イギリス英語の発音・アクセントを身につける【簡単です】

イギリス

こんにちは。舞原(@MaibaraOfficial)です。

イギリス英語の発音やアクセントを習得したいけどやり方がわからないでいますか?

イギリス訛りで英語を話せるようになりたいなあ

私はイギリスにある大学院へ進学するための英語力と、進学後も現地のイギリス人とそつなく会話が行えるよう、

日本にいながらイギリス英語の発音練習をしていました。

渡英後は、イギリス人と問題なく会話やディスカッションができたり、現地の人には「イギリスぽい発音だね」と言われるレベルにまで達せたので、

どんな発音練習をしていたのかをお教えします。

説明はわかりやすさを優先したいので、発音のポイントといった

小難しい話はしません。

なぜなら、「Rの発音は舌をこうする〜」とか「Oの発音はこう強調する〜」とか言われても、正直わかりづらいだけだからです。

なので、どっかの講座っぽい理論を理解したい方は別でググっていただいて、ここでは

いつの間にかイギリス英語ぽく話せていた

をゴールに発音・アクセント練習のやり方を紹介します。

イギリス英語の発音・アクセントを身につける3つのやり方

イギリス英語の発音・アクセントを身につける3つのやり方」を解説します。

以下の①②はマスト、可能なら③も含めて継続して行なってください。

  1. シャドーイングを20分毎日する
  2. イギリス英語を暇あれば聞き流し
  3. イギリス人と会話←有料です

1つずつ説明します。

シャドーイングを20分毎日する

いや、ここまで派手にシャドーイングしないで

1つ目が「シャドーイングを20分毎日する」です。

シャドーイングをすることで

ジャパニーズアクセントで凝り固まった脳を、ネイティブの発音や訛り、文法まで脳に上書きさせることができます。

シャドーイングとは:ネイティブが発した言葉をそっくりそのまま声に出すこと

これは様々な研究で効果が明らかになっているやり方で、一例を上げると

shadowing is a good way to improve a foreign language precisely in that it draws attention to every single word of an utterance, especially structure words which normally do not even register when heard

Déjean Le Féal, K. (1997). Simultaneous interpretation with “training wheels.” MetaXLII4, 616–621.

(シャドーイングは、1つ1つの単語の話し方や文章構成を学ぶのに良い方法みたいなことが書かれている)

公式なやり方は特にないので、

ネイティブが発した言葉を真似してすぐ声に出せればなんでも良いです。

私はBBC Learning Englishでよくシャドーイングしてました。

実際のビジネスや日常生活のシーンを想定して、イギリス人が会話している様子を聴けるのですが、トランスクリプト(原稿)が付いているので、聴き逃しなくシャドーイングできます。

スマホのアプリでできるので楽でいいですよ。

App Store:BBC Learning English
Google Play:BBC Learning English

これを実際のネイティブになりきって、毎日20分くらいしましょう。

(20分以上できる方はもっとしても良いです。)

上の図の例で言うと、NarratorやAnna、Tomなどが発した一文を聴いたら、再生を止めて真似て声に出し、また音源を再生してまた次の一文を聴いたら真似して声に出すってのを繰り返します。

イギリス英語を暇あれば聞き流し

2つ目が「イギリス英語を暇あれば聞き流し」です。

ながら作業でも構いません。

  • 散歩をしている時
  • 家事をしている時
  • 運転している時

など

何かをしながらイギリス英語を聴くだけで効果があります。

重要なのは、イギリス英語を脳に染み付けて、

イギリス英語の発音やアクセントをなんとなく理解すること。

イギリス英語をリスニングする時間をしっかり作って聴くのも悪くないですが、多分飽きちゃって続かないと思うので、

ラジオ感覚で聴くのが1番続くし苦痛でないです。

けどせっかくなら、何を話しているのか理解しながら聴いた方が楽しく継続できるので、自分のレベルに合ったリスニングコンテンツで発音やアクセントを学んでください。

私はBBC Soundsを使っていたのですが、ニュースやラジオ、Audiobooksや英語学習コンテンツなど色々あるので、飽きずに継続できますよ。

カテゴリー

例えば、真ん中あたりにある「Learning」を見てみると、

個人的にBBC Learning Dramaが好き

「6 minute English」など英語学習者に向けたラジオがたくさんあるので、

英語初心使者でもわかりやすい内容です。

これもスマホ用のアプリがあるので楽に聴き流しできます。

App Store;BBC Sounds
Google Play:BBC Sounds

イギリス人と会話←有料です

3つ目が「イギリス人と会話」です。

上記2つのやり方で脳にインプットしたイギリス英語の発音を実際の会話で使用していきます。

これにより、

イギリス英語の発音やアクセントを自分のものにできます。

実際にネイティブイギリス人を前にして会話するとわかるのですが、シャドーイングなど1人で練習するときはイギリスぽい発音で話せても、

いざリアルな対話シーンになるとジャパニーズアクセントに戻りがちです。

と言うのも、ネイティブの声を真似しながらスクリプトを読み上げるシャドーイングと違い、実際の会話シーンは、何を話すかのかを考えながら話すことになるので、

脳のキャパが超えてしまい、話しやすいジャパニーズアクセントに戻っちゃうんです。

なので、イギリス人と実際に会話を交えることで、

リアルな会話シーンでもイギリス英語の発音で話せるようなるのが可能という訳。

身近にイギリス人がいるような環境だと良いのですが、中々難しいと思うので、ELT英会話のような講師が全員イギリス人のオンライン英会話を利用すると良いです。

お金はかかってしまいますが、変にどっかの教材を買ってしまうより遥かに有益ではないでしょうか。

他の格安オンライン英会話だとフィリピン人などアジア人の講師が多く、違う国の発音が移ってしまうのでご注意ください。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

イギリス英語の発音・アクセントを身につけるやり方を紹介しました。以下は要約です。

  1. シャドーイングを20分毎日する
  2. イギリス英語を暇あれば聞き流し
  3. イギリス人と会話←有料です

上記3つを継続すれば、最短1ヶ月でイギリス英語っぽく話せてる自分を実感できるでしょう。

継続は力なりなので、コツコツ続けてイギリス英語の発音・アクセントをマスターしてくださいね。

以下の記事では英語の勉強についてまとめてるのでご興味があれば参考にどうぞ。

【多読のやり方とオススメ本】海外院留学生の英語勉強法

【IELTS6.5】海外大学院へ留学できる英語力を得るために

それでは!

〜ここからは一押し記事の紹介です〜

海外で留学生をしている人や日本で大学生をしている人で就活に不安がありますか

大手や優良企業からの内定を得るにはSPARK CAREERの利用が現実的です。

(詳細は以下にまとめています)