イギリスのファウンデーションコース費用【¥178万〜です】

イギリスのファウンデーションコース費用 ファウンデーションコース

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

イギリスのファウンデーションコースの費用はどれくらい?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • イギリスのファウンデーションコース費用がわかる
    • 1番費用が安いファウンデーションコースがわかる

イギリス大学進学に必要なファウンデーションコースの費用についてわかりやすく解説します。

イギリス大学へ進学を検討する高校生や親御さんは参考にしてくださいね。

筆者紹介
 イギリスのリーズ大学へ留学後、イギリス大学や大学院留学に関する情報をまとめた「舞原ブログ」を運営しています。

イギリスのファウンデーションコース費用

イギリス留学生向け銀行口座の開設

イギリス大学進学向けのファウンデーションコースを提供する機関はいくつかあります。

  • ファウンデーションコースを提供する機関
    1. イギリス大学
    2. 進学準備校
    3. NCUK

参考:イギリスのファウンデーションコース【おすすめはこれ】

結論から言うと、ファウンデーションコース費用はそれぞれ以下の通りです。

  • ファウンデーションコース費用(£1=150円)
    1. イギリス大学:
      • 平均£20,491(約307万円)
    2. 進学準備校:
      • 平均£15,731〜26,780(約236〜401万円)
    3. NCUK:
      • 178万円

注釈)
 ここで言う“平均”とは、本記事で解説の対象になったファウンデーションコースの費用から算出したものです。本記事で紹介されていない他のファウンデーションコース費用は計算に入れていないので参考までに留めてください。

イギリス大学

イギリス大学/大学院TOP100一覧

イギリスに160校以上の大学が存在します。

参考:イギリス大学/大学院TOP100一覧【ランキング順です】

全てのイギリス大学のファウンデーションコース費用を解説するのは難しいため、以下のグループに分けてピックアップした3校の費用を解説しますね。

  • イギリス大学
    1. ラッセルグループ:
      • KCL:£21,840(約328万円)
      • ウォーリック大学:£21,710(約326万円)
      • ダラム大学:£21,950(約329万円)
    2. ラッセルグループ以外:
      • ランカスター大学:£19,750(約296万円)
      • レディング大学:£20,300(約305万円)
      • ケント大学:£17,400(約261万円)
  • 平均(£1=150円):£20,491(約307万円)

ラッセルグループ

ラッセルグループの大学の多くは世界大学ランキングでTOP100や100位台に位置します。

そのため、ファウンデーションコースの費用は高い傾向にありますよ。

ピックアップした3校のラッセルグループ大学はどれも費用は300万円以上します。

  • ラッセルグループ
    1. KCL:£21,840(約328万円)
    2. ウォーリック大学:£21,710(約326万円)
    3. ダラム大学:£21,950(約329万円)
KCL
  • キングスカレッジロンドン(KCL)概要
    • 設立年:1829年
    • 世界大学ランキング:35位
    • ファウンデーションコース
      • 受講期間:1年(休暇含む)
      • 費用:£21,840(約328万円)

参考:
About us
QS World University Rankings 2022
International Foundation

KCLを知る↓

キングスカレッジロンドン(KCL)留学について

キングスカレッジロンドンの全て【偏差値や難易度など】

ウォーリック大学
  • ウォーリック大学概要
    • 設立年:1965年
    • 世界大学ランキング:61位
    • ファウンデーションコース
      • 受講期間:10ヶ月(休暇含む)
      • 費用: £21,710(約326万円)

参考:
About
QS World University Rankings 2022
Warwick International Foundation Programme

ウォーリック大学を知る↓

ウォーリック大学留学について

ウォーリック大学の全て【ランキングや偏差値、学費など】

ダラム大学
  • ダラム大学概要
    • 設立年:1832年
    • 世界大学ランキング:82位
    • ファウンデーションコース
      • 受講期間:10ヶ月(休暇含む)
      • 費用:£21,950(約329万円)

参考:
Facts and figures
QS World University Rankings 2022
INTERNATIONAL FOUNDATION YEAR

ダラム大学を知る↓

ダラム大学の全て【ランキングや偏差値、学費など】

ラッセルグループ以外

ラッセルグループに属さないイギリス大学の多くは、世界大学ランキング200位以降のため、比較的ファウンデーションコースの費用は安いです。

  • ラッセルグループ以外:
    1. ランカスター大学:£19,750(約296万円)
    2. レディング大学:£20,300(約305万円)
    3. ケント大学:£17,400(約261万円)

とは言え、世界大学ランキングで上位になればなるほど費用は300万円近くになるため、ラッセルグループ校と大きく費用差が開く訳ではありません。

ランカスター大学
  • ランカスター大学概要
    • 設立年:1964年
    • 世界大学ランキング:132位
    • ファウンデーションコース
      • 受講期間:9ヶ月(休暇含む)
      • 費用:£19,750(約296万円)

参考:
About Us
QS World University Rankings 2022
International Foundation Year

ランカスター大学を知る↓

ランカスター大学留学について

ランカスター大学の全て【偏差値やランキング、学費など】

レディング大学
  • レディング大学概要
    • 設立年:1916年
    • 世界大学ランキング:202位
    • ファウンデーションコース
      • 受講期間:10ヶ月(休暇含む)
      • 費用: £20,300(約305万円)

参考:
ABOUT US
QS World University Rankings 2022
INTERNATIONAL FOUNDATION PROGRAMME (IFP)

レディング大学留学について

レディング大学の全て【ランキングや偏差値、学費など】

ケント大学
  • ケント大学概要
    • 設立年:1965年
    • 世界大学ランキング:383位
    • ファウンデーションコース
      • 受講期間:10ヶ月(休暇含む)
      • 費用: £17,400(約261万円)

参考:
Essential Kent 2021
QS World University Rankings 2022
International Foundation Programme

ケント大学を知る↓

ケント大学留学について

ケント大学の全て【ランキングやレベルなど留学経験から】

進学準備校

全てのイギリス大学がファウンデーションコースを提供している訳ではありません。

そのため、進学準備校と呼ばれる別の機関のファウンデーションコース受講でもイギリス大学へ進学が可能です。

  • イギリスの進学準備校
    1. MPW:£18,200〜25,800(約273〜387万円)
    2. Kaplan International Pathways:£14,000〜27,760(約210〜416万円)
    3. Oxford International Pathway College:£14,995(約225万円)
  • 平均(£1=150円):£15,731〜26,780(約236〜401万円)

MPW

  • MPW University Foundation
    1. 受講場所
      • London
    2. 受講期間(一学期=約3ヶ月)
      • 保有IELTSスコアが5.5:二学期分
      • 保有IELTSスコアが5.0:三学期分
    3. 費用
      • 二学期分:£18,200(約273万円)
      • 三学期分:£25,800(約387万円)

参考:MPW University Foundation

Kaplan International Pathways

  • University Foundation Courses
    1. 受講場所
      • 出願する大学のキャンパス
    2. 受講期間(一学期=約3ヶ月)
      • 保有IELTSスコアが5.5:二学期分〜三学期分
      • 保有IELTSスコアが5.0:二学期分〜三学期分
      • 保有IELTSスコアが4.5:三学期分
      • 保有IELTSスコアが4.0:三学期分〜四学期分
    3. 費用(出願する大学により変動)
      • 二学期分:£14,000〜£19,400(約210〜291万円)
      • 三学期分:£15,255〜£21,780(約229〜327万円)
      • 四学期分:£20,340〜£27,760(約305〜416万円)

参考:University Foundation Courses

Oxford International Pathway College

  • International Foundation Year
    1. 受講場所
      • Oxford
    2. 受講期間(一学期=約3ヶ月)
      • 6ヶ月か9ヶ月
    3. 費用
      • £14,995(約225万円)

参考:International Foundation Year – Business

NCUK

ファウンデーションコース、イギリス大学、大学院留学

NCUKとはラッセルグループを代表とする有名大学で構成された英国大学連盟です。

NCUK加盟大学一例
NCUK加盟大学一覧:NCUK Universities

個人でファウンデーションコースを運営するイギリス大学や語学学校のような進学準備校と違い、複数のハイレベルな大学が共同で運営をしているのが違いの一つです。

  • 大学留学準備コース(International Foundation Year)
    1. 受講場所
      • 日本
    2. 受講期間
      • 約5ヶ月
    3. 学費
      • 178万円

参考:NCUKの大学留学準備コース「International Foundation Year(IFY)」とは?

費用が1番安いNCUKがおすすめ

IDP Education公認問題集の評価

3つの機関が提供するファウンデーションコースを解説しましたが、NCUKが最も費用が安いです。

  • ファウンデーションコース費用(£1=150円)
    1. イギリス大学:
      • 平均£20,491(約307万円)
    2. 進学準備校:
      • 平均£15,731〜26,780(約236〜401万円)
    3. NCUK:
      • 178万円

費用は最大で200万円以上を節約可能です。

また、NCUKのファウンデーションコースはbeoで唯一、日本で受講可能のため、生活費用も抑えられるでしょう。

  • イギリス大学のファウンデーションコース(9ヶ月)
    • 滞在費:£5,328(約80万円)
    • 食費:£3,000(約45万円)
    • 合計:125万円
  • NCUKのファウンデーションコース(5ヶ月)
    • 滞在費:0円(実家暮らしを想定)
    • 食費:25万円
    • 合計:25万円

滞在費と食費参考:イギリス大学院費用は500万円【学費はこれでも安いです】

上記を見ると、滞在費用80万円と食費の差額20万円分が節約できるため、生活費用は合計100万円分安く抑えられるでしょう。

そのため、NCUKのファウンデーションコースは受講費用と生活費用含めて、最大300万円以上の節約が見込めます。

しかし、費用が安いと教育の質が心配になるところ。

beoで受講できるNCUKファウンデーションコースは最高品質の教育が担保されています。

  • 教育レベルがかなり高い理由
    1. 英語教授の資格を有した教師陣
    2. 日本人特有の弱点を理解している
    3. NCUKと密に連携し学習内容を構成

beoカレッジの教師は大学・大学院レベルで英語教育法を学んでおり、英語教育の資格を有していますよ。

また、2005年に日本でNCUKコースを開講して以来、15年以上日本人に英語を教授した実績があります。

教師陣は日本人特有の弱点(批判的思考やディベート、文法ミス等)を理解しており、それらを克服できる教育をbeoで受けることが可能でしょう。

優秀な教師陣のみならず、学習内容もNCUKと密に連携し構成されるため、最高品質が保たれた教育プログラムを受講できるようになっています。

そのため、費用を抑えながらも高い教育レベルでファウンデーションコースの受講が可能ですよ。

その他にも多くのメリットがあるため、詳細は以下の記事をご覧ください。

イギリス大学はファウンデーションコース

NCUKファウンデーションコース【イギリス大学進学向け】

(↑この記事限定の割引特典あり)

NCUKのファウンデーションコース申込み方法

beoで大学・大学院留学

イギリスの大学や進学準備校、NCUKのファウンデーションコースはどれもbeoという留学エージェントから申込みができます。

また、日本から受講できるNCUKはbeoでしか取り扱っていません。

  • 数字で見るbeo(ビーイーオー)
    • 設立年:2000年
    • 留学支援数:13,000人以上のサポート実績
    • 年間出願実績:4,000件以上(2019年)
    • 提携海外大学数:約300校
    • 合格率:9割以上(TOP大学含めて)
      • イギリス大学/大学院は合格率99%

今までに1万人以上の支援実績がある他、イギリス大学や大学院の合格率が99%の合格実績を持っています。

私もbeoを利用しましたが、リーズ大学など3校から合格を得られました。

そのため、イギリス大学留学を検討中の高校生や親御さんの方はbeoに相談してみてくださいね。

beoで大学・大学院留学

beo大学/大学院留学エージェント【こんな評判や合格実績が】

(↑上記記事限定の割引特典あり)

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

イギリスのファウンデーションコースの費用を解説しました。以下は要約です。

  • ファウンデーションコース費用(£1=150円)
    1. イギリス大学:
      • 平均£20,491(約307万円)
    2. 進学準備校:
      • 平均£15,731〜26,780(約236〜401万円)
    3. NCUK:
      • 178万円
  • イギリス大学のファウンデーションコース(9ヶ月)
    • 滞在費:£5,328(約80万円)
    • 食費:£3,000(約45万円)
    • 合計:125万円
  • NCUKのファウンデーションコース(5ヶ月)
    • 滞在費:0円(実家暮らしを想定)
    • 食費:25万円
    • 合計:25万円

イギリス大学進学はNCUKのファウンデーションコースを検討してみてくださいね。

イギリス大学進学をされる方は以下の記事も役に立ちます。

ファウンデーションコースの落ちる可能性についえて

ファウンデーションコースは落ちる?【この方法なら合格】

高校の成績が悪い場合のファウンデーションコース

高校の成績が悪い…ならこのファウンデーションコースで

日本の高校から海外大学

日本の高校から海外大学へ【こんなメリットと方法が】

それでは!

〜ここからは留学生や日本の学生向けです〜

ボスキャリの内定率は4割、ロンキャリの内定率は2割にまで下がります。

第一志望企業からどう内定を得ますか?

最適解はSPARK CAREER

米系の外銀勤務者が就活アドバイザーになりハイレベルな就活を実現↓

留学生の就活

画像をクリック!

SPARK CAREER【留学生や日本の学生向け】