奨学金取得を前提にアメリカ大学留学【この方法で可能です】

大学留学

こんにちは。舞原(@MaibaraOfficial)です。

アメリカの大学に留学したいけど費用が高過ぎるので諦めるべきでしょうか。

・アメリカ大学に留学したいけど費用問題はどう解決すべき?
・奨学金を取得したいけどどうしたらもらえる?
・奨学金の審査が通る自信が無いけどどうしたら良い?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • アメリカ大学留学の費用をどう工面すれば良いかわかる
    • 奨学金を取得を前提に出願できる方法がわかる

私も海外の大学に正規留学していましたが、費用をなんとか抑えたい人にとっては奨学金は誰もが通る壁だと思います。

ですが、この方法だと奨学金が楽にかつ、受給できる前提で出願できるので今後アメリカ大学へ留学をされる人はぜひ参考にしてくださいね。

アメリカ大学留学で奨学金を得るには

アメリカ大学に関わらず大学留学で奨学金を得るには、以下の2パターンがあります。

  • 大学留学で奨学金を得る方法
    1. 留学先の大学が提供している奨学金を取得
    2. 奨学金を提供している財団や機関に応募する

2つの方法があるものの、①は優秀な学生に限られますし②は厳しい審査を通らない限り奨学金が給付されないため

どちらもハードルが高いでしょう。

奨学金取得が叶わずアメリカ大学留学を断念する人も多くいるかと思います。

けど、これらの方法よりも奨学金取得のハードルがかなり下がった3つ目の方法があります。

留学情報館のプログラムで楽に取得できます

留学情報館という大学留学に強みを持つエージェントが、奨学金取得プログラムという新たなサービスを開始しました。

これは、奨学金が出やすいアメリカ大学に出願を絞ることで

奨学金の受け取りを前提に出願することができます。

次の章で留学情報館の奨学金取得プログラムの詳細を解説します。

アメリカ大学向け奨学金取得プログラムとは

奨学金取得プログラムとは留学情報館が提供している奨学金取得を前提とした出願サポートです。

数あるアメリカ大学の中で奨学金を出している約100校に出願を絞ることで

奨学金がもらえることを前提に留学準備を進めることができる仕組みですね

参考:留学情報館

アメリカ大学について多くのノウハウや情報を持っている留学情報館だからこそのサービスでしょうか。

それに奨学金取得サポートをしているのは留学エージェントの中で唯一、留学情報館だけです

次に奨学金取得プログラムの特徴について解説します。

アメリカ大学向け奨学金取得プログラムの特徴

留学情報館が提供する奨学金取得プログラムの特徴は以下の通りです。

  • 奨学金取得プログラムの特徴
    1. 最大で1,200万円の奨学金が取得可能
    2. 奨学金のチャンスがある大学がわかる
    3. 奨学金の比較をしながら大学選びができる

1つ目から解説します。

最大で1,200万円の奨学金が取得可能

1つ目が「最大で1,200万円の奨学金が取得可能」です。

奨学金取得を前提に留学準備ができることはわかったものの、どのくらいの奨学金が受け取れるのか気になりますよね。

志望するアメリカ大学によって変動はありますが

〜1,200万円の奨学金が取得可能です。

参考:留学情報館

A大学の例を見ると、年間で$25,000×4年間なので1ドル=115円とすると

1,115万円の奨学金が貰えますね。

けど各アメリカ大学によって学費は大きく変わりますし奨学金の額もまちまちなので、

どのアメリカ大学が自分の経済状況にあっているのか、留学情報館に相談してみると良いでしょう。

(アメリカ大学の学費は以下にまとめてます)

奨学金のチャンスがある大学がわかる

2つ目が「奨学金のチャンスがある大学がわかる」です。

奨学金のチャンスが高いアメリカ大学の中から出願校を決めることができるので、

どのアメリカ大学が奨学金の可能性があるか調べる手間が省けます。

また、奨学金の可能性が高いアメリカ大学は100校ほどあるので、

費用に妥協せず自分が本当に行きたいアメリカ大学を見つけることができるでしょう。

上記は出願できるアメリカ大学一例
参考:留学情報館

(もちろん奨学金のない大学にも出願可能です)

奨学金を狙えるかつ、志望アメリカ大学を見つけられるのは奨学金取得プログラムのメリットではないでしょうか。

奨学金の比較をしながら大学選びができる

3つ目が「奨学金の比較をしながら大学選びができる」です。

次の『奨学金取得プログラムの費用』の章で詳しく解説しますが、奨学金取得プログラムは費用内訳は以下のようになっています。

  • 奨学金取得プログラム費用(内訳)
    1. プログラム参加費用:150,000円(税抜)
    2. 奨学金取得実現後にかかる費用

②に関しては成果報酬として費用をお支払いします。

なので奨学金の受け取りが決まりその受給額に応じて費用を払うので、15万円のプログラム参加費用のみで

奨学金の額を比較しながらの大学選びが可能になります。

初めから出願サポート費用(15万円)+奨学金の額に応じた費用(10万〜30万円)をお支払いするとなると、海外大学への出願がしづらくなってしまいますからね。

また、日本の大学へも併願しながら出願サポート15万円の費用だけで海外大学にも出願できるので、

進学先の幅を広げることができるでしょう。

奨学金取得プログラムの費用

アメリカ大学向けの奨学金取得プログラム、気になるのは費用でしょう。

出願サポート費用は15万円だけで、あとは成果報酬として払います。

  • 奨学金取得プログラム費用(内訳)
    1. プログラム参加費用:150,000円(税抜)
    2. 奨学金取得実現後にかかる費用

①は奨学金取得プログラムを利用する際にお支払いする費用です。

一般的な留学サポートにお支払いするような費用と考えれば良いでしょう。

参考:留学情報館

②の費用は奨学金を実際に取得できることが決まった際に成果報酬としてお支払いする費用です。

お支払い費用は受け取る奨学金の額によって変動します。

  • ②奨学金取得実現後にかかる費用(税抜)
    • 年間$3,000以下、もしくは単年度で$10,000以下の奨学金
      • 15万円の費用
    • 年間$5,000以下の奨学金
      • 20万円の費用
    • 年間$10,000以上の奨学金
      • 30万円の費用

(奨学金が決まった時に払う費用なので、奨学金取得プログラム利用時には払いません)

例えば、年間$20,000の奨学金を卒業までに$80,000(約880万円)をもらえるとしましょう。

その奨学金受給の交渉を留学情報館が代行し実現できたので、

その成果報酬として30万円をお支払いするというイメージです。

出願サポート費用として15万円かかるとはいえ、他留学エージェントの留学サポート費用に比べると安いですし、奨学金の受給額を考えると

費用対効果はかなり高いでしょう。

奨学金取得プログラムの対象者

魅力がある奨学金取得プログラムですが、利用前に対象者に該当するか確認しておきましょう。

  • 奨学金取得プログラムの対象者
    1. 日本の高校卒業者、もしくは見込み者
    2. 心身ともに健康でアメリカに長期滞在できること
    3. GPA2.8以上
    4. TOEFL61かIELTS5.5のスコア保持、もしくは取得を目指していること
    5. アメリカ国籍を持っていない人

基本的に上記全てに該当すると思いますが、③のGPAに引っかかってしまう人が中にはいるかもしれません。

けど、アメリカと日本ではGPAの換算方法が違うため、

GPAの数値は変動します。

なので、GPAに不安がある人でも一度カウンセラーに相談してみると良いでしょう。

奨学金取得プログラムの申し込み方法

奨学金取得プログラムに該当していることが確認できたら、申し込みをしましょう。

奨学金取得プログラムは留学情報館が提供しているサービスなので、まずは留学情報館のHPからカウンセリングの予約をします。

  • カウンセリング予約ステップ
    1. カウンセリング申し込みページから「いますぐ予約する」をクリック
    2. フォームに必要項目を入力する
    3. 「入力内容を確認」をクリックし内容を確認したら送信

カウンセリング申し込みページから「いますぐ予約する」をクリック

留学情報館カウンセリングページ

②フォームに必要項目を入力する

③「入力内容を確認」をクリックし内容を確認したら送信

これで申し込みが完了です。後は担当のスタッフから連絡が来るのでそれまで待機しましょう。

留学情報館:カウンセリング申し込み

留学情報館について詳細を知りたい方は以下の記事を参考にすると良いです。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

アメリカ大学向けの奨学金取得について解説しました。以下は要約です。

  • 留学情報館の奨学金取得プログラムがおすすめ
  • 奨学金取得プログラムの特徴
    1. 最大で1,200万円の奨学金が取得可能
    2. 奨学金のチャンスがある大学がわかる
    3. 奨学金の比較をしながら大学選びができる
  • 費用は15万円、あとは成果報酬としてお支払い

アメリカ大学留学は費用がかかるけど、こういったサービスを利用すれば奨学金取得を前提に留学準備ができるのでぜひ利用してみてくださいね。

公式HP:留学情報館

大学留学については以下の記事も役に立ちます。

大学/大学院留学エージェントの選び方【失敗しないために】

海外大学へ進学すべき理由【高校生/親御さん向けです】

留学にはこんなメリットが【海外留学を3回した経験から】

それでは!

〜ここからは一押し記事の紹介です〜

海外で留学生をしている人や日本で大学生をしている人で就活に不安がありますか

大手や優良企業からの内定を得るにはSPARK CAREERの利用が現実的です。

(詳細は以下にまとめています)