【IELTS6.5】海外大学院へ留学できる英語力を得るために

大学院留学

こんにちは!(@MaibaraOfficial)です。

海外大学院へ留学を考えているけど、英語をどのように勉強すべきでしょうか。

どうしたら海外大学院へ留学できるくらいの英語力をつけれるんだ?

海外大学院へ留学するには、最低でもIELTS6.5を取得する必要がありますが、これが中々高い壁なんですよね。

なので

IELTS6.5を獲得するためにやるべきことを教えます!

私は当時TOEIC300点くらいの英語力でしたが、一年みっちり勉強してiElTS6.5を取得できました。

そしてイギリスにあるリーズ大学院に進学することができたのでこの勉強のやり方は

信ぴょう性が高い

と思っています。

イギリスやヨーロッパ、オーストラリアの大学院に留学を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

【IELTS6.5】海外大学院へ留学に必要な英語力を身につけるには

海外大学院留学に必要なIELTS6.5レベルの英語力を身につけるために、私は以下の5つを継続的に実施していました。

  1. 多読
  2. シャドーイング
  3. BBC Radioを聞き流し
  4. オンライン英会話
  5. IELTSテキストをひたすら解く

1つずつ説明します!

多読

1つ目が「多読」です。

多読は、普通の読書とは違い、分からない単語があっても意味を調べずに読み進め、大まかでも全体の内容理解を意識しながら読み進めることです。

なので、

分からない単語があってもいちいち辞書で調べずに読むのが多読。

これを続けることによって膨大な量の英語が脳にインプットされていき、「何かを話したい、書きたい」と思ったときに自然と適切な英語が脳に思い浮かぶようになります

これは学術的にも効果があると実証された英語の勉強方法様々な研究で効果が明らかになったやり方なんですね。

なので

やる価値はあり

と言えそう。

多読のやり方、多読用の本など以下の記事にまとめたので合わせてご覧ください!

【多読のやり方や多読用の本紹介】

【多読のやり方とオススメ本】海外院留学生の英語勉強法

私は暇あれば多読するようにしてましたね

シャドーイング

2つ目が「シャドーイング」です。

シャドーイングとは、

ネイティブが話した英語を聞き、それを真似て声に出すこと

です。

なので、英文を読んで朗読するといったようなやり方とは全く違います。

というのも、ネイティブが発した英語をそっくりそのまま声に出すということは、ネイティブが発する

  • 正しい発音
  • 正しい文法・英単語
  • ネイティブぽいなまり

自分の声で出すことになるので、これを続けていくと

自然とスピーキング力が上昇しかもネイティブぽい英語

を話せるようになれます。イメージ的には

ネイティブの英語でジャパニーズ英語を矯正する

感じでしょうか。

これも英語の勉強に効果ありと研究で明らかになったやり方

BBC Radioを聞き流し

3つ目が「BBC Radioを聞き流し」です。

日本語で凝り固まった脳を英語脳にしていくには、普段から英語を聞いている環境が必要で、そのためには

英語を聞き流しながら生活する

のが良いと考えています。

ながら作業」ってなんか流行りましたよね。

私は、BBC SoundsでNewsなどのRadioを聞きながら電車乗ったり、歩いたり、家事したり….。

無料なのでやって損は無い!

オンライン英会話

4つ目は「オンライン英会話」です。

多読で多量の英語をインプットし、シャドーイングで「英語の話し方」が身に付けたら、次は

インプットした英語を実践でアウトプット

したいですね。

会話の中で、その場で英語を頭の中で作り声に出していくのは英語学習で最も効果的だと考えます。

その手段で

オンライン英会話は最適です。

なぜ普通の英会話ではなく、オンライン英会話なのかと言うと

好きな時に場所を選ばずできてしかも安いから!

いちいち会いにいって話すとか時間決めてやるとかレッスン料が高いとか縛りがあると続かないですからね。

なので

ストレスフリーで自分が英語を話したいときに英会話ができるオンライン英会話はオススメ

以下に良さげなのをまとめておくので、気になるやつを試してみてくださいね。

日本人はスピーキング苦手な人も多いので、

早めに始めておいて損はない!

オススメのオンライン英会話

ネイティブキャンプ
 →月額6,480円で24時間いつでも好きな時に英会話し放題なオンライン英会話。1日に何回でも利用でき、仮に1日に一回利用するなら1回の英会話が216円で利用できる。思い立った時に英会話を気が済むまでしたいって人にオススメ。

DMM英会話
→こちらも24時間いつでも好きな時にオンラインで英会話できる。1番安いプランでは月額6,480円で1日に1回好きな時間に英会話ができる。大手の会社で安心できる英会話を利用したい人にオススメ。

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)
→スタサプの名称でCMでも話題のオンライン英会話。月額1,980円で1回最短3分から英会話のシーンを想定して練習ができるので、スキマ時間にサクッと日常英会話の練習をしたい方や、ネイティブと実際に話すのはまだ緊張するって方にオススメ。

ちなみに僕はネイティブキャンプユーザー

IELTSテキストをひたすら解く

5つ目が「IELTSテキストをひたすら解く」です。

上記の4つをやっていけば

英語圏で学生生活するのに必要な「生きた英語」

を身につけることができます。

なので残りすべきことは

英語テストで点が取れる英語力

ですね。

TOEICとか過去問解きまくれば、構成とか出る単語とかわかってきて高得点とれますよね。いわゆる場数を踏めば慣れが出てきて点数取れるやつ。

上記4つの勉強をやっていれば基本的な英語力は身についていると思うので、

英語に対してもアレルギー反応を起こさずスラスラ勉強できる

と思いますよ。

基本的には以下3つのテキストを解きまくれば問題ないです。

参考書;スコアに直結!IELTS徹底対策テキスト&問題集
単語帳:スコアに直結!IELTS徹底対策単語集3900
過去問:IELTS Academic 15

参考書と単語帳の著者はIELTS試験の採点者だよ

IELTS試験対策スクールへ通うのも賢い方法

上記5つのやり方で大学院留学に必要な英語力を身につけることができます。

ですが、大学院留学を志す人の中には、

  • IELTSの勉強をしている時間がない人
  • 出願まで時間がない人
  • より効率的にIELTSを勉強したい人

がいるのではないでしょうか。

なので多少お金はかかりますが、

IELTS試験対策のスクールに通うのも賢い手

だと思います。

English Innovationsのようなスクールだと、時間単価が1,000円程度でかなり安いかつ、点数保証が付いているので

確実なスコアアップが期待できます。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

大学院留学に必要な英語力を身につけるやり方を紹介しました。以下は要約!

  1. 多読
  2. シャドーイング
  3. BBC Radioを聞き流し
  4. オンライン英会話
  5. IELTSテキストをひたすら解く

上記のやり方でサラッとIELTS6.5以上を獲得しちゃってくださいね!

もしまだ大学院選定中でしたら以下の記事も役に立つと思うので合わせて読むといいことあるかも….!

イギリス大学院のランキングTOP10【2021年版】

イギリス大学院ランキングを基におすすめ大学院を考察

イギリス大学院の特徴6つ【留学先を検討中の人向けです】

それでは!

〜ここからは一押し記事の紹介です〜

海外で留学生をしている人や日本で大学生をしている人で就活に不安がありますか

大手や優良企業からの内定を得るにはSPARK CAREERの利用が現実的です。

(詳細は以下にまとめています)