就活における留学経験【就職に有利な留学はこれだけです】

就活有利、就職 大学院留学

こんにちは。舞原(@MaibaraOfficial)です。

留学経験は就活において有利に働くのでしょうか。

・就活のために留学した方がいいのかな?
・留学だったら短期でも有利になるかな?
・留学するには何から始めたらいいかな?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    • 留学経験が就活に有利かどうかわかる
    • どんな留学のタイプが1番就活に有利かわかる
    • 留学するにはどうしたら良いかわかる

私はFラン大学生でしたがイギリスにある大学院(Leeds大学院)に留学し、米系外資IT企業に就職することができました。

この経験から、留学経験が就職に有利に働くのか、有利になるならどの留学タイプが最も有利になるのかをわかりやすく解説するので、就職を控える学生の方は参考にしてくださいね。

留学経験は就活に有利か

最近はグローバル化が騒がれていますし、企業によってはTOEICを採用・昇進基準に設けている企業も多くなっているので、留学経験は就活に有利と言えるでしょう。

基本的には就活に有利です

留学を経験すれば下記の項目で能力が磨かれますし、企業にとって魅力的な人材に映ります。

  • 留学で磨かれる能力
    • ネイティブと会話できる英語力
    • 考えたことを実際に行動に移す行動力・挑戦する力
    • 様々な文化や価値観など許容できる多様性
    • etc.

留学を経験することで英語力はもちろんのこと、留学に踏み出した勇気がそのまま行動力・挑戦力に繋がります。

また、異国の文化や多種多様な価値観に触れることで知見が広がります。

なので、留学を経験することは社会人でも存分に生かしていける能力を磨くことができるので、

就活を有利に進めることができるでしょう。

しかし、留学だったらどんなタイプの留学でも良いわけではありません。

有利の度合いは留学タイプによります

留学と一口に言っても様々なタイプがあります。

  • 留学の種類
    1. 語学留学:英語教育を行なっている海外のスクールに留学
    2. 交換留学:大学が提携を組んでいる海外の学校に留学
    3. 正規留学:海外の大学/大学院に入学する留学

上記のどの留学を経験したかによって、就活をどのくらい有利に進められるかが変わってきます。

詳しくは後述しますが、

語学留学→交換留学→正規留学の順で就活の有利度が高くなるでしょう。

次の章で理由を詳しく解説します。

就活に有利な留学経験(有利度順)

就活に有利な留学経験は、語学留学→交換留学→正規留学の順で有利度が高くなると説明しました。以下の項目に分けて理由を解説します。

  • 就活に有利な留学の種類(有利度順)
    1. 低:短期の語学留学
    2. 低〜中:長期の語学留学
    3. 中〜高:交換留学
    4. 高:正規留学

就活の有利度を決める基準は以下の項目に沿って○△Xで評価しますね。

  • 就活の有利度を決める基準
    1. ネイティブとやりとりできる英語力が身に付くか
    2. 就活でアピールできる経験・能力が身につくか
    3. 留学生専用の選考ルートを使って就活できるか

それでは1つ目から解説します。

低:短期の語学留学

1つ目が「短期の語学留学」です。

短期の語学留学(1週間〜3ヶ月)の経験だと就活に大きく有利にはならないでしょう。

  • 就活の有利度を決める基準
    1. ネイティブとやりとりできる英語力が身に付くか・・・X
    2. 就活でアピールできる経験・能力が身につくか・・・△
    3. 留学生専用の選考ルートを使って就活できるか・・・X

①は短期の語学留学だと日常会話程度の英語力が多少身につくくらいなので、ネイティブとやりとりできるレベルにはなりません。

②は行動力や多様性以外でアピールしたい能力や経験がつけられるか微妙なところです。

なぜ行動力や多様性以外で経験や能力をアピールしたいかと言うと、企業は留学生が行動力や多様性があることをすでに分かりきっているからです。なので、

他の留学生と差をつけるために違う経験や能力を語れると良いでしょう。

(どんな能力を身につければ良いかは以下を参考にしてください)

③は語学留学生向けに用意している選考ルートはほぼないのでここはXとしています。

低〜中:長期の語学留学

2つ目が「長期の語学留学」です。

長期の語学留学(6ヶ月〜1年)だと就活をそこそこ有利に進められるでしょう。

  • 就活の有利度を決める基準
    1. ネイティブとやりとりできる英語力が身に付くか・・・△
    2. 就活でアピールできる経験・能力が身につくか・・・○
    3. 留学生専用の選考ルートを使って就活できるか・・・X

①は留学生活も長いので、ネイティブとも多少話せるくらいの英語力にはなっているのではないでしょうか。

②も同様で、留学生活が長いので行動力や多様性以外で身に付く能力や経験を得られると思います。

(なぜ行動力や多様性以外を就活で話せた方が良いかは「短期の語学留学」の章で説明してます)

③は短期留学と同様で、語学留学では交換・正規留学生向けの選考ルートは使えないので、Xにしています。

けど長期の語学留学(半年間は語学留学で残りはワーホリ)を経験した友人が外資系企業に就職しているので、

一般選考ルートでも十分有利に就活を進められるでしょう。

中〜高:交換留学

3つ目が「交換留学」です。

大学のプログラムで留学できる交換留学では就活を十分有利に進められるでしょう。

  • 就活の有利度を決める基準
    1. ネイティブとやりとりできる英語力が身に付くか・・・○
    2. 就活でアピールできる経験・能力が身につくか・・・○
    3. 留学生専用の選考ルートを使って就活できるか・・・△

①は交換留学ができる人は元々英語力がある人なので、留学によってさらに英語力を磨くことができます。

②は現地の大学生と講義やグループワークなど様々な経験をするので、就活でアピールできる経験や能力が身につくでしょう。

(身につけるべき経験や能力は「短期の語学留学」の章を参考にどうぞ)

③は交換留学生でも利用できる選考ルートがあるとは言え、正規留学生のみに絞っている選考ルートも時々あるので△にしています。

ちなみに交換留学や正規留学生専用の選考ルートは以下の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

高:正規留学

4つ目が「正規留学」です。

大学、もしくは大学院に正規留学をするのが最も就活を有利に進められるでしょう。

  • 就活の有利度を決める基準
    1. ネイティブとやりとりできる英語力が身に付くか・・・○
    2. 就活でアピールできる経験・能力が身につくか・・・○
    3. 留学生専用の選考ルートを使って就活できるか・・・○

大学・大学院留学においては、上記全ての項目を満たします。

唯一、交換留学だと△だった③も、海外大学・大学院に入学すれば正規留学生と扱われるので、

全ての留学生専用の選考ルートを駆使して就活を進められますね。

(もし大学院留学について気になった人は以下の記事を読むと良いです)

結論:語学留学でも就活は有利だが交換/正規留学の方が有利

語学留学よりも、交換/正規留学の方が就活を有利に進められるでしょう。とは言え、語学留学でも

留学経験無しの学生と比べれば就活は有利なので安心してくださいね。

次に留学をしたい大学生に向けて、語学留学や正規留学をする方法について解説します。

就活のために留学経験をつけたい学生へ

留学をしたいと思っても肝心の英語力が心配だったり、交換留学ができる英語の要件を満たしていないなどで留学は難しいと考えている人がいるのではないでしょうか。

留学…自分にもできるかな

けど、そこまで心配しなくて大丈夫です。

私も英語力ゼロからスタートして最終的に大学院へ留学することができたので、ひとまず留学エージェントに相談してみると良いでしょう。

・語学留学したい人:留学情報館
・大学留学したい人:留学情報館+
・大学院留学したい人:beo

【大学留学したい人向け】

留学情報館の解析【おすすめ大学留学エージェントです】

【大学院留学したい人向け】

大学・大学院留学

beoで大学・大学院留学【私もこのエージェントです】

(↑この記事限定の割引特典もありますよ)

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

留学経験が就活で有利になるのか解説しました。以下は要約です。

  • 留学経験は基本的には就活に有利
  • 就活に有利な留学の種類(有利度順)
    1. 低:短期の語学留学
    2. 低〜中:長期の語学留学
    3. 中〜高:交換留学
    4. 高:正規留学

留学はどんなタイプであれ就活において無駄にはなりませんし、何より人生にとって良い経験になりますよ。

留学に関しては以下にもまとめているので情報収集にお役立てください。

大学院留学

海外大学院へ行く意味【メリットを考察したらこの結果に】

イギリス大学/大学院留学

イギリス留学メリット/デメリット【迷ってる人向けです】

留学生の就活

留学生はスパークキャリアで就活【内定の1番の近道です】

それでは!

〜ここからは一押し記事の紹介です〜

2021年10月20日(水)グローバルキャリアフェア開催!

就活する留学生なら参加しないと損レベルです。

大学・大学院へ留学したい/している人は参加申し込み

キャリアフォームを運営をしているCFNから、留学生の就活準備の仕方キャリアフォーラムについてなど詳しく知れるセミナー↓

【10/20開催】CFNによる留学後を見据えた就職情報セミナー