海外大学へ進学すべき理由【高校生/親御さん向けです】

海外大学 進学 理由 大学留学

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

日本の大学と海外の大学、どちらに進学すべきでしょうか。

・海外大学へ進学すべき理由ってなんだろう?

上記のような疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
    1. 海外大学へ進学すべき理由がわかる
    2. 英語力を身につける方法がわかる
    3. 学費を抑える方法がわかる

私は大学院から海外に進学した身なので、大学から海外に進学した訳ではないですが、

高校卒業後から海外大学に進学すべきだったと痛感しました。

この経験を踏まえて、海外大学へ進学すべき理由を分かりやすく解説するので、現在高校生の方や親御さんの方はぜひ参考にしてくださいね。

海外大学に進学すべき理由5つ

海外大学院、就職、有利

海外大学に進学すべき理由は以下の通りです。

  • 海外大学に進学すべき理由
    1. グローバル化に対応できる英語力
    2. 受験勉強しなくてよい
    3. 英語ができると年収が上がる
    4. 学費が安く済む
    5. 奨学金取得を前提に出願できる

1つ目から解説します。

グローバル化に対応できる英語力

1つ目が「グローバル化に対応できる英語力」です。

海外大学は日本の大学と同様、4年かけて勉強しますが英語の環境で勉強することになるので

本当に使える英語力を身につけることができます。

私も海外の大学院で1年間英語で過ごしていましたが、正直海外の大学で過ごしてきた人ほど流暢に話せません。

(イギリス大学院は1年で卒業できます)

以下グラフの通り、海外進出している日系企業は増えていますし、

出典:外務省(海外在留邦人数調査統計)

グローバル化に伴い、TOEIC600点以上を採用・昇進基準にしたり、社内公用語を英語にする(楽天や資生堂、アサヒビールとか)企業も増えてきました。

また、文部科学省もグローバル化を推進し

グローバル人材を増やす対策を講じています。

高等教育機関の国際化を図るとともに、外国人留学生等の受入れ及び若者の留学の推進を図るなど、若者の国際的視野を涵養する取組を推進する。

「日本再生の基本戦略」について

「国際的視野」とありますから、英語だけでなく多様性を身につけた人材育成も視野に入っているでしょう。

そのため、

本当に使える英語力を身につけておいて損はないです。

受験勉強しなくてよい

2つ目が「受験勉強しなくてよい」です。

この理由、個人的に1番大事と思ってます。

本来なら多大な時間と労力をかけて、国数理社など色んな科目勉強しないといけませんが

海外大学に限っては受験勉強する必要がありません。

以下は海外大学進学に必要なものです。

  • 海外大学進学するのに必要なもの
    • 英語スコア(TOEFLやIELTS)
    • GPA記載の成績証書
    • エッセイ(志望動機など書く)
    • 推薦状(高校の先生に書いてもらう)
    • etc.

エッセイは英語で書く必要ありますが、それ以外で勉強しておくことは

TOEFLやIELTSの英語スコアを取るための勉強だけです。

一点集中で勉強が継続できる

きっと英語力について不安がある人は多いと思いますが、海外大学が要求するTOEFLやIELTSのスコアは

約1年間しっかり勉強すれば取れるでしょう

私も当時TOEIC300点くらいでしたが、1年間しっかり勉強して

海外の大学へ留学するのに必要な英語力(IELTS6.5)を身につけられました。

けど正直、独学の英語勉強だと時間がかかるのでスクール通った方が早いです。

English Innovationsのようなスクールだと時間単価が1,000円〜かつ、点数保証が付くのでおすすめです。

英語ができると年収が上がる

3つ目が「英語ができると年収が上がる」です。

マクロミルの調査によると、

英語力がある人ほど、年収が高いことがわかっています。

年収700万円以上の人は約半数(48.7%)が英語での日常会話や読み書きが出来ると回答しました。年収500万円から700万円未満の人では34.0%、年収500万円未満では22.4%となり、英語力と年収の明らかな相関が見られる結果となっています。

英語力と年収は密接な関係あり。年収700万円以上の人は約半数が英語での日常会話や読み書きが出来ると回答」年収・転職 実態調査 vol.7:キャリアインデックス

実際に私も海外の大学(修士)卒業し外資IT企業に就職しましたが、

新卒の初任給は平均の2倍以上もらえています。

(初任給の平均は約22万円です)

そのため、英語力も身につけることができる海外大学に進学すれば

年収を上げることができるでしょう

学費が安く済む

4つ目が「費用が安く済む」です。

日本の大学に比べて

ヨーロッパの大学の学費はかなり安いです。

デンマークに関しては、平均で年間130万円、安いとこだと年間70万円の学費ですね。ドイツやフィンランドなど他の国も似たような学費です。

参考:Tuition Fees at Universities in Europe in 2020 – Overview and Comparison

(あとニュージーランドも同じくらい安い)

さらに、奨学金(返済不要)制度はたくさんあるので、返済義務がある奨学金制度を持つ日本の大学よりも

海外大学の方が学費は安く済むと言えるでしょう。

しかし、アメリカ大学の学費は日本の大学よりも高いです。

1年で学費は250万円〜400万円かかるので、日本の大学学費の約3倍はかかるでしょう。

(詳細は以下にまとめてます)

けど、次に説明する方法なら学費を抑えながら

アメリカ大学に進学することができますよ。

奨学金取得を前提に出願できる

5つ目が「奨学金取得を前提に出願できる」です。

奨学金取得には2つの方法がありますが、どちらも厳しい審査を通る必要があります。

  • 奨学金を受ける方法
    • 進学する海外大学から奨学金を受け取る
    • 日本の公的機関から奨学金を受け取る

しかし、多数の奨学金応募者から合格を勝ち取る必要があるためハードルはかなり高いでしょう。

(詳細は以下の記事にまとめています)

ですが、アメリカ大学向けに留学情報館が提供している奨学金取得プログラムを利用すれば、奨学金取得を前提に進学準備ができるので

アメリカ大学の高い学費問題も解決できるのではないでしょうか。

(詳細は以下の記事にまとめています)

結論:海外大学進学でグローバル人材に

日本の大学進学よりも海外大学へ進学することで

  • 本当に使える英語が身に付く
  • 多様性が身に付く

ため、英語力が求められる大手や外資系企業の就職でも通用できる人材になるでしょう。

(以下の記事でも海外大学進学が1番就活に有利と述べています)

また、大学受験が無いので、英語の勉強だけで済みますし学費も抑えることができるので、

海外大学進学は最良の選択肢ではないでしょうか。

海外大学へ進学するには

ファウンデーションコース、イギリス大学、大学院留学

海外大学進学を検討している人は、大学留学エージェントを利用することになると思います。

大学留学エージェントは留学したい国に強みを持つ大学留学エージェントを利用すると良いでしょう。

留学情報館:アメリカやカナダ、その他の国の大学進学に強い
beo:イギリスやオーストラリアの大学進学に強い

【留学情報館の詳細】

留学情報館の解析【おすすめ大学留学エージェントです】

【beoの詳細】

大学・大学院留学

beoで大学・大学院留学【私もこのエージェントです】

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

日本の大学よりも海外大学へ進学すべき理由を述べました。以下は要約です。

  • 海外大学に進学すべき理由
    1. グローバル化に対応できる英語力
    2. 受験勉強しなくてよい
    3. 英語ができると年収が上がる
    4. 学費が安く済む
    5. 奨学金取得を前提に出願できる

この記事を読んで留学を志す方が増えたら良いなと思います。

海外大学へ進学を考えている人は以下の記事も役に立ちます。

学生寮、海外

海外の学生寮はおしゃれ?【留学で住んだ部屋見せます】

それでは!

〜ここからは一押し記事の紹介です〜

2021年10月20日(水)グローバルキャリアフェア開催!

就活する留学生なら参加しないと損レベルです。

大学・大学院へ留学したい/している人は参加申し込み

キャリアフォームを運営をしているCFNから、留学生の就活準備の仕方キャリアフォーラムについてなど詳しく知れるセミナー↓

【10/20開催】CFNによる留学後を見据えた就職情報セミナー