【レジュメの書き方】キャリアフォーラムスタッフ直伝!

大学留学

こんにちは。イギリスに院生として留学してた舞原(@MaibaraOfficial)です。

今回はキャリアフォーラムの「応募レジュメの書き方」を詳しく説明します。

(前回の記事はこんなんでしたね…!)

キャリフォーラムで内定の近道【CFNスタッフの教え4つ】

なぜなら、みなさんのレジュメは間違った書き方をしてるかもしれないからです。私もそうでした。

履歴書は「結論ファーストで論理的に書く」が普通ですよね?けどその通りに書いても書類が通らなかったのです。

なので、キャリアフォーラム職員の方に相談し「通るレジュメの書き方」を教えてもらいました。

レジュメの書き方教えてください!お願いします!

よかろう

教えられた通りに書いたら、ほぼ9割書類が通るようになり最終的には、

日系メーカーと外資系ITの2社から内定をいただくことができました。

これから説明する書き方のポイントは、キャリアフォーラムのスタッフがCFN参加企業の人事に

「どのようなレジュメが目に止まり、実際に会ってみたいと思うのか」

を実際に聞いたものです。なので信ぴょう性は割と高いのではないでしょうか。

皆さんもこれから記載することを参考にして、内定獲得を確実なものにしてくださいね。

以下の構成で説明していきます。

  • レジュメを書く上で重要なポイントを説明
  • 実際に私が書いたレジュメを例に解説

では参ります!

P.S. 以下は朗報です。

(気になる方はご応募ください)

キャリアフォーラムレジュメの書き方ポイント

「キャリアフォーラムレジュメの書き方のポイント」を説明します。

よく日本のESでは

結論ファーストで簡潔に読み手が理解しやすいように書くこと

が大事と言われていますね。これは、キャリアフォーラムの応募レジュメにおいてもそのまま当てはまります

ですが!!!

キャリアフォーラムのレジュメの場合、日本のレジュメよりもさらに

簡潔にかつ見やすいものに仕上げる必要があります。

そのためには以下のことに注意して書きましょう。

  1. 行間を空ける
  2. 文章はできるだけ一段落のみに抑える
  3. 記号やカッコを駆使する

1つずつ説明していきます。

行間を空ける

まず1つ目が「行間を空ける」です。

日本のレジュメだと、段落ごとの最初の行は一文字空けるにしても、段落ごとに行間を空けることはあまり見られないかと思います。

ですが、行間を一行空けるだけで

レジュメの見やすさが劇的に変わります。

けど行間をただ空けるだけでは、スペースをただ使った長い文になってしまいます。

なのでできるだけ、次のことも意識しながら書きましょう。

文章はできるだけ一段落に抑える

2つ目のポイントが「文章はできるだけ一段落に抑える」です。

といってもなかなか難しいので、これはできる範囲で行っていただければいいと思います。

けど「一段落だけじゃ何も伝えられないじゃんか!」と思うかもしれませんが問題ないので大丈夫

3つ目のポイントで説明しますが「あなたが1番目に伝えた”結論”部分の説明を一段落に抑えましょう」って意味です。

例えば、

「私の強みは傾聴力です」が結論で、その説明が一段落の説明

どうせ面接時に詳しい内容を聞かれることになるので、ここでは説明を簡潔にまとめ、

文章内に伏線を張ることだけをすれば良いのです。

記号やカッコを駆使する

記号やカッコを駆使して書く。

3つ目が「記号やカッコを駆使する」です。

これは、文章を一段落に収めるために必要な「工夫」ですね。

あなたが伝えたい結論をより明確に見やすくするコツでもありますし、説明文の導入にも使えます。

日本のレジュメのように、何段落かに構成された文章であなたがアピールしたいことを伝えるという「常識」に囚われていてはダメなのです。

」常識的な発想で、採用担当者がアッと驚くようなレジュメに仕上げることが

書類通過率アップの秘訣です。

採用官はじっくりレジュメに目を通すことはないので、見やすさを意識して書きましょう。

と、ここまで重要な3つのポイントを紹介しましたが、実例が無いといまいちイメージが湧きませんよね。

なので、

実際に私が書いたレジュメを全文公開しながら説明します。

書類通過した実際のレジュメを基に解説

ここから実例を交えて説明します。

実際のレジュメを見た方がわかりやすいですものね。

キャリアフォーラム のレジュメには

  • 学歴詳細
  • 自己PR

の欄があるので、この2つの例を見ていきましょう。

学歴詳細

1つ目が「学歴詳細」です。

学歴詳細の欄では3つのセクションに分けて書きましょう。

  1. 専攻した理由(100~150文字)
  2. 得意科目 (100~150文字)
  3. その専攻を通して学んだこと(200~300文字)

例としてこんな感じに書きます。私は経営学科でしたので、

レジュメの例
小さいかもなので拡大して見てください

という風な感じで書きます。

私のレジュメは目安の文字数を超えちゃってますが、読みやすさを重視していれば差ほど問題ないかと思いました。

まず何を学んだかという結論として

専攻:経営学(MSc Management)」

と書いています。

次に、専攻した理由や得意科目、専攻を通して学んだことなどを、行間を空けながら1.2段落に抑えています。

また、記号の「・」や「:」、「()」を使用することで、見やすくなるよう工夫できていますね。

最後の説明文は2段落になってしまいましたが、行数がどうしても多くなる場合は、前後の説明で”2段落”を多用しない限り、問題ないかと思います。

これで、あなたのアピールポイントをしっかり伝えながらも、読みやすもカバーできるレジュメとなりました。

自己PR

2つ目が「自己PR」です。

自己PRも同様にいくつかのセクションに分けて書きましょう。

私は強みについて書いたので、こんな感じで書いてみました。

  1. 強み
  2. どの活動から得た強みか
  3. その活動の説明 (合計500〜600文字)

実際のレジュメは以下に掲載します。

レジュメの例
こちらもきっと文字が小さいので拡大してください

上記のレジュメはちゃんと以下の構成になっていますね。

  • 結論ファーストでなにが強み
  • その強みはどの活動からか
  • その詳細はどんなんか

ここでも、行間を空けたり、記号を用いたりと見やすさを意識して書いています。

中には強みを2つや3つ書いて、カテゴリーに分けて書く方法もあります。その場合は、説明文はより簡潔に書いてください。

書き方は、強みの段落に、あなたの他の強みを付け加えていく感じですね(活動の欄も同じように)。

例えば、

強み:「創造力」と「リーダーシップ」

強みは以下の活動から発見しました。
⑴ 言語交流団体
⑵ グループワーク

で、各活動の内容説明を⑴と⑵の順番でしていくみたいな。私はインパクトを強めたかったので1つにしましたがね。

また、企業によって求める人材の強みは変わるので、応募企業ごとに強みを変えて提出するといいですね。

それと文字数のことなんですが、CFN上のレジュメ編集ページでは、上限文字数が2000とか3000文字とかになってますがあれは無視していいそうです。

上限まで書いたら作文になってしまいます。

また、

強みは行動力とか英語力とか言っちゃダメですよ!

企業の人は、みなさんが留学に来てる時点で、行動力と英語力があるのはわかってますし、他の学生との差別化が図れません。

留学に来てるという状況下でも

「これだけは自分にしかない強みだ!

みたいなものが書けると良いです。

英語で応募用レジュメを書く場合も同じように書いておけば大丈夫ですよ。

最後に

いかがでしたでしょうか。

キャリアフォーラムの応募レジュメについて説明しました。実際のレジュメは、キャリアフォーラムのスタッフが教えてくれたことを自分らしく書いたものです。

なので、これにあなたの工夫を加えることで、あなたらしいレジュメが仕上がるかもしれませんね。

ですが共通して言えることは

  1. 行間を空ける
  2. 文章はできるだけ一段落に
  3. 記号やカッコを駆使する

ですよ!

今回は応募レジュメについて書きましたが、

以下の記事では、キャリアフォーラムについて有益な情報をまとめていたり、海外で就活する上で知っておくべきことなどを書いてるので合わせてご覧くださいね。

留学生の就職活動【海外での就活イメージが湧きます】

また、留学生の就活はキャリアフォーラム だけではありませんよ。ほかにも選考ルートはあるので、別ルートでの就活も考えとくと良いです。

海外大生の就活【留学生専用の選考ルートあります】

もし、就活を絶対成功させたいって人はSPARK CAREERのような有料のサービスを受ける手もあります。

現在ニューヨークのCiti Bankに勤務している寺尾さんって方が内定のサポートをしてくれますよ。

留学生はスパークキャリアで就活【内定の1番の近道です】

それでは、皆さんの就活が上手くいくことを祈っています!

〜ここからは一押し記事の紹介です〜

海外で留学生をしている人や日本で大学生をしている人で就活に不安がありますか

大手や優良企業からの内定を得るにはSPARK CAREERの利用が現実的です。

(詳細は以下にまとめています)