就職に有利か【企業が持つ学歴ロンダリングの印象】

学歴ロンダリング

こんにちは。舞原(@MaibaraOfficial)です。

学歴ロンダリングって企業からするとどんな印象なのでしょうか。

企業にとって学歴ロンダリングはどんな印象なんだろ?
学歴ロンダリングしたら就職に有利かな?

上記のような疑問に答えていきます。

  • 本記事の内容
    • 企業が持つ学歴ロンダリングの印象がわかる
    • 文系・理系ごとに学歴ロンダリングの就職が有利かわかる
    • 国内・海外大学院ごとに学歴ロンダリングの就職が有利かわかる

私はFラン大出身ですが、海外の大学院へ学歴ロンダリングして大手外資のIT企業に新卒で就職しました。

(ちなみにド文系です)

そんな経験から企業が持つ学歴ロンダリングの印象学歴ロンダリングは就職に有利かどうか分かりやすく解説するのでぜひご参考にしてください。

学歴ロンダリングの意味は以下のURLで説明がされています。

学歴ロンダリングとは

企業が持つ学歴ロンダリングの印象の考察

企業が持つ学歴ロンダリングの印象はどうでしょうか。

学歴ロンダリングをした私からすると悪いイメージが無いように感じます。

就職活動では日系・外資系共に大手や優良企業に絞って履歴書を出していましたが、

8割程度は書類通過しました。

(書類通過した企業例:LINE、有限責任監査法人トーマツ、JTなどなど)

なので多くの企業では学歴ロンダリングに関してネガティブなイメージを持っていないと考えます。

しかし、高学歴が求められるエリート企業(TOP層の外コンや外銀など)に関しては、学歴ロンダリングの印象は良くないでしょう。

詳しくは以下の記事に書いてます。

次に学歴ロンダリングが就職に有利かどうか解説していきます。

学歴ロンダリングは就職に有利か

学歴ロンダリングが就職に有利かどうか考察するために、以下のグループに分けます。

  1. 国内大学院への学歴ロンダリング
    • 文系の学歴ロンダリング
    • 理系の学歴ロンダリング
  2. 海外大学院への学歴ロンダリング
    • 文系の学歴ロンダリング
    • 理系の学歴ロンダリング

1つずつ考察していきます。

国内大学院への学歴ロンダリング

1つ目が「国内大学院への学歴ロンダリング」です。

結論を先に言います。

  • 文系の学歴ロンダリング:就職で有利になりづらい
  • 理系の学歴ロンダリング:就職に有利

解説します。

文系の学歴ロンダリング

文系で国内大学院への学歴ロンダリングは就職で有利にならないでしょう。

理由は、仕事に活かせられる学問が文系に少ないからです。

社会学や経済学、政治学など様々な学問がありますが、実際の仕事の業務に直接活用できることは少ないはずです。

私も大学院で経営学を学んでおりましたが、仕事に大きく活用できている感じはしません。

企業側も学生時代に学んだことを生かすよりも、

授業を受ける中で培った思考力や発言力などの能力を生かすことに期待しています。

なので、文系の学歴ロンダリングは就職に不利にはならずとも有利にはならないのではないでしょうか。

理系の学歴ロンダリング

理系で国内の学歴ロンダリングは就職に有利になるでしょう。

理由は仕事に活かせる学問が理系に多くあるからです。

化学は薬品開発に役立ちますし、コンピュターサイエンスはソフトウェア開発に活用できるなど、学んだことがそのまま活かせるため、就職活動を有利に進められます。

それに、理系は大学院まで進んで研究実績を積まないと就職活動において意味ない(東北大学院の理系の知人いわく)ので、

尚更学歴ロンダリングで就職が有利になるでしょう。

海外大学院への学歴ロンダリング

2つ目が「海外大学院への学歴ロンダリング」です。

結論を先に言います。

  • 文系の学歴ロンダリング:就職に有利
  • 理系の学歴ロンダリング:就職に有利

解説します。

文系の学歴ロンダリング

文系の海外大学院への学歴ロンダリングは、国内のケースと違い就職に有利でしょう。

理由はグローバル人材を欲しがる企業が多いからです。

グローバル時代と言われている現代では、日系企業は海外に進出するし、海外の企業は日本に進出してきていますよね。

以下のグラフを見てもグローバルでビジネスを展開する企業が多くなっているのは火を見るよりも明らかでしょう。

出典:外務省(海外在留邦人数調査統計)

そのため、企業は海外で生活を送った経験がある、英語ができる人材を求めているので、

海外の大学院を卒業した学生は喉から手が出るほど欲しい人材という訳です。

なので文系の海外大学院へ学歴ロンダリングは就職に有利でしょう。

文系の海外大学院へ学歴ロンダリングする価値やメリットは以下の記事でもまとめているので、合わせてご覧ください。

理系の学歴ロンダリング

理系の海外大学院への学歴ロンダリングは文系と同様、就職に有利でしょう。

理由は英語と学問が業務に活かせるからです。

理系で学んできたことは日系の企業のみならず、海外の企業でも同様に活かせます。

「海外大学院を卒業している=英語ができる」の証明になるので、外国企業の就職でも十分有利でしょう。

結論:就職に有利なのは理系、文系は海外大学院なら○

以上の考察を踏まえると、就職に有利なのは国内・海外大学院の学歴ロンダリング共に理系ですが、文系でも海外大学院への学歴ロンダリングなら就職に有利と言えそうです。

文系の私でも就職成功してますし

なので、学歴ロンダリングを検討している人は以上の考察を踏まえて、最適なパターンで学歴ロンダリングをしてみてくださいね。

次の章で海外大学院へ学歴ロンダリングしたい人向けに、

どうしたら海外大学院へ進学できるかを解説しますね。

英語力が心配でもとりあえずは問題ないので、参考にしてみてください。

海外大学院へ学歴ロンダリングするには【簡単です】

海外大学院へ進学するには、まずは志望する大学院から合格をもらわねばなりません。

そのためには、以下の書類が必要です。

  1. 志望動機書
  2. 大学の先生が書いた推薦状2枚
  3. 大学の成績表
  4. 英語のスコア(IELTSやTOEFL)
  5. 履歴書(必要であれば)

見ての通り、大学院入学の試験は無いので、書類さえ揃えれば出願できちゃいます。

(英語の資格を取るためのテストは別で受けますが)

他にも色々海外大学院へ進学するためにすべきことなども説明したいのですが、長くなるので別記事にまとめました。

以下の記事を読んでけば、海外大学院進学のイメージが湧くので合わせて読んでくださいね。

また、大学院留学において1番の懸念点は

英語力をどう身につけるか

だと思います。

ですが大学院留学に必要な英語力は

1年間しっかり勉強すれば身につけられるでしょう。

私は当時TOEIC300点ぐらいでしたが、1年間しっかり英語をやって

大学院留学に必要な英語力(IELTS6.5)をつけることができました。

(英語勉強の仕方は以下にまとめてます)

けど正直、上記のやり方よりスクール通った方が早いです。

English Innovationsだと時間単価1,000円〜なので経済的にも優しいですよ

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

学歴ロンダリングが就職に有利か考察してみました。以下は要約です。

  1. 国内大学院への学歴ロンダリング
    • 文系の学歴ロンダリング:就職で有利になりづらい
    • 理系の学歴ロンダリング:就職に有利
  2. 海外大学院への学歴ロンダリング
    • 文系の学歴ロンダリング:就職に有利
    • 理系の学歴ロンダリング:就職に有利

学歴にコンプレックスがあっても、学歴ロンダリングすれば就職に有利になるので大学院進学を検討してみてくださいね!

以下の記事でも学歴ロンダリングについてまとめているので、情報収集にお役立てください。

【学歴ロンダリング】Fランから大学院進学メリット5つ

Fランから東大院よりも海外大学院【学歴ロンダリング】

【学歴ロンダリングは成功?】Fラン大→海外大学院の考察

それでは!

〜ここからは一押し記事の紹介です〜

海外で留学生をしている人や日本で大学生をしている人で就活に不安がありますか

大手や優良企業からの内定を得るにはSPARK CAREERの利用が現実的です。

(詳細は以下にまとめています)