにIELTSの方がスコアは取りやすい

イギリス大学・大学院留学に必要なTOEFLスコア

IDP Education公認問題集の評価

イギリス大学や大学院留学に必要なTOEFLスコアを以下のグループに分けて解説します。

  • イギリス大学や大学院留学に必要なTOEFLスコア
    • 超難関校:92〜
    • 難関校:79〜
    • 一般校:78〜

注釈)
・本記事ではWorld University Rankings 2022で1〜30位を超難関校、31〜200位を難関校、201位〜を一般校と扱います。
・ランキングに入る一部の大学を例に挙げます。本記事に出てくる大学が、イギリスにある全ての大学という訳ではありません。

超難関校

世界大学ランキングでTOP30に入るイギリス大学・大学院では、以下のTOEFL iBTスコアが必要でしょう。

  • イギリス大学・大学院のTOEFLスコア
    1. Imperial College London(12位)
      • 大学:92〜, 100〜
      • 大学院:92〜, 100〜
    2. LSE(18位)
      • 大学:100〜
      • 大学院:100〜, 109〜
    3. UCL(27位)
      • 大学:92〜, 100〜, 109〜
      • 大学院:92〜, 100〜, 109〜

超難関校のイギリス大学・大学院は、どれも高いTOEFLスコアが必要ですね。

しかし、専攻によって求められるTOEFLスコアが変わります。

正確なスコアは上記の参考記事をご覧ください。

難関校

世界大学ランキングで31〜200位に入るイギリス大学・大学院では、以下のTOEFL iBTスコアが必要でしょう。

  • イギリス大学・大学院のTOEFLスコア
    1. University of Manchester(50位)
      • 大学/大学院:80〜109
    2. University of Sheffield(110位)
      • 大学:80〜, 88〜, 95〜, 103〜
      • 大学院:88〜, 95〜, 103〜
    3. University of East Anglia(182位)
      • 大学/大学院:79〜(専攻によってより高いスコアが必要な場合あり)

最低限必要なスコアが79〜と出願のハードルは低いですね。

ただ、専攻によっては100以上のスコアが求められますよ。

一般校

世界大学ランキングで201位以降のイギリス大学・大学院では、以下のTOEFL iBTスコアが必要でしょう。

  • イギリス大学・大学院のTOEFLスコア
    1. University of Kent(351-400位)
      • 大学:90〜
      • 大学院:85〜, 95〜, 100〜
    2. Aston University(401-500位)
      • 大学/大学院:78〜, 93〜, 101〜
    3. Leeds Beckett University(801-1000位)
      • 大学/大学院:79〜89

難関校と同様、最低でも80前後のスコアは必要ですね。

留学に必要なTOEFLスコアが足りない場合

大学院 留学 失敗談

イギリス大学や大学院へ留学するには、最低で80、90あれば選択肢が広がりますね。

しかし、現状持っているTOEFLスコアが出願要件に届かないって人もいるでしょう。

TOEFLスコアが足りない人は以下の方法で不足分を補えますよ。

  • TOEFLスコアが足りなくてもイギリス留学する方法
    1. プリセッショナルコース
    2. プレマスター(大学院向け)
    3. NCUKの進学準備コース

参考:イギリス大学院留学【IELTS足りない人はこの方法で】
(IELTSとありますがTOEFLにも該当します)

私もイギリス大学院入学に必要な英語スコアが足りませんでした。

ですが、NCUKの進学準備コース受講で英語スコアの提出なしでイギリス大学院留学を果たしています。

  • NCUK大学院進学準備コースの特徴
    1. IELTSスコア無しで大学院留学
    2. 大学院進学保証が付く
    3. GPAが低くても合格できる可能性あり
    4. 世界最高水準の教育
    5. 日本にいながら受講できる

詳細は割愛します。詳しくは↓

大学院進学準備

NCUK大学院進学準備コース概要/評価【知らないと損です】

TOEFLスコアが足りない人は上記の方法を参考にしてくださいね。

TOEFLスコアはこうやって上げる

大学院留学、英語力、伸びない

出願要件に対し、TOEFLのスコアが足りなくても留学はできます。

しかし、ある程度のスコアは取っておく必要がありますよ。

勉強の仕方に不安がある人は以下のやり方を参考にしてください。

  • イギリス大学院向け英語の勉強方法(勉強量)
    1. TOEFL or IELTS参考書で基礎を習得(1〜2周)
    2. 単語帳で単語と熟語を習得(3〜4周)
    3. 多読(継続)
    4. シャドーイング(継続)
    5. RadioやPodcastを聞き流し(継続)
    6. オンライン英会話(お金があれば)
    7. 過去問を解く(継続)

参考:イギリス大学院に必要な英語力【こう勉強しないとダメ】

①②は、TOEFLテストの開発機関であるETSが出版している参考書と、レビュー数が1番多い以下の単語帳がおすすめです。

これから英語の勉強を始める人は、IELTSをしましょう。

やり方はTOEFLと一緒です。

IDP EducationはIELTSのテストを作っている機関だよ

参考:IDP Education IELTS公認問題集【6.5〜7.5目標の人向け】

イギリス大学・大学院留学をするには

大学・大学院留学

イギリス大学や大学院院留学をするには、出願し合格を得る必要があります。

出願自体は一人でもできますがおすすめはしません

なぜなら、下手な出願をしてしまっては合格できるものも合格できなくなってしまうため。

留学の準備には実績ある留学エージェントを活用すると良いでしょう。

beoだと、イギリス大学や大学院の合格率は9割をマークしているので、志望校から合格が得やすいです。

  • beoを利用するメリット
    1. 合格実績がTOPレベル
      • 13,000人以上のサポート実績
      • イギリス大学や大学院は99%以上の合格率
    2. カウンセラーの質が高い
    3. 合格者の志望動機書が閲覧可能
    4. 合格保証付きのNCUK進学準備コースを提供
    5. GPAの再計算で0.5〜1.0上昇する(大学院)

私もbeoを利用しましたが、3校のイギリス大学院から合格を得られました。

そのため、イギリス留学を検討している人はbeoに相談すると良いですよ。

beoで大学・大学院留学

beo大学/大学院留学エージェント【こんな評判や合格実績が】

(↑この記事限定の割引特典あり)

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

イギリス大学や大学院留学におけるTOEFLについて解説しました。以下は要約です。

  • イギリス大学・大学院留学
    • TOEFLでも出願できる
  • イギリス大学や大学院留学に必要なTOEFLスコア
    • 超難関校:92〜
    • 難関校:79〜
    • 一般校:78〜

イギリス留学を検討している人は以下の記事も役に立ちます。

大学院留学のIELTSやTOEFLについて

大学院留学の英語力【IELTS/TOEFLは当てにならないです】

イギリス大学/大学院留学のメリット、デメリット

イギリス大学や大学院のメリット【実体験から解説します】

大学院留学前に知らないと後悔すること

大学院留学前これ知らないと後悔する【知らない人多過ぎ】

それでは!

〜ここからは留学生や日本の学生向けです〜

ボスキャリの内定率は4割、ロンキャリの内定率は2割にまで下がります。

また内定者の全員が第1志望からもらえている訳ではありません。

第1志望からどう内定を得ますか?

最適解はSPARK CAREERです。

米系の外銀勤務者が就活アドバイザーになりハイレベルな就活を実現↓

留学生の就活

画像をクリック!

SPARK CAREER【留学生や日本の学生向け】