【学歴ロンダリングは成功?】Fラン大→海外大学院の考察

大学院留学

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

学歴ロンダリングって意味があるのか気になりませんか?

学歴ロンダリングってしたところで意味があるのかな…?

私は偏差値45くらいのFランク大学から世界TOP100にランクインする大学院へ進学したので、この経験から

学歴ロンダリングは成功だったのか

考察していきたいと思います。

ちなみに私はリーズ大学大学院というとこに通ってて、QS World University Rankingsでは世界で91位(2021年)に位置します。

同機関 の調査では早稲田や慶応が200位くらいに位置するので、

割と信ぴょう性の高い情報を実体験からお伝えできるかと思います。

それでは参ります!

【学歴ロンダリング】Fラン大から海外大学院の考察

学歴ロンダリングの目的は、就活を有利に進めることだと思うので、就活を進める上で学歴ロンダリングは有益だったのかを測っていきます。

以下の2つの視点で見ていきますね。

  • 学歴ロンダリングをして良かった点(メリット)
  • 学歴ロンダリングをしなくてもよかった点(デメリット)

上記のメリットは就活がらみ限定で書いているので、もっと一般的なメリットについては以下の記事をご覧くださいね。

【学歴ロンダリング】Fランから大学院進学メリット5つ

結果から申し上げますと、

学歴ロンダリングはして良かった!!

その理由を以下に説明してきますね。

学歴ロンダリングをして良かった点

学歴ロンダリングをして良かった点は以下の4つになります。

  1. 書類選考は大体通過
  2. 多くの選考ルートを駆使できる
  3. 多くの業界や企業を知る機会がある
  4. 海外の企業も狙える

1つずつ説明していきます。

書類選考は大体通過

CVは履歴書って意味

1つ目が「書類選考は大体通過」です。

もし学部時代の学歴のままだったら、書類選考時にフィルターにかけられて落ちていたであろう企業も受けることができました。

(全ての企業がそうではないが、一定の偏差値がない大学を自動的に落とすようPC上でシステム化してるとこがあるらしい)

なので、大手企業や優良企業の選考も受けれるようになりました。

JTやLINE、P&GやBloombergとか書類選考通ったよ

多くの選考ルートを駆使できる

2つ目は「多くの選考ルートを駆使できる」です。

留学生は多くの選考ルートを駆使して就活を進めることができます。

というのも、企業の中には留学生専用の選考ルート一般の選考ルートを別に設けている企業がいます。

また、留学生がメインで就活することになるキャリアフォーラム「留学経験のある学生」という参加条件を満たすこともできます。

なので、他の学生よりも多くの選考ルートを駆使して就活を進めることができますよ。

もし「キャリアフォーラム留学生専用ルートでの就活について興味ある方は以下の記事もご覧くださいね!

海外大生の就活【留学生専用の選考ルートあります】

多くの業界や企業を知る機会がある

3つ目が「多くの業界や企業を知る機会がある」です。

有名大学になると企業が大学に訪問してくれて、企業説明会や選考会などを積極的に開いてくれるので、自分がよく知らなかった企業や業界を知ることができます。

海外大も同じことが言え、優秀な学生を確保しようと企業がわざわざ出向いてくださりますよ。

また、留学生専用の就活エージェントもいて、企業紹介のセミナーを開いてくれるので、企業の情報を様々な方面から得ることができます。

海外の企業も狙える

4つ目が「海外の企業も狙える」です。

海外の企業に就職も選択肢に入れることができます。

外国の企業が大学に一気に集まって就活フェアを開いたり、企業が単体で説明会をしにやって来たりするので、現地の企業の選考を受ける機会もあります。

私は日本で働きたかったので外国で勤務することになる企業は受けておりませんが、友人でマンチェスターにある企業に就職した方がいますよ。

学歴ロンダリングをしなくてもよかった点

学歴ロンダリングをしなくてもよかったなと思った点は以下の2つですね

  1. 人気な業界(外コン・外銀など)には通用しない
  2. 金銭的・時間的コストがかさむ

1つずつ説明していきます。

人気な業界(外コン・外銀など)には通用しない

1つ目が「人気な業界(外コン・外銀など)には通用しない」です。

Big4や投資銀行などとてつもなく人気の高い企業となると応募する学生もおびただしく存在するので、まず書類選考で落ちる可能性が高いです。

企業側もかなりの数の履歴書いちいち見てられないので、学歴でふるいにかけ大多数の応募者を落とします

えっでも大学院いいとこ行ってるし書類通るんじゃないの?

って思いますよね?

けど人事の人が見てるのは「最終学歴」じゃなく

「学部の学歴」なんです。

学歴ロンダにひっかかるほど超エリート企業は甘くないってことですね。

なので、レベルの高い院に行ってようが学部の学歴がしょぼいと書類が通らないって訳です。

実際に現役の外資系コンサルタントのインタビューでも同じようなことを言っているので、良かったらご覧ください。

書類なんてぶっちゃけ学歴だから-現役コンサルタントにインタビュー(4)

それに学歴を重視する企業は出身高校も見てくるので、学歴ロンダリングをしようがあまり関係ないかもしれませんね。

けど最終学歴を見る優良企業は他にも多く存在するし、ランク下げれば色んなコンサルファームもあるので、学歴ロンダリングは意味のない選択肢ではないと思います。

それに私は興味なかったので受けてませんが、僕と同じような境遇の人でも

三菱商事などの総合商社の選考を進められた人が何人かいた

ので、商社志望の人は可能性がぐんと上がりそうです。

金銭的・時間的コストがかさむ

2つ目が「金銭的・時間的コストがかさむ」です。

当たり前ですが、学費もかかるし歳も食います

私の場合海外の院でしたので、日本の大学院の学費よりもはるかに高い学費を納めてるかと思います。

イギリスのケースにはなりますが、もし海外院にかかる諸費用について興味がある方は以下の記事もご覧くださいね!

イギリス大学院費用は450万円【学費はこれでも安いです】

結果:学歴ロンダリングをして良かった

上記の通りデメリットはあるとはいえ、大学院に進んだことで、

学部の学歴だと確実に書類が通らない企業(大手や優良企業)の選考が受けれたり、
有名企業が大学に出向いて行う就職セミナーに参加できたり、
海外大生専用の選考ルートがあったり、

と就活の幅を広げることができました。なので、

学歴ロンダリングをする価値があった

と言えそうです。

実際に私は第二志望の企業から内定をいただけたので、学歴ロンダリングをして本当に良かったと思います、

外コンであるBig4などの人気な企業は相手にしてもらえないことは変わらないかもしれませんが、就活の幅が広がったことで、自分が知らない業界や優良企業をたくさん知り、

その中から最も働きたい企業を見つけ、内定をもらうことができたので、学歴ロンダリングは成功ということになりました。

以下の記事で「学歴ロンダリングのその後」として内定先の企業でどんな感じで働いているのかまとめたので合わせてご覧くださいね!

【Fラン学歴ロンダリング→大手外資就職】3ヶ月働いた感想

海外大学院へ学歴ロンダリングするには

海外大学院へ学歴ロンダリングするためには、出願準備など色々することが山ほどあります。

  • 大学院留学準備ですること
    • 英語力を証明する公的書類
    • 志望動機書
    • 推薦状2枚
    • GPAが記載された成績証明書
    • 履歴書(学生でも書く場合があり)

上記の書類をまとめて志望する海外大学院へ出願しますよ。

(詳細は以下にまとめてます)

また、海外大学院への学歴ロンダリングにおいて、1番の懸念点は

英語力をどう付けるか

かと思います。

けど大学院留学に必要な英語力は1年間しっかり勉強すれば取れます。

私も当時はTOEIC300点くらいしかありませんでしたが、1年間しっかり勉強して

海外大学院留学に必要な英語力(IELTS6.5)を取得できました。

(英語勉強の仕方は以下にまとめてます)

けど正直、上記のやり方よりスクール通った方が早いです。

English Innovationsのようなスクールだと時間単価が1,000円〜なので経済的にも優しいですよ

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

学歴ロンダリングは時間とお金がかかりますが、就活は本当に有利に進めることができるのでする価値はあると思います。

それに学生という時間を謳歌できますし、学科も自分の興味があるものだったら充実した学生生活を送ることができますよ!

以下は要約!

  • 学歴ロンダリングして良かった点
    • 書類選考は大体通過
    • 多くの選考ルートを駆使できる
    • 多くの業界や企業を知る機会がある
    • 海外の企業も狙える
  • 学歴ロンダリングをしなくてもよかった点
    • 人気な業界(外コン・外銀など)には通用しない
    • 金銭的・時間的コストがかさむ

でした!

他にも学歴ロンダリングについてまとめているので、合わせてご覧くださいね!

【Fラン学歴ロンダリング】文系大学院進学は意味ないのか

Fランから東大院よりも海外大学院【学歴ロンダリング】

それではまた次回!

〜ここからは一押し記事の紹介です〜

海外で留学生をしている人や日本で大学生をしている人で就活に不安がありますか

大手や優良企業からの内定を得るにはSPARK CAREERの利用が現実的です。

(詳細は以下にまとめています)