【不気味な地下都市】ブレア・ストリート・ヴォールトへ!

イギリス

こんにちは!舞原(@MaibaraOfficial)です。

今回も前回と同じ〜旅行編〜ですが、「また冒険したくて行っただろ!」みたいなタイトルですね。笑

【不気味な地下都市】ブレア・ストリート・ヴァールトへ!

旅行編の記事を見てる方はご存知かもしれませんが、私スリル満点で冒険心が刺激されるような場所が大好きなんですよね。

前回の記事はこんなんでした。

【美しき廃墟】カークストール修道院に行ってみた!

現地民も知らない!秘境ウィストマンズウッドに行ってみた

なので、今回はそんなシリーズ第3弾ってことで!地下都市というくらいなので、ヤバめな雰囲気出てます。

不気味!!!

てなわけでこの不気味な地下都市、ブレア・ストリート・ヴォールトに実際に行ってみて思ったことを書いていきたいと思いまーす。

ブレア・ストリート・ヴォールトとは?

Atlas Obscura
Atlas Obscura
Viator
Viator
The Travel Hack
The Travel Hack

ブレア・ストリート・ヴォールトは写真にある通り地下に発展した都市跡ですね。

カプセルホテルみたいな仕様になっていますが、この1つの部屋に家族1世帯がぎゅうぎゅう詰めになって暮らしていたそうです。

この地下都市はエジンバラというスコットランドの首都にあります。

エジンバラにある地下都市

エジンバラはイギリス北東部分にあり、エジンバラ城とか有名ですね。街並みも本当に綺麗で中世のヨーロッパの雰囲気が強く残っています。

歴史的建造物が連なる市街は、世界遺産に登録されているほどですよ!

参考:エジンバラの旧市街と新市街

しかし、そんな綺麗な街並みとは裏腹に幽霊が出たという話が絶えない街でもあります。

怪談話が数多く存在する

エジンバラでは、有名な幽霊話が数多く存在します。そこらへんの夜道を歩くだけでも幽霊が徘徊しているとこを見れるみたいですよ。

(本当がどうかはわかりませんが)

エジンバラの地下都市でもお化けの話があり、ガイドさんが熱心に話してくれます。まああんな不吉なことが起こりそうな雰囲気ですし、頷けます。

私が利用したガイドさんは、子どもと犬のお化けがいまだに地下都市に住みついていることを話してくれました。

地下都市となった歴史

ではなぜ地下都市になったのでしょうか。

その過程がちょっと面白かったので、お教えしたいなと思います。けど、歴史ってなるとすごーく眠くなるので端的に書きますね。

  • 1788年に19のアーチからなるSouth Bridge が建設された、そのアーチ部分には貯蔵庫などのスペースが設けられていた
  • その貯蔵庫やスペースは、靴職人や製錬職人が作業場として使ったり、商人が商品を保管するのに使っていた
  • パブや店もあり、ビジネスとして栄えていた。
  • さらに店舗や賃貸部屋を増やすため、低予算でスペースを拡張
  • それは橋以外の土地の地下にも広範囲に及ぶ
  • しかし、低品質な造り(換気口がないなど)から、湿気が上から地下に舞い込むようになり、ビジネスとして使われなくなる
  • 1795年辺り、ビジネスとしての活気がなくなった頃、貧民層やホームレス、犯罪者が住むようになる
  • 彼らは狭く、不衛生で、水も電気もない、空気が淀む空間の中で生活をしていた。
  • 治安はとても悪く、中には人身・人体売買が行われて、貯蔵庫には死体が保管されたりもしていた。
  • 1860年、最終的に数千人もの貧困層が住んでいた
  • その後、国が不法居住者など全員退去させ、がれきで貯蔵庫が埋まった。
  • 1985年、人々が地下都市について忘れかけた頃、偶然にも地下の貯蔵庫が発見され、地下都市が注目される
  • のちに修復され観光地となる

(端的だけど長くなった笑)

という背景があったんですけど、

面白くないですか?

しかも元々はこの地下街は普通のトンネルや街だったんだけど、その上に建造物が立つようになり地下都市となったんですって。

その建造物に中流階級や金持ちが住み始めたので、貧困層はその人らが住む地下での生活が余儀なくされたみたいですよ。

参考:
Edinburgh’s Underground Secrets
Blair Street Underground Vaults
Edinburgh Vaults
Wikipedia

行き方

行き方はまずスコットランドにあるエジンバラに行かなくてなりませんね!

ロンドンからだと、電車だと5時間くらいかかりますね!笑

日本からロンドンへの海外航空券をお探しの方は以下のサイトを参考にどうぞ。

イギリスの電車は新幹線と一般的な電車を足して2で割ったようなので、座席に座りながら乗るのが基本です。

なので、立ちながら行くって心配はありませんが、5時間は長いかもしれませんね。

ロンドンにあるKing’s Cross 駅から
Edinburgh Waverley 駅へ

となると、どこかの観光地によりながら行くのがベストかも!それか、飛行機でもいけます。

時間も1時間くらいで料金も日によりますが、往復で1万ちょっとくらいでしょうか。

電車での行き方

まず、電車を使った場合の行き方を教えますね!

上述にある通り、ロンドンからだと King’s Cross St. Pancras 駅から向かいます。目指す駅は、Edinburgh Waverley 駅というとこですね。

もうこの駅まで来ちゃったらめっちゃ簡単ですよ!Edinburgh Waverley という駅に着いたら、徒歩5分で着きます。笑

赤丸がEdinburgh Waverley 駅
赤下線が Marcat Tours

目的地は Marcat Tours (マーカットツアーズ)というとこが、地下都市を案内してくれる場所になります。

ツアーでしか中には入れないので、しっかりツアー時刻を確認し、できたら予約していこう!

サイト:Marcat Tours

こちらは英語版になるので、もし日本語で予約したい方は、「地下都市ツアー」「エジンバラ」などでググれば日本語の予約サイトがいくつか出てきますよ!

飛行機で行く場合

空港から行く場合はこうなりますね。

赤丸がエジンバラ空港
赤下線が最寄りバス停

エジンバラ空港のStance Dってとこから100番のバスに乗ります。

そこから40分くらい揺られて、Waverley Bridgeってバス停で降りればあとは徒歩5分で着きますよ。目的地は、電車での行き方で説明した Marcat Tours です!

評価

ではこのブレア・ストリート・ヴォールトの評価をしていきます!

総合評価:★★★☆☆

総合評価は

★★★☆☆

オススメはできるが、ちょっとデメリットが目立つって感じですかね。

オススメ度星3つの理由は以下になります。

  1. 実際に訪れないと分からない不気味な雰囲気がある
  2. ガイドさんが話し上手
  3. ツアーでしか入れない
  4. 英語が分からないと退屈

1つずつ説明していきます!

実際に訪れないと分からない不気味な雰囲気がある

1つ目が「実際に訪れないと分からない雰囲気がある」です。

写真でも十分不気味な雰囲気は伝わりますが、やっぱり実際に訪れると違いますね。ジメジメした感じやにおい、背筋が凍る感じが写真じゃ味わえないですね!

ガイドさんが話し上手

2つ目が「ガイドさんが話し上手」です

同行してくれるガイドさんが、とても話し上手です。原稿を持たないで感情と熱で話してくれる感じが、こっちも聞いてて楽しくなりますね。

ツアーでしか入れない

3つ目が「ツアーでないと入れない」ですね。

地下都市を自由に巡れるのかなと思いきや、ガイドさん付きでないと中に入れないみたいですね。

なので、他の人10−20人くらいで一緒に行動することになります。団体行動になり、自由に歩けないのがデメリットと感じました。

英語が分からないと退屈

4つめが「英語が分からないと退屈」です。

ツアーは日本語のガイドがないので、英語で聞くことになります。

英語が理解できれば問題ないのですが、イギリス北東部のアクセントや歴史を説明するのに使われる単語を理解するのは至難の技だと思います。

私も50%くらいしか理解できなかったです。笑

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。

不気味な地下都市、ブレア・ストリート・ヴォールトに興味を持てましたでしょうか!

この地下都市以外にもエジンバラには魅力的な観光地がいっぱいありますので、エジンバラへ観光はオススメですよ!

もし時間があったらこの地下都市も寄ってみるといいですね。

要約は

  1. 実際に訪れないと分からない不気味な雰囲気がある
  2. ガイドさんが話し上手
  3. ツアーでしか入れない
  4. 英語が分からないと退屈

雰囲気だけ味わえれば十分って方には本当にオススメできるスポットですよ!

けどどうせならガイドさんとコミュニケーションが英語でも取れれば楽しさ倍増かと思うので、以下に低料金でやりたい時に英会話が学べるオンライン英会話のオススメを挙げておきますね。

オススメのオンライン英会話

ネイティブキャンプ
 →月額6,480円で24時間いつでも好きな時に英会話し放題なサブスク型オンライン英会話。1日に何回でも利用でき、仮に1日に一回利用するなら1回の英会話が216円で利用できる。思い立った時に英会話を気が済むまでしたいって人にオススメ。

DMM英会話
 →こちらも24時間いつでも好きな時にオンラインで英会話できる。1番安いプランでは月額6,480円で1日に1回好きな時間に英会話ができる。大手の会社で安心できる英会話を利用したい人にオススメ。

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)
 →スタサプの名称でCMでも話題のオンライン英会話。月額1,980円で1回最短3分から英会話のシーンを想定して練習ができるので、スキマ時間にサクッと日常英会話の練習をしたい方やネイティブと実際に話すのはまだ緊張するって方にオススメ。

もしイギリスに行く予定があるって方や、興味があるって方は以下の記事もご覧くださいね。

イギリス人の性格や特徴【イギリス人の考え方はこうです】

【イギリス料理はまずい?】1年間イギリスに住み検証した

それでは!

〜ここからは一押し記事の紹介です〜

海外で留学生をしている人や日本で大学生をしている人で就活に不安がありますか

大手や優良企業からの内定を得るにはSPARK CAREERの利用が現実的です。

(詳細は以下にまとめています)