大学院留学後も英語力は変わりません【実体験から解説】

大学院留学、英語力、伸びない 必要な英語力

こんにちは!(@MaibaraOfficial)です。

大学院留学すると英語力は向上するのでしょうか。

大学院留学後は英語ペラペラ?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • 大学院留学で英語力が伸びるのかわかる
    • 英語4技能の内、どの英語力が磨かれるかわかる
    • 大学院留学に向けた英語の勉強方法がわかる

私はイギリスのLeeds大学院に留学してしっかり卒業してきました。

この経験から大学院留学するとどのくらい英語力が伸びるのかわかりやすく解説するので、今後海外大学院へ留学される方は参考にしてくださいね。

大学院留学後も英語力は変わりません

大学院 留学 失敗談

私は大学院留学前はIELTS6.5ありましたが、大学院留学後に再度受験しても多分IELTS6.5より上のスコアは取れないと思ってます。

理由は以下の通りです。

  • 大学院留学後も英語力は変わらない理由
    1. スピーキングする機会が少ない
    2. 自学習がメイン
    3. 周りが同じくらいの英語力
    4. 日本人とよくいがち

スピーキングする機会が少ない

大学院留学はディスカッションやディベートする機会が少ないでしょう。

なぜなら、大学院は研究がメインだからです。

カリキュラムにゼミのような討論をする授業も組み込まれていますが、以下のような受動的な授業に比重が置かれています。

  • 海外大学院の教育特徴
    1. 教授のプレゼンを聞く講義
    2. 講義内容の予習復習
    3. レポートまとめ
    4. リーディングリストの読了
    5. 卒業研究に充てる時間が多く占める

私がいた大学院でも“読み書き”がメインの教育でした。

そのため、スピーキングのような英語力は磨かれないでしょう。

自学習がメイン

大学院留学では、自己学習が基本的な勉強スタイルです。

理由は、一つ目の説明と同じく大学院は研究が本分のため。

講義やゼミといった学習機会はありますが、それ以外は自習の日々でしょう。

私がいたイギリス大学院留学の1日例

(詳細は↓)

大学院、一日、暇、つらい

イギリス大学院留学生の1日【つらい?それとも暇?】

上記を見ると、授業やMTG(グループワーク)以外は自習に充てていますね。

そのため、英語の触れる機会はあれど話す機会は多くありません。

周りが同じくらいの英語力

クラスメートなどの周りにいる学生はIELTS6.0〜7.0程の英語力でしょう。

なぜなら、大学院に留学する学生は7割を超えるからです。

参考:
International Postgraduate Students in the UK
Non-EU students drive UK enrolments in 2019/20 – HESA

また、上記を見ると留学生の内、半数を占めるのは我々日本人のような英語を第二言語とする中国人なのがわかるのではないでしょうか。

実際、私がいた経営コースでは留学生は全体の9割以上を占めていました。

そのうちの8割は中国人だった

(詳細は↓)

大学院、留学生、多い

【留学生が多い?】海外大学院進学前に知りたい国籍の割合

ネイティブの学生がいる環境で揉まれて勉強できる訳ではないので英語力は差ほど伸びません

日本人とよくいがち

語学学校のように「英語力向上」を目的として大学院留学をする訳ではありません。

なので、日本人と一緒にいるようになるし日本語でもよく話すことになるでしょう。

  • 日本人といがちな理由
    • 就活を一緒に協力しながら留学生活を送れる
    • Japanese Societyで日本人とも知り合う
    • 他の国籍の留学生も同じ国の人とよく居る
    • 日本語の会話でストレス発散できる
    • 授業や卒論など留学全般の相談がしやすい

Japanese Societyとは
 日本人と日本が好きな外国人が集うサークルみたいなやつ

そのため、英語で話す機会が減ります。

ちなみに、日本語で気兼ねなく助け合える友人を作ることは大学院留学を卒業まで続ける大事な要因です。

なので、外国人の友人しか作らないのはおすすめしませんよ。

https://twitter.com/MaibaraOfficial/status/1337727985214836736?s=20

(理由は以下に↓)

大学院留学 つらい 解決

大学院留学がつらいと感じる原因と解決のためにできること

大学院留学で養われる英語力

大学院留学 英語 勉強

上述のような理由で大学院留学をしても英語力は磨かれません。

しかし、もう少し要素分解すると養える英語力と養えない英語力があります。

  • 大学院留学で養える英語4技能
    1. リーディング:○
    2. ライティング:○
    3. スピーキング:△
    4. リスニング:△

リーディング:○

大学院留学では研究論文を読む量は尋常じゃないです。

レポートまとめや予習復習、卒論作成などで研究論文を読むため読解力はかなり身につくでしょう。

(研究論文の読み方は↓)

大学院留学

英語研究論文の1番効率的な読み方【大学院留学Tips】

ライティング:○

ライティングの英語力も身に付きます。

レポートや学期末テストの論述、卒論作成で書く力が磨かれるでしょう。

(ライティングは以下がかなり参考に)

https://twitter.com/MaibaraOfficial/status/1350419068277321728?s=20

英語の卒論の書き方は以下にまとめてます。

卒論

【英語卒論の書き方①】Literature Reviewなど例と解説

スピーキング:△

スピーキングは大学院留学で1番上達しない英語力でしょう。

しかし、外国籍の友人とコミュニケーションを取る機会は多くあるので、日常会話程度の英語力は身に付きますよ。

イギリス人の友達とよく遊んでた

(イギリス人の特徴は↓)

イギリス人

イギリス人の性格や特徴【イギリス人の考え方はこうです】

リスニング:△

教授の講義を受ける間はリスニングの力は磨かれると思います。

しかし、英語力が同じくらいの留学生が多いことや日本人と接する機会がよくあることからそこまで伸びないでしょう。

大学院留学の目的は英語力向上じゃない

成功 Fラン 大学院

4技能で見ると磨かれる英語力はあるものの、総じて英語力は向上しない部類に入ると思います。

また、日本人が最も苦手とするスピーキングは1番上達しません。

しかし、大学院留学は英語力向上が目的ではないはずです。

  • 大学院留学する目的
    • 就活を成功させる
    • セカンドキャリアに必要な知識を身につける
    • 興味のある学問をさらに深める
    • etc.

(詳細は↓)

大学院留学

海外大学院へ行く意味【メリットを考察したらこの結果に】

私も英語力は向上しなかったと感じますが、大学院留学して人生変わったと言えるほど行ってよかったと思うので読者の方も迷っているなら留学すべきですよ。

大学院留学に必要な英語力

多読

大学院留学であまり英語力が磨かれないと言うことは、高い英語力は必要ない裏返しとも言えるでしょう。

  • 大学院留学生活で高い英語力がいらない理由
    1. 入学条件の英語スコアを持ってない留学生がいる
    2. クラスメートは留学生が7割以上
    3. ディスカッションの機会が少ない

正直、IELTS6.0くらいで十分大学院留学生活を送れると思っています。

(詳細↓)

大学院留学に必要な英語力

大学院留学の英語力【IELTS/TOEFLは当てにならないです】

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

大学院留学するとどのくらい英語力が伸びるのか解説しました。以下は要約です。

  • 大学院留学後も英語力は向上しない理由
    1. スピーキングする機会が少ない
    2. 自学習がメイン
    3. 周りが同じくらいの英語力
    4. 日本人とよくいがち
  • 大学院留学で養える英語4技能
    1. リーディング:○
    2. ライティング:○
    3. スピーキング:△
    4. リスニング:△

大学院留学で英語力向上があまり見込めないとはいえ、海外大学院で学べる内容やレベルが高い企業へ就職できることなど留学するメリットは大きいですよ。

大学院留学を検討している人は以下の記事も役に立ちます。

beoで大学・大学院留学

beoで大学・大学院留学【私もこのエージェントです】

(↑この記事限定の割引特典あり)

就職、卒業、進路

【海外大学院留学】卒業後、留学生はどんな進路を歩んでる?

大学院留学

イギリス大学院へ出願し合格【やること全部わかります】

それでは!

 

〜ここからは留学生や日本の学生向けです〜

就活に不安がありますか?

大手や優良企業からの内定を得るにはSPARK CAREER帰国GO.comの利用が現実的です。

米系の外銀勤務者が就活アドバイザーのハイレベルな就活を実現↓

留学生はスパークキャリアで就活【内定の1番の近道です】

企業に推薦コメントを出してくれる最強就活サポーター↓

留学生専用の就活サービス【帰国GO.comは無料です】